院長コラム

最近の記事

今週のつぶやき親仁・2021年1月24日(日)〜1月30日(土)

●「旧暦と新暦◆Ρ芝に閏月に閏秒に隠遁生活
▲新暦の閏年と旧暦の閏月の違いはどこにあるのでしょうか?
▲ 旧暦の月の満ち欠け(平均朔望月=約29.530 589日)による12か月は約354.3671日となります。新暦の1年である約365.2422日と比べ約11日ほど短いので、この旧暦をこのまま使い続けると暦と実際の季節が大幅にずれてしまいます。このずれは3年間(36か月)で約33日となり約1か月分となります。そこで3年に一度、1年を13か月として季節とのギャップをなるべく少なく調整するのです。この挿入された月が「閏月」と呼ばれるのです。
▲同様に新暦の一年も365.0000日ではなく約365.2422日ですから、4年に一度、閏年を設けて1日を足すわけです。実際には毎年2月の28日を、4年に一度、29日とするのです。それでも時間が合わなければ、何年かに一度、ある月に1秒の時間調整を行います。これが「閏秒」と言われるものです。
▲旧暦は月の満ち欠けでその日がその月の何日なのか、暦が無くてもおおよそ知ることができますから、明治や大正生まれの人は月を仰いでそれを知っていたのです。われわれ昭和の人間にとっても困難なことではありません。戦後グァム島のジャングルで長い年月生活(終戦〜1972年まで2の28年間)していた横井庄一伍長(1915〜1997)も月の満ち欠けで年月を計っていたのは有名です。
▲いずれにせよ、暦は人間が考え出したことですから、利用するのも個々の人間です。暦の無い生活をしてみたいものですが、やはり旬な食物を所望するなら季節感は重要です。暦やテレビやスマホの無い隠遁生活を望んでも、この月と太陽と地球の関係性を知っていれば、旨い、快適な生活が送れるのです。
1月27日。

●「旧暦と新暦
▲「親仁ギャグ」で「命日」など旧暦(太陰暦)と新暦(太陽暦・西暦)との食い違いについて書いてみました。両者のどちらが現実の季節、気候に忠実なのか・・・・・・と云う、一見どうでもどっちでもいい事です。旧暦は月の満ち欠けです。実際には0から30の月齢で表され、大雑把ですが、月齢0(=月齢30)は朔月で、月齢15がほぼ満月、月齢7.5が上弦の月、月齢22.5が下弦の月です。三日月は月の第3夜過ぎ頃に出る月です。
▲この月齢の0から30を30等分したのが1日です。月齢は地球とその衛星である月との関係です。決まってこの周期を守っているのですから、月齢を時間の基準としたものです。これを太陰暦の旧暦としたのです。
▲ところが季節や気候は太陽との関連が深いので月を抜きにして考える必要があります。これが太陽暦の新暦です。これは地球が太陽の周りを365日かけて回るのです。
▲しかし旧暦も新暦も人間が都合よく考え出したものなので、どうしても季節や気候の違いが生じます。そこで考えたのが旧暦の場合は閏月であり、新暦では閏年となります。
つづく。1月26日。


固定リンク | 2021年01月24日【232】

今週のつぶやき親仁・2021年1月17日(日)〜1月23日(土)

●「コロナでころり
▲1月19日20時時点での東京都の新型コロナ感染者の陽性者数は87914人で、うち66881人が退院、744人が死亡、軽・中等症で入院中が2786人、重症で入院中が155人、宿泊療養者が843人、自宅療養者が8966人です。そして問題の入院・療養等調整中が7939人に上っています。全国の自宅療養者数(13日午前0時時点)は3万208人です。
▲最近、自宅療養者の死亡が報じられるようになったのですが、入院を希望しても受け入れる医療機関がないそうな。保健所に連絡しても空きがないので待つしかないとの対応らしいぞ。国民皆保険を自慢する我が国においては、にわかに信じがたい内容ですぞ。アビガンも投与されず注射1本も打たれずに死んでしまうのですからね。数日で、あるいは一夜で病態が急変し、家族が朝起きたら息をしていなかったレベルですからね。それに至らせる病態がどのような機序によるものか・・・・・・
▲インフルエンザの場合は二次の細菌性肺炎なのですが、新型コロナはいきなり間質性肺炎を惹き起こします。このためステロイド剤の投与が奏効するのですが、何しろ自宅待機の病人にとっては、まさかパルスオキシメーターを持っている筈もなく、ましてや持っていたとしても肝心の治療を施してもらえる状況ではないのですから、本当に気の毒です。
▲そこで毎日何十年も働いてきて毎年何十万円もの国民健康保険や社会保険を納めてきた人がですよ、この新型コロナに感染してですよ、病院に受け付けてもらえずにですよ、注射1本も打ってもらえずにですよ、誰にも看取られずにですよ、死んでいくんですよ。自分に置き換えてみたら無念の一言ですよね。総理、内閣、厚生省、日本医師会などこの1年間、いったい何を考えていたんでしょうね。
▲宮崎県も例外じゃありません。この1年間でどれほどのコロナ病床を増やしたのでしょうか。旧市郡医師会病院のコロナ専用病床への改装の進捗は如何なものでしょうか? 「笛吹けども踊らず」なのか「馬耳東風」なのか「聞き耳持たず」なのか、自己保身なのか。医の倫理とは何ぞや・・・・・・国民は、県民は、結果で判断しますぞよ!!!
▲私の場合ですよ、国民健康保険の最高額(今現在は年額96万円)を四半世紀納め続けていますから、今までざっと2000万円を超える額になりますぞよ。これは国民健康保険だけの額ですからね、大学教官時代の共済年金、厚生年金は別ですぞ。それでですよ、この国の失政でですよ、入院する病院が見つからずにですよ、注射1本も打ってもらえずにですよ、頓死か横死か知らないけどですよ、ころりとこの世とさらばしたもんなら、そりゃ詐欺も甚だしい、訴訟もんですよね。これが国民の声ですよ、ガースーさん、お分かりか?
1月20日。


固定リンク | 2021年01月17日【230】

今週のつぶやき親仁・2021年1月10日(日)〜1月16日(土)

●「二兎を追う者は一兎をも得ず・その3
▲宮崎市の市長が年始に霧島の温泉ホテルに1泊の家族旅行をしていました。2日の午後から3日の午前にかけてのことです。家族は6人です。ほかにも県議1人と市議1人ともホテル内の温泉や自室で会ったとのことです。市長は「やましい行動とは思わない」との強気のコメントですが、果たして議員2人と温泉に浸かりながら、一献もしなかったのか・・・・・・ふつうに考えればそれこそ怪しい行動でしょう。議員2名ともたまさかに温泉ホテルで遭遇したのでしょうか。
▲2日と言えば市内外で新型コロナ感染者数が増えていた時です。ガースーさんも百合子さんも県知事も帰省や旅行自粛を大々的に、声音を大にして唱えていた真最中の時です。
▲ガースーさんの銀座ステーキ事件以降の「首相動静」を見ても、バッシングされると直ちに引籠っておられるようです。宮崎の「知事の動き」も同様で、公務が終了すると知事公舎へ直行でご帰宅のようです。
▲市長も県知事も人間ですからたまにはニシタチへの寄り道をしてみたいことでしょう。ソーシャルディスタンスをおとりになって、飲食の時はマスクを外し、会話の時は着ける・・・・・・これを繰り返せばコロナ感染の可能性は大きく下がるのですから、首長自ら範を示して飲食なされば、県や市の職員もニシタチにたまには出向ける機運となりましょう。そのパフォーマンスは最初の時だけで、その企画自体、今はどうなっているのでしょうか。
▲言動不一致が問題であって、今回の市長の温泉ツアーも、それまで飲食の仕方の模範を示して飲食店を利用してもらっていれば、違和感も抗議の気持ちもいくぶんは和らぐというものでしょう。
▲アミュプラザのオープンセレモニーやその前の神武祭にかこつけた高千穂通のホコ天イベントも県や市、そしてマスコミ挙げての大々的宣伝・・・・・・アミュプラザとて1企業にすぎませんし、このコロナ禍のなか、率先して密な客集めに奔走していたではありませんか。
▲2月に入ればプロ野球をはじめ春の「キャンプイン」が始まります。ソフトバンクは生目のアイビースタジアムの収容人数について、1日の3000人を上限とすることを表明しました。
▲今回の県独自の非常事態宣言の発出も、医療逼迫が第一義であろうことは理解できますが、その裏にこのキャンプインが潜んでいることは誰の目にも明らかでしょう。今コロナ感染拡大を収めておかないとプロ野球のキャンプインによる経済効果に莫大な損失を被るとの判断でしょう。
▲「二兎を追う者は一兎をも得ず」・・・・・・プロ野球キャンプの県内経済への恩恵は100億円、それ以上ともいわれています。今回の知事の決断の背景に地方経済会からのプッシングがあるのは分からないわけではありませんが、首長たる者、もっと一貫性がなくちゃ説得力がなくなります。
1月11日。


固定リンク | 2021年01月10日【229】

[1]    «    4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10    »    [73]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事