今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

4月13日(月)-「憩いの銀座」

 大学を終了し、晴れの獣医師となって「花の御江戸」へ出たのが、25年前の3月末であった。24歳の時である。新研究室員が最初に任される「仕事」はというと、テレビでよく見かけるかの「上野の桜見」の場所取りである。小生もやらせられたひとりである。東京の雰囲気にまったく慣れていない時分の「場所取り」に、他者との気後れを痛感した。それでもあの独特で威容な「大祭」に酔いしれたのも事実で、いまだ記憶に新しい。
 動物病院は春から初夏が忙しい。フィラリア予防や予防注射が集中するからだ。診療体制の変更と延長もあり、ラジオ収録の準備があり、おまけに今年は娘の大学入学がかさなり、追撃ちをかけた。この「親仁ギャグ」も随分とサボってしまった。先週の6〜8日、2泊3日で上京し、久々に「東京見物」ができた。
 「花の御江戸」・東京は日本人にとって、特別な「街」である。鮨や天麩羅をはじめ食の名店あり、数々のデパートあり、美術館あり、名所・旧跡あり、寄席あり・・・・・、東京は愉快だ。その中でも「銀座ぶらり散歩」はこの桜咲き散る時分、まことに爽快である。小生も上京の折には必ず銀座をぶらりと散策する。時間があれば銀座2〜8丁目界隈を3周も4周もする。もちろん徒歩である。
 最初は2丁目、中央(銀座)通りの「トラヤ帽子店」。新作のパキラを求め、その場で被(かぶ)れば脚も軽やかになる。この「トラヤ」はいつも5分も居れば用が足りるから、出鼻(端)として助かる。
 しばしの銀座物色の後、小腹が空いたら7丁目、中央(銀座)通りの「ビアホール・ライオン」が好い。この4月で75周年というから、1934年(昭和9年)の創建で、内外観も味も「昭和浪漫」あふれる名店である。池波正太郎(1923-1990)のエッセイにもたびたび登場する、なんといっても「ビールの泡」が旨い店だ。「ソーセージ・セット」、「ナポリタン・スパゲティ」、「キャベツ酢漬け=ザウアークラウト(Sauerkraut)」が所望だが、脂の少ない「ステーキ」も噛み応えがよろしく、肉本来の味がする。弄(いじ)り回して食味を喪失させた創作料理を良しとする、かりそめな料理人は是非「ライオン」へ足を運んで改心してもらいたい。銀座だからとは言っても、いつも満席で驕(おご)りのない心地よい慌ただしさが心を鎮めてくれる摩訶不思議な空間だ。
 ほろ酔い気分で散策を再開する。不景気の為か、一頃の銀座と違って裏通りの人と車の数量が少ない。仕込み中の時間帯なのに有名鮨店も戸を閉め切っていて、いつもの活況が伝わってこない。画廊もそうだ。バブル時の銀座の画廊数は400〜500店とも言われ、バブル崩壊後は半減した。今は、もっと減っているであろう。7丁目の「ギャルリーためなが」も今年で40周年という。「ベルナール・ビュッフェ展」が開催されていた。「ためなが」といえば、あの荻須高徳の鑑定で有名だが、ビュッフェ(仏、Bernard Buffet、1928-1999)とも家族ぐるみでの親交があったことをはじめて知った。100号を超える大作も数点あり、堪能できた。銀座に画廊が犇(ひしめ)く時代の再到来を夢見たい。
 今回の最後は7丁目、外堀(西銀座)通りの「銀座 和蘭豆(ぎんざらんず)」である。ここは亡き岳父とよく咽喉を潤した場所だ。小生の定番はアイスコーヒーか顔にも似合わないクリームソーダである。夜にもなると和服姿や視線を逸(そ)らしたくない美貌・美脚の「夜の蝶」が拝見できるから嬉しい。しかしだ、皆にスケベーな殿方が(いや失礼「夜のダニ」のほうが言い当てていようか)付着しているから悔しい限りだ。
 二十数年前、超貧乏学生だった小生は3年9ヶ月で1回だけ銀座に行ったことがある。内科研究室の先生の結婚式が確か帝国ホテルであり、帰りしな恩師の教授に「ライオン」でビールを奢ってもらった。それだけに銀座は懐かしいところであり、憬れでも目標でもある。  
 


固定リンク | 2009年04月13日【22】

3月4日(水)-獣医師国家試験終わる-

 今年の国家試験は3月3日と4日の2日間、福岡と東京、札幌の3ヶ所で行われた。4月からの当院での就職が決まっている学生もその一人である。彼女は学生時代、14ヶ月の間、大学の暇を見つけては、足繁く当院に通って「実践獣医学」を学んだ。夜間救急病院でのアルバイトにも率先して参加してもらった。
 当院に出入りするきっかけは、「現場の臨床が勉強したくてネットを見ていたら、”たばる”に当たり、”院長コラム”で院長が酒好きのようなので・・・・・。」と言って、電話を掛けてきたのが、最初である。大抵の学生がそうであるように、大都市圏に就職するものとてっきり思い込んでいたが、東京や出身県での就職を希望せず、当院に決めてくれた。獣医師が不足している地方の一動物病院にとっては、正しく”金の卵”である。
 小生が言うのも難だが、彼女は当院を訪れた獣医学生の中で、断トツに秀でた「臨床センス」を持ち合わせている。3年間は当院で存分に臨床技量を習得・練磨してもらおう。近々、当人からのプロフィール(profile)があるので、乞う御期待。

追記:来年4月からの獣医師1名(新卒者)も内定しました。今後の「たばる動物病院グループ」は、若返りを図り、より充実した診療に邁進する所存です。一層の御愛顧の程、宜しくお願いします。


固定リンク | 2009年03月04日【18】

3月3日(火)-「雛祭り」今昔-

 今日は童謡にもある「うれしいひなまつり」。この歌は1936年(昭和11年)の作で、詞はサトウ八チローという。
 和暦(太陰太陽暦)の3月の節句(上巳=じょうし)である3月3日(現在の4月頃)に行われていたが、明治6年(1873年)1月1日の改暦以後はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行うのが一般的である。・・・・・日本での起源は、流し雛の風習から本来は祓い神事の人形であったと言われ、「雛祭を過ぎて飾っていると嫁に行き遅れる」という言葉もここからきている。平安時代に既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として・・・・・。これが江戸時代に女の子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」と結びつき、・・・・・。(以上、ウィキぺディアより抜粋)

 其れはそうと、今日は両親の51回目の結婚記念日でもある。小生の相棒も最近年、これを記憶していて、今朝も「今日はお母さんたちの結婚記念日ねェー」と、さり気無く宣(のたま)う。以前、お袋が自らの結婚式について話してくれたことを思い出す。ちょうど52年前の今日、両親と仲人に付き添われ隣の集落から松明(たいまつ)を灯(とも)して山道を歩き、今の家まで嫁いできたそうだ。今の時代と違ってその日がはじめての「お家訪問」で、その後直ぐに近親者のみでの「小宴」があったが、明かりは「唐辛子」のような小さな電球で薄暗く、肴は「鰯の煮付け」だった、と記憶している、という。今とは違った大家族で、祖父母の外に親父の弟・妹(お袋と同じ年齢〜10歳年下まで)が6人、曾祖母を含めて計11人も同居していた。新婚旅行なぞできる御時世ではなかった。(お袋本人直談)

 僅か半世紀前、されど50年の歳月。戦後12年目の日本の田舎は、全てがどう転ぶか分からない時代であったはずである。結婚式がこの有り様であるから、「雛飾り」なぞとんでもないことであったろう。両親は大恋愛で結ばれたが、親父の父(小生の祖父)は結婚に猛反対であった。しかし皮肉にも、晩年は実娘よりもお袋に随分と信頼を寄せていた。

 結婚記念日は「桃の節句」なのに、生まれた子供は男子ばかりである。今度帰郷した折には、「小宴」で「ちらし寿司」と「蛤の吸い物」も並んだか、それとはなしに聞いて見るか。やはり止めておこう、多分に当時を想いだしたくないであろうから。
(「親仁ギャグ」は写真の文を参照)

固定リンク | 2009年03月03日【19】

[1]    «    193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199    »    [202]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ