病院からのお知らせ

最近の記事

6月5日(土)、6日(日)のケーブルテレビ「スクランブル・宮崎」#9のテーマは「犬の避妊と去勢手術」です。

 放送は5日(土)が午前10時30分、午後2時30分、午後8時30分の3回、6日(日)が午前9時、午後4時、午後9時30分の3回、計6回です。内容は以下のようです。

 今回は、「犬の避妊手術と去勢手術はすべきなのか?」「また、いつ行うのが良いのか?」について述べる。

 まず、「避妊」手術(卵巣・子宮を全部摘出する手術)について述べる。

●避妊手術を行うメリットは?

 雌犬に多い病気としてまず挙げられるのが、乳腺腫瘍である。
★人と同様、犬の乳房の腫瘍も罹患率の高い腫瘍(全体の50%以上)で、部位別腫瘍罹患率をみると、雌犬では最も多い。(発生率は10歳で13%)

★犬の乳腺腫瘍の約半数は良性残り半数が悪性となっており、さらに悪性のうち約半数が転移すると言われている。

★重要なことはこの乳腺腫瘍の発生率はホルモンに強く影響され(性ホルモン依存性という)、避妊手術によって乳腺腫瘍の発生率は大きく低下するということである。

★犬では初回発情以前に避妊手術を行うと、乳腺腫瘍の発生率はたったの0.05%である。しかし、初回発情後に避妊手術を行ったものでの発生率は8%、2回目の発情後に行ったものでは26%となり、急激に増える。


 雌犬には「子宮蓄膿症」という、もう一つの罹患率が高く重大な病気がある。
★子宮蓄膿症とは、その名のごとく子宮内で細菌が増殖し、膿が貯まる病気である。

★子宮蓄膿症は、10歳までの罹患率は23〜24%といわれている。

★症状は食欲不振、元気消失、発熱、嘔吐、腹部膨満、外陰部からの膿排泄、多尿・多飲(発熱や感染細菌の内毒素によって引き起こされる腎障害による)などがあげられる。体温は急性型では上昇気味で、慢性型では平温以下となる。経過はさまざまだが、急性型では1〜2週間で重篤となる。無治療で経過すると敗血症や内毒素血症を引き起こし、死に至る。★正常な犬では子宮頸は開いているが、子宮蓄膿症では子宮頸が閉まっていることがあり(非開放型)、この場合、開放型に比べ重篤化しやすい。

★基本的な治療は子宮・卵巣摘出手術を行うのだが、血小板の減少、全身状態の悪化、腎不全などのリスクを抱えた状態で手術となるケースも少なくないため、麻酔のリスクは格段に高くなる。

それでは避妊手術のデメリットは?
★避妊手術の「罪」は「肥満」である。その原因として、.┘好肇蹈殴鵑中枢性(脳に作用して)に食欲を抑制している、▲曠襯皀鵑細胞内代謝に影響している、H鯒ゼ蟒僂砲茲螻萋偉未減る、などが考えられているが、今尚、不明である。


(まとめ)
★★乳腺腫瘍の予防の為、早い時期での避妊手術がベストである。犬での性成熟は平均9〜10ヶ月(6〜24ヶ月)である。(小型犬では大型犬に比べて性成熟の時期が早い。)

★★つい最近まで、未避妊犬(=intact)における生涯の子宮蓄膿症罹患率は約60%と言われていたが、このところの寿命延長で、それ以上(約80%)の犬が本症に罹るものと予測される。 
子宮蓄膿症は緊急手術を要する疾患であるが、先に記述したように、麻酔のリスクが非常に高く、正しく「命がけ」の執刀となる。心臓病や腎臓病などの基礎疾患(持病)が無ければ、できれば10歳くらいまでに避妊手術を行うことをお勧めしたい。

★★10歳以上の犬猫では避妊手術を積極的に勧めることはできないが、乳腺腫瘍はその大きさと予後に密接な関わりがある。日頃からスキンシップを大切にして、嫌がらずに体表のチェックが可能な状況にしておくことが重要である。また、犬の子宮蓄膿症は発情後1〜2ヶ月に発症することが多いことから、その時期に、食欲不振、嘔吐、元気消失・・・といった症状が見られたら、病院へ直行する。
★★その他、避妊手術は子宮・卵巣の腫瘍、膣過形成や膣脱、膣の腫瘍などの疾患を防ぐことができる。




次に、雄の去勢手術について述べる。 

去勢手術のメリットとは?
★去勢手術により予防できる病気がいくつかある。肛門周囲線腫(良性の腫瘍)、精巣の腫瘍(皮膚の腫瘍についで2番目に多いが、多くは良性。)、前立腺肥大、会陰ヘルニア、包皮炎、精巣炎などの疾患を予防する。

<肛門周囲腺腫>
 犬の肛門周囲にできる腫瘍のうち、58〜96%が肛門周囲腺腫と言われている。良性の腫瘍で、歳をとった雄に多く、平均10才で罹患する。特に精巣間質細胞腫の犬でリスクが高い。この腫瘍がホルモン依存性で、アンドロジェン分泌の増加により生じる。

<包皮炎>
 包皮腔での感染、あるいは炎症を生じる疾患でよく見られる。病原微生物は、一般に包皮腔内の常在菌である。(ヘルペスウィルス・Brastomycsなどのこともある。)包皮からの白色、或いは緑色をした膿が排泄されるが、それ以外の症状は通常見られない。治療法は殺菌された液体で洗浄することである。去勢手術により、包皮の分泌物が減少し、包皮炎を予防することができる。

<前立腺肥大>
 犬で多く見られ、特に6歳以上に多い。通常、歳とともに肥大する。(9歳で95%以上に肥大が認められる。)精巣からのホルモン分泌量に影響を受け、腺細胞の過形成により生じる。去勢手術後の前立腺の退縮は一般的に数週間要する。


<精巣の腫瘍>
 犬では雄の生殖器の腫瘍の約90%を占め、皮膚の腫瘍に次いで2番目に多い。精巣の腫瘍は3種類あり、セルトリ細胞腫、間質細胞腫、セミノーマがある。それぞれほぼ同じ割合で罹患する。高齢の犬(平均10才)で発生が多くみられる。精巣の腫瘍の多くは良性であるが、セルトリ細胞腫では10〜20%に腰椎や腸骨リンパなどに転移がみられる。セルトリ細胞腫のタイプによっては、エストロジェンを分泌し、脱毛、乳頭の腫大、骨髄抑制などが見られる。間質細胞腫は精巣全体が大きくなることは少なく、多くは無症状である。一方、セルトリ細胞腫、セミノーマでは精巣が腫大する。

<精巣炎・精巣上体炎>
 急性では陰嚢腫脹、痛み、精巣、精巣上体が腫大して硬結し、熱感を帯びる。陰嚢の皮膚も感染している場合には、患犬は患部を舐める。発熱、元気がないなどの症状が見られる。しかし一方で、無症状で気付かれないこともある。慢性例では、陰嚢は正常で精巣は柔らかく萎縮する。急性、慢性ともに不妊となることがある。治療は抗生剤の投与、去勢手術である。


潜在精巣とは?
★犬でもう1つ知っておきたいのが潜在精巣である。精巣は胎児期や生後間もなく腹腔内に存在するが、やがて陰嚢内に下降する。その時期は犬では生後30日頃(10日とも言われている)と言われている。まれに、それ以降にも精巣下降を起こすことがあるが、6ヶ月以上では精巣下降は決して起こらないため、6ヶ月までに陰嚢内に下降しなければ潜在精巣と診断される。発生率は統計によりばらつきがあるが、約1〜10%と言われている。この疾患は遺伝性である。
★この潜在精巣であった場合、先に述べた精巣腫瘍のリスクが約10〜13倍も高くなる。精巣腫瘍は、精巣が陰嚢内にある場合でもよく見られるため、潜在精巣ではリスクが非常に高くなり、潜在精巣の約6〜10%が腫瘍化する。その為、若齢での去勢手術が望まれる。


  
★そして、よくある質問だが、雄に多い攻撃性、マーキング、マウンティング(犬で見られる腰ふり)などの行動は去勢手術により予防することができるのか。これらの行動が身につく前に去勢手術を行うと、当然予防の効果が高いのだが、一度これらの行動が身についてしまった後では、軽減する例もあるが、効果のまったく見られないケースもある。
※※※以下の問題行動が去勢手術によって何ら改善されなかった割合を以下に示す(論文のデータ(the veterinary record,June 14,1997)より)。
◎犬:外をうろつく(6%)、マウンティング(33%)、マーキング(50%)、雄犬に対する攻撃性(38%)、テリトリー内への侵入に対する攻撃性(100%)、恐怖による攻撃性(100%)。
 また、マーキングは屋外で色々な匂いを嗅ぐなどの環境の変化(新しい犬・猫の存在など)により再発しやすいとされている。


去勢手術のデメリットは?
★避妊手術と同様、去勢手術のデメリットは肥満である。その機序は明らかになっていないが、去勢手術後の必要(基礎代謝)エネルギー量は減少し、食欲は増進される為に肥満が起こる。個体の成長は生後15〜18ヶ月間続くため、この間は若齢用のフードを与えるべきだが、給餌量を調節し、肥満には十分注意したい。



<まとめ>
●雄犬の去勢手術は、雄に多い疾患(肛門周囲腺腫、精巣腫瘍、前立腺肥大、会陰ヘルニア、包皮炎など)の予防ができる。
●去勢手術は、雄に多い問題行動の予防と、かつそれを軽減する。

固定リンク | 2010年06月05日【93】

5月29日(土)、30日(日)のケーブルテレビ「スクランブル・宮崎」#8のテーマは「腫瘍の診断法」です。

 放送は29日(土)が午前10時30分、午後2時30分、午後8時30分の3回、30日(日)が午前9時、午後4時、午後9時30分の3回の計6回です。内容は以下の様です。

<犬猫の腫瘍の診断>

1.犬猫は体表(皮膚)をはじめ目に見える部位の腫瘍が多い細胞診が可能→細胞を採取(針吸引法、綿棒またはサイトブラシを使用、スタンプ=押捺)

2.胸腔内の腫瘍はレントゲン撮影超音波検査で腫瘍を疑う。胸腔内に液体(胸水)が貯留していれば胸腔穿刺して細胞診を行う。可能なら超音波ガイド下で細胞〈組織〉を採取し、細胞診に供する。

3.腹腔内の腫瘍は触診レントゲン撮影消化管バリウム造影超音波検査CT・MRI検査、尿路造影検査、糞便塗抹検査、尿沈渣染色検査などを実施し、総合的に評価・診断する。腹腔内に液体(腹水)の貯留が認められれば、腹腔穿刺して細胞診を実施する。可能なら超音波ガイド下で細胞(組織)を採取し、細胞診に供する。

4.骨格系の腫瘍はレントゲン撮影後、細胞診あるいは組織検査で確定診断する。頭蓋内や脊髄の腫瘍はCT・MRI撮影等で診断する。

5.断脚など術後のQOL(生活の質)に多大の影響を及ぼす場合には、組織検査で確定診断をして、術式の決定を行う




固定リンク | 2010年05月28日【81】

5月22日(土)、23日(日)のケーブルテレビ「スクランブル・宮崎」#7のテーマは「猫の腫瘍概論」です。

 放送は22日(土)が午前10時30分、午後2時半、午後8時30分の3回、23日(日)が午前9時と午後9時30分の2回の計5回です。内容は以下のようです。

<猫の腫瘍の概論>

●部位別腫瘍発生率と発生率
 造血系(50〜90%がリンパ腫)-200頭/10万頭
 皮膚の腫瘍-120頭/10万頭(基底細胞腫、肥満細胞腫、扁平上皮癌、線維肉腫の順)
 乳腺腫瘍-雌猫の17%(犬の乳腺腫瘍の半分以下、悪性率は85%以上)
 結合織(線維組織や脂肪組織)-17頭/10万頭(全腫瘍の7%)
 口腔内腫瘍-全腫瘍の3%

●リンパ腫と猫白血病ならびに猫エイズワクチンとの関連
 A.リンパ腫で白血病ウイルス陽性率は60〜70%であったが、ワクチンの普及で25%に減少。
 B.白血病ウイルス感染猫は非感染猫に比べリンパ腫のリスクが60倍高い。
 C.猫エイズウイルスもリンパ腫のリスクを5倍に高める。

●猫の乳腺腫瘍と避妊手術との関連
 A.6ヶ月齢での避妊手術は乳癌のリスクを7倍下げる。
 B.6歳までに避妊された猫の乳癌リスクは40〜60%下がる。

●猫のその他の腫瘍の特長について
 A.犬に比べ腸管腫瘍の発生率が高く、全腫瘍の4〜9%(犬は3%)を占め、主に小腸に発生する。
 B.上記以外の腫瘍(原発性肝臓腫瘍、膀胱癌など)の発生率は全腫瘍の約3%いかであるが、悪性率は高い。
 C.猫に多い疾患の甲状腺機能亢進症の3〜5%が甲状腺癌で、転移率(70%)が高い。
 D.猫の腫瘍にも「それぞれの顔」がある。

※※リンパ腫などの造血系の腫瘍は猫白血病ウイルスが深く関連→感染を避ける(外に出さないなど感染猫との接触を避けるワクチン接種の励行去勢や避妊手術の実施)

※※犬ほどではないが乳腺腫瘍が多発し、かつ悪性率が高い→生後6カ月までの避妊手術の実施。

※※犬と同様に皮膚の腫瘍が多い→早期発見・早期外科的手術。

※※小腸の腫瘍が多い→定期健診(触診やエコー検査など)・軽度の症状でも来院

※※その他の腫瘍→定期健診・飼い主への啓蒙







固定リンク | 2010年05月22日【86】

5月15日(土)、16日(日)のケーブルテレビ・スクランブル宮崎#6のテーマは「犬の腫瘍概論」です。

 放送は15日(土)が午前10時30分、午後2時半、午後8時30分の3回、16日(日)が午前9時と午後9時30分の2回の計5回です。内容は以下のようです

<犬の腫瘍の概論>
(麻布大学獣医学部・腫瘍科 信田卓男教授による。1985年〜2006年の計5,819例)

●腫瘍発生の平均年齢-9.2歳

●部位別腫瘍発生頻度
 “乕罎亮鞜(肥満細胞腫など)-39.6%
 乳腺腫瘍-23.9%
 F頸部腫瘍-10.6%
 ぅ螢鵐僉βし豐鐚鞜-6.6%
 ダ舷4鏃麓鞜-5.4%

●悪性比率の高い部位
 “乕翦酲細胞腫・造血器系-100%
 呼吸器系-96.9%
 9関節-93.4%
 F睚泌系-93.4%
 ト臟器系-86.6%
 消化器系-85.5%
 頭頸部-59.6%

●犬種差
 A.腫瘍発生頻度の高い犬種:ゴールデンレトリバー、シェットランドシープドッグ、マルチーズ、シーズーの順。
 B.腫瘍発生頻度の低い犬:ラブラドールレトリバー、ポメラニアン、パピヨン、チワワ、ダックスフント、ウエルッシュコーギー、柴犬、ミニチュアピンシェル、キャバリアの順。

●犬の腫瘍のまとめ
 A.犬の腫瘍はその7割以上が体表や目に見える箇所に発生し、そのうち皮膚の腫瘍が6割以上を占め、かつその6割以上は良性である。
 B.目に見えない部位の腫瘍(腹腔内や胸腔内)の悪性率は100〜85%と極めて高い。
 C.犬は1年に4〜6.5歳も歳を取るから、腫瘍の進行がはやい。
 D.かなり進行しないと症状が現れないため、飼い主の発見が遅れる。
 E.腫瘍には「それぞれの顔(性質)」がある。

※※犬では体表の腫瘍が多い→飼い主が早期発見し易い→早期外科的摘出

※※乳腺腫瘍が多い→初回発情前の避妊手術・飼い主による早期発見→早期手術

※※その他の腫瘍→早期発見が困難→定期的な検診(触診やエコー検査、血液検査など)

※※飼い主への啓蒙(悪性でも早期であれば完治できるなど)





 

固定リンク | 2010年05月14日【85】

ケーブルテレビ「スクランブル宮崎」第一・二回放送内容-放送日4月10・11日、同17・18日-

これから1年間、犬猫の主に病気について話をする予定だが、その基本となるのが寿命と死因(死亡原因)である。第1回目の今回は寿命について話す

●人では、役所への死亡診断書の提出義務や生命保険会社の正確な調査から、信頼される数字だ出る仕組みがある。犬猫でのデータ集積と解析は困難を伴う。

●2002年と1990年を比べると、12年間で犬が3歳強、猫が約2倍に寿命が延びている。この犬のデータ(表1)は、小型犬、中型犬、大型犬を一緒くたにしたもので、やや正確性を欠く。一般に犬では体重が少ないほど寿命が長い。

●そこでいろんな「年齢換算表(人との比較換算)」や「換算式」が提案されているのだが、統一されていない。表2と3は私の独断も含まれるが、現時点で考えた「換算表」である。この表の見方は、小型犬と猫、中型犬、大型犬、それぞれの生後1年後の年齢とその後1年毎の歳の数(表3)(右端)、そしてそれぞれの年金寿命(人間の60〜65歳に相当)、平均寿命(人間の80歳前後に相当)、そして天寿全う年齢(人間の90歳前後に相当)を示している。

●現在の獣医療では、その進歩で種々の病気の予防や治療が可能となり、歳を重ねる毎に寿命が延びているというのが、現状である。

<4月10・11日の放送で使用された表>

表1.<犬猫の平均寿命の推移>
 犬の平均寿命11.9歳(1990年は8.6歳)
 猫の平均寿命9.9歳(1990年は5.1歳)
(東京農工大学・林谷秀樹氏、2002年8月〜2003年7月、37都道府県、121の動物病院、犬3239頭と猫1777頭を調査)


表2.<犬猫の年金年齢、平均寿命天寿全う年齢>左からそれぞれ示す。(たばる動物病院、2010年)

猫・小型犬   12年  15年    18年 
中型犬      10年  12-13年  15年 
大型犬      8年  10年    12年 


表3.<犬猫の生後1年後の年齢とその後1年毎の歳>(たばる動物病院、2010年)

猫・小型犬  20歳     4歳/年
中型犬   17〜18歳   5歳/年
大型犬    15歳     6.5歳/年




2回目の今回は、犬猫の死亡原因について話す。死亡原因でどのような病気が上位を占めるかを知ることで、予防や病気の早期発見、さらに治療に対して対策を講ずることが可能となる

●この表は某ペット保険会社が公表しているデータである。上位3疾患は、犬が癌、事故(交通事故など)、感染症、猫が感染症、事故、泌尿器疾患である。このデータもペット保険に加入している限られた母集団のものであり、特に仔犬、仔猫の購入時の生命保証の分が入っているため(犬猫共に感染症の死因が多い)、全体の死因を反映しているとは言い難い。

●実際、犬猫の死因を正確に知ることは結構な困難を伴う。何故かと言うと、病院によく連れて行くか/行かないか、ワクチンやフィラリアなどの予防をしているか/していないか、外で飼っているか/室内飼いか、昼間の病院か/夜間・救急病院か、などで大きく異なる。

●参考までに最近15ヶ月のたばる動物病院での死因について調べた結果を表で示す。昼間の診療(本院と神宮分院)での死因は、犬で1位が癌の35%、心臓病が2位で17%、老衰が15%、猫では1位が腎不全で33.3%、癌が23.8%、新生仔の死亡が13.7%であった。

●夜間救急では、犬の場合、1位が癌の31.8%、2位が心臓病、3位が老衰(高齢で、死に至らしめるような特定の臓器疾患が無い)、猫では1位が腎不全の22%、新生仔死亡が2位で15%、3位が来院時既に心肺停止状態にあったもので13%を占めた。

●今回は、犬猫の死亡原因について話した。これらから判るもっとも重要なことは、当り前であるが、現時点において治療の限界がある病気が上位を占めていることである。次回からは、主に死亡原因の上位を占める病気について個々に話す予定である。

<4月17・18日で使用される表>

表1.<<犬猫の死因>>(ア二コム・ペット保険)
犬の死因
 悪性腫瘍-13.2%
 事故-12.6%
 感染症-8.2%
 呼吸器疾患-6.5%
 消化器疾患-6.1%
 神経疾患-6.1%
 循環器病-5.0%

猫の死因 
 感染症-20.9%
 事故-11.6%
 泌尿器疾患-9.5%
 循環器病-8.3%
 悪性腫瘍-6.9%


表2.<たばる動物病院における犬猫の死因>(本院と分院の最近15ヶ月間)
犬の死因
 癌(悪性腫瘍)-35%
 心臓疾患(弁膜症)-17%
 老衰-15%  自己免疫介在性溶血性貧血-6%
 事故-5%
 腎不全-4%
 肝不全-3%
 ┃肺炎、熱中症-2% 
 その他(クッシング、特発性血小板減少症、、胃捻転など)

猫の死因
 腎不全-33.3%
 癌(悪性腫瘍)-23.8%
 新生仔死亡-13.7%
 心疾患(肥大型心筋症)-11.8%
 事故-7.8% 
 Ν糖尿病、甲状腺機能亢進症-4.0%


表3.<夜間救急病院における犬猫の死因>(最近15ヶ月間)
犬の死因
 -31.8%
 心不全(肺水腫)-15.5%
 老衰-10.1%
 き腎不全、事故-6.8%
 自己免疫介在性溶血性貧血-4.7%
 その他(肝不全、胃捻転、中毒など)-31.1%

猫の死因 
 腎不全-22%
 新生仔死亡(ウイルス性呼吸器疾患、衰弱)
-15%
 DOA(Dead On Arrival、来院時既に死亡もしくは心肺停止状態)-13%
 -10%
 キΝ事故、心疾患、呼吸不全-8%




固定リンク | 2010年04月12日【79】

[1]    «    31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37    »    [37]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事