院長コラム

最近の記事

「水の味も身にしむ秋となり」・「山頭火」の秋の旬

  この句は漂白の自由律俳人・種田山頭火(1882-1940)が昭和5年(1930年)に宮崎を行脚(托鉢)中、飫肥で詠んだ句である。

  山頭火は山口県佐波郡西佐波令村(現・防府市八王子)の造り酒屋(種田酒造場)の倅(せがれ)として生まれた。小生の相方は防府市の出身であり、小生も新婚時代の3年間を防府市で過ごしたから、「山頭火」には多少の興味がある。

  山頭火は日向市東郷町出身の若山牧水(1885-1928)に似て「旅」と「酒」をこよなく愛した俳人として知られている。山頭火は言わずと知れた大酒のみであったが、酒に纏(まつ)わる句は少なく、水に関する句が多い。 

  山頭火は本当に「酒」と「旅」を好んだのだろうか。山頭火の「其中(ごちゅう)日記」(昭和8年2月18日)に「最初の不幸は母の自殺。第二の不幸は酒癖。第四の不幸は結婚、そして父となった事」とある。不幸の連続で現実からの逃避する術(すべ)として、酒と旅を選択せざるを得なかったのか。

  山頭火も若山牧水も実家はそれぞれ酒屋と医者で裕福であった。持って生まれた才能は天才級であったかもしれないが、私生活はハチャメチャで、現在なら2人とも生き抜くことは困難かもしれない。この2人は坊ちゃまで放蕩息子に他ならなかった。特に山頭火は多くの知人、他人に無心の限りを果たし、多大の迷惑を掛けて逝ってしまった。

  「稔りの秋」、「天高く馬肥ゆる秋」、「食欲の秋」、「芸術の秋」、「読書の秋」、「紅葉の秋」・・・・・など秋に纏わる言葉は多い。作物も稔り、気候も良いことから、何を喰っても、何をしても清々しく気持ちの良い季節だ。

  小生はこの時節、専ら、旨くて安いものはないかと、アンテナを張り巡らす毎日だ。時間があると夜な夜なスーパーや、休みの日は綾町の「ほんもの館」などに通う。

  夜は行き付けの居酒屋で情報を入手し、その場に運良く旬のものがあれば、大将と協議の上料理してもらい喰らう。無ければ仕入れが出来た時に連絡をもらうことにしている。

  これからの2〜3か月、美味くて安いものは何だろう。

山太郎蟹はモクズ(藻屑)蟹の一種で山から海に下る途中の川で捕獲される。上海ガ二(中国モクズガ二)とは同属異種の関係にある。塩茹でか味噌煮で食すが、甲羅と大きめの脚以外は残らずイケル。蟹みそ(肝臓と膵臓)と雌の卵は特に絶品だ。
  
  甲羅以外の全部を擂(す)り鉢で擂りつぶして細かに砕き、布巾で濾し得た濾液(「山太郎エキス」とでも言おう)に味噌を加えて出来るのが「かにまき汁」だ。山太郎エキスが味噌に絡まれて巻かれるからこの名が付けられたのだろう。不思議なことに汁は澄ましで、フワリとした「かにまき」の食感と、鼻を擽(くすぐ)る仄(ほの)かな蟹みその香がタマラナイ。1杯(匹)何十円の素材と誰が想像できようか。料理人冥利に尽きるだろう。シテヤッタリの料理に違いない。

  むかごの塩茹でも美味い。粘々(ねばねば)成分のムチンの歯応えが、血液をサラサラにさせてくれそうでウレシイ。皮も一緒に頂かないと損をした気分だ。食い物は動物、植物を問わず皮と実の間に旨みが宿されているから摩訶(まか)不思議だ。

  天然の自然薯で作った「とろろ汁」も見逃せない。単に擂(す)って食うのではなく、擂った自然薯に出汁(だし)を少量づつチョロリチョロリと入れながら、擂り粉木(こぎ)で擂り混ぜる。小1時間はこの仕事をしないと本当に旨い「とろろ汁」には在り付けない。

  小生は小・中学生の頃、23年程前に他界した祖母にこの「とろろ汁」作りを手伝わされた。擂り鉢が倒(こ)けないように両手で擂り鉢の縁を持たされた。田舎では自然薯のことを「山芋」と言うが、休みには里山の急斜面で時に掘らされた。

  径が50cmもある擂り鉢が、正月や盆になると、「擂り鉢回(めぐ)し」という、賭けゲームの道具と化した。小銭(10円玉)を擂り鉢の内面に沿って螺旋状に転がし底にある小銭に重なったら、重なった分だけ自分の取り分になる。祖母は小柄の割に焼酎が強く、三味線と歌が上手で、賭け事も好きな、ちょっと小粋で「がばい」婆ーちゃんであった。

  銀杏も欠かせない食材だ。殻付きのまま炒(い)って塩を塗(まぶ)すか、殻を割り少量の塩を付けて頂く。実(み)に少し皮が残るとこれが咽喉(のど)を刺激して咽喉痒(がゆ)くタマラナイ。天ぷら油で軽く素揚げても、ムッチリかつホックリとしていて歯に絡むのが良い。

  土瓶蒸しはキッチリの翠(みどり)の銀杏が入ってないといけない。松茸は国産など望まない。薫り高く十二分にシコリ感のあるカナダ産で結構、コケコッコーと嬉しい。今年から日本の松茸に遺伝子が99%同じ北欧産の輸入物が出現したとのことだが、小生の胃袋まではまだ距離がある。その他土瓶蒸しのタネとしては、できれば鱧、サイマキ(5cmくらいの車海老)、それに三つ葉があれば至極に申し分ない。

  芋(さといも)の子も美味い。皮付きで小指〜親指の頭くらいの大きさの「芋の子」を蒸したものか、塩茹でしたものを頂く。皮は先の方を手で半分位剥(む)いて、塩か醤油をチョビリと付け、口唇へと運ぶ。残りの皮の部分を口唇で噛むと、上手い具合に中身だけゲット(Get)できる。これも銀杏と同じで少しの皮やヒゲが残っているとニガミ(苦味)とエグミ(えがらっぽい)が味わえて、焼酎がすすむ。小芋に限らず、芽赤芋の味噌汁に焼いた青唐辛子(鷹の爪)、刺身のあしらい(つま=妻=夫)や味噌汁の具としての芋茎(ずいき)、おでんネタの芋も良い。

  若い大根葉の漬物に新生姜の針ショウガを塗(まぶ)し、カボスを多めに絞って飯を喰らう。冷飯の茶漬けの「とも=友=共」にも最高だ。

  最近、「焼・佐土原秋茄子」を好んで頂く。繊維がはっきりとしていて形が崩れず、都会的な上品な旨みが、従来品を凌ぐ。嫁さんに食わせて、点数を稼ぐべし。脳ミソや身体も冷えて好かろう。


  思い付きのまま、小生の好物を並べてみた。

  山頭火は宮崎が気に入っていたのだろうか。単に山口から遠く離れていたからだろうか。「分けいっても分けいっても青い山」は山頭火が当時熊本(1916年、妻子と共に移住)から高千穂を訪れた時(1926=大正15年6月)の句だ。山頭火の代表句が宮崎で詠まれたのが嬉しい。

  山頭火が宿の評価やその土地の水の味を点数で記録していたことは有名な話だ。その山頭火が「水の味も身にしむ秋となり」の句を宮崎で詠んでくれたことに感謝・感激である。

  水も秋が旬だ。料理も使う水が重要である。酒も焼酎も、米作も全て水で決まる。田舎に帰って食う漬物と自家産米の飯は頗(すこぶ)る旨い。田舎の物を宮崎に持ち帰って宮崎の水で調理しても、その味はしない。

  「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり」は牧水の句だ。酒を「お茶」と称した牧水も、酒に旬を慮(おもんぱか)ったのか。

  放蕩息子も本当は酒に飲まれてはいなかったのだ。

固定リンク | 2007年09月25日【15】

江戸にみる「美しい日本」・その2 (江戸の人口事情)

  日本の人口の推移を推定した資料によると、縄文期は10〜30万人で推移、稲作伝来とともに約100万人が渡来した弥生時代(紀元前4もしくは8世紀)には100〜300万人、大宝律令施行(701)の8世紀には450万、9世紀には550万、10世紀には650万、鎌倉幕府が樹立(1185)された頃には700万人弱、関ヶ原の戦い(1600)の頃が1200万強、享保の改革(八代将軍吉宗の時代)の頃には3000万人を超えた。明治維新(明治元年1868前後)では3300万人、その後急増して太平洋戦争開戦時(1941年)には8390万人となった。「生めよ、増やせよ」、「一億玉砕」の言葉はこの時代のものだ。2006年には1億2693万人でピークになり、今後は減少の一途で100〜150年後には5000万人を切ると予想されている。人口を維持しようと考えるならば、危機的状況である。

  江戸の人口はどうであったか?。

  江戸はその昔、東(あずま=京都からみた関東一帯、あるいは鎌倉・鎌倉幕府・江戸をいう称)の国と呼ばれ、東武士は荒々しくて恐れられていたという。新撰組の近藤勇(1834-1868)や土方歳三(1835-1869)(どちらも武蔵の人)はその血を引く。

  江戸に遷都した後の1640年頃には京都に追いつき、1695年には85万人で日本一となった。18世紀(1700年)になると100万人を超え、1837年にはロンドン、パリを追い抜き128万人で世界一となった。居住地は現在の東京(1868年に改称)都より狭いが、人口密度は現在の約3倍であったという。八百八町、延いては7000町として栄えた。

  江戸の人口は、江戸城や大火後の普請で、大工などの労働力が不足した為、田舎から人々が上京(流入)して増加した。江戸や京都、大阪などの人口密集地の出生率は晩婚などの理由で田舎に比べて低く、反対に疫病(伝染病)が流行ると急速に伝播するため江戸の死亡率は高かった。そのため、長男以外の余剰の「田舎人」は奉公人と称され、都へ流れた。江戸の人口増加は、現在東京の人口が増えているのと同様に、「田舎人」の貢献によった。当時、実質は「口減らし」で有ったのかもしれないが、江戸が発展したのは「田舎人」のお陰であったことは、紛れも無い事実である。

  現在の日本と似かよった現象が見られたことになる。小学・中学・高校、場合によっては大学まで、税金を使って大切に養育した地方の若者が、次々に東京へと流れる。東京をはじめ大都会の労働力となり、それが消費を拡大させ、いわゆる「東京のひとり勝ち」の事態を生んでいる。

  「ふるさと納税」論議も良いが、国(国会議員と官僚)や都知事は、地方に対して優しい言葉はもとより、「感謝の念」を表して貰いたい。至極当然ながら「労働力提供税」なるもので、地方に還元して貰いたい。労働力なくして、経済など有り得ないし、語れない。「良いとこ取(ど)り」の大都会は許せない。

  東国原英夫氏は東京生活が30年を超えて、県知事に就任した。小生は以前より、地方の知事や市町村の首長は地元の生抜きでは問題があると思っていた。都会人が地方に何を欲しているか、直感的に見抜けないし、読めないからだ。奇策妙案(奇抜なアイデアや名案)を講じることなど先ず不可能だ。
  
  江戸時代に限らず、都会で諸々のノウハウ(know-how)を習得した「地方人」は、頃合を見てU-ターンし、地方をもりたて活気づけた。昭和の故・岩切章太郎氏もその一人であろう。

  県庁などの行政機関は、都会や国外で生活、活躍している宮崎県出身者に眼を光らせ、中途採用枠を設けるなど、人的財産の確保に吝(やぶさ)かであってはならない。

  意味は多少異なるが、「蝶よ花よ・・・・・」と育てられた「田舎」の若者が、都会で沢山の蜜を吸い、肥しを貰って大輪を咲かせ、脂の乗った時に帰県することを切に願う一人である。    

  つづく  

固定リンク | 2007年09月17日【13】

九州の最後の巨匠「高山辰雄」画伯逝く。

  昨日9月14日、九州出身で画界の巨匠の一人が、また逝った。日本画壇の重鎮・高山辰雄(1912-2007)である。

  九州は画家の宝庫であった。黒田清輝(1866-1924、「舞妓」=重文、東京国立博物館蔵)は鹿児島出身の洋画家で、法学研究のため渡仏(9年間)するが、印象派(外光派的技法)のコラン(1850-1916)に影響を受け、画家に転身した。黒田清輝と、裸婦がモティーフ(motif)の岡田三郎助(1869-1939、佐賀市、「水浴の前」=ブリヂストン美術館蔵)、東京美術学校校長の和田英作(1874-1959、鹿児島、「渡頭の夕暮」=東京芸術大学大学美術館蔵)の3人を称して「九州の三田(さんでん)」という。

  他に洋画では「黒扇」(重文、ブリヂストン美術館蔵)の藤島武二(1867-1943、鹿児島)、海老原喜之助(1904-1970、鹿児島)、児島善三郎(1893-1962、福岡)、古賀春江(1895-1933、久留米)、東郷青児(1897-1978、鹿児島)、田崎広助(1898-1984、福岡)、牛島憲之(1900-1997、熊本)、鴨居玲(1928-1985、長崎)など、有名どころがずらりだ。

  それに日本洋画界の最高峰はなんと言っても久留米出身の青木繁と坂本繁二郎である。2人は同級生で親交が深かった。天才・青木繁(1882-1911、「わだつみのいろこの宮」と「海の幸」=重文=ブリヂストン美術館蔵)は、世間にその才能を認められることなく夭折した。対照的に晩成の繁二郎(1882-1969、「放牧三馬」=同蔵)は長命で名声を得た。

  繁二郎が久留米の小学校で図画教師をしていた頃の教え子の一人が、(株)ブリヂストンタイヤの創業者・故石橋正二郎(1889-1976)であり、繁二郎は地下足袋からタイヤで財を成した正二郎に大天才・青木の絵画収集の工夫をもちかけた。繁二郎はデッサン力や創造性など青木の秀でた能力を最もよく知る人物の一人であった。久留米市と東京駅前のブリヂストン美術館には青木をはじめ錚々(そうそう)たる画家、巨匠の収蔵がある。当然の成り行きか、九州出身の洋画家の作品が多い。正二郎は竹橋の東京国立近代美術館を建造し寄贈した。

  高山辰雄は大分市出身の日本画家である。東山魁夷(1908-1999)、杉山寧(1909-1993、三島由紀夫の義父)と並んで「日展の三山(さんざん)」と称された。最後の「一山」が逝ったことになる。加山又造(1927-2004)、平山郁夫(1930-)を加えた「現代日本画の五山」も健在は平山画伯1人である。「五山」とも文化勲章の受章画家であり、それぞれに個性溢れる画風を産み出した。

  「五山」とも風景画や静物画、人物画など、そのモティーフは多彩だが、魁夷は湖や閑林の「馬」が佳く、杉山と加山の「猫」は筆舌に尽し難く、平山の「駱駝」はワールドワイドに有名だ。辰雄は幽玄の境地の「犬」がなんとも好い。動物をモティーフにしたものはどれも人気だ。

  乳白色の肌の「裸婦」と「猫」で有名な、世界で最も良く知られた日本人画家(芸術家)のレオナルド・藤田(1886-1968、仏に帰化)も、御多分に洩れず、ルーブル美術館で「モナ-リザ」を模写した。「このモナ-リザは贋作である。」と言ったという。理由を聞くと「ダ・ヴィンチが俺より下手である筈が無い。」と応えたというから、凄い。

  陶芸家・北大路魯山人(1883-1959)に師匠は居なかった。先人の「名品」を数多く収集し、眺めては愛(め)で・語らい、「名品」を師匠とし、独自の作風を創造した。

  我が宮崎県は画家をはじめ芸術家の輩出が少ない。洋画では佐土原藩の藩士の子息で婦人画の中沢弘光(1874-1964)、日本前衛美術の先駆者で名高い瑛九(1911-1960、本名=杉田秀夫)、藤田の下で戦争画収集に奔走した山田新一(1899-1991、西欧の婦人像や風景)、日本画では山内多門(1878-1932、橋本雅邦・川合玉堂に師事、帝展の審査員、「山村秋色」)、美人画の益田玉城(1881-1955)がいる。

  宮崎県立美術館は、美術を愛する子供や美術に対する潜在能力の高い子供たちについて、美術館を開放するばかりか、所蔵品に関しては模写を許すくらいの度量が要求されよう。子供の時期に最高のものに触れなければ、世界に通用する感性は育たない。

  高山辰雄は幼少の頃から豊後竹田生まれの文人画家・田能村竹田(1777-1835)の書画に親しんで育った。文化勲章受章の日本画家・福田平八郎(1892-1974)も大分市生まれだ。どことなく二人の画風は似ているようにも思える。
  
  「人間とは何か?」を問い続けた巨匠は、終(つい)には答えを見出したのだろうか。その作品は、森羅万象が荘厳であり、人間に限らず全ての生命の深遠なることを表現、教示してくれた。

  偉大な”求道者”に合掌。

 

固定リンク | 2007年09月15日【14】

[1]    «    67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73    »    [74]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事