今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

6月15日(月)-エコ・ディレンマ-

 運動する時間が無い訳ではないが、それなりの出立ちの不恰好さで「有酸素運動」するのもみっともないし、飲む時間を削ってまでウォーキングする健康オタクでもない。そこでこのたび、宮崎が生んだ実業家である山田昇氏の大手家電店「○○○電気」でウォーキングマシーンを所望してみた。
 寝ていても消費されるカロリーを「基礎代謝」という。生きてることは、絶え間なく心臓が動き、呼吸がなされる。体を恒温に保つために全身の筋肉は常時、少なからず収縮している。基礎代謝は新陳代謝の盛んな若年で高く、年を重ねるに従い減少するが、筋肉量(心筋や呼吸筋など全身の骨格筋)に比例するため、体脂肪率の低い筋肉質なマッチョでは反対に高くなる。
 好きなものを食って、好きなものを飲み、好きなことをのたまうには、消費カロリーを増やす必要がある。さもないと、「中年太り」に拍車がかかる。ダイエットを成就するには、基礎代謝を上回る運動が必要である。
 マシーンはペダルの上に両足を乗せ、好みの速度にセットし、機械に連動して人間が足踏みをするタイプのものである。表示を鵜呑みにすると、1,000歩で約35kcalのカロリーが消費される。約10分で2,000歩、70kcalのエネルギー消費である。汗がにわかに滲む程度だが、結構脚にくる。小生の基礎代謝が20kcal/体重×○○=●●kcal/日とした場合、1週間で1日分の基礎代謝に見合うエネルギーを消費するには、1日当たり約6,700歩余りを稼がないとおっつかないから、意外に過酷な数字である。
 ちなみにウォーキングの消費カロリーは、たとえば体重70kgの人が1時間歩いたとすると、0.076〜0.082(係数)×70×60=319〜344kcalである。
 ところで美味物、美酒のカロリー(熱量)は如何程か。週2回はお世話になる昼飯前時のざる蕎麦は100gで132kcal、昼の1尾105gの鰯2尾(可食部は1尾53g)で230kcal、飯は100gで約150kcal、術後の空腹時の○○カップ麺が約500kcal、渇いた咽喉を潤すショートの缶ビール(アルコール5%、350ml)は147kcal、20度焼酎・乙類1合は255kcal、純米酒(アルコール15%)1合は185kcal、赤ワイン(アルコール12%)180mlは130kcal、ウイスキー180mlは408kcalである。(アルコール1g当たりのカロリーは7kcalである)
 マシーンの歩数に換算すると、ざる蕎麦100gは3,770歩、鰯2尾が6,570歩、ショートの缶ビールは4,200歩、焼酎一合は7,290歩である。これをみても、なんともおぞましい数字である。さらに言うと、最近食った背脂入りのネギラーメンの背脂が仮に5gとすると、5×9kcal(脂肪1gの熱量)=45kcalとなり、1,290歩で収支が合うから、コッテリも禁物である。 
 話が大きくなるが、今の地球の状況ではもう4分の1の地球がないと「温暖化」を抑えきれないらしい。もちろん人間と工場、家畜の数が今と同じとしての話だ。例えば、ニュージーランドは人口の10倍以上の家畜が飼養され、彼らは二酸化炭素よりも21倍の「温室効果」のあるメタンガスを大量に排泄している。こう考えると、人口や家畜数も地球温暖化にとって敵となる。暖衣飽食し放題で、マシーンに頼って余計にCO2を排泄するような生活自体が否定される状況にならないように願いたいものだ。小生的には、ベジタリアン的なノン・アルコールの余生だけは避けたいのが、偽らざる本音であるが・・・。




  


固定リンク | 2009年06月15日【28】

6月4日(木)-巨匠たる所以-

 川端康成は「伊豆の踊子」を完成させるのに4年半を費やした。それも湯ヶ島の旅館に滞在し、その間殆ど宿賃を払わなかったと言われている。川端康成は1917年に旧制第一高等学校に入学し、翌年(1918年)の秋に伊豆へ旅行し、以後10年間、湯ヶ島湯本館へ通った。「伊豆の踊子」は1918年の旅芸人とのやりとりとされる。「伊豆の踊子」は1926年に発表されているから、実に8年の歳月を経て熟成されたノーベル作品である。長期の滞在で、温泉場と温泉旅館、それに旅芸人など、すべてを直に素肌で感じ続けたことが「伊豆の踊子」を世に出したのである。川端康成は書画にも造詣が深かったのも有名である。与謝蕪村(1716-1784)の国宝「十便十宜図」(1771年、池大雅との競作、川端康成記念会所蔵)を入手した目利きでもある。何かで読んだが、○○新聞の原稿料を前借してこの国宝を手にしたという。

 世界に認められた日本人の画家と言えば、奈良良智?、村上隆?、千住博?・・・いやいやそうではあるまい。棟方志功や岡本太郎、荻須高徳等の名が挙がるであろう。その中でも筆頭格は「藤田嗣治」である。太平洋戦争中、従軍画家のトップに君臨し、戦後「戦犯」として取り沙汰された人物だ。Fujitaはパリでピカソらとの親交が深かった。ある日、ピカソがFujitaのアパートを訪ねたとき、いつもの如く面相筆で修行中であった彼は、ピカソの声が聞こえるなりベットにもぐりこんだ、という。修行に勤(いそ)しむ姿を天才・ピカソに見られたくなかったのである。筆を持ったFujitaを見た人物は極めて限られているという。面相筆で猫を描いている「土門拳」の写真がある。(梅原龍三郎も写真を撮られることを極端に嫌ったという。アトリエでカメラを向けた土門拳に椅子を投げつけたのは有名な話だ。)
 
 西の「栖鳳」、東の「大観」とは日本画の両雄を指した言葉で、京都の竹内栖鳳と水戸生まれの横山大観のことである。小生風には西の「玉堂」、東の「大観」としたいところだ。玉堂は言わずもがなの愛知出身の川合玉堂である。玉堂は梅原龍三郎や小倉遊亀、中川一政などの巨匠と違わず、現場での「写生」を重んじた一人である。玉堂は風景画を得手とするが、画風はオリジナリティーが高く、麓で写生した絵を持ち帰り、それを山頂からみた構図に変えて本画とするところにある。

 親仁の説教じみたボヤキも聞きたくはあるまいが、若い獣医師に事あるごとに垂れる一節がある。診療は誠実・繊細・果敢でなければならないが、それにも増して、「勉強は隠れてやれ!」と言うことだ。静かなところで沈思黙考しないと、何事も身につかない。凡人が非凡人になるには、隠れて努力する道があるのである。




固定リンク | 2009年06月04日【27】

6月3日(水)-川端康成の凄(すご)み-

 間もなく五十路を向かえるような人間にとって、秋でもないのに「夜が長い」。「満腹酒」の後の寝付きは1分とかからないのだが、そうでない時の眠れないのには閉口頓首である。深夜のテレビもあまり所望でない。ニュースも「千遍繰り返し」で新鮮味がない。
 そうなると頼れるのはやはり読書しかない。このところ、学生時分に読んだ小説をまた買い求めて「じっくり」と読み返したい衝動に駆られるから、不思議だ。小生の贔屓作家の一人、川端康成(1899-1972)は1968年にノーベル文学賞を受賞した言わずもがなの大物である。1899年(明治32年)に大阪の開業医を父として生まれたが、その生い立ちは厳しく、2歳で父が、3歳で母も他界、1912年の13歳までに祖父母と姉も相次いで亡くし、天涯孤独の孤児環境で育った。新潮文庫の「伊豆の踊子」の裏表紙には「二十歳の旧制高校生である主人公が孤独に悩み、伊豆へのひとり旅に出かけるが、途中旅芸人の一団と出会い、一行中の踊子に心を惹かれてゆく。人生の汚濁から逃れようとする青春の潔癖な感傷は、純粋無垢な踊子への想いをつのらせ、孤児根性で歪んだ主人公の心をあたたかくときほぐしてゆく。雪解けのような清冽な抒情が漂う美しい青春の譜である。」とある。
 「伊豆の踊子」は1926年に発表された。「道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。」ではじまる。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。」の書き出しは1935年の「雪国」である。
 「伊豆の踊子」の主人公である「私」が好意を寄せた「踊子」は14歳の「薫(かおる)」である。興味あることに本文の38ページ中、2箇所しか「薫」はなく、その他はすべて「踊子」である。「踊子」の名が「薫」と分かるのも19ページ目に至って、兄である栄吉が「私」に告げている。「雪国」の「女」は新潮文庫の本文169ページ中の45ページではじめて「駒子」となり、その後は「駒子」で通される。それも「今朝になって宿の女中からその芸名を聞いた駒子も・・・・・」とある。些細で陳腐なことかもしれぬが、小生にはこの川端康成的小説構成が何かしら気になりしょうがない。
 ノーベル賞の受賞理由は「日本人の心情の本質を描いた、非常に繊細な表現による、彼の叙述の卓越さに対して」である。「初夏の夜長」、昔に帰って日本文学の真髄に浸るのも満更でもない。
 川端康成は「」伊豆の踊子」の執筆に4年半をかけた。終盤に「「町は秋の朝風が冷たかった。栄吉は途中で敷島四箱と柿とカオールという口中清涼剤とを買ってくれた。「妹の名が薫ですから」と、微かに笑いながら言った。」」とある。巨匠も「ギャグ」を飛ばしているのが、何とも嬉しい。




固定リンク | 2009年06月03日【16】

[1]    «    203  |  204  |  205  |  206  |  207  |  208  |  209    »    [214]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ