今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

今週の親仁ギャグ・2021年8月29日(日)〜9月4日(土)

●「種田山頭火のこと
酒呑みにとって若山牧水と種田山頭火(1882〜1940)の歌に共感しない人は少ないであろう。先日、山口を訪問した際、新山口駅(旧小郡駅)に山頭火の像が建てられているのに気づいた。どこもそうであるが駅前広場には当地所縁の人物のモニュメントがあることが少なくない。私の趣味の一つが絵画であるが、送られてくるカタログの中には小説家や歌人や政治家など歴史的有名人の直筆の作品も多々ある。最近のもので山頭火直筆の軸装が目に入った。「こおろぎに鳴かれてばかり」という句である。山頭火は昭和5年に宮崎県を訪問しており、「分け入っても分け入っても青い山」など多くの名作がこの宮崎の地で生まれているのには驚く。その「こおろぎに鳴かれてばかり」がいつ頃の作品か調べてみた。手持の「一草庵日記・随筆」(編・村上護/春陽堂)の隅々を探しても発見できず、アマゾンで「草木塔」を取り寄せたら、ズバリ載っていた。やはり、どうもこの「こおろぎに鳴かれてばかり」も宮崎での作句のようだ。さらにすすめると、宮崎市内の清水町にこの句碑があることも知った。旧黒木紅足馬邸の庭に鎮座しているとのことだ。一般に開放しているとのことなので、近々、訪ねてみよう。因みに黒木紅足馬とは、あるブログに、「本名末四郎、明治十八年美々津に生まる。荻原井泉水に師事。句集に『波おと』がある。此処に寓居を結び雅交を重ぬ。昭和五年晩秋、種田山頭火来訪、当居に泊す。」とある。山頭火は、昭和5年(1930年)10月21日に黒木紅足馬(こだるま)宅に宿泊していた。荻原井泉水は山頭火の師匠である。9月2日。


固定リンク | 2021年08月29日【710】

今週の親仁ギャグ・2021年8月8日(日)〜8月14日(土)

●「さあ、どうなる新型コロナ、どうする新型コロナ
めでたく東京オリンピックが終了しました。しかし開催の是非については今後の総括如何によるでしょうが。1964年の東京オリンピックは私がちょうど5歳の秋でした。私の祖父がオリンピック観戦のために村で2番目にテレビを買いました。私もアベベや円谷幸吉のマラソンを見て感動し、裸足で刈り終えた田んぼの中を走り回ったことを昨日のように覚えています。ついでながら村というのは小字のことなので当時約30軒の家がありました。そうは言っても今とは大違いに子供が多く、私の同級生はこの小字に4名もいました。おまけの譚ですが、1964年の東京オリンピックの御蔭でテレビで大相撲やプロレス、野球中継などを観ることができるようになり、金曜日や土曜日の夜となると近所の人が集ってきました。オリンピックもメキシコやミュンヘンまでは新鮮味がありテレビの前に釘付けでしたが、今はこのコロナ禍でも世界の何処かで世界大会が開催されている状況ですので、昔のような手に汗握る感動は湧いてきません。でもメダルを獲得した選手には心より拍手を送ります。残念なのは、日本人選手の親御さんはじめ家族に対して、試合会場で観戦してもらう配慮が欲しかったと思います。多くの国民の世論に反してオリンピック開催を強行した訳ですが、首相には”武士の情”を見せてもらいたかったものです。もちろんワクチン接種等の最善策をしてもらってですが(ボランティアや大会関係者、マスコミも会場入りしているのですから)。最期に、年を取るとは不思議なものでして、日本の選手がメダルを獲るのは真に嬉しいのですが、遠い異国から来て1回戦で姿を消す選手を目にすると、これまた何とも言えぬ憐憫の情が湧くものです。8月8日。


固定リンク | 2021年08月08日【709】

今週の親仁ギャグ・2021年7月25日(日)〜7月31日(土)

固定リンク | 2021年07月25日【707】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [224]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ