今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

今週の親仁ギャグ・2021年11月7日(日)〜11月13日(土)

●「やっぱり銀座は最高の養生剤
▲コロナが(少なくとも宮崎では)いまのところ収束気味。私のワクチン接種は8月の終了したので、今の抗体持続調査では来年の春までは感染防御レベルを維持できる可能性がある。日本だけが何故にここまで感染者数を制御できているのか、頷ける明確な回答が専門家もできていない。我が国でのワクチン接種率は、2回目を終えた人が4人に3人のハイレベル。当初、6〜7割のワクチン接種率で収束すると目されていたが、欧米など世界の感染状況を見渡す限り、これだけでは説明が困難である。
▲971年にマンフレート・アイゲン氏(ノーベル賞受賞)が提唱した「エラーカタストロフ(ミスによる破局)の限界」によるものか。人種間の遺伝子の差によるものか。日本人の衛生意識の高潔さか。
▲いまの最大の懸念は、第六波が襲来するのか。ワクチン接種による血中抗体が持続している間に行動を起こしたくなるのが、ちょい悪親仁。そこで約1年ぶりに上京。1泊だったが、銀座界隈を”回遊”。3回目のワクチン接種か収束か、経口新薬の効果と普及に期待するか。”吞兵衛は危うき(ウイルス)に近寄らず””自己防衛””自己責任”を肝に銘じて遵守とし、いままで世話になった店に通って少しでも”吞兵衛の恩返し”ができれば。
つづく。11月11日。


固定リンク | 2021年11月07日【719】

今週の親仁ギャグ・2021年10月31日(日)〜11月6日(土)

「古墳人─
▲さきに示した古墳人は、縄文人に北東アジア祖先の遺伝子が交雑して弥生人が誕生し、弥生人に東アジア祖先が交雑して古墳人が生まれた。そして現代の本州日本人の遺伝子比率は、縄文人が約15%、弥生人が約15%、そしていちばん多くを占めるのが残り約70%の東アジア祖先由来である。
▲アジアと一口に言っても広大過ぎる。国連地理区分によれば・・・・・・北アジア:ロシア(シベリア)。東アジア:韓国・北朝鮮・台湾(中華民国)・中国・日本・モンゴル。東南アジア:インドネシア・カンボジア・シンガポール・タイ・東ティモール・フィリピン・ブルネイ・ベトナム・マレーシア・ミャンマー・ラオス。南アジア:アフガニスタン・インド・スリランカ・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・ブータン・モルディブ。中央アジア:ウズベキスタン・カザフスタン1・キルギス・タジキスタン・トルクメニスタン。西アジア:アゼルバイジャン・アブハジア・アラブ首長国連邦・アルツァフ・アルメニア・イエメン・イスラエル・イラク・イラン・エジプト・オマーン・カタール・北キプロス6
キプロス・クウェート・サウジアラビア・ジョージア(グルジア)・シリア・トルコ・パレスチナ国 (自治政府)・バーレーン・南オセチア・ヨルダン・レバノン。その他イギリスなどの海外領土・自治領等も含む。
▲そこで問題の北東アジアと東アジアの線引きは一体どこなのであろうか。北アジアはアルタイ山脈より以北のロシアの、そのなかでもシベリアとするようである。東アジアは、中国東北地方の大興安嶺(だいこうあんれい)からインドシナ半島のホン川までの地域を指し、中国、朝鮮半島、台湾、日本を含むとする。アジア(きたアジア、英語: North Asia , Northern Asia)は、ユーラシア大陸のアルタイ山脈以北を指し、シベリアを主とする地域をいう。北東アジアと東アジアを一緒くたとする見方もるようであるが、「パレオゲノミクスで解明された日本人の三重構造」の文献を睨むに、金沢大学グループの指す東アジアとは黄河流域中国北部、それに西遼河流域(中華人民共和国の内モンゴル自治区東南部から遼寧省北部へ流れる河川)を主とするのであろうか。
つづく。11月6日。


固定リンク | 2021年10月31日【718】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [225]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ