今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

今週の親仁ギャグ・2019年8月18日(日)〜8月24日(土)

●ここでの最終着地点は、山本五十六元帥の最後です。先の河合継之助記念館での質問2であります。「山本五十六は、米軍に撃墜されることを覚悟でラバウル飛行場を発ったのでしょうか」との問いに、質問1(長岡空襲のこと)と同じ学芸員(ボランティア?)さんは「同感」してくれました。南雲忠一中将が山口多聞少将の進言を却下した理由は下記の通りでしょうが、要は、中将は敵の攻撃に第二波攻撃隊の出撃(空母艦上からの離艦)が間に合うと考え、それとは反対に少将はそれが間に合わないと思ったのであります。結果はそれが間に合わなかった・・・・・爆弾や魚雷を搭載した艦上の航空機に、敵の爆撃が命中した・・・・・・のでありますから、大爆発が起こり、その後の結末は火を見るよりも明らかです。その上、空母の上空ではミッドウェー島への空襲を終えて帰還した航空機が艦上着陸を待っていたのであります。燃料切れで墜落したことになります。つづく。8月23日。

●ミッドウェー島への空襲開始の午前3時30分から時間を置かずして、6月5日午前4時15分、南雲中将は空母各艦へ、「第二次攻撃隊を編成し、兵装を戦艦への爆弾や魚雷から(空襲の)爆装に転換」することを通達した。が、時すでに遅く、敵の空母「エンタープライズ」と「ホーネット」、「ヨークタウン」から日本艦隊を攻撃するための航空機152機が出撃し、海戦としてはアメリカ軍の先制攻撃で幕を開けた。それに遅れること13分の、同4時28分、ついに日本艦隊も敵艦隊を発見する・・・・・・のだが、南雲機動隊はいささか動揺した。このアメリカ航空隊第一波攻撃による日本側の損害は大したことはなかったという。ところがだ、ミッドウェー島空襲から帰還した第一次攻撃隊は、兵装転換によりマチボーケをくらうこととなり、「飛龍」と「蒼龍」を率いる山口多聞少将は南雲中将に対して、「現装備ノママ直チニ攻撃隊ヲ発進セシムルを至当ト認ム」と進言したのだが、南雲中将はそれを却下。すなわち空母艦上の攻撃機は、陸用爆弾から、魚雷や対艦爆弾(250kg)への再度なる転換作業をしたのだ。南雲中将の却下理由(Wikipedia参照)は・・・・・・
九七艦攻への陸用爆弾から魚雷への転換は、もともと陸用爆弾に換装した機が少なく、短時間で終わる。水平爆撃の命中率は悪く、急降下爆撃でも敵空母に致命傷を与えることは困難である。
第二航空戦隊(飛龍、蒼龍)の九九艦爆の爆装は短時間で行える。
上空待機中の日本軍ミッドウェー基地空襲隊(約100機)の燃料が尽き掛けており、これ以上待たせる事は出来ない。貴重な機体と200名以上の熟練搭乗員を危険にさらすことは大問題である。
敵艦隊攻撃隊を護衛する零戦が、南雲部隊を守るためにほとんど発進しており、一度着艦して補給する必要がある。弾薬と燃料を使い果たした零戦隊を護衛につけても意味がない。
戦闘機の護衛のない攻撃隊は、艦隊護衛戦闘機の餌食になることを珊瑚海海戦やアメリカ軍ミッドウェー基地航空隊が実証している。南雲にとって、大損害を受けることがわかっていながら「はだか」の航空隊を出すことは出来ない・・・・・・
という理由から。この時の兵装転換がなければ結果が変わったとされる”運命の5分間”説なるものがあるが、歴史の今の見解は、どちらにせよ攻撃隊の発進は敵攻撃に間に合わなかったというのが定説・・・・・・とのことである。つづく。8月23日。

ミッドウェー海戦までの連戦連勝・・・・・・不沈艦「大和」に座乗する山本五十六も、南雲忠一中将率いる機動部隊の空母「赤城」「加賀」「飛龍」「蒼龍」の航空機は、1942年6月5日午前3時30分、ミッドウェー島を空襲するため出撃したのだが、アメリカ軍は海上戦を作戦していた。すなわちアメリカは艦隊を組んで空中戦と空爆戦を計画していたのである。日本の連合艦隊は、それまでの連戦連勝に慢心していたのか、事前の潜水艇哨戒などによる敵の位置や行動など、事前の状況把握が不十分であったのだ。ましてや暗号は解読され、日本の作戦は全て丸裸だったのであろう。要は、アメリカ艦隊の発見に至らないまま、ミッドウェー島への空襲を開始したということである。このミッドウェー島への攻撃で、日本のゼロ戦は島の戦闘指揮所はじめとして基地施設を破壊し、迎撃機も撃墜したのだが・・・・・・南雲機動部隊が第二次攻撃の準備中、アメリカ艦隊に日本艦隊が発見され、これが不幸の始まりとなったのである。つづく。8月23日。

●1941年12月8日の真珠湾攻撃(パールハーバー・アタック)から1942年6月5日のミッドウェー海戦までの、あまり知られざる幾多の海戦・・・・・・マレー沖海戦(1941年12月10日)、ウェーク島沖海戦(1941年12月8日〜23日)、バリクパパン沖海戦(1942年1月24日)、エンドウ沖海戦(1942年1月27日)、バリ島沖海戦(1942年2月19〜20日)、(アメリカ本土攻撃(1942年2月24日〜9月29日))、スラバヤ沖海戦(1942年2月27日〜3月1日)、バタビア沖海戦(1942年3月1日)、セイロン沖海戦(1942年4月5日〜9日)、珊瑚海海戦(1942年5月7日〜8日)・・・・・・そして問題のミッドウェー海戦ということになります。何が問題かというと、言わずもがな、それはそれまでの連戦連勝から一転、大敗北し、それ以後の連戦連敗、そして敗戦となったのであります。つづく。8月23日。

山本五十六記念館は、鹿児島・知覧の特攻記念館と同様に厳かな雰囲気。(広島の原爆記念館も、かつてはそうだったのでしょうが、昨年の訪問時は、インバウンドの方々が多く、携帯のシャッター音など場所にふさわしくない雑音も多々でしたが・・・)。五十六記念館は河合継之助記念館の次に訪問したのですが、継之助記念館はどちらかと言うと観光客も和気あいあいの雰囲気で雑談よろしく、花火打ち上げが始まる前の時間潰しと涼みを求めてのようでもありました。その継之助記念館で、ボランティアか学芸員の男性に、「長岡が空襲を受けたのは山本五十六の出身地だったからですか?」と訊ねたんですが、その応えは、「否、長岡が新潟についで街が大きかったことです」・・・・・・でした。真珠湾を奇襲した総司令官の山本五十六への復讐ではなかった・・・・・・と、明確な返答でした。つづく。8月23日。

●太平洋戦争(第二次世界大戦)の命運が分かれ、日本の負け戦が決定的になったのが、ミッドウェー海戦。ミッドウェー島攻略をめぐり、大日本帝国海軍連合艦隊とアメリカ海軍太平洋艦隊が激突した大規模艦隊戦である。ミッドウェー海戦(1942年6月5日〜7日)の総指揮官は、山本五十六元帥はじめ、南雲忠一、近藤信竹。参加した空母は、鳳翔・瑞鳳・赤城加賀飛龍蒼龍の6隻。戦艦は、大和・長門・陸奥・日向・
伊勢・扶桑・山城・榛名・霧島・金剛・比叡の11隻。重巡洋艦は、利根・筑摩・愛宕・鳥海・妙高・羽黒・熊野・鈴谷・最上三隈・の10隻。その他、7隻の軽巡洋艦、駆逐艦は54隻、潜水艦23隻(「伊168」)、水上機母艦3隻、工作艦1隻・・・・・・まさに大艦隊であったのだが・・・・・・赤城・加賀・飛龍・蒼龍の4空母が沈没・・・その他、三隈が沈没、最上と伊168が大破・・・・・・などの大敗であった。戦死者は3057名(航空機搭乗員の戦死者は110名)。つづく。8月18日。

固定リンク | 2019年08月18日【626】

今週の親仁ギャグ・2019年8月11日(日)〜8月17日(土)

今月の旅の主人公、山本五十六の復習をしています。余談ながら、(武人として重要なことですが)、最後の戦艦大和と運命を共にしたひとりは、伊藤整一という人物です。伊藤整一は、開戦時に対米最後通告の手交時間を調整した者で、当時は軍令部長を務めていました。大和水上特別特攻隊(菊水作戦)として沖縄の敵泊地に突入すべく昭和20年4月6日、瀬戸内の三田尻沖を発進し、その翌日の4月7日の午後2時25分、坊ノ岬沖(徳之島の北方200浬地点)で誘爆によって自沈したのです。(自沈とは言うものの、魚雷と爆撃被弾による)。ついでながらですが、大和の乗員は3332名で、269名の生存者のみ。その伊藤整一(第二艦隊)司令長官は、(最後通告が遅れた責任を当然、思っていたのでしょう)「艦長は奮戦苦闘のためか声もかすれており、その悲壮のなかに『総員最上甲板』の命令が出された。伊藤長官は参謀長以下の幕僚と訣別の挙手の答礼をされ、長身の体を悠然と階下の長官公室へはこばれ、ドアの鍵をしめられた。艦と運命を共にする覚悟なのであろう。」(日本戦艦の最後」吉村真武ほか著・潮書房光人社・p82・2015)・・・・・・このように最後を遂げたのです。つづく。8月16日。

●真珠湾攻撃後に手交された宣戦布告。真珠湾攻撃(米英との開戦)の決定は、12月1日に開かれた御前会議でなされた。同時に、対米宣戦布告は真珠湾攻撃の30分以上前に行うべきことも決定された・・・・・・のだが、実際は後先であったのだ。開戦決定の暗号は、彼の有名な「ニイタカヤマノボレ一二〇八(ひとふたまるはち)」。12月2日17時30分、大本営より機動部隊に対して暗号文(5桁数字15個)で発信されたのだ。ニイタカヤマ(新高山)は当時日本領であった台湾の山の名(現・玉山)で当時の日本の最高峰(3952m)。

1941年(昭和16年)12月8日、アメリカ合衆国のハワイ準州オワフ島の真珠湾空襲に参加した(大日本帝国海軍の空母機動部隊の)大日本帝国海軍の艦艇。
空母6隻(赤城 加賀 蒼龍 飛龍 瑞鶴 翔鶴)
艦載機399機(零戦120機 九九艦爆135機 九七艦攻144機)
戦艦2隻(比叡 霧島)
重巡2隻(利根 筑摩)
軽巡1隻(阿武隈)
駆逐艦9隻(谷風 浦風 浜風 磯風 陽炎 不知火 秋雲 霞 霰)
潜水艦3隻(伊19 伊21 伊23)
タンカー7隻(極東丸 健洋丸 国洋丸 神国丸 東邦丸 東栄丸 日本丸)
甲標的5隻
艦載機(未帰還29機 損傷74機 戦死55)
甲標的(全滅 戦死9 捕虜1※) ※酒巻和男少尉。太平洋戦争初の捕虜。
つづく。8月16日。

真珠湾攻撃の第一義は、米海軍空母(「エンタープライズ」「レキシントン」「サラトガ」)などを攻撃・撃沈させて、アメリカのその後の戦意喪失を期待してのものだった。が、空母3隻がいずれも整備や航空機輸送などの任務にあたっていたため、空襲時にはパールハーバーに停泊してしてなかった。それどころか、攻撃開始30分前に通告してあったろう「戦線布告」の文書が、こともあろうか攻撃開始の後だったのだ。これを正した山本五十六は、戦意喪失どころか「眠れる獅子」を起こして(目覚めさせて)しまったと・・・・・・頗る落胆したという。それも当然だ・・・・・・山本五十六は、米国に駐在し、ハーバード大学にも留学した人間であり、アメリカの石油力と工業力の偉大さを十分に理解していたのだから・・・・・・。山本五十六は、太平洋戦争開戦を強く反対した人物だが・・・・・・最終的に開戦に向いたのは、「真珠湾奇襲を成功させ、アメリカの戦意を砕き、平和交渉に持ち込みたかった」からだ。「(開戦)一年は大暴れして見せましょう」・・・・・・「それまでに和平交渉をお願いしますよ」・・・・・・というのが、山本五十六の偽ざる本音だったのだろう(周知のように)・・・・・・と言われています。つづく。8月16日。

●1941年(昭和16)12月8日の真珠湾攻撃(奇襲)。攻撃成功の暗号は「トラ・トラ・トラ」。その真珠湾攻撃で計画立案を主導した山本五十六。その真珠湾攻撃で計画立案を主導した山本五十六。「トラ・トラ・トラ」とは、「突撃」と「雷撃」を組み合わせた暗号。発信者は淵田機で、時刻は午前7時49分。受信したのは、第一航空艦隊旗艦の空母「赤城」の艦橋(指令室)の司令長官の南雲忠一(なぐもちゅういち)中将と参謀長の草鹿龍之介(くさかりゅうのすけ)。同時に、広島沖に停泊中の連合艦隊旗艦「長門」も受信し、そこのいたのは山本五十六。山本五十六は賭け事が好きで、この時でさえも賭け将棋をしていたというから・・・・・・大物だ。それも将棋を止めることがなかったという。つづく。8月16日。
 
山本五十六は1884(明治17)年に生まれ、1943(昭和18)年4月18日に戦死するまで、さまざまな華々しい経歴を踏みました。しかし戦争(太平洋戦争)突入には反対でした。もとは越後長岡藩士、高野貞吉の六男として誕生。1904年海軍兵学校卒業。1905年日露戦争日本海海戦にて戦傷、その年海軍少尉。1913年、海軍大学校入学(1916年卒業)。1915年、山本(帯刀)家を相続(1916年改姓)、この年海軍少佐。1919年、米国駐在、ハーバード大学留学、この年海軍中佐。1928年、軽巡洋艦五十鈴艦長、航空母艦赤城艦長。1929年、ロンドン軍縮会議参加、この年海軍少将。1934年、ロンドン海軍軍縮会議予備交渉の海軍側主席代表、この年海軍中将。1936年、海軍次官。1939年、連合艦隊司令長官。1940年、海軍大将。1941年、真珠湾攻撃作戦提出・・・・・・との軍歴である。山本五十六は父親が56歳の年に生まれたので、それが名前の由来とは有名な譚つづく。8月14日。

●明日の15日は終戦記念日です。8月に入って戦争関係のドキュメンタリー番組の増えるのが通年ですが、今年はどうなのでしょうか、従来よりは少ないようなきもしますが・・・・・・。先日の長岡の旅では「山本五十六記念館」を訪問しました。山本五十六が戦死したのはブーゲンビル(パプアニューギニア・ソロモン諸島)です。ブーゲンビル???・・・・・・私の身近な人もそこで終戦を迎え、今も健在な方がおられます。その人とは、私の故郷の獣医さんでもあり、村長さんを長年努められた方です。NHKの「戦争証言 アーカイブス」で、今もネット動画で視ることができます。その動画によると、村長さんは終戦5日前(8月10日か11日)に敵対陣地(米豪軍)への特攻(40〜50名)に選ばれましたが、8月13日(終戦3日前)に中止命令が出され、そのために帰還できたのです。中止命令下知の原因は、「8月15日には日本が降伏する」旨のビラ(「日本降伏セル速やかに投降セヨ」)を撒いたからであります。そのブーゲンビルで、海軍大将元帥連合艦隊司令長官山本五十六は1943(昭和18)年4月18日、暗号を解読した米軍機に待ち伏せされ撃墜されたのであります。その山本五十六元帥が搭乗していた海軍一式陸上攻撃機の左翼部分が、パプアニューギニア政府の厚意によって記念館に展示してあります。その真横には元帥がその時座っていた座席もありました。つづく。8月14日。。

●今年(2019)の長岡花火の2日間の総人出数は108万人で、昨年より4万人の増加だったそうです。日程は毎年、8月2日と3日。場所は長岡市長生橋下流信濃川河川敷。2日間の打上総数は約2万発。入場料は上が一人約3000円(升席有・無料自由席も多い)。プログラム数は最初と最後の「番外」含め41で、バックミュージック(BGM)のコラボあり。見物はプログラム19番の「復興祈願花火・フェニックス」(全長2km)、24番と35番の「正三尺玉」(計6発)、そして最終39番の「米百俵花火・尺玉100連発」、最初の番外「10号3発」(慰霊と平和の祈り)と最終の番外「匠の花火」(新作)。プログラムは分刻みの正確な進行。つづく。8月13日。

●見ると聴くとは大違い……見ると調べるも同じですな。旅ではわたしも下調べ(予習)を入念(?)にするのでありますが・・・・・・それでも限界があります。彼の文豪、三島由紀夫は、たとえば一ッ葉を見たことがなくてもそれを小説内で上手に使うことができた・・・・・・と何かに書いてありましたが・・・・・・凡人には、そうはなりませぬ。ここでは長岡花火を観賞後の、復習で得た知識を披露しましょう。そもそも長岡の花火は、「毎年8月1日から3日にかけ、長岡市内で行われる。内容は大きく分けて平和祭・昼行事・大花火大会でありその他にも灯籠流しなどがある。祭そのものの起源は1945年8月1日の長岡空襲からの復興を願い、翌1946年8月1日に行われた戦災復興祭が始まりであるが、長岡の地で始まった花火大会はこれとは別で、1879年9月14日と15日の2日間、千手町八幡様の祭りに長原などの遊廓関係者がお金を出し合って花火350発を打ち上げたのが始まりとされている。 その後、本格的な花火大会となったのは1906年からであり、現在の「長岡まつり」という名称になったのは1951年のことである。」(Wikipedia)。つづく。8月13日。


固定リンク | 2019年08月11日【625】

今週の親仁ギャグ・2019年8月4日(日)〜8月10日(土)

●ついでながら、一般人が然も容易に官邸に入れるのか。多忙な総理や官房長官に面会するには官邸が最も煩わせることが少ないのでしょうが。ぶら下がりの記者などは許可証なんかがあるのでしょうが、東京オリンピックの招致関係でなにがしかの肩書があった滝川クリステルさんですが、今は所謂一般人じゃないんでしょうか。調べるに、一般人向けの「官邸特別見学」というサービスがあるんですな。しかし対象は小学5年生から中学3年生までで、人員は1〜40名までとのことです。むろん事前の予約が必要です。社会科見学で政治に興味をもってもらい、将来政治家を目指す人が増えるようにとの下心からでしょうか。余談まで・・・・・・でしたが、ともあれ、おめでとうございました。いやあ〜、これだけじゃ収まりませんから、もう一言・・・・・・9月にあるとされる内閣改造での初入閣のためのゴマ擦り的行動でしょうか。誰もそんなこと、思ってないし・・・・・・おもてなし・・・・・・ではないか。8月10日。

小泉進次郎衆議院議員の電撃結婚発表・・・・・・と言っても、俗な授かり婚でしたが・・・・・・。一般人が官邸に入っていいのか・・・・・・というよりも入れるのか・・・・・・であります。私なんぞは、進次郎氏は「菅さんに嵌められた?」(バッシングを受ける)が第一印象でした。その報を聞いたのは8月7日の甲子園球場、第二試合の静岡vs津田学園の試合中でした。11時前かと記憶しています。御存じの通り、高校野球を中継するNHKラジオ第一では、時報の後にニュースの時間がありますが・・・・・・試合中は定時ではなく、「この攻撃が終了してから」なのです。ところがこの告は定時のニュースではなく、「臨時ニュース」と断ったうえで、「小泉進次郎氏が滝川クリステルさんと官邸を訪問し、安倍首相と菅官房長官に結婚を報告しました」と一文を読み上げて、それだけで終了したのです。定時のニュース以外には全国の道路状況(関西の道路情報もある)や臨時の気象情報も流しますが、一国会議員の、それも私的な話題を公共放送が全国に流す・・・・・・とはなんたるこった。それも試合の真最中にであります。怒りぷんぷん・・・・・・ですが、意外に周りは(大人のようで)目くじら(目角)を立てていないようです。呵呵!!! つづく。8月10日。

●「今月の旅」は長岡でした。長岡と言えば、何と言っても「花火」であります。そして司馬遼太郎の「」の主人公で、どこかしら坂本龍馬に生き様が似ている河合継之助(1827〜1868)・・・・・・それに連合艦隊司令長官の山本五十六(1884〜1943)です。わたしの心の中には「花火」だけで越後まで出向くのには多少の足踏みがありました。司馬さんの小説の主人公の関連地は、今までそのほとんどを旅してきたのですが、河合継之助については、現在も、長岡ではあまり好まれていない(最終的には北越戊辰戦争で長岡に戦禍をもたらした)人物であることも調べ及んでいました。花より団子で、まずは魚沼で宿を取り、長岡で花火を見たら、在来線で魚沼に戻り、名物のホルモンをたんまりと喰らって、そのまま熟睡といきたかったのですが(余裕があれば小地谷で着物でも求めようか、なんて目論んでおったのですが)・・・・・・なにせ2日間で100万を超える花火の人出・・・・・・一駅や二駅の近隣市町に俄の宿など有ろう筈もありません。と言うことで今月の旅の順路は、羽田空港→東京駅から新幹線「とき」で長岡駅→(徒歩で)河合継之助記念館→(徒歩で)山本五十六記念館→(徒歩で)長岡花火会場(長生橋下流信濃川河川敷)→(徒歩で)長岡駅→新幹線「とき」→東京駅(東京一泊)・・・・・・でした。つづく:河合継之助は辞書などでは「かわいつぐのすけ」ですが、長岡では「かわいつぎのすけ」の呼び名が専らのようです。8月6日。

●ゴールデンウイークの10日間、わたしの病院のポストには葉書1枚も入りませんでした。10日間も郵便物が無かったとしても生活は一向に困らないことの証拠ですな。強いて言えば、請求書が郵便でくるようなもんですわ。(たまに珍しい人から手紙が入っていることがありますが)。請求書は別に宅急便でも一向に構いませんが、そうなれば(葉書や手紙などの小物郵便物が減ることからも)切手代が高騰するかもしれません・・・・・・しかしそれも世の流れで許されましょうか。実際、わたしが田舎の年寄と連絡するのも携帯電話などですし、たまに送る大物も宅急便で満足しています。それをですよ、真っ当な手段(商品開発や戦略)ではなくですよ、詐欺に奔ったのですよ。全社挙げてですよ。所詮、大企業や財閥というものはそんなもんですよ。今、(たまたま)小林多喜二の「蟹工船」を読んでいるのですが、財閥とやらは今も昔も質が悪いっていったら、頗るガッカリものですわ。前出の郵政関連社長ってのも、今回はしょぼけていましたが、それまでは万能善人で偉そうなことを宣ってましたよね。呵呵!!! 8月4日。

●ゴールデンウイークの譚になりますが、それはそれは自営業には頗る羨ましい10連休でありました。とくにわれわれ動物医療に係るもので、殊もあろうに10連休でもしようものなら、お客からは見放されます。今回の「かんぽ生命保険」の「険契約の無保険状態や二重契約など、かんぽ生命とその販売を受託している日本郵便による不適切な保険販売が次々と白日の下にさらされている。現在、公表されている多くの問題は、既存の契約者がすでに加入している保険を解約し、新しい保険や特約に入りなおす「契約乗り換え」に関するものがほとんどだ。」・・・・・・と言う内容の詐欺事件であります。周知のように郵政民営化で、郵政三事業の現在の分社化は、「ゆうちょ銀行」・「日本郵便」「かんぽ生命」と名称を整えています。この三社を統括するのが「日本郵政」で、4組織それぞれに社長がいらっしゃるのであります。その出身は多くが銀行系で、みずほや住友系列、東京海上などなんですな。ゆうちょ銀行にどのくらいの預金があるのかも、すべて御見通しなのでその裏本をもって、挙ってお客宅を訪問するんであります。つづく。8月4日。


固定リンク | 2019年08月03日【624】

[1]    «    2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8    »    [200]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ