病院からのお知らせ

最近の記事

10月11日(月)からのケーブルテレビ・「宮崎ペットクラブ」のテーマは「犬・猫の発咳の診断マニュアル」です。

 4月からスタートしたケーブルテレビ・「スクランブル宮崎」が9月で終了し、10月から「宮崎ペットクラブ」と題して再出発するとのことです。当院の出演は月2週で、初回は10月11日からの1週間の予定です。放送は毎日1回で、時間はまちまちとの事ですので、興味のある方は番組表で御確認下さい

 「発咳」は犬、猫でよく見られる症状である。咳を主訴で来院した場合、獣医師はどのような病気(疾患)を頭にいれて診断を進めるか、手順を示して見よう

禀告をよく聴取し、発咳試験を実施し、肺音と心音を注意深く時間をかけて聴診するこれは、いかなる病気であろうと診療の基本である
のように、「咳」の症状で来院した場合、聴診や超音波検査もあるが、確定診断に辿りつくまで、かつ合併症の有無を調べるには「胸部レントゲン撮影」が必須である。
●まず、心臓が拡大(肥大と拡張)しているか、正常か。拡大があれば右心の拡大か、左心の拡大かをチェックする。
●心臓の拡大がない場合、肺に異常があるか、否か。気管など上部気道に異常がないかをチェックする。
●レントゲン1枚で確定診断が100%できるかというと、そうではなく、血液検査超音波検査などの結果と合わせて総合的に診る(判断する)必要がある。だが「咳」で来院した場合、胸部レントゲン撮影から得られる情報はあまりにも多い
●飼い主側は、ちょっとした軽い「咳」で病院に行ったのに「いきなりレントゲンを撮られた」などと思わずに、ちゃんとした診断にはレントゲン撮影が必要不可欠なのだということを知らなければならない。
●どのような疾患が考えられるか、以下に示した。

<犬と猫の咳の原因>
1.炎症性
  咽頭炎
  口蓋扁桃炎
  気管気管支炎
  慢性気管支炎
  気管支拡張症
  肺炎―細菌性、ウイルス性、真菌性
  肉芽腫
  膿瘍
  慢性肺線維症
  気管虚脱
  肺門リンパ節腫脹
  食道機能障害に続発
  吸入
  異物

2.腫瘍性
  原発性
  縦隔性
  転移性
  気管の
  喉頭の
  肋骨、胸骨、筋肉の
  リンパ腫

3.循環器
  左心疾患―肺水腫
  心肥大―特に左心房
  心疾患
  肺塞栓
  肺水腫―血管性の

4.アレルギー
  気管支喘息
  好酸球性肺炎
  好酸球性肺肉芽腫
  好酸球の肺浸潤(PIE)
  免疫疾患
  副鼻腔炎(?)
  逆くしゃみ(後鼻漏?)

5.寄生性
  幼虫の移行(トキソカラ(回虫)spp、イヌ鉤虫、糞線虫)、
  肺虫spp(犬)、猫肺虫abstrusis(ネコ肺虫)、
  ケリコット肺吸虫(犬、猫)、イヌ糸状虫(犬、猫)、
  毛細線虫aerophila(犬、猫)、キツネ肺蠕虫?(犬)

6.原虫性
  トキソプラズマ症(猫)
  ニューモシスチス(犬)

7.真菌性
  ブラストミセス症
  ヒストプラズマ症
  コクシジオイデス症
  クリプトコッカス症
  アスペルギルス症

診断のアルゴリズムを下表に示した


固定リンク | 2010年10月11日【102】

今週(9月11・12日)のケーブルテレビ「スクランブル・宮崎」#23は「犬・猫の誤飲・誤食」です。

<平成21年4月〜平成22年7月に「夜間救急」に来院した誤食・誤食の症例>の要約
●誤飲・誤食は「中毒」や「腸閉塞・腸重積」の原因となり、死に直結する場合が多い。その概要を知ることは重要である。

●犬が延べ40頭(うち1頭が2回の誤食)、猫が5頭であった。

●犬種ではM.ダックスが断トツで13頭、その他は人気上位の犬とラブラドール。特にM.ダックスがいろんなものに興味津津で、卑しい犬種であることが分かる。

●年齢は犬猫とも1歳未満が多いが、犬では10歳以上の高齢でも少なくない。犬ではオス、メスの性別は関係なし。

●誤飲・誤食物の内訳は、犬では人体薬やチョコレート、殺虫剤、殺鼠剤、紙、布、ビニール、お茶、農薬・・・など身近なもので、家人の不始末や不注意が原因のことが多いようだ。

●その他、特に危険な誤食物は、ソテツ(民芸品、胃酸と反応してホルマリンが生成され、胃穿孔して腹膜炎で死亡)、青梅は青酸カリを含む。キシリトールはインスリンを過剰に分泌して低血糖で死亡。ブドウは急性腎不全から尿毒症を呈して死亡。

●猫では舌触りの良さから、紐やビニールの類に要注意。

詳しくは、(3分間ですが)番組を!!!


固定リンク | 2010年09月10日【100】

8月21日(土)、22日(日)のケーブルテレビ「スクランブル・宮崎」#20のテーマは「犬猫の血液型と輸血」です。

 放送は8月21日(土)が午前10時30分、午後2時30分、午後8時30分の3回、22日(日)が午前9時、午後4時、午後9時30分の3回、計6回です。内容は以下のようです。

<犬猫の血液型と輸血> 

1.輸血の必要な場合(疾患)
●ヒトの輸血製剤には全血輸血、濃厚血小板、濃厚赤血球、新鮮凍結血漿、アルブミン製剤がある。 
●犬猫では全血輸血、赤血球輸血、血漿輸血が一般的である。
●ヒトでも動物でも赤血球の代用となる製剤は現在も研究段階で臨床応用されていない。
●輸血を必要とする疾患は犬のバベシア症、猫のヘモバルトネラ症、免疫介在性溶血性貧血、末期腎不全、腫瘍(特に腹腔内出血を伴う腹腔内腫瘍)
●炎症性腸炎やリンパ管拡張症など蛋白喪失性腸炎やパルボウイルス感染症で低蛋白血症を呈する症例には、「血漿輸血」を行う。

2.犬の赤血球(血液)型
●犬の血液型(DEA=Dog Erythrocyte Antigen=犬赤血球抗原)にはDEA1〜13の13型がある。特にEDA1にある1.1,1.2,1.3の3つのサブタイプの中の1.1が重要である。
●ドナー犬のEDA1.1が陰性であればレシピエント(受血犬)はDEA1.1が陰性、陽性のいずれであれ輸血が可能である。
●国や地域、品種で血液型の頻度は異なるが、文献によればEDA1.1陰性は30〜55%、陽性は45〜70%である。

<猫の赤血球(血液)型>
●猫の血液(血球)型にはA、B、AB型の3つがある(猫のABシステム)。A型(A/A、A/B)、B型(B/B)、AB型の3種類の対立遺伝子からなる。A型はB型に対して完全優性である。
●しかし、AB型は第3の対立遺伝子として遺伝するため、AB型同士の交配でのみAB型の子猫が誕生する。猫のAB型は極めて稀な血液型である。A型が59〜100%と多い。品種によっては100%がA型である。
●猫では犬と違って、自然発生同種異系抗体を有しているため、初回輸血でも血液型の不適合によって死に至らしめる重篤な輸血反応を呈する。
●輸血は血液型を検査して、同型を輸血するのが原則だが、AB型の猫に同型の猫がどうしても見つからない場合にはA型の血液の輸血も可能である。

<交差適合性検査>
●主試験はドナーの赤血球とレシピエントの血漿を混合して、前者に対する後者・血漿中の同種異系抗体を検査する。副試験はその逆でドナー血漿中の同種異系抗体を調べる検査である。

<輸血の原則>
●交差適合検査の実施が原則。
●ドナー側の問題(年齢・体重・健康で持病が無い・病原体が全て陰性・ワクチン接種済など)
●輸血は貧血低蛋白血症で苦しむ動物にとって、この上ない「贈り物」である。日頃から、猫友や犬友を2〜3頭はつくっておく。


 さらに詳しくは、「症例のご紹介」の「ペット豆知識No.45」を参照下さい



固定リンク | 2010年08月21日【67】

8月14日(土)、15日(日)のケーブルテレビ「スクランブル・宮崎」#19のテーマは「熱中症」です。

 放送は14日(土)が午前10時30分、午後2時30分、午後8時30分の3回、15日(日)が午前9時、午後4時、午後9時30分の3回、計6回です。内容は「症例のご紹介」の「ペット豆知識・No.3No.30・その2No.80」を参照下さい。

固定リンク | 2010年08月14日【98】

8月7日(土)と8日(日)のケーブルテレビ「スクランブル・宮崎」#18のテーマは「外耳炎」です。

 今回のテーマは「外耳炎」

●外耳炎は犬・猫で頻繁に見られる。頭をふる、頭を掻く、変な臭いがする…と感じたら、外耳炎の疑いがある。

外耳炎はなぜ起こる? 外耳炎は様々な原因により生じる。
アレルギー(アトピー、食物アレルギー)
・外部寄生虫(ミミヒゼンダニ、毛包虫)
マラセチア(酵母菌)・異物(植物、泥など)
細菌感染症
・角化異常症
・内分泌疾患(甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症)
・自己免疫疾患
・腫瘍など
 
●外耳炎は、以下の要因によっても罹患しやすい。
・耳道が狭い(ブルドック、チャウチャウなど)
・耳道に毛が多い
・耳が垂れている
・高温多湿(梅雨時期やシャンプー)
・シャンプーや川遊びなどで外耳道に水が入る、など

●外耳炎になると、細菌感染、酵母菌(マラセチア)の増加、外耳道の狭窄が生じる。マラセチアの増殖により、黒褐色の耳垢が増加し、特有の臭いを生じる。耳垢の狭窄は、炎症により表皮の肥厚および角質の増多、真皮の浮腫が生じることによる。治療の開始が遅れると、真皮の線維組織の増殖、アポクリン腺拡張により外耳道狭窄は永続的に狭窄する。

●犬や猫の外耳道は人とは異なり、垂直耳道と水平耳道からなる。そのため、外耳炎の治療で綿棒を使用すると耳垢を奥へ奥へと追いやることになる。その上、綿棒で皮膚を傷つけてしまい、外耳炎を悪化させてしまうことすらある。綿棒は禁忌である。

●外耳炎の治療の原則は専用の耳科用製剤、希釈した消毒液を使用し、時間をかけて丹念に洗浄した後に、原因に則した薬物を点耳することである。治療開始が遅れたり、徹底した治療で改善が望めない場合には(外側)垂直耳道摘出術、全耳道切除術などの外科的治療を行う。

文責:獣医師 棚多 瞳




固定リンク | 2010年08月07日【90】

[1]    «    33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39    »    [39]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事