今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

今週の親仁ギャグ・2020年2月23日(日)〜2月29日(土)

●秀吉(1537年3月17日〜1598年9月18日)の最大の不幸である後継者問題の関係者と出来事について時を追って調査してみましょう。
’々(高台院・北政所・?〜1624・杉原家定の実妹・浅野家養女)が秀吉に嫁ぐ(1561年8月・当時では珍しい恋愛結婚)。
⊇┻箸龍畊渉紘余觧代、秀吉と側室との間に第一子・羽柴秀勝(石松丸)が誕生。しかし1576年11月4日、2歳から6歳で死没。
(小早川)秀秋(1582〜1602・秀吉の正室寧々の兄の5男)が秀吉の養子となる(1585年)。
っ磧(淀殿・信長の末妹、お市の方と小谷城主、浅井長政の長女・1569?〜1615年6月4日)が秀吉の側室となる(1588年頃)。
ッ磧垢箸隆屬膨畩消太(1589年7月9日)
秀吉の天下統一(1590年)
鶴松死没(1591年9月22日)
鶴松の死後、豊臣秀次(甥=秀吉の姉の長男・1568〜1595)が秀吉の養嗣子となり、文禄の役(1592年5月24日〜1593年8月5日)開始前に豊臣家第2代関白となる。
茶々に秀頼誕生(1593年8月29日)
秀秋の小早川家(隆景)への養子縁組成立(秀頼誕生により豊臣家相続候補から外れ、黒田官兵衛=孝高の提案進言)(1594年)
秀次の高野山青巌寺への蟄居、そして切腹(1595年8月20日)
秀吉死没(1598年9月18日)
小早川秀秋、関ケ原の戦い(慶長5年9月15日=1600年10月21日)で家康(東軍)に寝返る。
1602年12月1日、アルコール依存症による内臓疾患で小早川秀秋が死没。
1615年6月4日、大坂夏の陣にて秀頼と茶々が自決(豊臣家完全滅亡)。
1624年10月17日、寧々(高台院)死没。
つづく。2月24日。


固定リンク | 2020年02月23日【652】

今週の親仁ギャグ・2020年2月16日(日)〜2月22日(土)

●秀吉には子種がなかったというのがもっぱらの説であります。秀吉の正室は無論、寧々です。そして側室は数多であり、その後宮には名門出身の婦人だけでも〇哀隆歸(信長の第5女)、姫路殿(信長の弟信包の娘)、F鵐隆歸(淀殿・浅井長政とお市の方=信長の妹の次女・すなわち茶々)、げ嘆譴龍(前田利家の三女)、ゾ哨隆歸(近江京極氏の出)、三条ノ局(蒲生氏郷の妹)・・・・・・などなど、司馬さんに言わせると「いちいちあげきれぬ」ほどであった。にも拘わらず秀吉の子とされる”捨”(鶴松)と”拾(丸)”(秀頼)のふたりのみ。それも淀殿にかぎっているのです。司馬遼太郎「豊臣家の人々」・中公文庫・p126つづく。2月22日。


固定リンク | 2020年02月16日【649】

今週の親仁ギャグ・2020年2月9日(日)〜2月15日(土)

●豊臣秀吉は「人たらし」の天才であった。卑賎の出自(農民足軽)から征夷大将軍にはなれなかったが、その実績は天才である。信長がその悲運で道半ばだった天下統一を、日本人で初めて成し遂げた偉人である。北条氏他(関東=東国)は無論、毛利氏の中国、長曾我部氏の四国をはじめ南は薩摩から北は津軽まで征服した。その秀吉にまつわる、彼の弱点について考えてみようか。2月15日。

固定リンク | 2020年02月09日【650】

[1]    «    7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13    »    [214]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ