今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

今週の親仁ギャグ・2019年11月17日(日)〜11月23日(土)

間宮林蔵は2度、樺太へ渡った。当時の樺太は日本でもなければロシアの領土でもなかった。そこで日本とロシアの領土(国境)問題について復習が必要だ。
1854年の日露和親条約(下田条約)により、「千島は択捉・得撫間を国境」と決め、「樺太は両国雑居地」とした。この条約では、このほかにロシア船の下田と函館寄港も認めた。
1875年には樺太・千島交換条約が締結され、「樺太はロシア領」、「千島列島(クリル列島=占守島から得撫島まで)は日本領」となった。(むろん北方領土4島は日本領・・・・・・現在も)。
日露戦争終戦の1905年、アメリカのポーツマスで結ばれた「ポーツマス条約」により、「南樺太(北緯50度以南)は日本領」となった。この時の全権大使が宮崎の偉人、周知の小村寿太郎翁である。
太平洋戦争に日本が敗戦した1945年、日ソ中立条約(1941年4月に結ばれた相互不可侵条約)を破り、ソ連は終戦間際の8月、満州、樺太(8月8日侵攻→樺太の戦)、そして千島に侵攻して占拠。南樺太と千島列島に関しては今も占領状態(ロシアの主張は北方4島も千島列島に含むだが、日本人のなかにはその反対どころか、千島も南樺太も日本領との意見も根強い。わたしもそうだ。)・・・・・・だが、日本はサンフランシスコ講和条約(1951年9月8日署名、1952年4月28日発効)で「南樺太・千島列島を放棄」したため、ロシアは現在も南樺太と千島列島を帰属領土として実効支配している。どさくさの戦後、国際条約といえども不備が少なくない。この「千島列島」に「北方領土」(国後・択捉・歯舞・色丹の4島)が含まれるか否か・・・・・・で日本、ロシア両国の主張が食い違い現在に至っている。

:「日ソ中立条約」の3条には、「効期間は5年であり、その満了1年前までに両国のいずれかが廃棄を通告しない場合は、さらに次の5年間、自動的に延長されるもの。」とある。すなわちソ連は条約の条文を不法に破り、どさくさの日本へ侵攻してきた。国際法に違反したのであるから、千島列島どころか南樺太も違法占拠なのである。
:そもそも当時のソ連はサンフランシスコ講和条約に調印・批准していない。

つづく。11月23日。

間宮林蔵(1775〜1844)の経歴とは・・・・・・
常陸国筑波郡上平柳村農民の子として誕生。
幕臣・村上島之丞に地理や算術の才能を見込まれ、幕府の下役人となった。
寛政11年(1799年)、国後島、択捉島、得撫島に派遣され同地に来ていた伊能忠敬に測量技術を学び享和3年(1803年)、西蝦夷地(日本海岸およびオホーツク海岸)を測量し、ウルップ島までの地図を作製した。
文化5年(1808年)、幕府の命により松田伝十郎に従って樺太を探索。多来加湾岸のシャクコタン(散江郡散江村)まで北上するが、そこまでで断念。
林蔵は1809年、現地でアイヌの従者を雇い(林蔵はアイヌ語もかなり解した)、再度樺太西岸を北上し、第一回の探索で到達した地よりも更に北に進んで黒竜江河口の対岸に位置する北樺太西岸ナニオーまで到達し、樺太が半島ではなく島である事を確認した。更に林蔵は、清国の役所の黒竜江(アムール川)下流の町「デレン」など、(鎖国政策に違反し、死罪となることも承知しながら)アムール川下流のロシアの支配情況を調査。
樺太北部の探索を終えた林蔵は文化6年旧暦9月末(1809年11月)、宗谷に戻る。間宮林蔵は樺太が島であることを確認した世界最初の人物シーボルトの日本地図では樺太・大陸間の海峡最狭部を「マミアノセト」と命名。:間宮林蔵は、シーボルト事件の告発者といわれる(スーパー大辞林)。:シーボルトは1828年、日本地図の海外持ち出し発覚で、国外追放となった(スーパー大辞林)。「異国船打払令」は1825年。
その後、林蔵は伊能忠敬の邸に出入りして測量技能の向上に努めた。
文化8年(1811年)4月、松前奉行支配調役下役格に昇進し、ゴローニン事件の調査のため松前に派遣。文政11年(1828年)には勘定奉行・村垣定行の部下になり、幕府の隠密として全国各地を調査し、石州浜田藩の密貿易を暴く(竹島事件)。
天保15年2月26日(1844年4月13日)、江戸において没した。

以上、Wikidediaを参照・改変・短縮とした。

つづく。11月20日。

間宮林蔵の譚・・・・・・「今月の旅」の10月版の目的地は、モヨロ遺跡に宗谷海峡でした。宗谷海峡といえば、間宮林蔵でしょう。その間宮林蔵ですが、旅行の後で読んだ池波正太郎の「北海の男」(角川文庫)・・・・・・この「男」が間宮林蔵なのであります。これで初めて知ったのが、間宮林蔵は幕府の密偵であったということ。そしてもしかしたら、あの「シーボルト事件」に関与していたかもしれないとのこと。今週は間宮林蔵を追ってみるか。つづく。11月20日。

固定リンク | 2019年11月17日【639】

今週の親仁ギャグ・2019年11月10日(日)〜11月16日(土)

●鎌倉・室町の時代から・「ワタリ」と称される人々が本州から蝦夷に渡った。そして明治になると屯田兵や開拓民として大勢の本州人が北海道へ押し寄せた。司馬さんが不思議がったことがひとつ。「かつての奥羽のひとびとや道南の和人たちが、この北方の炕(オンドル)をなぜとりいれなかった、ふしぎでならない。」と。その直前の文章では、「北アジアの遊牧民は、紀元前から天幕の床の下にオンドルを焚いてきたし、北中国も同じ理屈の炕(カン)を用い、朝鮮もオンドルを用いてきた。ロシア人は厚い壁の一部に暖炉を仕込んだペーチカを用いてきた。」(司馬遼太郎著「街道をゆく 15・北海道の諸道」p35・朝日文庫)。わたしは北海道の住居歴史に、むろん疎い。がしかし、吉村昭の「熊嵐」を読んで、当時(大正ですら)の(開拓民の)民家がいかに貧寒であるか・・・・・・は知っている。「熊嵐」は、1915年(大正4年)12月9日から12月14日にかけて男女6人が熊に襲われ殺害された「三毛別羆事件」が題材である。そこで言いたいことは、もしかしたら竪穴式住居の方が最近まで存在した掘っ立て小屋よりも暖かく頑丈で、かつ外敵に対しての配慮がなされているのではないかという・・・・・・これまた愚者の愚問なのだが。つづく。11月14日。

続縄文文化から擦文文化(8〜13世紀)を経た北海道縄文人は、オホーツク海沿岸のオホーツク人(オホーツク文化=3〜13世紀)と混血し、アイヌ民族が誕生した。13世紀(本州の鎌倉時代後半)のことであり、そう遠くはない過去である。そのアイヌについて簡単に述べてみる。
もともとの居住地は北海道の他、北緯50度線付近より南の樺太、千島列島、本州北端である。北海道を中心とした先住民である。
言語はアイヌ語であり、大別して北海道アイヌ語、樺太アイヌ語、千島アイヌ語の方言がある。
縄文人の遺伝子を色濃く受け継いでいる。
生業は毛皮や海産物を中心とした狩猟採集民族である。交易は和人や黒竜江下流域・沿海州(山丹交易を仲介)、カムチャッカ半島南部まで及び、和人とは米や食料、漆器、木綿、鉄器などと交換した。
1855年(2月7日)の日露和親条約によって、日本とロシア国民(樺太・カムチャッカ地方)になった。現在の日本国内では北海道(平成25年の調査で道内のアイヌ人口は16786人・詳細不明)の他、東京などの首都圏等に広く居住している。1807年の北海道アイヌの人口は2万6256人(全人口は3万1353人なので占める割合は83.7%、その後減少をたどり、1993年の報告では2万3830人に増加したが、全道人口の0.42%)
アイヌはアイヌ語で「(良い)人間」だが、大正のころより差別的に用いられたこともあり、今ではウタリ。

つづく。11月11日。


固定リンク | 2019年11月10日【638】

今週の親仁ギャグ・2019年11月3日(日)〜11月9日(土)

●アイヌ文化の歴史は浅く・・・・・・その誕生は13世紀であり、本州の鎌倉時代後半の時期であります。簡潔に言えば、アイヌはそれまでの縄文人とオホーツク人の融合・同化で生まれたのです。オホーツク文化が(三内丸山遺跡のように)ある日忽然とこの世から消滅した・・・・・・とも言われているようですが、(疫病が流行したとか、戦争が勃発したとか、神隠しに遭ったとか)そういうことはありません。北海道縄文人の擦文文化とオホーツク文化の2文化が融合(トビニタイ文化)し、ふたつの民族の混血が促され、アイヌ文化がこの世に誕生したのですつづく。11月9日。

北海道の文化(時代)を簡単にまとめてみましょう。旧石器文化縄文文化続縄文文化擦文文化アイヌ文化・・・・・・の順となります。オホーツク文化は3世紀ごろに突如出現した文化です。それもそうでオホーツク文化を演出したオホーツク人はアムール川流域や樺太からの渡来人なのです。そのオホーツク海沿岸に住み着いた人々は、時を経るに従って道北や道東に進出するようになり、同様に生活圏を拡大していた擦文文化と相接し交流をもつようになります。オホーツク文化と擦文文化の融合がトビニタイ文化ということです。つづく。11月9日。

●3万年前に日本に到達した東アジア人の一派とされる縄文人。朝鮮半島や台湾などから、そして当時陸続きであった宗谷海峡から到達し、そして沖縄から北海道まで幅広く住み着いた縄文人。彼らは狩猟民族であったため、日本全土にその生活の痕跡を遺している。そのうちの北海道縄文人がどのようにしてアイヌ文化を花開かせたのであろうか。それの先ず基礎知識として重要なのがオホーツク文化であり、擦文文化であり、トビニタイ文化である。文化というカテゴリーは周知のように当時の人類(現生人類・新人)が使用した土器などによって区分されている。たとえば旧石器時代は黒曜石などを割って先鋭な刃物などとしたことからで、新石器時代はそれを研磨してより鋭くしたものを利用した時代のことである。縄文時代は世界的には新石器時代のことであり、たまたま日本で出土した土器に縄文模様があったことから、その名が付けられた。そこで上の3つの文化とはいかなるもので、かつアイヌ文化との関連性を知らなければならないのである。
続縄文文化:紀元前4〜3(紀元前8世紀説もあり)に稲作が伝来し、約400年をかけて九州から東北にまで拡大していった農耕文化だが、当時の気象的には北海道に適合しなかったのか、あるいは当時の北海道や東北地方北部ではわざわざ泥にまみれたまでも米を作らなくてよいほどに漁猟などで十分な生活を営むことができたのであろう。したがって稲作の弥生文化は北海道には存在せず、その代わりに続縄文として区分されている。紀元前3世紀から紀元後7世紀(弥生時代から古墳時代)
オホーツク文化:アムール川流域や樺太から渡来した民族が、北海道北部や東部のオホーツク海沿岸に拡げた、年代的に新しい文化。3世紀から13世紀(飛鳥時代から鎌倉時代後半)
擦文文化:続縄文時代に続く北海道の文化。本州の土師器の影響を受けた土器=擦文土器が出土したことから。7世紀から13世紀(飛鳥時代から鎌倉時代後半)
トビニタイ文化:源流はオホーツク文化。9世紀から13世紀
つづく。11月5日。

●オホーツク人の生活は、むろん農耕ではありません。北海道東部の生活の糧の基本は漁業であり、季節によってホッケやタラ、ニシンなどを獲り、流氷の時季はアザラシやオットセイ、トド、アザラシなどの海獣(時にクジラ)の狩猟を行ったとされます。モヨロの貝塚からはそれらの骨が発見されています。陸ではヒグマも毛皮用として狩猟したそうです。驚くことなかれ、弥生時代以降の本州人同様に、豚や犬を家畜(食用)として飼育もしていたそうです。(縄文人は犬を狩猟のために大切に飼い、人と同じように埋葬していました。農耕になってから食用と化したのです)。このようにオホーツク人は民族も生活様式も北海道の縄文人、続縄文人、擦文人とは全く違っていたということです。つづく。11月3日。

●今まで日本列島の形成と縄文人や弥生人の起源について、微力ながら調査してきました。元の起こりは「オホーツク文化」、言い換えれば「モヨロ文化」に興味をもったからです。それが発端で網走へ出向いたのであります。オホーツク文化は、「3世紀から13世紀までオホーツク海沿岸を中心とする北海道北海岸、樺太、南千島の沿海部に栄えた海洋漁猟民族の文化である 。この文化の遺跡が主としてオホーツク海の沿岸に分布していることから名付けられた。このうち、北海道に分布している遺跡の年代は5世紀から9世紀までと推定されている。 同時期の日本の北海道にあった続縄文文化や擦文文化とは異質の文化である。 『日本書紀』にでてくる粛慎(みしはせ、あしはせ)はオホーツク文化人であるという説が有力である。」・・・・・・とWikipediaに記されてあります。では、オホーツク人とはどのような民族なのでしょうか。「オホーツク人のルーツには諸説あるが、現在の民族ではサハリンなどに暮らすニブヒやアムール川下流のウリチと遺伝的に最も近いことがわかったというもの。また、アイヌ民族との共通性も判明、同グループはアイヌ民族の成り立ちについて「続縄文人・擦文人と、オホーツク人の両者がかかわったと考えられる」・・・・・・と、北大研究グループのDNA分析があります。そうです、オホーツク人はサハリンやアムール川下流域、カムチャッカ半島の集団が北海道に渡航し、網走など北海道の東海岸に定着した民族なのです。つづく。11月3日。


固定リンク | 2019年11月03日【637】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [204]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ