今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

今週の親仁ギャグ・2019年7月14日(日)〜7月20日(土)

食材の旨味成分・・・・・昆布や味噌、醤油の主となる旨味成分はグルタミン酸(αーアミノ酸)であり、椎茸はグアニル酸(ヌクレオチド=核酸)、貝類はコハク酸(カルボン酸)、魚類はイノシン酸(ヌクレオチド)であります。煮干類の旨み成分は、鰹節の旨み成分と同じイノシン酸であり、かつその含量は多く、強い旨みがあります。また、アミノ酸系物質のペプチドも多く含み、コクとまろやかさも併せ持っています。もう一度鰯の譚に戻りますが、生きたシラスを喰うのが「踊り食い」であり、釜茹でしたて茹であげにその熱で水分をある程度除いたのが「釜茹シラス」。では所謂「煮干し」と「日(乾)干し」の違いはと言うと、煮湯でして天日などで乾燥させたのが「煮干し」、煮ることをしないで直接干したのが「日(乾)干し」であります。店(製造・販売者)によって食塩(水)の濃度や煮る時間、乾かす時間等がことなるため、味の違いが生じるのです。むろん魚の鮮度が重要ですが・・・・・・。そこで「かえり」ですが、「かえり」の(カタクチ)イワシは、サイズがジャコとイリコの間であり、製造は茹でて乾かします。その塩分量は製造者によってまちまちとなります。ところで最近、第六の味覚があるのないの、発見したのしないのと、世界の学者が騒いでいるようです。5つの味覚は、知れた通り、甘味・塩味・苦味・酸味、そして日本人が発見した旨味です。第六とは、脂(肪)味、デンプン(炭水化物)味、コク味、カルシウム味、金属味などが提案されているようで、前2者が有力候補とのことです。
イワシの製品は水分含有量の違いで区別され、茹で上げ後水きり程度で製品となるものが「釜揚げ」と呼ばれ85%前後の水分含有量。50〜60%程度に乾燥されたものが「シラス(干)」。25〜35%程度まで乾燥させたものが「ちりめん雑魚」。「かえり」や「イリコ」の水分含有量は18%以下。(地域によって差あり)。つづく。7月20日。

●親仁のきょうのシメメシマグロの山掛けにかえりを加えた丼メシ。擦った山芋に2センチ角に切ったマグロのコロ(サイコロ状に切ったもの)を20個ほど混ぜ、所謂マグロの山掛けを造る。そしてそれにかえり(縮緬ジャコとイリコの間の大きさの鰯)を一つかみ加え、それら3つの食材を軽く掻き混ぜて(和えて)、丼メシの上に掛け、醤油を垂らし、喉越し抜群にゴックンゴックンいただく。これならズボラな親仁でも苦なく製造できる。マグロは赤身で身の透き通るような、淡白なキハダがよろしい。縮緬ジャコじゃ歯ごたえに乏しく、イリコのサイズでは口腔が忙しい。山芋は青森の長芋で十分だが、水分を多く含むサラサラじゃマグロとかえりの絡みが貧弱だ。ポイントはかえり。かえりを数回噛むことで即効のダシが放出される。喉越しも刺激が強い。
※シラス(白子、英: Whitebait):イカナゴ・ウナギ・カタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシ・アユ・ニシンなど、体に色素がなく白い稚魚の総称。縮緬ジャコ、かえり、イリコの類は主にカタクチイワシが一般的。イリコのサイズも大小あるが、イリコより大きなものが煮干し、干物ですな。
つづく。7月18日。

●原点回帰・・・・・・サッポロ一番みそラーメンのイチバンは細葱の小口切りを少しトッピングする。長葱は左手に、右手に包丁を持ち、完成直前の鍋の中へ削ぎ切りで直下させる。葱は決して煮立ててはならない。半生じゃないと食感と、なによりも香りが台無しになる。原点回帰・・・・・・サッポロ一番みそラーメンは葱やキャベツがなくてもそのままで十分、脳の味覚野を刺激する。たまには葱も添えずに喰らうと若かりし頃の原点味が蘇る。もうひとつのお勧めは、卵のスクランブルだ。煮立ちかけた鍋に全卵を投入し、箸で掻き混ぜる。この時、火から鍋を上げるタイミングが重要だ。黄身が固まっては台無し、とろんとしたスクランブルじゃなくちゃ。以上、親仁の孤独グルメだ。そして、サッポロ一番みそラーメンは誰もいない部屋でひたすら啜る・・・・・・ここにはヌードルハラスメントの存在場所はない・・・・・・これが、俺の流儀の孤独のラーメンだ。それにしても数寄屋橋の「そば 俺のだし GINZA5 」(銀座 5-1 銀座ファイブ B1F・東京メトロ丸の内線銀座駅内)・・・・・・気になるな〜。7月17日。

●私の職域ならぬ、わたしの食域。歳を取ると幼若年回帰するのだろうか、喰うものの幅がますます狭まるようだ。新しい料理に挑戦する気合が無い・・・・・・というか、新奇のものを拒絶するのだろう。今まで食してきたものを、さらに極める・・・・・・これからの私の人生、そのほうがガスターの世話にならないような。今日の一品は、サッポロ一番みそラーメン(むろん袋入り)の納豆入りだ。小さい手鍋に水を入れ、沸騰したら麺を投入(麺だけに面倒くさい時は最初から投入)し、麺が解れるか解れないかの時点で三個縛りの納豆1個を麺上に投下して掻き混ぜ、再度沸騰したら一気に丼へじゅじゅじゅと鍋の全内容を注ぐ。むろん丼にはあらかじめ袋に入っている誂えの粉スープと唐辛子を投入しておく。そして鍋から麺を丼に投入したら即座に、麺と納豆とスープを箸で無茶ぶりに攪拌する。最後に小口切りの細ねぎをどっぷりかけて頂くのだ。これが俺流のインスタントラーメンの喰らい方だ。余談・・・・・・私の東京時代、獣医内科の教授が生協でかけ蕎麦やかけ饂飩を所望されていました。よく見ると先生は、丼の汁をすべて予備の皿に捨て、それから納豆を麺の上に載せ、それを掻き混ぜて食されていました。もちろん納豆に付属のタレや辛子は使いません。今もご健在です。麺だけでも数パンセントの塩分(讃岐では3%以上)が含まれるから、先生のように日々の食生活に留意すれば長生きできるかも。昔を思い出しましたが、それでも汁の無い麺(クリープを入れないコーヒーに同様ですな)は、どうも・・・・・・ですな。つづく。7月16日。



固定リンク | 2019年07月14日【620】

今週の親仁ギャグ・2019年7月7日(日)〜7月13日(土)

●「今週の親仁ギャグ」は、江戸やら呑ん方やらネタ無しやらで休みました。悪しからず。

固定リンク | 2019年07月07日【619】

今週の親仁ギャグ・2019年6月30日(日)〜7月6日(土)

●われわれの小中学校時代、碌な雨具もないような時代でした。破れ傘に破れ合羽、長靴も無い時もある、そういう田舎の風景でした。夕立でも来そうものなら、皆濡れて帰る始末でした。今回の台風・・・・・・これしきのことで休校なんて考えられませんでした。親は仕事で家にいないし、栄養源の学校給食も腹に入りません。仮に家に1人でいても、今のように物騒な時代ではありませんせしたが、勧進(物乞いやら托鉢僧やら分かりませんでしたが)が時に訪ねてきました。親からは、勧進が来たら米櫃から茶碗一杯の米をあげるように言われていました。鍵の無い玄関からお経が突如聞こえてきたときは心臓が止まりそうでしたが・・・・・・。それはそうと台風や大雨の中、登下校するということは、いろんな経験や勉強をさせられます。車の跳ね水の防御法に強風時の傘の持ち方、雨宿りの仕方、傘の代替品(芋茎の葉など)、濡れた服の乾かし方・・・・・・などなどです。これらは大人になっても大変役に立つ生きる術の原点であります。要は、そう簡単に安易な休校を連発しないことです。甘やかしては逞しく生きる子供の芽を摘んでしまうことになるのです。呵呵!!! 7月6日。

●今回の豪雨・・・・・・先日の台風による休校処置に批判が殺到したのか、流石に今度は前日に「休校しない(でない)」とのお触れがあったそうな。私たちが餓鬼の頃は、テレビが無かった小学校低学年ではラジオを聞いて台風の位置を(親が)確認していました。「大東島の南南西、東経〇度〇分〇秒、北緯〇度〇分〇秒に位置し、北北東に時速〇kmで進んでいます・・・・・・」という音声であります。私の家にテレビが来たのが小学3年の頃と記憶しています(爺様の御下がり)。テレビがあっても台風の時はアンテナが倒れるなどして殆ど役に立ちませんでした。電話もなかったので学校の連絡は伝言ゲームであり直接伝搬されましたが、実際は途中まで登校し、先に行った人たちが帰ってくることから休校を知ったという時代です。当時の南九州は「台風の銀座(メッカとも)」であり、流石に大型の台風が襲来するときは、前日に休校の周知がなされたと記憶しています。雪も数年に一度は積り、20cmを超えることがありましたが、この時も途中まで登校して休校であることがわかりました。昭和34年生まれの幼少時代は、その程度の情報伝達だったのです。因みに私の家から学校までの距離は片道4kmで、小学校の6年間は徒歩(中学からは自転車)でした。つづく。7月6日。

●いやいや大変な長雨豪雨でした。鹿児島を中心に被害の全容は未だ明らかではありませんが・・・・・・。わたしの病院の近くも八重川や山内川が流れていますので、その水位は気になりました。今は国交省が河川の経時的水位をホームページで教えてくれるので大変助かります。たとえば「やえがわ」で検索すれば上位に出てきます。幸いにも八重川の水位は最高で2m50cmほどでした。7月4日10時現在の八重川の水位は26cmまで下がっています。八重川の氾濫危険水位は3.3m、避難判断氾濫注意水位は2.8m、水防団待機水位が1.3mだそうです。昨夜の最高水位は午後9時頃だったようですが、これは満潮時刻と関係があるのでしょう。いずれにしてもドシャ降りのなかをわざわざ橋の上まで行かなくて済むという、便利な時代になった訳です。センサーが正常に機能していればの話ですが。そうそう、トライアル前の八重川に架かる橋の名前を「両国橋」というのだそうです。いつも渡るのに初めて知りました。川面の光景……スッポンの姿や大きな鯉の群れ(数匹ですが)は良く観察するのですが、橋の名前までは気に留めてませんでした。余裕の無い生活を送っている証拠でしょう。反省しきりです。「両国橋」・・・・・・名前の由来が知りたいものです。因みに山内川の最寄りの橋の名前は「夢見橋」です。そりゃ両国橋のほうが情趣に富んだネーミングですな。つづく。7月4日。


固定リンク | 2019年06月30日【614】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [198]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ