今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

7月14日(火)-公務員の危機管理意識の欠如は日本の危機-

 2006年12月に発生した高原町の県畜産試験場での「宮崎牛凍結精液盗難事件」。7月10日の宮崎日日新聞の一面に、「これらの県産和牛の血統を持つ子牛は、事件が発生した2006年12月の数年前から断続的に登記されており、大規模牧場では「安平」の2、3世の子牛もいたという。このため、県警は精液の流出が何らかの形で常態化しており、・・・・・持ち込んだ精液について盗品か流出したものか区別できない状態にあったと判断・・・」とある。
 牛の繁殖技術の進歩は人を凌駕するものであり、特に凍結精液を使った人工授精の始まりは昭和33年にさかのぼる。平成19年2月現在、乳用牛の飼養頭数は159万2千頭、肉用牛が280万6千頭である。生まれる子牛のほとんどが人工授精で、しかも凍結精液を使用している。また、牛の受精卵移植は昭和39年に成功している。凍結精液を入れた「ストロー」はマイナス196℃の液体窒素容器があれば、世界中どこでも持ち運びが可能である。発情の牝牛は農家や牧場に居のままで、人工授精師か獣医師が出向くだけで目的を達する。人工授精に要する時間もものの数分と短い。人工授精はこの利便性の他に、優良な牡牛の精液を量産でき経済面での貢献も計り知れない。半永久的に「日本一・宮崎牛」のDNAを保存・利用できるのである。
 競走馬では不正が行われないように、人工授精が禁止されている。利便性と経済性で恩恵を被る半面、今回の事件のような状況が起こる。北海道では何年も前から常態化していて、「安平」の2世、3世が登記されているというから、驚きである。少なくとも北海道の畜産関係者の間では周知の事実と化していたのであろう。2年以上も隠蔽していた県は、もしかしてこの「常態化」を察知していた可能性も十分にあり得る。凍結精液には、DNAという「名前」はあるが、もちろん目では読めない。精液の取り扱いを知る人物なら誰でも不正に加担することができる。ラベルの偽造も簡単だという。和牛の遺伝子が日本国中ばかりでなく、外国にも流出してないか気掛かりである。
 一方で、公務員の危機管理意識にも危惧をもつ。相当の予算を費やして作り上げた宮崎牛ブランドが、1本15万円で違法に売買された。これらの精液が受精卵に利用されたとしたら、今まで一体どの位の「宮崎牛」が「北海道牛」に化けているのであろうか。関係者は全容解明を急がなければ、第2、第3の事件が発生するのは時間の問題であろう。宮崎牛も但馬牛も前沢牛も・・・・○○牛も皆同じ「和牛」ではあるまいか、と考えているのであれば別だが・・・。
 渡辺善美衆議院議員が公務員制度の改革に尽力しているが、官僚の抵抗は大きい。役職が付く管理職については、「身分保障」をしないというものだ。今回の事件の場合、一般の会社なら相当に重いペナルティーが科せられるのは必至である。当人がそれなりの人間なら、即刻会社を去るであろう。それどころか、会社から損害賠償を強いられても文句は言えない。役職の付く公務員は、所属する部署を一般の企業や会社並みに統括してもらえばいいのである。毎日残業をしろと言うのでもない。法令や条例に縛られて仕事量が増えるのであれば、それらの廃止あるいは改正に知恵を絞るべきである。
 今も昔の親も変わらずに我が子を公務員にしたがる。彼らは異口同音に「給料が高くて休みが多く、年金で老後も安心」という。私(わたくし)的には、大学入学時に抱いた本来の夢が潰れた人間が公務員になる傾向が高いと思っている。大学3、4年にもなると公務員試験の勉強に余念がない。卒論そっちのけである。「夢破れて公務員あり」である。大阪の橋下知事のいうように新卒は採用せず、社会人を登用せべきである、と常々考えている。国家を、県を、市町村を、故郷を本気で良くしようと思う人間が公務員になってもらいたい。
 最後に、東国原知事は今回の件で高原町の県畜産試験場に一度でも足を運んだのであろうか。師匠であるビートたけしには耳を傾けるようだが、県民の声なき声にも五感を研ぎ澄ましてもらいたいものだ。




固定リンク | 2009年07月14日【32】

6月29日(月)-もう、「勝手にしやがれ知事」の男を下げる作法-

 日本では、酒が入っての政治や宗教の話は嫌われるが、地球の真裏のアメリカでは「政治や宗教の話をせずして、何を語るのか」という。

 今、永田町と霞ヶ関が戦々恐々としている。永田町は間近に迫った衆院選での落選が、霞ヶ関は脱・官僚と地方分権が現実味を帯びてきたことにある。いずれも高飛車な「権力と権限」の喪失を意味する。国民の半数以上は、「1回は民主党にやらせてみて・・・・・」と思い、「自民党のマニフェストが如何に立派なものでも、今の自民党や公明党では日本や霞ヶ関を変えられない・・・・・」ことを知っている。何故なら、長年の政権与党でありながら、何ら実行できていないからである。
 ある動物病院の院長が名付けた「マンゴウ知事」、別名「地鶏知事」が世間を騒がせている。馬鹿にしてもしきれない政界を愚弄しているのは滑稽である。おちょくるどころか虚仮(こけ)にしている。某・選挙対策委員長がわざわざ宮崎に来てくれたことを良いことに、「総裁候補」という爆弾を投げた。事前の申し合わせなぞどうなっていたのか。訪問者を虚仮と鴨にして、うまく利用した感じで、正直ちょいと印象が悪い。
 思い起こすせば、さほど遠くない2年半前、「草の根」と早稲田仕込の「マニフェスト」を掲げ、当選した。「しがらみ」がないので、建設業関連の入札制度改革には手腕を発揮する。一方で、横山ノック、石原慎太郎(都知事、作家、元運輸相)に次ぐタレント知事としてマスコミにもてはやされ、「地鶏」と「マンゴウ」を全国区に伸(の)し上げた。県庁を観光名所にし、物産館の売り上げを驚異的な数字にした。地鶏の売り上げは1.5〜2倍に伸びたという。
 タレントの血と性(サガ)の騒ぎか知ったことでないが、悪く言えば「テレビ露出狂」、単純には「目立ちたがり屋」とでも言おうか、毎週金曜の最終便で上京し、テレビとデパートで宮崎を売り込み、3泊して月曜に帰庁する。仕事と羽根伸ばしが同居していて、羨ましい。「鳥インフルエンザ」や「台風」、「地震」では上京しないが、「不発弾処理」ぐらいは勘弁してよ・・・か。危機管理意識の甚だしい欠如には驚く。当初週末に行っていた農家の青年との懇談会はどこへいったのか。マンゴーも地鶏も売れるに越したことはないが、マンゴウを売ってなんぼじゃ・・・、地鶏を売ってなんぼじゃ・・・、の世界である。
 県の財政健全化の進捗はどうなっているのか。数年で夕張市や阿久根市のようにはならないのか。後継問題はどうなのか。・・・・・など、知事就任時に比べて問題が減るどころか、反対に増えているのである。改革や改善が「地方分権」と表裏一体であることは分かる。しかし、分権を勝ちえたとしても、現在横たわる行政の諸悪は何ら解決されない。県民の目に見えない部分の詳細な説明が責務である。
 「俺ならば、県の舵取り位は片手間で何らそつ無くこなせる」と考えていたら、とんでもない。もともと自民党[嗜好]で、民主党からはやや冷ややかに思われているから、取り敢えず熱心な自民党から出馬して、大阪の橋下知事に先んじようと考えたのであろう。仮に民主党が政権を獲得しても、霞ヶ関の官僚打倒と地方への権限移譲は覚束無(おぼつかな)い。そうなれば、政界大編成が起こるのは想像に難くない。終着駅の首相になるには、橋下知事はじめ改革派で名のある首長や極一部の政治家らを、競馬ではないが、今のうちに「頭と首の長さ」、そう「クビ」差ほどリードしておく必要があると考えたに違いない。
 宮崎県民は寛容であるというが、馬鹿が付くほど、お人好しである。そのまんまのギャグに翻弄され、騙されたのではないかと、半信半疑の人もいるであろう。次なる県の首長の適任者は誰であるか、発掘・模索する時期が来ている。今度こそ、真の、命を賭した人材を選ばなくてはならない。
 民主党の幹事長から「支離滅裂の知事」と銘打たれた。危惧するのは、首相という最終目的のためなら、ところ構わず、主義・主張も容易に変わるということである。例は悪いが、ヒトラーや東條英機もそういう面が強かった。どちらも必ずしも成績は良くなく、東條英機は陸軍兵学校を3回受験し、ようやく合格した。いったんトップ(総裁)に登りつめると独裁振りを発揮し、自分に批判的な人間を最前線に送ったのも事実である。マンゴウ知事に限ってそういうことは無いと思うが、なりふり構わないところを見ると、ちょいと心配である。
 それに、ここ最近の「退職金減額」や「総裁候補」の「東国原シアター」も自身を売り込むための見え見えのパホーマンスとしか思えない。男を売るとか男を上げるというよりは、男を下げた言動である。彼の「作法」に何とも言いようのない「汚さ」と「白け」を感じる。
 「永田町(国会議事堂)から日本を変えることで、宮崎も良くなる。」、なるほど分かりやすい。道を踏み外さないよう、有権者をギャグで蹴散らさないよう、持ち前の勉強熱心さと地道さで精進してもらいたい。
 
 ある日の、ある焼酎食れアメリカ人の、ある居酒屋での、しがない「政治談議」でした。おわり。


固定リンク | 2009年06月29日【31】

6月26日(金)-ロートル・ベルの特発性前庭疾患-

 6月23日の朝方4時半のこと。真っ暗がりの中、山妻が枕元に突如現れ「ベルが前庭になった・・・・・」と、騒ぎ立てた。
 前庭とは「犬の特発性前庭疾患」のことで、月に2〜3頭が来院する。「特発性」と言うだけあって、原因不明で、ある時突然発症する、中・高齢犬の病気である。人の「メニエール症候群」に似る。末梢性と中枢性に分類されており、前者は内耳の受容器(半規管、卵形嚢)と脳幹の前庭核までの前庭神経の異常で起こる。後者は、前庭核と前庭小脳(片葉小節葉)、そしてその両者を連絡する関連神経経路の異常である。症状は、運動失調・眼振・斜視・斜頚・嘔吐・回転歩行で、程度の差こそあれ、これらの症状は全て同時に見られるのが普通である。末梢性の場合は水平眼振が、中枢性では垂直眼振が起こるため、両者の鑑別が可能である。
 我が家の愛犬ベルは、前夜まで普段の様子と変わらず、明け方いつもの如く庭先で用を足した直後、玄関で突然に転げ回りだしたという。右に旋回し、右に斜頚、もちろん眼振も有りだ。20年も獣医に連れ添った者なら、愚妻でも「前庭だー」と判断できる。ただ最近では、小脳梗塞や脳内出血の症例も報告されており、小脳の異常であれば垂直眼振が見られる。寝ぼけ眼(まなこ)であるが、ベルは幸運にも間違いなしの水平眼振である。
 朝の4時半にステロイドなどを注射し、転げ回るため点滴は皮下に行う。この疾患の症状は24時間でピークを迎えるが、ベルの場合、午前8時には半分程度に軽減した。翌24日、わずかに眼振が残る程度にまで回復したが、腎不全を回避するため、自宅部屋で10時間静脈内点滴をする。動き回ることもなく、病人そのものだ。その間、補助を必要とするも排尿を3回、大したものだ。25日には5割方回復し、食欲も出てきた。
 ベルは来月の7月7日が誕生日で、満の16歳になる。16年前、病院の前に捨てられていた雑種4頭のうちの1頭である。臍の緒が付いており、生後1〜2日しか経っていなかったので、縁起の良い日を勝手に選んだ。16年間、家族と寝食を共にし、4歳の時、帝王切開をした以外は至って頑健な犬である。今日は26日、発症から3日が過ぎた。華の金曜日、午前様の酔っちくろいの主(あるじ)を玄関で迎えてくれるベルの姿が、きっと在るだろう。




固定リンク | 2009年06月26日【30】

[1]    «    200  |  201  |  202  |  203  |  204  |  205  |  206    »    [213]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ