宮崎市 たばる動物病院 土曜診療・日曜診療 獣医師・トリマー・動物看護士 募集



壺中の別天地

たばる動物病院 > 壺中の別天地

壺中の別天地

最近の記事

壺中の別天地-その7・高知篇-

●龍馬の生誕は、1835年(天保6)11月15日、高知城に近い本町1丁目である。
●坂本家の身分は郷士御用人であり、1771年(明和8)に郷士に取り立てられ、1784年(天明4)に郷士御用人・3人扶持となる。1785年に5石が加増される。一人扶持は玄米1石8斗なので、坂本家の家禄は合計で10石4斗となる。他に領知が161石8斗(16.18ha)あり、そこから小作人収入を得た。生活は裕福であった。
●龍馬の父は八平直足(はちへいなおたり・1797〜1855)、母は幸(1798〜1846)。母は龍馬が11歳の時に亡くなり、継母の伊与(いよ・)に寵愛された。伊与の前の嫁ぎ先である種崎の川島家へ船をこいでよく遊びに行ったと云う。川島家の主人・猪三郎は御船倉の御用商人をしており、龍馬に世界地図を見せたり、外国の事情を語っていたと云う。

固定リンク | 2018年05月25日【18】

壺中の別天地-その6・広島篇-

広島市原爆投下は昭和20(1945)年の8月6日、午前8時15分です。その年の12月までの死者は約15万人、被爆者は56万人を数えました。マンハッタン計画によって、マリアナ諸島のテニアン島を離陸したB-29(エノラ・ゲイ号)は約7時間の飛行を遂げ、広島上空に至りました。途中、四国上空で日本のレーダーに発見され、日本軍の戦闘機の追跡と射撃をうけましたが、巧くかわして、目標地点である相生橋(本川=旧太田川と元安川の分岐点)上空約1万メートル(9632m)から「リトルボーイ」を投下しました。43秒後、「リトルボーイ」は目標から少し外れた島病院(現島内科)の上空約550メートルで核分裂爆発したのです。今回の広島訪問後、直ぐに10年前の子供の中学と高校の社会の教科書を捲って見ました。写真付きでありますが、原爆についての記述は1ページ未満でした。連合軍(アメリカ)が原爆投下に至った経緯については何の記載もありません。10年経った今、教科書の内容がどうなったのか、暇を見つけて市内の教科書販売店に行ってみます。なぜ広島が狙われたか。当時の広島は戦艦造船や軍需品製造の基地であり、多くの将校が住み、軍人はここから戦地に向かい、そして帰還して来ました。敵にとって許しがたい日本の軍需工場の拠点だったのです。また広島は、元は湾であり埋立地であります。今も地下鉄ができないのは地盤が弱いためです。弱い地盤のため当時の建物は多くが木造で、高さもせいぜい3階でした。これは原爆の熱線によって延焼しやすいということです。以下は乗せてもらったタクシーの運転手さんが話してくれたことですが、「広島駅前に今も残る100メートル道路は、敗戦を覚悟した日本軍の司令官ら将校が、ここから飛行機で脱出すらための専用道路として造ったもの」だそうです。一度も使用されませんでしたが。つづく。1月28日。

●次に狙われ投下されたのは長崎市です。1945年8月9日11時2分、市街中心部から3km逸れて、松山町171番地を爆心地として約500m上空でプルトニウム型原子爆弾=「ファットマン」が炸裂しました。高度9000mのB-29搭載の「ファットマン」は同10時58分に投下されたのです。長崎は「武蔵」はじめ多くの戦艦を造った造船所があり酸素魚雷基地もありました。そして針生電波塔を有し、これは戦時の重要な情報基地でもありました。実は、この長崎は第1目標ではなく第2の標的地でした。テニアン島を離陸した「ファットマン」は同9時44分、第1目標地の小倉陸軍造兵廠上空に達しました。小倉とその周辺の八幡をはじめ今の北九州市は軍需工場の拠点であったのです。それから45分間、「ファットマン」は目視によって3度の爆撃航程を行ったが失敗し、遂に天候悪化と燃料費消の嵩みが原因で小倉上空での原爆投下を断念、長崎へ向ったのです。目視が不可であった天候悪化以外の原因には、前日米軍が行った八幡市空襲の残煙による霞や、八幡製作所の従業員が新型爆弾投下の警戒からコールタールを燃やして煙幕を張ったとの証言があります。その他、日本軍高射砲からの対空射撃の激化や、芦屋飛行場からの五式戦闘機や築城基地からの「ゼロ戦」10機の緊急発進も挙げられています。いずれにしても戦争に大きくかかわり、当時人口が多かった都市(当時の長崎市人口は福岡市、八幡市に次ぐ九州第3位)を狙っての原爆投下と云うことです。つづく。1月29日。


固定リンク | 2018年01月27日【17】

壺中の別天地-その5・青森篇-

 9月の旅は、「北のまほろば」でした。むろん「南のまほろば」のすばらしい国は「大和」です。北は、司馬さん的には「三内丸山」の青森県だったのでしょう。今回も「街道をゆく」を辿ってみました。
 羽田経由の青森空港→レンタカーを借りて三内丸山遺跡→金木の斜陽館→青森市内の棟方志功記念館→居酒屋→「津軽海峡冬景色」の青森駅→新幹線とレンタカーで岩手・平泉町の中尊寺・義経堂→銀座・・・の旅行脚でした。

●三内丸山遺跡
三内丸山遺跡は青森市大字三内字丸山の地名が由来。青森空港と青森市街の間にあり、空港から車で10分と近い。遺跡の存在は江戸時代(弘前藩)から知られていたが、県営野球場の建設の際にその規模の大きさが判明。大型竪穴住居が10棟以上、約780軒の住居跡が確認された。今から遡ること5500年前から4000年前の1500年間の縄文時代の集落跡である。縄文時代は世界的には新石器時代である。土器の出現が新石器時代であり、今から約13000年前から稲作伝来の約2300年前までの、約10700年間を云う。由来は土器に縄文模様があるため。3枚目の写真は、集会所、共同作業所、冬期間の共同家屋として活用されたのではないかと想像されている「大型竪穴住居」。4枚目の写真は、大型掘立柱建物(六本柱建物)、穴の大きさと深さは2メートル、柱の間隔は4.2mであり、「縄文尺」(35cm)が使用されていた。この尺度は他の遺跡でも確認されている。その穴に残された栗の木の柱。残った柱には1mのものもある。復元の柱も栗の木ということだが、こんな巨大な樹齢の木が果たして今の日本に存在するのやら・・・いろいろと疑問も膨らみましたが・・・深堀はしません。耐久性を増すために表面を焦がしてもいるそうです。7枚目の写真は高床式掘立柱建物です。これももちろん想像の復元物ですが、柱自体がどっしりと重厚で、今風のログハウス様であります。避暑地としてこのままでも利用したい気分であります。8枚目は竪穴建物で、屋根は萱や樹皮や土などで葺いてあるようです。三内丸山遺跡の最大の特長は、稲作伝来のはるか遠い昔にこの日本で、栗を植林し、大きな集落を形成し、狩猟や漁業をしながら、1500年もの間、定住生活をしていたことです。その世界的にも発達していたコミュニティ-が突如、崩壊したらしいのですが、それは謎のようです。司馬さんはこの遺跡が発見されるや、居ても立っても執筆もできずに、この地へすっ飛んできたそうです。遺跡発見のニュース第1報は1994年7月17日の朝日夕刊。司馬さんがここに立ったのは同7月22日と云う。司馬さん他界の1年半前のことです。写真は史跡の縁(発掘途中と思われる)の栗の木とその実。

●斜陽館
太宰治(1909〜1948)の生まれる2年前に建造された津島邸は、人手に渡り旅館などを経て1996年、金木町が買い取り、現在の「斜陽館」となる。大地主で金貸し(金融)業を営んでいた豪奢な国重要文化財である。ここの6男として太宰(津島修治)は生まれ育った。床板は黒光りし、ツルツルで、軋んだ。2階に、れいの芥川賞を懇願する佐藤春夫への手紙なども展示。こと感銘したのは、太宰の子守をした「越野タケ」という女性。太宰は昭和19年、津軽の風土記の執筆を依頼され、3週間の故郷旅をした。それが「津軽」である。「たけが私の家へ奉公に来て、私をおぶったのは、私が三つで、たけが十四の時だったという。それから六年間ばかり私は、たけに育てられ教えられたのであるが、・・・・・・」(新潮文庫・p207)。30年ぶりの再会場面は涙の物語。『たばこも飲むのう。さっきから、たてつづけにふかしてる。たけは、お前に本を読む事だば教えたけれども、たばこだの酒だのは教えねきゃのう』と言った。」(同p208)。太宰35歳、たけ46歳の、木造町の運動会の日の会話である。太宰は11人兄弟姉妹の10番目。父は多忙で、母親は病身。「私は母の乳は一滴も飲まず、生れるとすぐに乳母に抱かれ、・・・夜は叔母に抱かれて寝たが、その他はいつも、たけと一緒に暮らしたのである。・・・そうして、或る朝、ふと眼をさまして、たけを呼んだが、たけは来ない。」(同p189)」。両親の愛情不足、よりも酷なネグレクト(この時代の分限で子沢山の家では決して珍しいことではない)の情況で育った太宰。家の格柄と両親の愛情不足が太宰の文学を生んだと言えばそれまでか。私は、大学の一般教養で文学を選択し、その教授の専門が「太宰」でした。今なら一端のレポートが書けそうな。今回、一度書いた写真附文を消去したのは、いとも簡単に太宰をスルーするのが憚られたから。11枚目の写真は「太宰ラーメン」。太宰の好物、若竹汁から。12枚目の写真は斜陽館から青森への復路、車中からの岩木山。津軽平野のどこからでも津軽富士を拝める。それが本当だと信じるくらいに津軽の平野はどこまでもだだっ広く、一新ものでした。13枚目の写真は往路車中からの林檎園。「故郷の匂いのするリンゴ酒を一つ飲んでみたくて・・・」(同p45)。青森県の林檎生産額は1000億円を超える、と翌朝の地元紙一面にあった。

●棟方志功記念館
14、15枚目の写真は青森市の棟方志功記念館。私は、志功の作品は何百と見ているし、手持の柵もある。二菩薩釈迦十大弟子・厖濃の柵に、「わだば日本のゴッホ」にした若描の向日葵などが展示。

●青森駅
最後2枚は東京駅顔負けの超ナガの青森駅跨線橋。撮影場所はその中間点から左右。

固定リンク | 2017年12月16日【16】

壺中の別天地-その4・下関篇-

固定リンク | 2017年09月02日【12】

壺中の別天地-その3・奈良篇-

●今月の「壺中の別天地」と居酒屋紀行は奈良と「司馬遼太郎記念館」でした。日本史は選択していませんでしたので少し不得手であります。子供の中学・高校の教科書を参考にして復習してみますか。ここでのまずは「邪馬台国」から話をはじめましょう。(それ以前の、たとえば「三内丸山遺跡」(青森市)などについては秋の版にしようと計画しています)。邪馬台国が存在した地域で最も有力なのは奈良県桜井市の三輪山の北西麓一帯にある纒向遺跡(まきむくいせき)とされ、ここには弥生時代末期から古墳時代前期にかけての集落遺跡があります。
596年(推古4):蘇我馬子が法興寺(飛鳥寺)を建立。
601年(推古9):聖徳太子斑鳩宮を造営。
607年(推古15):聖徳太子が法隆寺を建立。
643年(皇極2):朝廷を飛鳥板蓋宮(飛鳥宮)に移す。
645年(皇極4):中大兄皇子と中臣鎌足が飛鳥宮で蘇我入鹿を暗殺(乙巳の変)。
670年(天智9):法隆寺焼亡。
672年(弘文・天武1):壬申の乱飛鳥浄御原宮に遷都。
694年(持統8):藤原京に遷都。
710年(和銅3):平城京に遷都。奈良時代へ
712年(和銅5):「古事記」完成。
720年(養老4):「日本書紀」完成。
752年(天平勝宝4):東大寺大仏開眼東大寺二月堂修二会開始。
753年(天平勝宝5):唐の僧・鑑真来日。
759年(天平宝字3):鑑真が唐招提寺創建。
768年(神護景雲2):春日大社創建。
794年(延暦13):桓武天皇が平安京に遷都。平安時代始まる
つづく。7月16日。

●ランキングもさまざまでしょうが、「歴男が選ぶおすすめの奈良の寺院ランキング」というものがネットにありました。10位が長谷寺、9位が談山神社、8位が橿原神宮、7位が室生寺、6位が唐招提寺、5位が薬師寺、4位が興福寺、そしてベスト3は、3位が春日大社、2位が法隆寺、1位が東大寺・・・・・・でした。ベスト10はランキングの調査方式でいろいろのようですが、1位が東大寺、2位が法隆寺というのは多くのランキングで一致しているようです。私の今回の奈良の旅は、恥ずかしいながら初めてであります。高校の修学旅行の3つのコースのひとつが奈良・京都方面だったと記憶しています。その時は経済的な理由で参加できませんでした。それだけに今回の事前調査には念を入れました。奈良の有名寺院を隈なく訪問するには1週間も2週間も掛かることが分かりましたので、それならばランキングを見てみようと考えました。そうすると私の考えいたった順位と歴男ランキングがほぼ一致していたので、我ながら偶然の御満悦といったところでした。今回は時間も極めて限られ、それも急遽夕刻には上京する羽目になりましたので、せいぜい2箇所に絞らなくてはなりませんでした。司馬さんの「街道をゆく・24・近江散歩/奈良散歩」には宮大工、西岡常一氏の「いい話」を引用しながら薬師寺の技術的な優越性が書かれていますし、井上靖の「天平の甍」の鑑真和上像のある唐招提寺も外せないのですが、鑑真さんは年に3日間(6月5・6・7日)しか開帳されません。結局そんなこんなの理由で、東大寺と法隆寺を選択しました。東大寺南大門の金剛力士立像大仏殿の大仏様法隆寺五重塔正岡子規の「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」の句碑です。そして何よりは東大阪市の「司馬遼太郎記念館」です。つづく。7月16日。

法隆寺とは・・・・・・入場チケット付属の「法隆寺畧縁起」を参照。
○法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築。
○用明天皇が自らの病気の平癒を祈るため寺と仏像を造ることを請願したが、実現の前に崩御。
○推古天皇と聖徳太子(574〜622・用明天皇の皇子)が用明天皇(?〜587・在位585〜587)の遺願を継いで、推古15年(607)に建立。
○本尊は「薬師如来」。
○境内の広さは18万7千平方メートル。
○国宝・重要文化財は約190件、総点数は約3000点。
○1993年12月、ユネスコの世界文化遺産として日本初の登録。

<国宝・法隆寺金堂(飛鳥時代・仏教渡来から大化の改新=645年まで or 聖徳太子摂政就任の593年〜大化の改新または平城遷都=710年まで)>
○法隆寺御本尊を安置。
○聖徳太子のために造られた金銅釈迦三尊像(飛鳥時代)。用明天皇のために造られた金銅薬師如来坐像(飛鳥時代)。聖徳太子の母君穴穂部間人皇后のために造られた金銅阿弥陀如来坐像(鎌倉時代)。樟で造られた日本最古の四天王像(白鳳時代)などの仏像が安置される。

<国宝・法隆寺五重塔(飛鳥時代)>
○塔はストゥーパともいわれ、釈尊の遺骨を奉安するための建物。
○仏教寺院で最も需要な建物。高さ32.5mの、わが国最古の五重塔である。
○最下層の内陣には、奈良時代のはじめに造られた塑像群がある。

<現存の法隆寺再建の謎>
○法隆寺は607年、聖徳太子が飛鳥から斑鳩へ都を移す時に建てられた(聖徳宗の総本山)。法隆寺は607年、聖徳太子が飛鳥から斑鳩へ都を移す時に建てられた(聖徳宗)。法隆寺の一翼を担う西院伽藍を形成する法隆寺金堂、五重塔、中門に使用されているヒノキやスギの部材は650年代末から690年代末に伐採されたものであるとされ、法隆寺西院伽藍は7世紀後半の再建であることが確定している。問題は、金堂の部材が年輪年代からみて650年代末から669年までの間の伐採で、日本書紀の伝える法隆寺炎上の年である670年よりも前の伐採と見られることである。伐採年が日本書紀における法隆寺の焼失の年(670年)を遡ることは、若草伽藍が焼失する以前に現在の伽藍の建築計画が存在した可能性を示唆している。法隆寺の建立と再建には現在も諸説存在するが、発掘調査などにより、若草伽藍跡こそが創建法隆寺であり、これが一度焼失した後にあらためて建てられたものが現存する法隆寺西院伽藍であるということが定説となっている。五重塔の心柱の用材は年輪年代測定によって確認できる最も外側の年輪が594年のものであり、この年が伐採年にきわめて近いと発表されている。他の部材に比べてなぜ心柱材のみが特に古いのかという疑問が残っているが、心柱材については、聖徳太子創建時の旧材を転用したとも考えられている。
若草伽藍(わかくさがらん):奈良県生駒郡斑鳩町の法隆寺西院伽藍南東部の境内から発見された寺院跡である。創建時の法隆寺であると考えられることから、創建法隆寺とも呼ばれる。(Wikipediaなど参考・転写)。つづく。7月21日。

●法隆寺を訪ねた目的のもうひとつは(勿論いちばんは世界最古の木造建築をこの目で見ることでした)、正岡子規の句碑と並んで写真を撮ることでした。「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」は、正岡子規が生涯に詠んだ20万のうち最も有名な句であり、芭蕉の「古池や蛙飛びこむ水の音」と並ぶ日本の2大名句(誰でも知っている大衆句として)であります。「法隆寺に立ち寄った後、茶店で一服して柿を食べると、途端に法隆寺の鐘が鳴り、その響きに秋を感じた、というのが句意である。・・・・・・『鐘が鳴るなり』と因果関係があるわけではない。柿は大和名産の御所柿と思われる。」とWikipediaにあります。法隆寺では作務衣を着た10人ほどの係員が案内していましたが、句碑のある池の辺に近づくとそのひとりが「秋には門前で柿2個が配られますよ」と教えてくれました。JA奈良が奈良特産の柿を多くの人に知ってもらおうと、「柿の日」の10月26日に法隆寺でも無料で配布するそうです。法隆寺の時の鐘が鳴るのを待って食うのでしょう・・・・・・。7月22日。

●奈良・東大寺の本尊である大仏の正式名称は、東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)であり、金堂は東大寺大仏殿(国宝指定は1952年=昭和27)です。聖武天皇の発願で天平17年(745年)に制作が開始され、天平勝宝4年(752年)に開眼供養会(かいげんくようえ、魂入れの儀式)が行われました。その後、中世、近世に焼損したため大部分が補作されており、当初に制作された部分で現在まで残るのはごく一部であります。 「銅造盧舎那仏坐像」の名で彫刻部門の1958年(昭和33)、国宝に指定されました。以下も以上もですが、東大寺大仏建立までの経緯を、Wikipediaの文章を借用させてもらいます。
「正史『続日本紀』、東大寺の記録である『東大寺要録』が引用する『大仏殿碑文』『延暦僧録』によれば、大仏造立の経緯はおおむね次の通りである。
天平12年(740年) - 聖武天皇は難波宮への行幸途次、河内国大県郡(大阪府柏原市)の知識寺で盧舎那仏像を拝し、自らも盧舎那仏像を造ろうと決心したという。(続紀)
天平13年2月14日(741年3月5日) - 聖武天皇が国分寺・国分尼寺建立の詔を発する。(類聚三代格など)
天平15年10月15日(743年11月5日) - 聖武天皇が近江国紫香楽宮にて大仏造立の詔を発する。(続紀)
天平16年11月13日(744年12月21日) - 紫香楽宮近くの甲賀寺に大仏の骨柱を立てる。(続紀)
天平17年(745年) - 恭仁宮、難波宮を転々としていた都が5年ぶりに平城京に戻る。旧暦8月23日(745年9月23日)、平城東山の山金里(今の東大寺の地)で改めて大仏造立が開始される。(碑文)
天平18年10月6日(746年11月23日) - 聖武天皇は金鐘寺(東大寺の旧称)に行幸し、盧舎那仏の燃灯供養を行う(続紀)。これは、大仏鋳造のための原型が完成したことを意味すると解される。
天平19年9月29日(747年11月6日) - 大仏の鋳造開始。(碑文)
天平勝宝元年10月24日(749年12月8日) - 大仏の鋳造終了。(碑文)
天平勝宝4年4月9日(752年5月26日) - 大仏開眼供養会が盛大に開催される。(続紀)」
つづく。7月23日。

●南大門
‥貘膸の正門で、現存する門では日本一。
∩老は天平勝宝8〜天平宝字6年(756〜762)と推定。
初代門は962年(応和2)の大風で倒壊。
ず瞳されるが、1180年(治承4)の兵火で消失。
ジ什澆瞭鄲臾腓蓮鎌倉時代、東大寺復興を推進した重源(1121〜1206)が再建し、1199年(正治元)に上棟。
再建には中国の工人・陳和卿(ちんなけい)らの知識を総動員し、新たな工法を考案した。重源はその前、三度宋に渡って南宋の建築様式(大仏様=天竺様)を見聞。天井は張らずに構造が露見。肘木という材が柱を貫通。この様式は和様建築にはない。これで耐震性は抜群のアップ。
参考「ガイドブック東大寺 散策案内 歴史と美術」(社)大仏奉賛会 発行・東大寺監修・文 石井亜矢子・2002年発行。

●金剛力士立像
〇を外敵から守る。仁王とも呼ぶ。
阿形と吽形が向かい合うのは他にない。
A高8m、総重量6t。国宝指定の木彫像では最大。1203年にわずか69日で完成。運慶・快慶・定覚(じょうけい)・湛慶(たんけい)ほか作。総指揮は運慶?
ご麑畋い里燭畭臾擇必要ない・分業できる・持ち運びが容易などの利点。1196〜1201年に伐採された周防国のヒノキ。
ソ蕕瓩脇邯きに並んで安置される予定が、制作過程で向かい合わせになったため、修正や手直しの跡がうかがわれる。8月3日。
参考「ガイドブック東大寺 散策案内 歴史と美術」(社)大仏奉賛会 発行・東大寺監修・文 石井亜矢子・2002年発行。

●大仏様と大仏殿(金堂)
南大門を抜けると真正面が東大寺大仏殿である。御本尊を安置する建物で、金堂ともいう。東大寺の御本尊は盧舎那仏(毘盧遮那仏とも)で、天平17年(745)に聖武天皇の発願により銅像の大仏様の建立が決定。天平19年(747)に大仏鋳造が開始。天平勝宝4年(752)に大仏が完成し、盛大に開眼供養会が営まれた。大仏の高さは18m、使用した銅は500tに及ぶという。大仏殿はその後から建設が始まり、天平勝宝9年(757)の聖武天皇一周忌に完成したと推定されている。造立後の大仏様は、1180年(治承4)と1567年(永禄10)の2度、兵火によって多大の損壊を受けた。大仏殿は最初の兵火で消失、1195年に再建されたが、2度目の兵火後は長く再建されず、1692年(元禄5)に再建された。現在の大仏様は、この元禄時代の3代目の建物である。正面幅は57m、高さは49mであり、世界最大の木造建築である。再建された大仏殿は、創建時の建築様式(中国・唐の様式)とは異なり、正面の大きさも1.5倍であった。現在の南大門は鎌倉再建時の大仏殿建築様式を偲ばせる建築である。しかし大仏様は、銅製であるため、大仏殿の全壊に比べ損傷は少なく、後かともなく溶け落ちることはなかった。とくに下半身から蓮華座にかけては創建時のままという。その都度、修理を行ったため、今の大仏様は、顔はつるつるだが、体には無数の傷が残る。大仏様の掌には水掻きが見られる。これは大海原も泳ぐ苦行の為、水1滴も漏らさず人々をすくい上げるためとも。8月6日。
参考「ガイドブック東大寺 散策案内 歴史と美術」(社)大仏奉賛会 発行・東大寺監修・文 石井亜矢子・2002年発行。



固定リンク | 2017年07月16日【14】

1  |  2    »    

- 管理用 -

このページの先頭に戻る



宮崎市 たばる動物病院 土曜診療・日曜診療 獣医師・トリマー・動物看護士 募集

このページの先頭に戻る