今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

今週の親仁ギャグ・2020年11月8日(日)〜11月14日(土)

●「才色兼備(2)
▼今回の「親仁ギャグ」は落ちに腐心しております。(何度もアップし直しております)。それと云うのは読み物の粗探しの譚なのですが、先月25日の日経新聞1面のコラム「春秋」を読んでいたら次なる文章に仰天したのですが・・・・・・実は吾輩の早とちりならまだ救いようがあるのですが、実は吾輩の無知の露呈だったのです。

梅太郎「その文章とはどんなものなんですかわん?」

主人先生「それはな、『「ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲」(佐佐木信綱)。カメラが1300年前の建物にズームしていくようだ。「凍れる音楽」と評される国宝の東塔。約10年の修理を終えて優美な姿をあらわしたが、春の落慶法要はコロナ禍で延期となってしまった。例年、修学旅行生らが行き交う寺内はひっそり。その一隅で興味深い解説を見つけた。本尊の薬師如来の台座についてである。(以下略)。』というものじゃ。その中の『寺内』と云う漢字なんじゃがな、正直、吾輩は『寺内』とはな、『寺内貫太郎一家』と人の名字くらいしか知らんかったからの、『寺内』は誤字で正解は『境内』じゃろと信じきっとたんじゃなそれはそれは。しかしな、その名誉挽回とまでにな、物凄い粗を探したんじゃな」

梅太郎「それはそれは是非教えて御覧じろわん!」

主人先生「それはな、今読んでおる山岡荘八著の『源頼朝(2)』(講談社)の214ページにあるのじゃがな、『土左衛門さまのことよ。それも大人ではない。可愛らしいい子供のお客様じゃ。(略)』。これはな、川奈の富戸の浜での源頼朝と地元漁師との会話なのじゃ。松河の轟ケ淵に沈められ水死した子供が流れ着いたのである。子供は頼朝と伊東祐親の娘・八重姫との間に生まれた3歳の男子、千鶴丸。殺したのは伊藤祐親で、祐親は伊豆の蛭ケ小島への流刑人、頼朝の監視役であった人物なんじゃ」

梅太郎「それは一体いつ頃の時代の譚で、なにがどのような粗なんかわん?」

主人先生「頼朝公じゃからの、鎌倉の時代じゃ。この事件は頼朝が29歳の時でな、1174年(承安4年)じゃな。この譚の粗はな、『土左衛門』じゃ。土左衛門はな、辞書にな、『享保(1716〜1736)の頃の力士成瀬川土左衛門が太っていて肌が白かったのを溺死者のようだといったことからいう。溺死者。水死体。』・・・・・・と書いてあるんじゃ。ここまで言えば梅も理解できようもんじゃな。そうじゃな、鎌倉時代には土左衛門は存在してなかったんじゃ。だから鎌倉時代を背景にした土左衛門が登場するのはおかしいのじゃ。いくら小説でも、紫綬褒章受賞作家が間違ったらいかんのじゃ」

梅太郎「内容は分かりましたわん。それで名誉が回復されたかどうかは別として、主人先生がご満悦なようなのでなによりでわん! で落ちは???」

主人先生「それじゃよ、困ったもんじゃ。そうじゃな、坂本君は現代の頼朝公ってことで許してもらえんかの」

11月13日。

●「才色兼備(1)
▼「才色兼備」・・・・・・なんとも響きのいい言葉じゃありませんか。意味は「すぐれた才能をもち、顔かたちも美しいこと。普通、女性にいう。」(三省堂 スーパー大辞林)です。最近の話題での「才色兼備」は「いまのキミはピカピカに光って」の宮崎美子でしょう。文春の記事によれば東大合格もあったほどの才女ですぞ(大学は地元の熊本大学でした)。

梅太郎「主人先生よ、きょうもコンビニでスポーツ新聞を買ったようで? 美子ちゃんのピカピカのビキニ姿でも載っていましたかわん?」

主人先生「いやいや『いまのキミはピカピカに光って』はな、YouTubeで何度も視たからな、今よりもムチムチ(失礼、モチモチじゃ)でふっくらしていたぞな。<篠山紀信が撮る!週刊朝日”キャンパスの春”>に応募し約千人に中から選ばれたということじゃ。熊本大の3年時、1979年秋の事じゃ。週刊朝日の表紙写真がミノルタの担当者の目に留まり、『青色のビキニ姿に包まれた豊満な肢体』(文春記事)がCMで全国に流れたのじゃ。梅太郎よ、勘違いするなよ、きょうのスポーツ報知はな、坂本勇人の史上2番目に若い年齢での2000本安打達成の記事を読みたかったのじゃ。美子ちゃんの記事はまったく載っておらんわん!」

梅太郎「坂本勇人選手と『才色兼備』と如何様な関係があるわん?」

主人先生「それがな、坂本選手の記事の中でな、『才色兼備』との中見出しがあったのじゃな。男性にも『才色兼備』がご法度ではないのじゃがな、ふつうは女性専用じゃ。ちなみに坂本選手の場合は、選手としての才能はもちろんじゃがな、男前としてもなかなかのもんでな、女性ファンが放っておかないんじゃ。月間ジャイアンツに写真でも載ろうものなら、着ている衣服の問い合わせが殺到するらしいぞ。そのほかにもなミスターの特別寄稿もあったし、国民栄誉賞の松井秀喜さんの記事もあったしな、新聞の半分か3分の2は坂本選手が占めていたぞな」

梅太郎「それはそれは結構なことで。ところで主人先生が感心したのは『才色兼備』を男性に使ったということわん?」

主人先生「そうなんじゃよ、なにしろ人生61年、『才色兼備』なる言葉が男性に使われたのは初めてじゃからな。女形の歌舞伎俳優にも使われんじゃろ。今朝のワイドショーでもな、最近テレビモテの研究者が妙な日本語を使っていたぞ。いま北海道で新型コロナの第3波が襲来しているけどな、その研究者はな、『東京も何も対策を打たずに北海道を指をくわえてみてりうようなら、2週間後には二の舞ですよ』との趣旨のコメントを述べていたが、これを聴いて吾輩はすぐに電子辞書を手にしたんじゃな」

梅太郎「どこもおかしくないように思えるがわん? 勿体ないぶらずに教えてわん」

主人先生「それはな、『指をくわえる』じゃ。『うらやましく思いながら、何もできずにいる』(スーパー大辞林)と云う意味じゃからな、北海道のコロナ感染拡大を羨ましく思っていることいになるからな。これはまずい失言じゃろ。あんまりコメンテーターとしては褒められたのんじゃないな。重箱の隅をつつくわけじゃないけど、吾輩を含めて大の大人が間違った日本語を使うのは見っともないことじゃ。『才色兼備』はスポーツ新聞じゃしな、面白おかしくそれもありじゃ。週刊誌も首を傾げる文言が少なくないぞな。広辞苑など辞書の類もな、改定されると間違い探しに没頭するひとが少なくないらしいからな。これも立派な趣味の範疇じゃな。」

梅太郎「主人先生よ、読み物の類にまでそれほど神経質になっちゃ、面白みも何もないんじゃないですかわん?」

つづく。2020年11月9日。


固定リンク | 2020年11月08日【683】

今週の親仁ギャグ・2020年10月25日(日)〜10月31日(土)

●「ギャンブル・
二太郎「ところでプロ野球のドラフトは主人先生の満足な結果に終わったわん?」

主人先生「それがじゃな、今年は選抜も夏の甲子園も、大学野球も社会人もな、ほとんどがなかったも同然じゃったろうが。あっても縮小じゃったからな、名前も知らない選手がほとんどじゃた」

二太郎「それじゃ折角買ってきてもらったスポニチは役に立たなかったということわん?」

主人先生「そうでもないぞ、ドラフトが終わってな、それからドラフト候補の一覧を見るのも楽しいもんじゃ。宮崎に所縁のある選手は2名が指名されたぞ。一人は京都府出身じゃがな、日南学園高から創価大の巨人7位指名の萩原哲捕手、もう一人は京都外大西高から駒澤大のソフトバンク育成5位指名の緒方理貢選手じゃ。緒方選手は国富町出身じゃがな。都城東高の投手も候補に載っていたがな、ダメじゃったな。このドラフトはな、5位以内に入る選手はな、セパ12球団の合計で僅か60人じゃ。東大の入学者数は3千人を超えるがな、ドラフトは僅か60人じゃ。これだけ見てもいかに狭き門ってことが分かるだろ、二太郎君よ」

二太郎「そうですわん、人間の世界はなんでも厳しいわん。二太郎は犬に生まれてよかったわん。それはそうと、スポニチを買いに行った主人先生の細君がちょっと気になることを言っていたわん?。スポニチは若い女性の〇体の写真が多いとか、何とか?」

主人先生「二太郎よ、流石は耳が良いの、そうじゃスポーツ新聞じゃからな、ドラフトついでにパラパラ捲るとでも思ったのじゃろうよ。そりゃ吾輩も興味がないわけじゃないがな、それなら宮〇〇子のビキニカレンダーを買うわい!」

二太郎「まさか細君にそのような戯言を言ったですわん?」

主人先生「口が裂けても言うもんかい、そりゃ喧嘩を売っているようなもんじゃからな。でもな今なら「週間〇代」の袋綴じでな見れるんじゃとな。手に入ったら二太郎にも見せてあげるから楽しみにな。くれぐれも誰かさんと見比べちゃだめじゃぞ」

10月31日。

「ギャンブル・機
プロ野球も入場者数制限をしてはいるものの、なんとかペナントレースは大過なく経過しています。27日にはソフトバンクホークスが優勝を決め、足踏み状態ですがセリーグは巨人の優勝で決まりです。ソフトバンクとロッテのCS(クライマックスシリーズ)もソフトバンクが優位でしょうから、今年も日本シリーズはソフトバンクと巨人の戦いとなる公算が大です。”名将”原辰徳が真の名将たるか、今年の日本シリーズの焦点でしょう。そんな中、26日にはドラフト会議が開催されました。

二太郎「26日の朝はコンビニに行く家人にスポニチを買ってくるように頼んでいたわんが、珍しいことわん?」

主人先生「そうなんだよ、スポニチなんて年に1回あろうかないかじゃからな。コロナで外食する機会もめっきり減ったし、行ったとしても新聞はじめ読み物を置いてある店は少なくなっているからな。うちの病院の待合でも3月から置くのやめているからな。26日はな、プロ野球のドラフト会議があったからな、テレビでは1巡目だけライブで”特A”以外の選手はパソコンの文字で追うしかないからな」

二太郎「ほう、そんなにプロ野球のドラフト会議ってのは面白いわん?」

主人先生「二太郎君よ、人間の世界ではな、『呑み・打つ・買う』と云う言葉があるくらいにな、博打(ギャンブル)に対する本能ってのは恐ろしいほど骨の髄に棲みつき潜んでいるんじゃな。吾輩も類に漏れず博打は好きじゃな。暇なときは競馬も視るしボートレースも視るぞな。しかし吾輩のは視るだけで金は動かないがな。小さい時から周りの大人が博打で身上をはたくのを沢山見てきたからな」

二太郎「主人先生よ、何故に博打は本能ですわん?」

主人先生「そりゃ犬である二太郎の方が良くわかるんじゃないかい。それはな、人間の狩猟採集時代の名残なのだという説があるんじゃな。狩りの時、のっぱらで単に時間を費やしても”猪”は獲れないじゃろ。”獣道”を探して気長に待ち伏せたり、ここ一番じゃためらわずに襲撃するんじゃな。これは立派な”賭け”じゃ。むろん10万年も続いた狩猟時代じゃがな、それを担ったのは男性じゃ。女性は植物採集が主じゃたのじゃ。そのDNAが今もって受け継がれているのじゃな。だからギャンブル依存症は断然、男性が多い理由じゃ」

つづく。10月28日。


固定リンク | 2020年10月25日【682】

今週の親仁ギャグ・2020年10月11日(日)〜10月17日(土)

●「秋の高校野球と秋刀魚
新型コロナのパンデミックがなかったなら、本来の今頃は仕事を抜け出して野球場通いなのですが・・・・・・。昨日は秋の九州大会の県予選・決勝が行われました。宮崎商業が延岡学園に14対9で勝ちました。初回に6点を先制されたようですが、その裏すぐに7点を取り返して逆転したようです。「試合は感染防止のため無観客とするが、検温、体調チェックを兼ねた名簿を提出すれば、部員、保護者、学校職員は入場できる。試合に出場できるのは登録選手20人だが、1試合目(1、2回戦)に限り、背番号のない3年生もベンチ入りして応援に参加できる。」との配慮でした。私の記憶では、当初OBも観戦できるとのアナウンスだったと思いますが、流石に高野連もOBの名簿までは持ち合わせていなかったようであります。

金之助「主人先生も新型コロナで時間を持て余しているようで?」

主人先生「そうなんじゃ、世のおじさん連中はニシタチにもひょろひょろとは行き難いしの。趣味の少ない吾輩なんぞは、困ったもんじゃ。それでも一時は全くなかったスポーツ中継がちらほら始まったからの、楽しみと言えばスコッチと野球観戦くらいじゃな。そうじゃそうじゃった、春から半年ほど契約解除しておったWOWOWにまた入ったぞな。エキサイトマッチで無観客のボクシング中継が再開されたのじゃ。11月1日は井上尚弥の防衛戦もあるし、ワシル・ロマチェンコ戦(10月18日)も、そして11月29日にはあのマイク・タイソンとロイ・ジョーンズ戦の生中継も予定されているからな」

金之助「そうでにゃんか、それはそれはお楽しみの事で。最近の主人先生は午前中、それまではワイドショーを視ていたものが、最近は野球を視ることが多いようじゃにゃん?」

主人先生「そうなんじゃよ、NBAはもうすぐワールドシリーズじゃしな、今はワイルドシリーズに地区シリーズが終わり、リーグ優勝決定シリーズ中じゃがな。14日の今日からは秋の高校野球の北海道地区大会の準決勝を放送していたぞ。何がいいと言ってもやはり高校野球が最高じゃな」

金之助「主人先生よ、どうしてそこまで高校野球に拘るにゃん?」

主人先生「中学の時は帰宅部で家の手伝いばかりじゃたしの、高校は勉強々々で野球に打ち込めるなんて環境じゃなかったからな。あの硬式ボールがバットの真心に当たった感触は何とも言えんぞな。特に木製バッタでな絶妙のタイミングで真心に当たろうものなら、軽やかにバットが降りぬけるしな、打球もスコーンと飛んでいってくれるからな。そして全力で一塁を目指す。何とも花形満か左門豊作なんかになったみたいで、それこそ恍惚もんじゃな」

金之助「そうですにゃんか。久しぶりに主人先生の高校野球談議を聞かされたようで安心しました。これからもワールドシリーズに日本シリーズに東京六大学野球に、そして高校野球も秋の地方大会と、チャンネル予約に大変ですにゃん?」

主人先生「われわれ人間はな、いろいろと暇つぶしや気分転換ができるじゃがな、金之助たち猫はなにか気晴らしはあるもんか? 何とも可哀そうじゃの。そうじゃそうじゃ遊びやスキンシップは他の家人に任せるとしてだな、吾輩のできることと言えばな、ほぼ毎日通勤してくる親友の大輔(ダイスケ)兄ちゃんのケージで一緒してもらうか、そうじゃ、近くのハ〇ネ〇に行って新鮮魚の三種盛を調達してあげるな。生秋刀魚の刺身用があれば一番じゃがな。それが金之助のストレス解消に貢献できる吾輩の唯一の奉仕じゃ、同居人としての責任じゃな」

10月14日。


固定リンク | 2020年10月11日【681】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [216]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ