院長コラム

最近の記事

100獣医師100術式の避妊手術

  十人十色とはよく耳にする言葉である。広辞苑によると「人の好む所・思う所・なりふりなどが一人一人みんなちがうこと。」とある。犬、猫の避妊・去勢は日常茶飯事と言っていい位に多い手術であるが、術式は100人100色である。

  避妊手術は獣医師なら誰にでも出来ると思われがちだが、そうは問屋が卸さない。研究室が臨床(外科)系の卒業仕立ての獣医師では、器用な側に属しても2〜3時間は優にかかる。途中で院長や先輩の助けを請う場合も多い。まずはネコの避妊手術から入って、イヌの手術が一応出来るような腕前になるには少なくとも100例は経験する必要があろう。

  避妊、特にイヌの避妊手術は一般の人が思っているよりも数段難易度の高い手術である。子宮・卵巣の臓器が体の奥深くに位置するため、手術操作に難渋する。避妊手術が全ての手術の基本とされる所以である。いわんや(況んや)避妊手術時の麻酔管理も、ハイリスク患畜の麻酔管理の基礎であることを胆に(肝に)銘じて日頃の避妊手術に向かわないとならない。

  術式はまさに(正に)100獣医師100術式で、病院によって”多少の違いから随分と違う”までさまざまである。大学でもその系列によって東大式とか北大式とか、以前は良く言われたものだ。 十数年前のことになるが、国内のある獣医学会に招聘されて講演した米国の有名な外科専門医に、ある日本の獣医大学の有名な教授が質問した内容を今でも記憶している。「閉腹する時、腹直筋の筋膜だけ取って縫合するだけで術後のトラブルはないのか?。」というものであった。専門の洋書にも確かにそう記載してある。

  イヌ、ネコの避妊手術は卵巣と子宮をどちらも全摘出するのが基本である。子宮のみ取るだけでは発情は残り、卵巣のみの摘出では特にイヌで好発の子宮内膜炎や子宮蓄膿症に罹患するリスクを負うことになる。昔、ヒトで実施していたような卵管結紮は行わない。

  以下に当院での手術方法を紹介する。
  1. 15時間以上の絶食、5時間以上の絶水。
  2. 手術前の血液検査。
  3. 点滴のための血管確保。
  4. 吸入ガスによる全身麻酔(気管内チューブの挿入)。
5. 機械による人工呼吸の開始。
6. 血圧の測定・心電図のモニター開始。
  7. 術野の剃毛・消毒。
  8. 手の消毒(約10分)・滅菌術着と滅菌グローブの着装。
9. 術野のドレーピング。
  10. 皮膚の切開→白線(正中線)の切開→子宮広間膜の
    分離→卵巣の分離→子宮体の分離→閉腹(腹膜、
腹直筋と筋膜を一緒に連続して縫合)→皮下織の縫合→
    皮膚の縫合。
  11. 術創をガーゼ等で覆う。
  12. 麻酔の覚醒。
  13. 術創を舐めないようにエリザベスカラーや口輪の装着。
  14. 1泊して退院。
  15. 術後4〜5日目に術野の消毒→術後10日目に抜糸。

  前出の閉腹時の問題については、術後動物が暴れて腹圧が異常に上昇し、最悪の事態(術創の離開や腹壁ヘルニアの発生)とならぬように腹膜・腹直筋・筋膜を全てまとめて縫合している。  

  たばる動物病院における避妊手術時のその他の留意点としては、…或任覆表兪阿凌搬慮〆此一般血液検査と肝臓・腎臓などの生化学検査の実施。⊇脈や血圧低下など生体の急変時に備えてどんな症例においても必ず静脈内点滴の実施。7谿気篆甘顛泙離皀縫拭軸道襦そ冖遒旅めの剃毛と完全な消毒。ヅり前だが、完全に滅菌された手術用グローブと術着の使用、滅菌された器具・器械の使用。λス膸紊枠乕罎忙藩僂垢襯淵ぅ蹈鷸絨奮阿蓮⊇儻2ヶ月では完全に吸収される合成糸を使用する(絹糸は異物反応の原因となる場合があるため使用しない)。Ы儻紊禄兪呂らの感染や、動物自身が術創を舐めて抜糸することなどを回避するため、バンデージングやエリザベスカラーを装着する。

  イヌ・ネコの去勢手術の留意点も避妊手術に準ずる。これらの点に注意すれば、翌日からは食欲もあり、散歩などもしたがるが、2〜3日は安静が必要だ。術創が完全に癒合する2週間後の抜糸まではあくまで(飽く迄)無理は禁物である。

  若齢で健康そのものである動物の避妊や去勢手術に失敗が有ってはならない。特に死に至らせるようなことがあってはならない。たかが(高が)避妊、去勢手術だと侮らず、獣医師はもちろん飼い主の認識アップも重要だ。

  

固定リンク | 2007年09月01日【9】

今も生きてる医聖「華岡青洲」

  犬・猫の皮膚病の診断名は400〜500を数える。

  1例目の雑種犬は皮膚の生検を行い、東京の獣医大学を中継して某大学医学部皮膚科の組織診断を仰いだ、いわゆるお墨付き・正真正銘の天疱瘡である。天疱瘡の治療はプレドニゾロンやアザチオプリンのステロイド(免疫抑制剤)に頼らざるを得ない。飼い主さんが「十味敗毒湯」と併用して与えたら調子が良いと言う。本症例は発症して7年、現在13歳で存命中だ。


  次の症例は腹腔内腫瘍の脊髄転移に伴って後躯麻痺が起こり、これがもとでジョク瘡(床擦れ)を呈した8歳のゴールデン。大腿骨大転子辺りの骨膜が露出していた。「消毒を念入りにして反対側にもできないように気をつけるしかありませんね。」と飼い主に告げていたが、あまり時を置かずして、飼い主が完治させて来院。宮崎市内の某薬局で求めた「紫雲膏」という説明書を持参し、「これを塗ったら治っていきました。」と言う。


  日常の診療で飼い主さんと患畜から教わることは少なくない。上記の2例もそうだが、創薬者の名前を見て仰天した。日本有史以来の名医中の名医・華岡青洲であったからだ。


  華岡青洲は1760年11月30日、和歌山県の医者・華岡直道の子息として誕生。日本麻酔科学会のホームページによると、「華岡青洲は1804年10月13日、世界で初めて全身麻酔下に乳癌摘出術に成功した外科医です。この偉業は広く世界で知られたハーバード大学におけるモートンによる全身麻酔の公開実験の約40年前のことです。」とある。

  そのあと、「青洲は、麻酔という概念すらなく”痛み”に耐えることが美徳とされた時代に、実験を重ね朝鮮アサガオを主成分とする”通仙散”を合成し、自分の母親や妻をも実験に使ってこの偉業を成功させたのです。この偉業は1954年シカゴで行われた国際外科学会に発表され、その栄誉館には現在も青洲に関する資料が展示されています。」と続く。


  青洲は診療の傍ら麻酔薬の開発に執念を燃やしていた。創薬のヒントは、3世紀頃中国の名医・華陀が曼茶羅華(朝鮮アサガオ=中枢神経作用の強いスコポラミンを含む)を使用して手術をしたという記録であるとされる。当時も今と同じで麻酔薬があれば多くの患者を救うことができた。青洲の妹の「おかつ」は31歳で乳癌を患い亡くなっている。青洲は鳥や犬、猫を使って実験を繰り返した。三毛猫の「まふつ=麻沸」で成功した後、母親の「於継」と妻の「加恵」は人体実験台となり、「加恵」は失明した。青洲自身も副作用で下肢の神経障害を遺した。そして1804年10月13日、遂に「其の時」を迎えたのである。この間20年の歳月を要した。以降、76歳で没するまでの約30年の間、乳癌手術だけでも153例を数えた。「春林軒」で学んだ門下生は1861名に及んだ。

  「通仙散」は曼茶羅華、草烏頭(ヤマトリカブト)、白止、当帰、川弓、半夏、天南星の6種類の調合より成る。「十味敗毒湯」は紫胡、桜皮、桔梗、川弓、ブクリョウ、独活、防風、甘草、生姜、荊芥の調合薬。「紫雲膏」は当帰、紫根、ゴマ油、蜜蝋、豚油を含む。


  青洲の生誕地、今の和歌山県紀の川市平山近辺では、当時犬が居なくなるほど実験台に供されたという。二百年も前に創薬された薬が、現在の動物の、しかも比較的難治性である疾患の治療に役に立っている事は、無性に感慨深い。医聖に感謝、感動、感服。  


  これを書きながら、萬屋錦之介演ずる叶刀舟の悪人狩り「破れ傘刀舟悪人狩り」の、ある1話中のナレーションを思い出した。日本で最初の帝王切開が行われたのは天保年間(1830〜1844)とあった。刀舟は架空の人物だが、年老いた華岡青洲(1760〜1835=天保6年)が麻酔医で、油の乗った刀舟がメスを持ってコンビを組んでいたら、これは最高にオモシロイし、ウレシイ。

固定リンク | 2007年08月15日【7】

犬の大嫌いな納涼花火大会

  今年も大淀川・宮崎市役所界隈での納涼花火大会が昨日(8月4日)あった。夜間病院(宮崎犬猫総合病院)・院長の宮川先生が後輩の結婚式のため大阪に行かれた。そのため私が8月4・5日の当番である。

  犬は花火と雷が大嫌いである。得体の知れない大きな音を異常に怖がる習性がある。犬によっては恐怖からパニックに陥り、死に至る場合もある。年々悪化することも珍しくない。私の経験ではゴールデン・リトリバーが花火パニック症になり易い。この十年間の記憶では2例が頭に浮かぶ。1例はまだ若いゴールデンで、ケージの中でパニック状態にあるのを飼い主が放置していたところ、2・3時間後には息絶えていたケース。2例目もゴールデンで事務所から外に逃げようとして、戸を壊しかけた際にか、口腔内の損傷で舌全体と喉の奥まで腫れ上がり、食餌の摂取が不可能なため3日間点滴をした症例である。


  昨晩も何か有るような予感がしていたが、案の定、これまたゴールデンが9時過ぎに来院した。散歩中に卒倒したという肝不全の雑種犬を診察中、浴衣をきた細身の美形の女性と正義感を漂わせる青年、その友達の女性の合わせて3人がいかにも緊急を要する形相で来院。県病院前の国道10号線でゴールデンが交通事故に会っているので、運んで診て欲しいとのこと。雑種犬の飼い主さんの御厚意に甘えて病院スタッフと現場に行って運んできてもらった。エコー検査、レントゲン撮影、点滴、血液検査を実施。右後肢飛節(頚骨と距骨)の骨折・脱臼が一番の重症で、その他口腔内と眼球結膜の出血・内出血がみられた。脱臼は整復・ギブス固定して3人づれに一時引き取っていただいた。


  本日5日は朝から飼い主がみつかるか、気がかりであった。そして夜間病院が開いて1時間程した5時ごろ飼い主共々「メグ」が現れた。今朝、北警察署で引き取って来たとのこと。やはり花火を怖がっての逃走であった。飼い主さんに可愛がられているのが良くわかる、利口で性格の良いゴールデンであった。それなりに、栄養が行き届いている。ギブスが外れる2〜3週間は「一夜の恐怖と孤独」に変わって、ダイエットとの闘いだ。4・5キロは痩せてもらわないと、関節に負担が掛かる。ダイエットの成功と全快を祈ろう。


  病院を開業してからの13年間はその多忙からか?、花火は見ていない。と言うより、極冷え(雪冷え)の生ビールの方に気が誘われてと言った方が正解であろう・・・自然と西橘・東橘に足が向く。


  今年は病院の2階からでも花火が見物できる・・・と思っていたが、診察の合間病院の外に出て音のする南の方角を見ると、アナ嬉しき哉、花火が目前に見れるじゃないか!。それでも急患を診察中の我が身、イト悲しき哉、数秒しか見れなかった。来年は病院の2階を暗くして、ビールを片手に、優雅な花火見物といきたいものだ。


  「メグ」は1週間後に再診だ。今日は写真を撮り忘れたので次回に撮って、ここに載せますので、乞う御期待下さい。今回のような好意・厚意・行為が溢れる巷(宮崎)であって欲しいものだ。美しい宮崎人(先日亡くなった、両親が川南町出身の作詞家・阿久悠の言)の方々に感動した一夜であった。


  花火と雷を怖がる犬には飼い主がそばに居てあげましょう。車で遠くに避難することも勧めます。動物病院で鎮静剤を処方して貰うのもいいでしょう。

固定リンク | 2007年08月05日【6】

[1]    «    68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74    »    [74]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事