今日の親仁(オヤジ)ギャグ

最近の記事

今週の親仁ギャグ・2019年2月3日(日)〜2月9日

●芸術や科学をはじめ人類の発展に言葉と文字が重要であることは言うまでもありません。今回のテーマは歌舞伎座観劇から出発し、歌舞伎をはじめ日本の伝統芸能の歴史を掘り下げてみよう・・・・・・という大それた冒険に発展しました。毎日少しずつ解決しながら徒然に感じたことは、言葉や文字の発明には幾多の天才がかかわてっていたであろうという結論に至りました。そこでこれまた司馬さんの登場ですが、司馬さんの書いた「胡蝶の夢」という小説に語学の天才である司馬凌海という人物が登場します。松本良順と関寛斎が主人公ですが、司馬凌海は筆頭脇役という人物です。Wikipediaを拝借するに、「司馬凌海(しば りょうかい、天保10年2月28日(1839年4月11日) - 明治12年(1879年)3月11日)は、医学者・語学者。愛知医学校校長。佐渡島真野町新町(現:新潟県佐渡市真野新町)生まれ。諱は盈之(みつゆき)、凌海は通称。幼名、島倉伊之助。 語学の天才と言われ、独・英・蘭・仏・露・中の6か国語に通じていた。」とあります。さらにWikipediaのエピソードには、「^絣惺算代に指定した教科書を買い占め、原価より高く売り利益を得ていた。その金で放蕩していたので、謹慎処分になる。医学校に教師として来たドイツ人医師レオポルト・ミュルレルとテオドール・ホフマンと話したとき、あまりに上手に話すので「あなたはドイツに何年いましたか」などと聞かれた。しかし、実際には日本から出たことはない。0絣惺擦乏姐颪龍技佞鮓討鵑世、凌海以外に通訳できる者がいなかった。したがって酒好きの凌海が二日酔いで休むと自然と休講になった。つ面するときに、日本語にない単語はその場で即座に造語した。漢文に精通していたため、的確な訳語だったといわれている。蛋白質(Eiweiss)、窒素(Stickstoff)、十二指腸(Zwölffingerdarm)などがそうであるといわれている。」・・・・・まさに語学の天才だったのです。山下清同様、アスペルガー症候群かサヴァン症候群だったとの説もありますが。つづく。2月7日。

●もうそろそろ飽きてきましたのでまとめなくてはなりません。いつもの司馬遼太郎に頼るしかありません。「むろん朝鮮半島からも、稲はもたらされた。やがて九州北部で、稲作がひろがるころにできあがってゆくのが、日本語である。紀元前三世紀ごろだろう。構文は朝鮮語に似、発音はポリネシア語に似、『目(め)』『魚(な)』といった単音節の多い点では、古代越人たちのことばに似ている。」(司馬遼太郎「街道をゆく」38・「オホーツク街道」・朝日文庫・p14)・・・・・・と国民作家の司馬さんが書いているのですから、これを信用するしかないでしょう。つづく。2月7日。

●唐突ながらここで登場するのが、1784年に博多湾の志賀島で発見された金印です。金印は、後漢書によると、57年光武帝が倭奴国の使節に印綬を与えたとあります。これは朝貢のため大陸に渡った日本人が少なくとも漢字を理解できたということでしょうか。ついでながら「魏志倭人伝」にも卑弥呼に「親魏倭王」の金印を与えたことが記されているそうな。サルから進化した新人の定義というか基本的な特徴はを使い、道具を用い、言葉を話すことだ・・・・・・と中学校で習いました。人類の進化を復習してみますか。猿人(アウストラロピテクス・400〜300万年前・二足歩行ができるようになって手が空き、脳が大きくなる→400〜500ml)→原人(北京原人・ジャワ原人・身長160〜180cm・火の使用・脳の容積900〜1100ml・180万年前)→旧人(ネアンデルタール人・50〜30万年前・脳容積は現代人より大きく1300〜1600ml)→い修靴新人(=現生人類・クロマニョン人・上洞人・20万年前)・・・・・・ということです。では焦点の言語の誕生はいつごろなのか・・・・・・さっぱりです。つづく。2月7日。

●素人が机上のみで調べた独りよがりの日本語の形成過程(歴史)であります。中国語とともに漢字が大陸から伝搬されたのが仏教公伝(539年)以前でありますが、万葉仮名の存在が確認されているのが471年の製作とされる稲荷山古墳の金錯銘鉄剣であります。それこそ時代錯誤の68年であります。肝要なるは、当時の日本語の会話や文章を文字として表現するために漢字を利用したことです。そして、奈良時代(710〜784)に入って平仮名が誕生し、平安遷都(794)のころに片仮名が登場したのであります。710年が古事記(変体漢文)が、712年が日本書紀(正統的漢文)の書物(歴史書)が書かれました。1001年の完成とされる清少納言による枕草子や紫式部の源氏物語(1001年〜1005年起筆)は、いわゆる古文と言われる漢字と平仮名を使った現代文に近い表現となったのです。それがなぜか今昔物語(1120年以後)や徒然草(1330〜1331年頃)、平家物語(1309年以前)などでは和漢混交の文体となっています。つづく。2月6日。

●そこで登場するのが片仮名平仮名です。平たく言えば、これらは漢字を日本語に読み替えることでしょうか。日本語の意味に合わせて訓読するということです。平仮名のもとになったのは、奈良時代を中心に使われていた借字(しゃくじ)=万葉仮名だそうな。「平安京に都が遷されて以降、借字として使用されていた漢字の草体化が進み、ついにもととなる漢字の草書体から独立したものが平仮名となり、文章を記す書記体系として確立した。」(Wikipediaを拝借)。一方の片仮名の起源は、9世紀初めの奈良の古宗派の学僧たちの間で漢文を和読(訓読=漢字を、その字の意味に基づいて訳した日本語で読むこと)するために、訓点として借字(万葉仮名)の一部の字画を省略し付記したものとのこと。漢字の一部を使いその文字の代わりとして用いることは7世紀中頃から見られるとのこと。(Wikipediaを参考)。つづく。2月3日。

●思考回路を変更してみましょう。たとえば酒宴で演歌でもなければ白けた座興であるように、音楽は普遍の存在であります。音楽に必ずしも歌詞(詞章)が必要不可欠でないのは自明のことでしょうが、多くのジャンルでは存在した方が理解し易いのも明白です。歌舞伎や能楽も然りであり、音楽(囃子)と舞踊に「語り」が合体した芸能であります。そこで日本語とは、いつぞや誕生したかという大問題です。その前に漢字の起源はどうなのか。現存する最古の漢字は、殷墟から発掘される甲骨などに刻まれた甲骨文字でそうな。年代は紀元前1300年頃と言いますから、今から3300年前のことです。中国発祥のその漢字が日本に伝わったのはいつ頃なのか。それは、漢委奴国王印や古墳時代の稲荷台1号墳に埋蔵されていた鉄剣の銘文記載が、日本における初期の漢字事例だそうな。稲荷台1号墳の鉄剣紀元5世紀の前半と考えられているそうで、漢字の日本伝来はそれより前ということになります。事実(かどうか)、弥生時代後期から古墳時代にかけての刻書土器・墨書土器には、「」や「」のような模様があるそうな。弥生時代は紀元前5世紀から紀元後3世紀中頃の約800年間です。その後の6世紀末頃までが古墳時代であります。漢字伝来は、一説には仏教伝来(仏教公伝=538年)と同時期といいます。つづく。2月3日。



固定リンク | 2019年02月03日【592】

今週の親仁ギャグ・2019年1月27日(日)〜2月2日(土)

●日本最古の伝統芸能は猿楽であります。奈良時代に大陸より伝わった散楽を基礎にして平安時代に成立し、鎌倉時代にはこれを生業とする者が現れ、室町時代になると、田楽曲舞(くせまい)などの要素も取り入れ、能役者・能作者である彼の観阿弥(1333〜1384・南北朝時代)・世阿弥(1363頃〜1443頃)親子によって集大成されたと云うことでしょうか。繰り返しますが、猿楽狂言ともども能楽と呼ばれ始めたのは明治時代に入ってからであります。そして織田信長出現前の1531年頃に、琵琶法師平曲の流れで浄瑠璃が発生し、1600年前後阿国という出雲大社巫女によって歌舞伎が誕生したと云う・・・・・・のが大まかな歴史でしょうやら。つづく。2月2日。

●かなり全容が見えてきました。歌舞伎の舞台と云うのは、歌舞伎役者に、語りをする太夫、そして囃子三味線・・・・・・これらは常時ステージ(回り舞台)上に存在します。時々登場し幕のすぐ傍に鎮座して拍子木(=き=合図としてたたく拍子木)を鳴らす(叩く)人物。それから花道の奥(観客席)から聞こえる「大向う」。さらには客席側からは見ることができない小鼓、大鼓、太鼓、笛の四拍子の裏方さん・・・・・・と云った具合でしょうか。要は、語り(太夫)三味線浄瑠璃の形態であり、四拍子の舞台形式をそのまま利用しているようです。歌舞伎の誕生は慶長(1956〜1615)の頃、出雲大社の巫女であった阿国(おくに)という女性によります。歌舞伎の役者は歌舞伎者といわれるようにド派手な衣装や化粧が売りで、かつ役者は女形ですが、当初は女性も演じていたということになりますか。つづく。2月2日

●役者がそろいかけたところですが、琵琶法師なる人々が浄瑠璃の誕生に深く関わっているのが分かりました。もともと平安時代から巷間で琵琶を弾ずる盲僧がいたそうで、鎌倉時代に入って平家物語琵琶に合わせて語り始めたのだそうな。それが大成され「平曲」というジャンルになったそうな。この平曲浄瑠璃の誕生に関与したのであろうことに疑う余地はないでしょう(?)。平曲の起源は12世紀末が定説だそうな。ついでながら、琵琶法師の起源はどうなっているのでしょう。仁明天皇(第54代・810〜850・在位833〜850)の親王である人康(さねやす)という者が若くして失明し出家して山科(現在京都市山科区)に隠遁したそうで、その時に人康親王が盲人を集め、琵琶や管絃、詩歌を教えたことに始まるそうな。このことが検校と呼ばれる盲官の誕生らしい。そうです、琵琶法師で有名なのが下関の赤間神宮の耳なし法師ですな。つづく。1月31日。

●まだまだありますぞ。浄瑠璃なるものです。その起源は戦国時代、御伽草子の一種「浄瑠璃十二段草子」の作者で、かつ織田信長の侍女であった小野阿通という者、大病静養の信長のために三味線を用いて語ったという説があったそうな。能(戦国時代は猿楽)や幸若舞をこよなく愛した信長だからこそ、この説は受けが良かったのだろう。そうです、人生五十年・・・・・・の「敦盛」であります。がしかし、享禄4年(1531年)の「宗長日記」には、少なくともそれ以前から浄瑠璃(十二段草紙)が存在していた・・・・・との記述があり、いかに信長(1534〜1582)であってもわずか2歳で浄瑠璃なるものを理解できるわけもないので、戦国は戦国(応仁の乱〜信長の天下統一に乗り出すまで)でも信長の生まれる前が浄瑠璃の起源(1531年以前)ということだそうな。当初は琵琶で伴奏していたそうですが、江戸時代に入るか入らないかの頃、検校(けんぎょう・琵琶を奏でる盲人の最上級の官名)によって琵琶が三味線に代わったのだそうな。つづく。1月30日。

●まだまだ古参があるのですね。世界最古のオーケストラと言われ、2007年にユネスコの無形文化遺産に登録された雅楽であります。むろん国の重要無形文化財です。その源は中国、朝鮮半島を経て伝わった唐の宴会で演奏されていた燕楽という音楽だそうな。唐楽などとは無関係で、燕楽なるものが既存の日本音楽と融合し、日本で開花した芸能と云うことです。雅楽の誕生・成立は大宝(701〜704)元年の大宝令(雅楽寮の創設)時が創始とされています。雅楽と聞くだけで荘厳なれど眠気が誘われそうな音ですが。雅楽を奏でる楽器とは・・・・・・一般的に三管、三鼓、両絃(二絃)の8種類だそうな。 <(鳳笙)、≫補(ひちりき)、N凝(横笛、おうてき)または高麗笛(こまぶえ)または神楽または中管、こ畋生櫃泙燭和臑生(鼉太鼓、だだいこ)、ゾ犖櫃泙燭和臂犖檗↓羯鼓(鞨鼓)または三ノ鼓、С敞琶、┳昶靴泙燭蕨其(倭琴)。その中で大太鼓、和琴は大陸の影響のないか少ない、日本独自の楽器だそうな。和太鼓は縄文時代、情報の伝達手段として既に使用されていたというから・・・・・・驚き桃の木山椒の木だ。和琴(わごん)の起源も神代紀の「天沼琴」(あめのぬごと)と云う。つづく。1月30日。

●日本の伝統芸能の最古参は何なのか。門外漢の私の調査では限界がありますが、教わる人もいないのでネット情報を纏めてみますか。どうも猿楽狂言が歴史的に最も古いらしく、平安時代に遡るようです。7世紀ころに中国より伝わった伎楽や奈良時代に伝わった散楽に端緒があるとのことです。猿楽は滑稽な物まねや言葉芸が中心で、狂言は猿楽の笑いの要素を洗練した芸能と云うのだそうな。猿楽の当初は相撲観覧時や内侍所御神楽の夜などの限られたものあったが、鎌倉時代になって演劇化し、狂言に発展したと云うことです。猿楽狂言能楽と総称されるようになったのは明治に入ってからだそうな。と言うことは、単にと言えば猿楽となるのでしょうか。つづく。1月28日。

●今日(27日)のEテレの夜9時から2時間、「古典芸能への招待」という番組で「卒都婆小町」という演目の「」を放送していたので少し垣間見た。日本人の私はあまりにも古典というか日本本来の伝統芸能に疎い。このままでこの世を去ってよいものかと・・・・・・云う思いで歌舞伎座を観劇したのである。歌舞伎と言えば、中村吉右衛門か市川海老蔵ほか数人の役者しか名前と顔が一致しないし、能なんてもってのほかで(二世)野村萬斎を知るのみである。加えれば能はシテ役が面を被る・・・・・・というくらいの知識しかない。「百聞は一見に如かず」・・・・・・とはよく言ったもので、今回の歌舞伎座訪問ではその仕掛け(舞台)の全体像を理解し得たので、今日のEテレを視てもその仕組みが飲み込めたような気(?)になった・・・・・・のです。つづき。1月27日。


固定リンク | 2019年01月27日【597】

今週の親仁ギャグ・2019年1月20日(日)〜1月26日(土)

●今月の旅は、江戸でした。冬の東京よりも以北の旅は雪やら吹雪やら何が降ってくるかわからないので、雪に慣れない南国人は危きに近づかないことが賢明でしょう・・・・・・と云うことで、”迷ったら定番”の”江戸”にしました。それも1泊2日のショートなので、ゆたりと歌舞伎観劇のみとしました。それもたったの一幕だけですが(呵呵)。私は池波正太郎ファンですので「鬼平犯科帳」も見ます。そうです、もっとも当たり役の中村吉右衛門が演ずる「鬼平」です。それがちょうどこの1月の演目が中村吉右衛門の「絵本太功記」だったのです。むろん私の歌舞伎座は初めてですので既知の演目なんて皆無ですが。(近松門左衛門の「曾根崎心中」は歌舞伎でなく浄瑠璃だそうな)。来年のNHK大河ドラマ明智光秀が主人公の「麒麟がくる」だそうな。それを意識してかどうか、よいタイミングでした。つづく。1月25日。


固定リンク | 2019年01月20日【594】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [187]

- 管理用 -

最近のギャグ

月別ギャグ