今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

今週の親仁ギャグ・2020年4月12日(日)〜4月18日(土)

●法隆寺といえば、聖徳太子です。聖徳太子の実在を否定する説もあるようですが、やはり太子ほどの大人物無くして日本の礎は築けなかった・・・・・・のは疑いのないことでしょう。聖徳太子は574年に生まれ、622年に亡くなっています。まさに飛鳥時代に生きた方であり、活躍した人物です。飛鳥時代は、6世紀末から7世紀前半と区分され、推古(天皇)時代ともいわれます。それでは、聖徳太子出生前から没後までの日本史における事件を中学校の歴史教科書レベルでまとめてみますか。
ー拉和羚餮紊肪太犬靴織筌泪叛権は、大和を中心とする畿内豪族の政治連合体であり、その首長が王(国際的には「倭王」と称したが、国内的には「大王」=おおきみ=だいおう)であった。その大王こそが、のちに天皇と呼ばれたのである。この大和政権は遅くとも4世紀なかばころまでには成立したことが、前方後円墳などから裏付けられている。そしてその本拠地は、多くの水系をもち水田農業に適地であった奈良盆地東南部の三輪山(桜井市)付近と考えられている。(因みに卑弥呼の纏向遺跡も桜井市にある)。
5世紀後半以後、田荘(たどころ)や部曲(かきべ)を拡大した中央豪族は、互いに政権抗争を繰り返すようになった。その豪族の大物が大伴氏であり物部氏であり、そして蘇我氏であった。大臣(おおおみ)の葛城氏や平群氏の没落後の6世紀初め、大連(おおむらじ)の大伴(金村)氏が越前(あるいは近江)から継体天皇をむかえ、勢力を拡大した。そして540年、物部(尾輿)氏は大伴金村を失脚させて大連となり、大臣の蘇我稲目と対立した。

以下次週に、つづく。4月18日。


固定リンク | 2020年04月12日【660】

今週の親仁ギャグ・2020年4月5日(日)〜4月11日(土)

聖徳太子建立の法隆寺のこと・・・・・・別名、斑鳩寺とも。明日香村の飛鳥寺と大阪の四天王寺との中間の地に、聖徳太子が建立した。
飛鳥寺:奈良県明日香村飛鳥にある、596年に蘇我馬子が建立した寺。718年に飛鳥より奈良市に移し、745年に完成。明日香の寺は本元興寺として、奈良市の寺は新元興寺として、現在に至る。
四天王寺:大阪市天王寺区にある593(推古天皇元)年に創建の、聖徳太子建立七大寺のひとつ。残念ながら本寺も落雷(836年=承和2年)や火災(960年=天徳4年)の火災、そして大戦の空襲などで主要な伽藍は焼失。
法隆寺:大和川を通じて大和国と河内国とを結ぶ交通の要衝である斑鳩に建つ。法隆寺の周りには藤ノ木古墳を始めとする多くの遺跡が存在しする。聖徳太子(=厩戸皇子=用明天皇の皇子)が、推古天皇9年(601年)に飛鳥から此処に移ることを決意し、斑鳩宮の建造に着手した。そして、推古天皇13年(605年)に移住した(「日本書記」)。大和と河内の国の間には生駒山地があり、主峰の生駒山は標高642mであるが、それらの山々の標高はおおむね300m〜400m程度が連なっており、その峰に立てば飛鳥寺も四天王寺も、そして法隆寺も三寺全てが見渡せたのでありましょう哉。

つづく。4月10日。


固定リンク | 2020年04月05日【661】

今週の親仁ギャグ・2020年3月29日(日)〜4月4日(土)

大和朝廷は文字通り、大和である奈良にあったのは確実ですが、ではそのまえの邪馬台国は何処に存在したのか??? このカギとなるのが「狗奴国」(くぬのくに・くなのくに)であります。「狗奴国は、中国の三国時代の歴史書『三国志』(西晋の陳寿の作)のうちの『魏書』の中の「魏書東夷伝」に記載されている邪馬台国と対立していた倭人の国。」(Wikipedia)であります。「狗奴国」は、卑弥弓呼(ひみここ、ひみくこ)という名の男王がおり、邪馬台国の女王卑弥呼と戦闘状態にあったとされます。その「狗奴国」は、いわゆる「熊襲」=「隼人」に拠点があったというのがひとつの有力な説です。その熊襲は、「良田が無く、好んで海に入り魚や蛤を採っており、顔に『鯨面』という入れ墨をしていた」と「魏志倭人伝」にあり、鯨面という習性は大和(奈良)にはなく、況や海もありません。また「魏志倭人伝」には、邪馬台国に属していた小国のひとつとして「伊都國」の表記があり、これは今の糸島のことです。この糸島には卑弥呼が眠るとされる「平原王墓」があります。当時の伊都国には牛馬がいなかったことも書かれてあり、交通の便からして、九州(糸島)から遠く離れた地域に邪馬台国があったとは考え難い・・・・・・という考察が存在するのであります。要するに邪馬台国は大和(奈良)にあったのではなく、九州にあったとする説です。嬉しいじゃありませんか、大宰府か吉野ケ里か、はたまた西都原か・・・・・・そして卑弥呼は「狗奴国」との戦闘中に死んだのではなく、その後大和に東遷して、最期は桜井市の纏向で政治を司り、前方後円墳である箸墓古墳に埋葬されたのであります。これで決まりでしょう。4月4日。


固定リンク | 2020年03月29日【659】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [209]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ