今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

8月11日(火)-考えが変わってきた獣医整形外科学、4足歩行動物と2足歩行である人間との違い-

 人間の外科医療の専門は、例えば食道癌を手術する場合、消化器外科か胸部外科が担当する。心臓のバイパス手術は心臓外科か、循環器外科、あるいは心・血管外科が受け持つだろうが、胸部外科の看板では食道癌や肺癌などの手術が専らであろう。最近では乳癌だけに特化した病院もあるが、現在の医療の分科は消化器や呼吸器、循環器など解剖や機能(生理)的に近い関係にある臓器別か、頭・頸部外科や口腔外科などの部位別に分かれる。
 犬猫の外科の場合は大きく2つに分かれる。一つが軟部外科で、もう一つが整形外科である。骨折や椎間板ヘルニア、離断性骨関節症や前十字靱帯断裂などの関節内や、膝蓋骨脱臼症や股関節形成不全などの先天的疾患の整復など、異常な骨と関節を手術で整えるのが整形外科である。軟部外科は避妊や去勢、腫瘍全般など骨や関節に直接触れない手術である。
 アメリカの獣医大学ではSOFT TISSUE(軟部外科) と ORTHOPEDICS(整形外科)の2科に分かれ、日本でも最近、一部の獣医大学でその傾向にある。内外の開業獣医師の99%は通常どちらもやってのける。
 最近、ある獣医関係の小冊子に東大の佐々木伸雄先生が「整形外科の今、これから-獣医療において整形外科はどう発展してきたのか? そして未来は? 整形外科の「これから」について考える-」と題して寄稿している。小生も最近、常々に同じような感触をもっていたので、その一部を紹介しよう。

1.「骨折の整復法」では、「・・・ただ、創外固定法はインプラントの多くが創外にあり、感染の可能性を完全に排除することができない点を考えると、個人的には、創内での確実で容易な固定法がより多く開発されるのではないか、と考えている。」とある。

2.「股関節異形成」では、「・・・数年前に、本症に関する予後調査を行い、骨盤3点骨切り術と保存的治療を行った症例のその後の症状の回復、調査時点での運動機能、は行のレベル、飼い主の満足度等について検討した。その結果、55頭の調査可能な症例の中で、5年以上(最長で10年以上)経過した症例においても、80%以上の飼い主が、その時点での運動機能について満足とする結果が得られた(3点骨切り術症例と保存的治療症例の間に有意差なし)。我々が実施している保存的治療は、疼痛の強い時にはNSADsの投与を行うが、その間であっても、運動を必ず継続する。・・・・・使役犬のように強い運動を日々行わなければならない場合、人工関節の適応ではあろうが、いわゆる家庭犬においては、保存療法も良い選択ではないかと思っている。」とある。

3.「前十字靱帯断裂」では「・・・また関節外法によって機能回復が見られる点から、膝関節の安定性が、関節包の肥厚や拡張した関節包の収縮によって達成できることを示しているが、・・・・・」とある。

 1の創外固定法は四肢や下顎骨折などで皮膚などを切開することなく、ピンを骨の長軸に対して垂直に串刺しにして外部を螺子(らし=ネジ)やセメントで固定するものである。骨折は、いかなる方法であろうと骨折端の動きを一定の期間阻止できれば癒合する。見た目や、短毛種の場合の搬痕、それに佐々木教授が指摘するように感染の問題がある。

 2の股関節異形成(股関節形成不全)は遺伝的素因が強い大型犬の疾患である。股関節が形成される7〜8か月齢までの肥満や過度の運動、カルシウムの過剰摂取などを回避すれば、発症を著しく抑えることができる。骨切り3点術は10〜15年ほど前によく流行った手術である。股関節の寛骨臼に大腿骨骨頭が十分に深く入るように、骨盤の3か所を切断して角度を変え、その形でプレート固定するという、複雑で厄介な手法である(ヒトの整形手技の模倣)。非ステロイド系の消炎・鎮痛剤(NSAIDs)とグルコサミンやコンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸などのサプリメントを併用した内科療法が、長期の予後調査で外科療法と大差ないということは、痛い目に合わなくて済む点で、外科手術に優る。

 3の前十字靱帯断裂の術式は、獣医外科の疾患別術式数でおそらくトップであろう。日本では約25年前から本疾患が認知され、術式はアメリカの方法が請売り的に汎用された。当初は自己皮膚や大腿筋膜を細長くトリミングして関節内を通し、靱帯の代わりをさせる方法が主流であった。最近は膝関節の関節包を切開して、断裂した靱帯を除去し、半月板の異常を確認するが、関節内に靱帯の代替物を通すことはしない。関節包を縫合した後は、関節外に大きめのナイロン糸などの人工材料で靱帯の代わりとするのが一般化している。現在の手技は当初の方法に比べてかなり簡単である。また、以前は5kg以下の小型犬でも手術を実施していたが、1週間程度のケージレストで歩行が可能となる症例も少なくない。10kg以下の個体でも保存療法が功を奏する場合もある。

 今回は獣医外科学の進歩について講釈を垂れてみた。椎間板ヘルニアや骨盤骨折、指骨骨折など必ずしも手術をしなくてもよい症例が多いと感じる、最近である。膝蓋骨脱臼の手術適応は既に制限された疾患と考えられる。椎間板ヘルニアは、突出する椎間板の速度と量によって脊髄の損傷度合が決まる。深部痛覚と自力排尿があれば早急に手術に踏み切る必要はない。1週間のケージレストとその後の懸命なリハビリで歩行可能になる症例が殆どである。後躯が萎えたならば、脊髄の炎症を抑制する注射薬を出来る限り早めに投与することが重要である。ダックスフントの飼い主にはこの点を普段より啓蒙しておくと良い。10頭中8〜9頭が椎間板ヘルニアで来院する現在において、手術適応基準なるものを作成しないと、無用の手術が行われる可能性が高い。骨盤骨折は、直腸検査をして骨盤腔の狭窄がなければ徹底したケージレストで手術を避けるケースも少なくない。中手骨や中足骨、指骨も外固定で患肢を全く使わせない状態を保てば、2本以上の骨折であっても手術の必要がないケースも多々ある。4本肢の動物は2本である人間とは相当に違うことを、もう少し早く気づく必要があったのである。犬では前肢に7割の体重が、後肢に残りの3割がかかる。解剖学的に同じような病態であれば、何でも彼(か)でもヒトの真似をして手術という発想自体が、悪の根源なのである。


固定リンク | 2009年08月11日【39】

8月6日(木)-県立美術館は改造すべし。建造物を見に行くのではない、絵を観に行くのである。-

 今日は「ペット・ラジオ診察室」の録音の日である。休日前の「過ぎる晩酌」は欠かせない。そうすると他にシワ寄せがくる。今朝は3時半に起きて、4時から放送内容のまとめ、アナウンサーにそれをファックスしたのが6時過ぎだ。9時から入院の世話をして、10時から録音開始である。終わると心からホッとする。
 それから、愚妻を伴い市内のうどん屋で第一食。そして、今日のメインである、「子どもたちに残したい名画」、と銘打つ「石橋美術館展」を観るため、神宮の県立美術館に出向いた。土砂降りではないが、傘の要る生憎の雨で相合傘。駐車場から目的地までがことのほかに遠い。1階の受付カウンターでチケットを求め、展示室のある2階へ。チケット切り場には2人の女性が居たが、2人とも今回展示してある作品の関連絵葉書を売るのに懸命で、出口の方を向いたままなので「客」に気づかない。小生は別途、中で提示するのかと思い、「盗人」のようにそのまま入室。・・・・・・・・・・。展示室内は人も比較的疎(まば)らで、割合にじっくりと鑑賞できた。入口も出口も同じなので、出端に「御宅らは絵葉書売りに夢中で、肝心なチケット切りは大丈夫?」と問いかけ、チケットを見せて入室時の経緯を話した。
 さすがのチケットは自前だが、作品と作家解説は「石橋美術館」の出来合で、県立美術館独自のパンフレットなどはない。専属キュレーターに「何でもいいから、ちょっとは書けよ」、と言いたい。それでも、青木繁(1882-1911)の「海の幸」と「わだつみのいろこの宮」、坂本繁二郎(1882-1969)の「放牧三馬」、黒田清輝(1866-1924)の「針仕事」、佐伯祐三(1898-1928)の「コルドヌリ(靴屋)」、岡田三郎助(1869-1939)の「水浴の前」、古賀春江(1895-1933)の「素朴な月夜」など、目にとまって気に入った絵葉書を11枚買った。
 1階に下り、所蔵の和田英作(1874-1959)や坂本繁二郎を目的に「常設展示室」へ入ったが、残念にも展示なし。その代わりに山元春挙と益田玉城、山内多門の日本画が観れた。出口で○○展という耳にも目にもしたことのない作家(?)の作品が展示中で、外から数点が目に入った。受付の女性が「無料ですよ、どうぞ」と宣うではないか。「無料」にちょっとムッときて、「青木繁を観た後でこれはねェー」と言うと、「お口直しにどうです」と追撃ちをかけるではないか。
 県立美術館は高齢の方でも無理なく入館できるように、入口(玄関)まで車付けできて然るべきである。館内は不必要にだだっ広い。日本画なら空間も要ろうが、ただただ目的の絵までが遠い。誰が設計したかは知らぬが、発注者は県であろう。今更怒っても仕様ないが、一部を他の目的に活用するなど、利便性の良い美術館に生まれ変らせる必要があろう。アルバイトかパートか知らぬが、スタッフの教育も徹底しないと、折角の名画鑑賞に水をさすことになる。「東京にでも行って勉強して来い」、と言いたい。
 されど「石橋美術館」の所蔵品、是非とも夏休み中の子ども達に足を運んでもらいたい。ブリヂストン創業者の故・石橋正二郎氏(1889-1976、久留米市出身)が収集したため、展示作品は九州出身画家が多い。残念ながら宮崎出身者はいないが、「思い出(下図=下絵のこと)」の中沢弘光は最後の佐土原藩主の子息(東京生まれ)である。

追:宮崎県立美術館の年間予算は4〜5億円の規模である。年間の入場料などを含めた収入は驚くことなかれ、その10分の1程度である。予算に比べ収入が少なすぎるのでる。現在、不景気で絵画の相場が安い。こういう時こそ、経費を節約して名画を入手するくらいの発想でないと、他の美術館との競争には勝てない。究極は、美術館の長期閉鎖も考えるくらいの思い切りがあれば、今所蔵している「変なピカソ」よりも芸術的価値の高いものをゲットできるのである。この類の「(税)金喰い虫」はいっぱいある。美術館は必要であるが、そこで「あぐら」をかいているようでは、財政改革はできない。





固定リンク | 2009年08月05日【38】

8月2日(日)-健診と検診事情の四方山話-

 自分が健康診断を受けるとしたら、どんな項目を選ぼうか。最近放送された「ワールドビジネスサテライト」で、アメリカの医療事情があった。御存じのようにアメリカは日本のように国民皆保険ではない。このたびの「世界恐慌」で病院にかかれない人々もさらに増えたという。
 特集のタイトルは「病院不要? 変わる医療現場 小売店経営の簡易診療所 9年前に開始 1,000店以上に」というもの。ドクターとナースの中間に位置するナースプラクティショナーが「診療」に当るという。費用は病院の3分の1という。当然手術などはしないが、自分の気になる個所だけを診てもらい、必要なら血液検査などをしてもらう。気になるところの「とりあえず診療」とでも名付けようか。
 日本の医療の健康診断の実態はどうか。「癌家系」であれば、胃カメラや大腸カメラ、マンモグラフィーの検査に重点を置く。白血病ウイルスや肝炎ウイルスのキャリアーであれば癌の早期発見に努める為、定期的にチェックする。高血圧症や糖尿病、高脂血症や動脈硬化の持病やその家系であれば、それらが不安の種であるため、定期的な検診を受ける。健診や検診時は必要でないような項目も含め10も20も、場合によっては30項目の血液検査をする。「病院好き」や「持病持ち」の人は、病気が「早期発見」され、寿命が長いとされる、故である。
 「癌死」は今や死因の30%を超える。では、PET健診と検診を年に何回やれば「癌死」は避けられるのか。例えば、50歳の女性で胃カメラは年に1回、大腸カメラは3年に1回でいいのか。70代にもなれば、大腸も年1回になる。検診の1ヵ月後に癌細胞の増殖が始まったら、「あなたなら、どうする?」である。
 ゴルフを兼ねたPET検診のため東京から宮崎に来るということが話題になったが、今の状況はどうなのであろうか。PETも完ぺきではない。1センチ以上に「光」れば、「癌」の可能性が高いが、5ミリ以下や炎症が激しいと確定的なことは言えない。年に何回もPET検診するようだど、被曝も無視できないであろう。
 検査診断機器の発展に伴って、医療は凄まじい(?)進歩を遂げている。診断はできるが、治療できないこともしばしばである。放射線の照射装置が不足したり、今や医者が足りない、変な時代である。
 ともあれ、第6感を含めた感覚で「癌」を早期発見できるスーパードクターはいない。われわれ獣医の分野でも状況はほぼ同じで、これが有れば100%確定できるという代物はない。スーパーのレジではないが、「筒」の中を人間や動物が通り抜けると癌はもとより、すべての病名とそのグレードがプリントアウトされる時代が早く到来して欲しいものだ。優れた犬の嗅覚で「癌」の早期発見!何でも良いではないか。
 この話を診察中にしていたら、ある女性獣医師がひと言。「癌で死ななくなったら、何の病気で死ぬんですか。人間、そんなに長生きしてどうなるんですか」。ゥムゥムゥム・・・。
 何もアメリカの真似をする必要もなかろうが、現在のように国(厚労省)や医者、病院任せの「俎板(まないた)の鯉」で有ってはなるまい。個人が全責任を持つ代わりに、少なくとも自由な選択ができる懐の深い医療環境で然るべきだ。 
 
 昨夜は、愚妻の17年の念願である「日向ひょとこ祭り」に行ってきた。宮崎に帰って来てもう17年。「光陰矢の如し」である。「頭」は既に「光」っているから今更どうこうないが、「癌」で「光」るのだけは勘弁願いたいものだ。


固定リンク | 2009年08月02日【37】

[1]    «    199  |  200  |  201  |  202  |  203  |  204  |  205    »    [214]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ