今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

今週の親仁ギャグ・2020年8月23日(日)〜8月29日(土)

●「熱中症の怖さ
梅太郎「主人先生よ、ついこの間、フレンチブルドッグの熱中症が来院してドタバタしていたようで・・・・・・」

主人先生「そうなんだよ、已むに已まれぬ理由で外に繋いでいたフレンチが、ちょっとの時間のつもりがつい2時間ちかくも放置していなんだな。そうしたら起立できないどころか意識もはっきりしないまでに深刻な状況に陥っていたんだ。急いで近隣の動物病院に電話したのだが、生憎ちょうどその日は盆の真っ只中で、どこも診てくれなかったのじゃ。それで年中無休のTACの電話が鳴ったのじゃ」

梅太郎「熱中症は死に直結する救急の最たる病気じゃないですか?」

主人先生「そうじゃな、41度の体温が2時間続いたり、42度だと30分で脳をはじめ全身の細胞が不可逆的にダメージを受けて再起不能に陥るのじゃ。今年の8月10日〜16日の1週間だけで熱中症で死亡した日本人は30名なのじゃ。救急搬送車はなんと1万2804人じゃったそうな。コロナによる死亡者数に匹敵する人数じゃな。ペットの熱中症の恐怖も今では広く認識され、多くの家ではクーラーが大活躍しているのじゃ。症例も大分少なくなったのじゃがな」

梅太郎「熱中症では何はともあれ全身を冷やすことが肝要なんでしょ?」

主人先生「そうじゃ、先ずは水道水を全身にかけるか、風呂の残り湯につけるかじゃな。氷を直接当てたりバスタブに氷を加えるのは止めた方がいいな。30度位の水温がお勧めじゃ。夏の水道水は30度前後じゃからの、水道水をかけてやればいいのじゃ。それ以上に低温だと皮膚の毛細血管が収縮して却って体温の放出が阻害されるのじゃ。それでも頸(頸動脈)と股(大腿動脈)をアイスノンを直接当てるのは効果ありじゃがな。おうそうそう、そのフレンチブルじゃがな、実は都城からの電話でな、先ずは水道水を全身にかけて、車の中は冷えたタオルで全身を包み、クーラーをバンバンに効かせて来院するように伝えたのじゃ。TAC到着時は体温はちょうど40度で、意識は朦朧の回復中じゃった」

梅太郎「熱中症の予防法ってのはクーラー以外にあるのかな?」

主人先生「そうじゃな、フレンチなどの犬種は短頭種症候群といって気道に問題があるからな、外出時には温度設定の確認は欠かせないな。それに夏場で注意がいるのが水分補給じゃ。これはヒトでのデータじゃがな、気温が30度以上の場合、1度上がるごとに不感蒸泄は15〜20%も増加すると云うのじゃ。クーラーを入れないで室温が35度にもなれば不感蒸泄は平常の倍加する計算じゃ。ヒトの熱中症は室内でクーラーを入れてない場合がほとんどらしいぞ。これから考えなくなくちゃならんのは十分な水分を摂ることじゃ。犬は少しでも暑いとパンティングが酷くなって不感蒸泄も増えるし、呼吸筋の発熱でぐんぐん体温が上昇し、割りに簡単に熱中症を発症するからな。ましてや短頭種のパンティング時の不感蒸泄量はヒトの比じゃなかろうよ」

梅太郎「そうですか、クーラーばかりでなく、いつでも新鮮な水を与えてもらわんといかんですね。ところで主人先生よ、この間のフレンチでは静脈点滴以外にも何やら技を使っていたようで・・・・・・」

主人先生「よく観察しているな、梅太郎君よ。そう楽には体温が下がってくれないからな、常温のリンゲル液を注腸したのじゃ。要領は浣腸と同じじゃからな、極簡単じゃ。体温の低下ばかりか脱水の補正にも役立つしな。まあ運よく救命できた症例じゃったな。翌日も来院してもらい血液検査をして血小板が正常の3分の1まで減少していたが、最悪の多臓器不全にもDIC(血管内凝固症候群)にもなっていなかったからな、胸をなでおろしたよ。熱中症は次の日に血小板が極端に減少していなければ助かるからな。梅太郎よ、お前は大丈夫だよ、TACのスタッフ皆で気を付けているからな。でもな塩分多めの○○がり○のもらい過ぎは禁物じゃな」

8月27日。


固定リンク | 2020年08月26日【675】

今週の親仁ギャグ・2020年8月9日(日)〜8月15日(土)

●「ワクチンの恩恵-承継-
二太郎「主人先生よ、最近の診察をみているとワクチン接種を希望する犬猫が増えとらんわん?」

主人先生「そうなんだよ、ヒトの新型コロナウイルスの拡大にともなって増えてきたよな。昔は、といっても25〜30年以上も前はな、まわりでディステンパーやパルボが大流行してバタバタと死んでいってもなかなかワクチンを打ってくれなかったんだがな。当時毎日々々、ディステンパーやパルボの犬が来院し、鵜飼のように何頭も並べて点滴したこともあったよ。下痢や咳をする犬がいると院内感染しないかと頗る神経が擦り減ったのが、きのうのことのようじゃ。パルボは今のように院内で抗原検査が出来なかったから、最初は単純な下痢・嘔吐かと思っていると、次の日は白血球が数百代(ゼロも)に激減している個体も少なくなっかたよ。一方のディステンパー抗原は今もじゃが外注じゃったからな。しかもディステンパーは風邪(呼吸器型)の症状が改善して暫くしてから痙攣が起こるのでパルボに比べ質が悪いときている」

二太郎「パルボやディステンパーはそんなに怖い病気なの?」

主人先生「そうじゃな、子犬がディステンパーに罹ったら、ほぼ全滅じゃ。最終的には全身けいれん(神経型)で死亡するんじゃ。子犬のパルボはそこまでないが、いくら治療しても助かるのは3頭か2頭に1頭じゃな。そうじゃ、インターフェロンが登場したのがちょうどこのころじゃった」

二太郎「いまの犬猫のワクチンの現状は、われわれペットにとっては大した恩恵ですわん?」

主人先生「ペットの繁殖はいわゆる密じゃからな。ペット専用マスクもないから咳の飛沫は吸い放題だし、排泄物は習性から経口的に入り放題じゃ。ワクチンの開発と発展はペットの健康や寿命の延長、そして経済的にも大きな恩恵をもたらしているんじゃ。だから言わずと知れたじゃが、ヒトの新型コロナウイルスのワクチン開発と実用は早ければ早いに越したことはないんじゃ」

二太郎「ワクチンが有るか無いかは、天と地ほどの違いがあるんですわんにゃ? それをこのコロナ騒ぎで飼い主が再認識してくれたというのですわん」

主人先生「そういうことじゃな。新型コロナのお陰でペットへのワクチン接種に対する飼い主の認識の変革が起こったのじゃな。多頭飼育の場合、犬も猫も家の中で完全に隔離して飼うことは不可能だし、第一、散歩は犬には欠かせない日課じゃからな。単頭飼いでもドッグランもあればサロンもあるしな。猫の病気も飼い主が外から病原を持ち込むしな。そうそうそれに病院にも行けば、病気をうつされることだってあるもんな」

二太郎「ワクチンを打ってもらって病気に罹らないと云うことは、まず死ななくてすむし、苦しい思いをしなくてよいわん。それに罹ってからの治療費に比べればワクチンの値段は経済的に嬉しいわん」

主人先生「それじゃそれじゃ、予防は何物にも勝る自己防衛じゃということじゃな。ついでじゃがな、今日も下痢の子犬がきてな、前に飼っていた犬がパルボで亡くなっているので、ウイルス抗原検査を依頼されたよ。幸いマイナスじゃったがな。今はディステンパーやパルボ(犬猫とも)などの抗体も院内でチェックできるしな、近ごろの動物病院のウイルス診断能力もまんざらではないんじゃ。今回のヒトのコロナ騒動を機に、一般開業医でも迅速診断がいち早く可能となる体制づくりが必要じゃな」 8月14日。

●「ワクチンの恩恵
世界の新型コロナウイルスの全景が見えていない現状で、日本人の新型コロナウイルス感染が少ないのかなど、多くの不明点があります。その第一はマスクの着用や手洗い励行、3密回避などいろんな理由が挙げられますが・・・・・・新型コロナに対する最近の論点を次にまとめてみましょう。

Q1.日本人の抗体保有率がなぜ低いのか・・・・・Ans.自然免疫で感染を抑えている。BCGが自然免疫を高めている可能性も再浮上(世界的にBCGワクチン接種国の感染者・死亡者は少ない)。(感染後の抗体消失が2か月と短期間も一要因?)。
Q2.過去に流行した風邪のコロナウイルスの関与?・・・・・・Ans.過去のコロナウイルスへの免疫反応が似たウイルスに対しても起こっている可能性。いわゆる交差反応。(SARSが流行した中国ではその後もほかのコロナが流行している)。(我が国にも流行性の風邪コロナウイルスが4種あり、これらは弱毒のためワクチンはないが・・・・・・これも交差反応に関与?)。
Q3.そもそも指定感染症の分類は正当?・・・・・・Ans.現在の分類では、暫定の粁狒蠹であり、感染者は原則、入院処置などが必要である。ちなみに砧爐魯┘椒藹亰貲など、五類はインフルエンザなどである。無症状や軽症の若者に入院など隔離処置が必要なのか。仮に自宅待機とすれば、家から一歩も出ないとも思われず、感染拡大の懸念は少なくない。事実、東京では若者に自宅待機させ、コンビニへの買い物などを行政が認めているとの話も少なくない、と聞く(在京感染者の身内の方から直接聞きました)。
Q4.感染者数が増加しているにも関わらず、日本に限らず欧米やスウェーデンなどでも死者数が減少している・・・・・・Ans.感染者数の増加はPCR検査の増大に因ることもあるが、それにしても死亡者数が減少しているのはなぜか。高齢者や持病持ちの人の感染が低いことの他に、ひとつの希望的推察としてウイルス毒性の減弱がある。コロナウイルスはウイルスのなかでも変異しやすいものなので、東京型・埼玉型がそれに該当していれば幸いである。

つづく。8月12日。


固定リンク | 2020年08月09日【673】

今週の親仁ギャグ・2020年8月2日(日)〜8月8日(土)

●「プラスチックごみの脅威-承継-
金之助「プラスチックごみと云うものは、科学(構造式)的にはそんなに広範囲で多種多様なんですにゃん?」

主人先生「そうだな。でも簡単には化石燃料(石油)を原料にしてできているビニールやポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)などの類と思っていれば良いだろうよ。一般の家庭用の袋や包装ものでは紙や金属以外のものはプラごみと思ってもらっても結構じゃろ。だから分別は簡単と云えば簡単じゃ。ライターなど金属を含んだり発火の危険性があるものは別じゃがな。それに食べ物のプラスチック容器は洗剤できちんと洗って捨てないといけないから少々面倒じゃが、瞬間、プラスチックのストローがウミガメの顔面に深く刺し込んでいる画像が目に浮かんだら、そのくらいの手間何ぞ大したことじゃないもんな」

金之助「ところで動物病院でもレジ袋は有料にしたにゃん?」

主人先生「Uバックタイプや小判抜き(手穴タイプ)、テープハンドル(取っ手付)など提げられるタイプの袋は有料にしないといけないからな。吾輩の動物病院でもなるべくならマイバッグを持参してもらうのは勿論じゃが、忘れた人には「持ち手のない」普通のビニール袋を用意しているな。国もこの「持ち手のない」袋の無料は未だ容認しているからな。そうでなきゃ、スーパーで生鮮品を買ったなど、他の商品に臭いや汁が混じって、そりゃ目も当てられんからな。ついでじゃが、国の施策も中途半端な処があるからな。ポリ袋が今のところ無料なのは、この周辺ではハ○ズマンとか○崎ちゃん○んじゃな。これはな、バイオマス(植物由来=CO2総量を変化させず)レジ袋と云ってな、バイオマス素材が25%以上(プラスチックが75%以下)を含まれていれば無料でOKなのじゃ。移行期間の猶予で、店側の負担も考慮しての対処なのだろうが、所詮プラごみに違いはないもんな」

金之助「難しいことは分からないにゃんが、冒頭の某国某環境大臣様の奥方が有料レジ袋を提げているなんて、身分をわきまえないとんでもないスクープなんですにゃん?」

主人先生「そうじゃな、いくら幸せに『クラシタル』若奥様と云うてもな、旦那は日本ばかりか世界の環境問題全般の旗振り役じゃからな。到底、見過ごしならぬ事件じゃな。それにしても、新潮の文春砲に劣らぬ、石弓的な渋い取材じゃの。ところでな、金之助君よ、君は近頃、ドライフードの食いつきがいまいちじゃな。部屋もクーラーが効き過ぎなのか、わざわざカーテンの裏側で日向ぼっこしているから、到底夏バテでもなかろうに。食が細ると家人も心配でな、金之助のために鰹やら鮪やら釣鯵やらを求めスーパー通いじゃからの。トッピングのレトルトのプラ容器の洗剤洗いは吾輩の仕事じゃからな、贅沢を言わずドライを平らげてくれよ」

金之助「分ったにゃん。鰹も鮪も鯵も皆、プラごみの誤食で命を落としたら、僕にゃんの好物の魚も安くで食えなくなるにゃん。それに長い目で見ればマイクロプラスチックの影響で魚の量が激減し、猫の子孫も行く行くは食糧難に陥る可能性を否定できないにゃん」

主人先生「そうじゃ、流石は金之助、100年後も200年後もそれ以上もの長いスパンで今から対処しないと大変な問題じゃからな。プラ袋の洗浄や分別の労苦なんぞ、そのアドバンテージからしたら微々たるもんじゃ。金之助もドライをたんと食らって、プラごみの減少に貢献するんだな。二太郎にも梅太郎にも、よく言い聞かせておいてくれよ」

無料の買い物袋は、バイオマス素材配合率が25%以上のものの他に、紙製と布製のものはもちろん、プラスチックのフィルム暑さが50μm以上のもの、海洋生分解性プラスチック(石油由来ではPET共重合体・海洋微生物により分解される)の配合率が100%のものです(経済産業省)。

8月4日。


固定リンク | 2020年08月02日【672】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [215]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ