院長コラム

最近の記事

MRT「ペット・ラジオ診察室」・リスナーの質問から(4月30日放送分)

 「今年で20歳になるメス猫を飼っています。近いうちに、引越しをすることになり、試しに1泊させてみました。一応、いつも使っているホットカーペット入りの猫用ベッドを持って行ったのですが、夜中に起きて鳴いたりとあまり眠れなかったようでした。高齢なのであまり無理をさせたくないのですが、どうしたらうまく引っ越せるでしょうか。宮崎市・ピノコさんからの質問」

 この質問でまず心配なの年齢である。猫の20歳は20+(4×19)=96歳とかなりの老齢である。前々回と前回、犬・猫の寿命と死因について放送した。「たばる動物病院」の本院と神宮分院の猫の死因のトップ5は、33.3%で腎不全が1位、2位が23.8%でガン、3位が13.7%で新生仔の死亡(ウイルス性の肺炎など)、心臓病(肥大型心筋症)が11.8%で4位、(交通)事故が7.8%の5位であった。3頭に1頭が腎不全で死亡していることになる。
 
 猫で腎不全が多い理由は、’の起源はリビアヤマネコでエジプトの砂漠地帯とされ、犬や人に比べて水をあまり飲まなくても良いように、腎臓での水分の濃縮力が高い。すなわち腎臓への負担が大きい為、高齢になるにつれ腎臓の機能が低下する個体が増えて、最終的に腎不全に陥り易い。⊃嫗’蚕摸呂高いためか、本能的に水への執着がないのか、結果的に飲水量が少ない。そして、歳を取るとそれだけでも活力と飲水量が落ちる。本例は20歳であるから、かなりの確率で腎臓の機能が相応に低下していると考えられる。要は腎不全、そして尿毒症に陥らないか心配である。

 それに加えて、「猫は家につき、犬は人につく」と言うように、猫はところ・場所が変わると2〜3日、飲まず・食わずということも珍しいことではない。腎臓の機能が低下しているところに、この「引越し」のストレスが加わると、腎不全や尿毒症に陥る可能性は高い。

 <回答・対処法>

1日のみの泊まりであれば、引越しの当日、新居の準備が完全に整ってから、猫を移動させるのがベストである。

猫の友好フェロモン剤「フェリウエイ」(商品名、仏製)を使用する。この製品は「ここは安心してよい、安心できる、縄張りの無い場所である」という効果が期待できる。泊まらせる所や新しい住居にこのフェロモン剤をスプレーする。

2閥颪篦甘拮覆録靴靴買い換えずに、匂いの付いた引っ越す前と同じものを使用し、かつ家具の配置も似通ったかたちにする。

で颪泙蠅了前に、動物病院で腎臓の機能検査など必要な項目について、血液検査や健康診断を受ける。腎機能が低下していれば、安全策として点滴をすることも必要である。


 本内容は4月30日(木)午前9時35分から5分間、MRTラジオ「ペット・ラジオ診察室」で放送されます。御拝聴ください。




 


固定リンク | 2009年04月23日【52】

新春の「ニシタチ放浪記」

 正月ほど面白くないものはない。正確には大晦日から市場が開くまでの1週間で、鮮魚にありつけないからだ。

 今回の年末・年始の夜間病院も多忙を極めたが、小生を除く獣医師3名とスタッフの献身的奉仕で無事にのりきる事ができた。小生の出番は正月2日の小手術と、3日の串間市から来院したチワワの帝王切開だけであったから、肝臓もろとも十分休養させて頂いた。チワワは午前6時に破水したとのことだが、13時間以上経過していたのにもかかわらず、3頭全部無事取り上げることに成功した。
 
 4日の夕刻、本コラムにも登場願う、中央通の「座王」の大将・高木さんより携帯がはいった。青島どれの「餅鰹」が入手できたとのことだ。早速駆けつけ馳走になった。大将曰く、「青島に契約の漁師が居て、元旦から漁に出てくれるんですよ」。正月に限った「雑煮餅」も悪くはないが、春(正月)一番の「餅鰹」は、鮮魚に飢えた胃袋には「お年玉」ものであった。それにしても、宗教的な理由からか定かではないが、正月はきっちり休むのが「漁師」さんと思っていたが、これも好い方向での時代の変化と受け止めたい。
 
 さてさて、4日間も充分なアルコールが浸み込んでいない肝臓と脳細胞は、「しょうちゅうくれ魂」を2次会へと誘わせる。年明けだけあって、日曜日なのに「ニシタチ」の人通りは少なくない。「店も結構開いているではないか」と、物色していると、宮崎焼酎バーの老舗「ブルー・ツリー」のマスターとバッタリ出会す。いつものようにマスター御手製のつまみが入った袋をぶら提げての「出勤いでたち」であった。連れのものと同じエレベーターに乗り、入店。さっそく、焼酎だ。マスターが丸椅子に登り、手を伸ばして上段の棚から出してくれたのが1年もの、3年もの、10年ものの「森伊蔵(鹿児島・森伊蔵酒造)」であった。10年ものはさすがのマスターでも入手に骨が折れるそうだ。時を置かずして出された「5点盛り御手製つまみ」の胡瓜の塩漬けの丸太、蓮の酢漬け、蕪の浅漬け、竹輪1本、大判のサラミ。呑み助には応えられなく、キツイ焼酎にはもってこいの「アテ」である。「日南娘(ひなむすめ、日南市・宮田本店)」、「月の中(西都市・岩倉酒造場)」、「川越(国富町・川越酒造場)」なぞ宮崎の銘酒も頂いた。いつものことだが、30分もしないうちに満席となった。マスターが醸す濃いフェロモンのためか、不思議とこの店には女性客、それも美女・淑女系が多い。同夜も他席に美女が居たためか、苺の「章(あき)姫」を頂いた。マスターが若い時分、焼酎で焼いたと思われるドスの利いた「喉」で、「網走番外地」を聞かせてもらった。女房手作りの「御屠蘇」もいいが、好きな銘柄が何時行っても馳走になれる「ブルー・ツリー」は「宮崎の宝」である。
 
 「いい酒、いい人、いい肴」とは、「居酒屋紀行シリーズ」(旅チャンネル=277で随時(繰り返し)放送中)の太田和彦氏の言葉だ。同氏は「居酒屋の居は居心地の居」とも教えてくれる。太田氏のように「いい酒、いい人、いい肴」を求めて北海道から沖縄まで全国を行脚するわけにはいかないが、「3拍子」そろった「居酒屋」を探求する貪欲さだけは持ち続けたいものだ。それにしても、「今日も呑まずには居られない」生活から、「明日も何もないから好きなだけ呑める」生活は、果たして小生にも訪れてくれるのだろうか。全国の「居酒屋放浪者」に加護あれ!

追:余談ですが、太田和彦氏は「居酒屋探訪家」で、「酒場放浪記」の吉田類氏は「居酒屋放浪者」なのか。そして小生は単なる「しょうちゅうくれ」なのか。ふっと真剣に考えてしまいました。今年の最初で、そして生涯の設問となりそうですが。俗世の「酒愛好家」の皆様、もし名刺に書くとしたらどうします?


固定リンク | 2009年01月13日【45】

謹賀新年-「先見の明」は「先見の芽」?「先見の眼」?-

 新年明けましておめでとうございます。昨年中は「たばる動物病院グループ」の御愛顧、誠にありがとうございました。

 2008年は「100年に1度のtsunami(金融危機)」か知らないが、1929年の「世界恐慌」以来の世界経済大恐慌の年となった。それも始まりの初めである。
 日本は1990年代のバブルが弾けた後も、GDP(国内総生産=Gross Domestic Product)は下がる事無く、推移してきた。その間、内需は拡大する事無く、トヨタをはじめとした大手の外需獲得産業に頼ってきた。バブル崩壊後の「失われた15年」、政治や行政は一体何をしてきたのであろうか。例えば汗をかくことなくして、紙切れで金儲けに走ってしまう日本の年金運用。サブプライムで甚大な損失を出した銀行などの金融機関も少なくない。このたびのGDP低下で、数兆円以上の法人税収が減るのは確実で、所得税や県民税などを含めると、いったいどの程度の税収減になるのであろうか、恐ろしい限りだ。30万人を超えるブラジル人の日本国内での労働。「派遣切り」や「非正規労働者」の解雇。一方で、国・地方の「大借金財政」、「限界集落」、「農林漁業の衰退」、「医療・介護・福祉の崩壊」・・・・・政治や行政はこの現状を予見できなかったのだろうか。
 仕事は無いわけではない。自分にできる仕事がない、マッチングの問題という。「きつい・きたない・きけん」は「死語」となってしまったのか、いわゆる「3K」である。身内のことで恐縮だが、親父は「季節労働者」として30代後半から60歳までの20年余り「出稼ぎ」に従事した。山師(琵琶湖保水林など)や隧道(東名高速や上越新幹線など)、電設関係(都電や東京都庁など)・・・さまざまである。盆に正月、田植えと稲刈りの農繁期にしか親父の顔を見ることは無かった。今では酒が入ると面白混じりに当時の苦労話に花を咲かせているが、顔と手を見るとその労苦が滲み、刻み込まれている。
 われわれが小・中学生の頃は、貧乏人が至るところにいた。しかし、皆、苦労を苦労と思わず、「3K」でも何でもやってのけた。小・中学の給食費は数日は遅れることはあったかもしれないが、お袋が工面して、朝起きるとカバンに封筒が入っていた。高校の下宿代や授業料も滞納した記憶はないから、今更だが、親に感謝している。
 小生が最も危惧しているのは、自分の気に入った仕事しかしないのは結構なのだが、「きつい・きたない・きけん」な仕事が”できない”人種になってはいないかである。子供の給食費や授業料は払わないが、ファミレスには行くし、コンビニ弁当にもよくお世話になる。これは善くない。神門の商店街の「○○○○食堂」でお袋と一緒に食った、年に1度か2度の「素うどん」の味が、今も忘れられない。
 「失われた15年」、本来やって置くべきことを、やってこなかった。外需に頼り、余りにも国内の諸問題をないがしろにしてきた。遠い昔、古代エジプトのピラミッド建造(前2700〜2500年代)も農閑期の公共事業の一つという。伊達政宗(1567-1636)の治水事業もその類かもしれない。機械化された現代、政治・行政の打つ手、奇策はあるのか。古墳時代(3世紀末〜7世紀)の墓陵やその後の寺社建立、築城のようなものでは、国民(民衆)の生活を益々苦しめる施策となる。食料自給率が40%を割り、今後毎年1%ずつ上昇させるという。50年後の日本の人口は8000万人を割るとの予測もある。人口減少に比して、農業と漁業の従事者や作付け面積の減少が上回るようなことでは、亡国の道をたどる。今のままの政策では耕地面積は減る一方で、先人が山を拓いて、石垣を築いた田畑は再起不能になる。まずは現状を維持できるか、維持する意志があるのかである。いわんや、定額給付金などはとんでもない発想である。汗をかかずして、金がはいれば、その後とんでもない仕打ちが待っているに違いない。2兆円もあれば、農業や漁業に興味のある若者や後継者が自立できるまでの教育や技術習得のための支援が可能であろう。実務重視の「農業専門校」や「漁業専門校」などを設立する必要があろう。介護事業に携わる人たちが長期就労できるような環境も整えなくてはなるまい。有能な人材への投資も重要だが、下支えする人たちの教育もそれと同等に大切である。教育の機会均等が損なわれてはならない。要は、従来型の公共事業ではなく、人材育成や医療、教育などソフト面に投資しなくては、日本の将来はない。ソフトがしっかりしていれば、ハードは後から生まれ、そしてついてくる。農業も漁業も国民の生命を守る上で崇高な職業であることを、皆が再認識する必要がある。現代農業は体力や忍耐も必要だが、それ以上に知識と経験、智慧、それに助け合い(協力と協調)の精神が必要なのである。政治屋や悪徳官僚は「百姓なんぞすぐにでも、誰にでもできる」と蔑視していないか、自問自答してもらいたい。そして、数ヶ月でも農家に居候して実務体験してもらいたいものだ。
 2008年大晦日と2009年の正月3が日の計4日間、夜間救急病院の診療を提供できるのも、獣医師をはじめスタッフと学生の献身的協力によるところが大きく、感謝、感謝である。思うに、動物病院も「3K」職場の一角にある。命を預かるのは勿論だが、緊急や時間外の手術と看護(きつい)、糞尿や血液などの処理(汚い)、凶暴な動物との格闘(危険)など・・・・・嫌な顔一つしないのには頭が下がる。

 正月から、いつもにも増して好き勝手に御託を並べたが、「先見の眼」でもって「先見の芽」を育める見識を養いたいものである。料亭やホテルのバーに夜な夜な通いつめるような大臣では、もはや「総離大臣」で、四面楚歌を食らうであろう。「政治屋」や退職後の「高級天下り先」を第一の目標に日々働くような「高給官僚」は1年でも山に籠もって「先見の明」を磨いてもらわないと、日本の将来は任せられない。

 最後になりましたが、本年も「たばる動物病院グループ」の御愛顧の程を宜しくお願い致します。皆様にとっても明るい展望が拓ける年になりますよう、衷心より祈願いたします。

                2009年元旦



固定リンク | 2009年01月01日【44】

[1]    «    50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56    »    [64]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事