今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

1月24日(土)-屋号の無い日本酒バー-

 昨夜は、とあるビルの4Fにある「屋号の無い・知る人ぞ知る居酒屋」へ出かけた。出入りの薬問屋との「二人新年会」である。階には10軒ほどのスナックがあるが、この店だけ看板に屋号が書かれていない。「舟歌」ではないが、白々と灯りが灯っているだけである。
 店主は宮崎には珍しい気合の入った、料理人気質をプンプンと漂わせた40代後半の板前さんである。「看板は要らない」というだけあって、腕前は超一流である。銀座で通用する数少ない宮崎の料理人であることに疑う余地はない。
 先ずは「涼冷」の生ビールを一杯。次いで、寒夜なので純米酒の「熱燗」を一合。続くは、宮崎焼酎が入り、より熟成された陶器から、客自らが注ぐ湯割り。ここらで、小生の脳細胞と肝臓はにわかにウォーミング・アップされ、口腔粘膜と食道括約筋、舌は仄かに潤い、胃粘膜は馳走を受け入れるに足りうる消化液の貯留に準備万端、整った。
 カウンターには「本日のおススメ食材」が整然と並べられ、カウンター内の背壁には、墨での店主直筆のメニューがギッシリと書かれてある。「先附」は「鮑の塩蒸し・青海苔・湯掻き筍の酢味噌・里芋・魚皮(コラーゲン)煮」。今回は刺身の「向附」は飛ばして、最初に目に留まった「日向蛤」の「椀」もの。モノが大きいため、ドンブリ風の器で出されたが、それには引け目を感じさせない十分に霞がかった「コハク酸」の出汁タップリの汁。木の芽が光った。今回はコースでないので「八寸」も飛ばして、次は「焼物」である。「ヤング・コーン」と「空豆」を頂いた。一足早い「旬」、いや「春一番」であった。もう一丁、カウンターで灯火を点しているのが「真鱈の白子」。表面に狐色の焦げ目が付くようにと、生意気にも注文をつけたが、意に適った至福のアツアツ・コクコクの絶品であった。さらなるもう一丁は、これも最初から気になっていた大振りの「カサゴの煮付」。小生の好物の牛蒡と豆腐がきちんと添えられていたから、ウレシイではないか。カサゴは〆て約1昼夜、イノシン酸(ヌクレオチド)はじめ旨味アミノ酸が遊出した食べ頃合の、これまた絶品であった。〆は「御飯」ものか。中途から「鯖すし」と心に誓って決めていたが、度の過ぎた本酒の暴飲のためか、「鯖すし」の刻印がいつの間にか、脳ミソから消え失せていた。今日の今に至っても心残りである。
 店には、客人として、以前ラジオの「ペット相談」でお世話になったアナウンサーが居られ、いつもにも増しての「楽酒」であった。近々のラジオでの「ペット談議」を約束しての、「握手」での御開きとなった。連れも終始、美酒・笑顔で、ケッコウなひと時であった。
 「美酒、美肴、美人」に乾杯。
 屋号の無いと思われたこの店には、実はというか、当たり前だが、屋号があった。もらった領収書に「Japanese Sake Bar ○○○○」とスタンプされていた。これも高尚な「ギャグ」だ。追加で、この店は器にも凝っているほか、酒はグラスから受け皿に零れるまで注いでくれますぜ。


固定リンク | 2009年01月24日【5】

1月23日(金)-北大路魯山人の凄み-

 魯山人(1883-1959、京都)は元来書家であるが、陶芸家や料理家、画家、料亭経営などでも名を世に馳せた芸術家である。特に陶芸家として有名で昭和30年(1955年)に人間国宝に指定されるも辞退した経緯がある。人間国宝を辞退するとは、余程の変人であろう。余談だが、贔屓の洋画家・熊谷守一(1880-1977)も文化勲章を辞退している。守一は岐阜出身で、世に出るまでに相当の苦労を重ねた。小生は「ファーブル画家」と呼んでいるが、蟻が歩き出す第一歩は決まって左の第2脚であることを発見し、好んで蟻をモチーフとした。文化勲章や芸術院会員、文化功労者は昇天するまで毎年、国から相当の「金子」を頂戴できるのであるからして、辞退とは「高尚なギャグ」に他ならない。
 本論に戻ると、真の「魯山人の凄み」は人間国宝を辞退したことではない。実は小生ら専らの「酒愛好家」が毎夜の如く世話になっている「ぐい呑み」、「しょうゆさし」、それに「箸置き」を考案したのだ。「ぐい呑み」は広辞苑では「大ぶりの深い杯(猪口)」とあるから、湯呑かコップと杯の中間で、最初の一杯を「キュゥ」とや(飲)るのに殊の外向いている。「しょうゆさし」は、それまでの和食が料理人しか味付けできなかったものを、席に居ながらにして好みで味の微調整を可能にした優れものである。最後の「箸置き」は従来、お膳の縁(へり)にかけていた箸を、これを使うことでお膳なしのカウンターやテーブルでの食事スペースを格段に拡大させた、「偉業」である。
 今日は華金、「ニシタチ」放浪に、行くか。頃合の北風と寒波、久しぶりの本酒(ポンシュ)の燗を「キュゥ」とではなく、魯山人に最敬礼して「グイ」ッと、呑むか。太田和彦張りに「燗は、45度でね。」、なんて気取ってみるか。

追:酒の燗は、30度が「日向(ひなた)燗」、35度が「人肌(ひとはだ)燗」、40度が「温(ぬる)燗」、45度が「上(じょう)燗」、50度が「熱(あつ)燗」、55度が「飛切(とびきり)燗」という。ついでに、冷酒は5度が「雪冷え」、10度が「花冷え」、15度が「涼冷え」という。




固定リンク | 2009年01月23日【4】

1月22日(木)-エコクリーンプラザみやざき問題-

 「エコクリーンプラザみやざき」の浸出水調整池破損問題で、20日、管理する県環境整備公社の理事長が、当時の公社役職員を背任容疑で告発した。
 一般の人でも3回家を建てないと、自分の個性に合ったお気に入りのものができないとは、昔から言われることである。小生も3回病院の設計図を描いたが、ああでもないこうでもないと何回も描き直し、建築が始まると、進捗具合が気になって休日は元より、昼休み、毎夜の如くと現場に足を運ぶ。これがすこぶる楽しいのだ。完成したら、今度は借金返済のためか、一挙に興醒めとなるから、摩訶不思議である。
 病院では、処置や手術後に使った器械や器具が無くなることが少なくない。理由は大手術ほど、汚物が大量に発生し、血液の付着したガーゼや摘出臓器、シーツなどに紛れ易いからだ。手術器械は結構値が張るものが少なくない。あまりにも紛失が多いので、ある時から、数が合わない場合には、スタッフ全員の連帯責任とし、「身銭を切って全員で弁償するべし」との、お達しを出したところ、それ以降なくなることが極端に減った。それでも、年に一度か二度は数が合わず騒いでいるがゴミをひっくり返しては発見し、歓喜している。
 さて、「エコクリーンプラザみやざき」は、誰の資本で誰の責任で設立されたのであろうか。今のこの事態は、公務員や天下りの典型的な「無責任さ」に他ならない。宮崎市はじめ関係の首長は、鍬入れの地鎮祭と竣工式典のテープカットに参列したのみではないのか。今回の破損に掛かる経費だけで数十億円の純然たる税金が注ぎ込まれる事になろうとしている。首長なぞは自分の身銭を投じたのと同じ感覚で、建設過程をチェックしたことが一度でもあったろうか。況や、公社の理事長や役職員は、毎日現場に足を運んで監督する責任があろう。民間では当然であろう。公僕には「身銭を切る」感覚が一番必要であることを、若い時分から徹底的に教育されなければならない。大阪の橋下徹知事が言うように、新卒ではなく、世の中の「い・ろ・は」を習得した社会人の登用が望まれる所以である。給料の源が血税である公僕は、自分の職に対して「呵責の念」を片時も忘れてはならない。
 「エコクリーンプラザみやざき」とは、なんとも響きのよい語呂ではないか。この場に及んでは、責任のなすり合いではなく、市民や県民に納得の行くように、「クリアーでクリーン」な結末を期待したいものだ。状況によっては、公社関係者をはじめ、県庁や関係市町の全職員の連帯責任として「身銭を切って」もらおう。



固定リンク | 2009年01月22日【3】

[1]    «    196  |  197  |  198  |  199  |  200  |  201  |  202    »    [202]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ