今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

今週の親仁ギャグ・2019年10月13日(日)〜10月19日(土)

●日本列島形成途中の、今から7万年前、北方からはマンモス・ヘラジカ・トナカイ・ヒグマ・ナキウサギ・キタキツネなどの獲物を追っかけて大陸の旧石器人が渡って来ました。同様に南方からも獲物(ナウマンゾウ・オオツノシカ・カモシカ・二ホンジカ・ツキノワグマ・ニホンザルなど)を追っての渡来人がありました。そして日本列島が完全に分離されたことで人々も独自の進化を遂げたのです。このことは、遺伝子学的にも証明されるようになっています。今の日本人に約35%の頻度で見られるある遺伝子は、日本列島に初めて到達した現生人類(ホモサピエンス)のタイプと考えられており、3万7千年〜3万8千年前に日本列島で誕生したとされる・・・・・・そうな。アフリカで生まれたホモサピエンスが日本に到達したのが約4万年前ということですな。ところで日本人の最古の人骨は、石垣島(石垣市)の「白保竿根田原洞穴遺跡」で見つかった旧石器時代のもので、実に2万7千年前と推定されています。本州などでの発見がないのは土壌の性質によるもので、沖縄は保存されるに適しているそうな。新人は約20万年前にアフリカで誕生したのはご存じでしょうから、日本に到着するまでに実に十数万年を要したということになりますかつづく。10月17日。

●地球の誕生が約50億年前としましょうか。(ユーラシア)大陸と日本列島が引き裂かれ始めたのが、今からほんの少し前の2300万年前(中新世)頃からで、1500万年前には日本海の窪みが形成されたそうです。その後も地殻変動は続き、2万年前にはほぼ今の日本列島の形になったそうな。そして宗谷海峡が誕生したのが今から1万3000年前から1万2000年前だそうです。では人口はどうなのでしょうか。遺跡の数から推定しているようですが、縄文早期(8100年前)の日本の総人口は、なんとも少なく僅か2万人です。以下縄文前期(5200年前)が10万5千人縄文中期(4300年前)が26万人、縄文後期(3300年前)が16万人、縄文晩期(2900年前)が後期の半減の7万6千人弥生時代(1800年前)が約60万人だったそうな。随分と人口密度の低かったことか。弥生の人口は、今の宮崎市の1.5倍ですならな。つづく。10月17日。

●そこで大問題があるのですが、それは今回の旅のテーマである「オホーツク文化」というものです。この文化は、3世紀から13世紀の長きにわたって、オホーツク沿岸を中心に北海道北海岸や樺太、南千島に展開した、海洋漁猟民族の文化です。縄文人ともアイヌ人とも異なる民族による文化なのです。このオホーツク人が遺してくれたもののひとつが「モヨロ貝塚」なのです。つづく。10月16日。

●今回の旅は、現在言われている日本人のルーツを可能な限り理解できないものか・・・・・・という仕掛けなのですが、果たしてどのくらい達成できるものやら。まず手始めに北海道の民族と文化の変遷を調べてみることにしますか。北海道は本州とは異なった文化を育んできたのですが、旧石器時代と縄文時代は大して変わらないものとしましょう。北海道で縄文時代に続くのが「続縄文時代」であり、紀元前3世紀ころから紀元後7世紀までみられます。これは本州の弥生から古墳時代に相当します。その次に現れるのが「擦文文化」であり、7世紀から13世紀まで続きます。これは飛鳥から鎌倉時代の後半に相当します。その後が13世紀からの「アイヌ文化」であり、鎌倉時代から現在に当たります。つづくこれからの文章は、只今勉強中であり、誤りが多数みられると考えられますので、鵜呑み厳禁です。10月16日。

●30回目を迎えた「今月の旅」は「オホーツク」でした。宮崎空港→(羽田空港経由)→女満別空港(レンタカー借)→(網走湖通過)→モヨロ貝塚館→能取湖・サンゴ草群生地→サロマ湖→紋別(1泊目)→(道の駅)→(浜頓別通過)→エサヌカ線→道の駅さるふつ公園(ホタテ焼カレー)→宗谷岬(間宮林蔵像・日本最北端の地)宗谷丘陵(風力発電・白い道)→稚内駅(日本最北端の線路)→ノシャップ岬→稚内(2泊目蛸しゃぶ)→宗谷岬(間宮林蔵渡樺出港の地)→宗谷丘陵→稚内空港(レンタカー返却)→(羽田空港経由)→宮崎空港・・・・・・の2泊3日の旅程でした。主目的は「モヨロ貝塚」と「間宮林蔵」でした。つづく。10月16日。


固定リンク | 2019年10月13日【634】

今週の親仁ギャグ・2019年10月6日(日)〜10月12日(土)

●「今週の親仁ギャグ」は旅やら多忙やら呑み過ぎやら怠慢やらで休みました。

固定リンク | 2019年10月06日【633】

今週の親仁ギャグ・2019年9月29日(日)〜10月5日(土)

●「長岡人の矛盾」・・・・・・
河合継之助の終焉の地、福島県只見には1966年に「河合継之助記念館」(1972年から一般公開)が開館するも、長岡の記念館はそれよりも40年後の2006年と遅れること甚だしい。これは長岡の街を灰燼と化させた継之助への恨みの反映という。長岡には、今でも、継之助派と反継之助派が拮抗しているとか。しかし館長が反継之助派であったり、口では反継之助だが他人に継之助をなじられると、「おまえになにがわかる」と激怒する長岡人も少なくないという。
・・・・・・
継之助終焉の医者矢沢家は、「河合継之助・終焉の間」として記念館に移築保存されている。これは、後年のダム建設で水没するところを、矢沢家の子孫が近くの山に移転させたため、今にある。

 わたしも会津若松や長岡を訪問した際に只見の地まで足を延ばそうと調べたが、「六十里越」は車で抜けられるが、「八十里越」は山に不慣れな我々素人では、今でも困難なようだ。長岡の記念館の学芸員もそう言っていた。つづく。10月3日。

河合継之助の最期・・・・・・司馬遼太郎「峠」より
<「いますぐ、棺の支度をせよ。焼くための薪を積みあげよ」と命じた。
松蔵はおどろき、泣きながら希みをお持ちくだされとわめいたが、継之助はいつものこの男にもどり、するどく一喝した。
「主命である。おれがここで見ている」
松蔵はやむなくこの矢沢家の庭さきを借り、継之助の監視のもとに棺をつくらざるをえなくなった。
松蔵は作業する足もとで、明りのための火を燃やしている。薪にしめりをふくんでいるのか、闇に重い煙がしらじらとあがり、流れず、風はなかった。
「松蔵、火を熾(さか)んにせよ」と、継之助は一度だけ、声をもらした。そのあと目を据え、やがて自分を焼くであろう闇の中の火を見つめつづけた。
夜半、風がおこった。
八月十六日午後八時、死去。
>
自分の生死を客体化できた人物」(「司馬遼太郎の幕末維新供週刊朝日編集部・朝日文庫・pp123〜141」)・・・・・・ということに尽きるだろうか。つづく。10月3日。

河合継之助の最期・・・・・・
1868年5月2日:小地谷談判決裂で開戦。
5月11日:占領されていた榎峠や朝日山を奪還するも、その1週間後に長岡城を奪われる。「峠」では、この時、「枡屋ぼ嬢や」が登場し、<「河合さま。勝つ勝つとおっしゃってこのありさまは何事でございます」>と暴言を吐かれる。
7月25日:長岡城の奪還に成功。指揮官の西園寺公望と参謀の山形有朋らは命からがら逃走。しかし継之助はこの戦いで左足に被弾した。継之助負傷の痛手は大きく、4日後、長岡城は再び落城した。
8月1日:いわゆる「八十里越」の大敗走が始まる(兵だけでなく女子供多数)。
8月5日:会津領只見村に到着。会津若松城に籠城していた松本良順の診療を受けるが、既に手の施しようがなかった。
8月12日:会津藩領塩沢村の医者矢沢氏の屋敷を宿所とした。ここが最期の場所となった。ここに幕僚の花輪求馬(もとめ)を枕頭によび、遺言を残した。
8月16日:42歳の生涯を閉じる。死因は破傷風という。辞世の句は「八十里こしぬけ武士の越す峠」。
(参考:「司馬遼太郎の幕末維新供週刊朝日編集部・朝日文庫・pp123〜141」・「峠(下)・司馬遼太郎・新潮文庫」)
つづく。10月2日。


固定リンク | 2019年09月29日【632】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [199]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ