院長コラム

最近の記事

「ニシタチ発見」-その9・モニュメント-

 「ニシタチ新発見」の更新が儘ならぬ。新発見の前に呑み過ぎて、その発掘能力を喪失してはいぬか。泥酔で目に入らぬのであろうか。そんな中、一番街アーケードが途切れる中央通りに3つ目の「アスリート手形」が登場した。1つ目はダイヤモンドビル前で、長嶋茂雄、王貞治、原辰徳、松井秀喜、寺原隼人、青木功、大山志保、井上康生、オリバー・カーン、ルドルフ・フェラー、高橋尚子、貴乃花光司の殿堂入り者の手形。2カ所目が一番街のミスタードーナツ前で、松中信彦、タイガー・ウッズ、横峰さくら、野口みずきのこれもまた錚々たるメンバーである。そして、この度の3カ所目が石川遼、宮里藍、松田丈志、青木宣親の面々である。モニュメントに手を合わせて押し付けても、何の御利益も有ろうまいが、酔客は決まって手を突出すからオモシロイ







固定リンク | 2011年07月19日【64】

「ニシタチ・新発見」-その8・呑んだ帰りのみやげ-

 「ニシタチ」で呑んでの帰路、ことに梯子酒をやり、御前様ならぬ「午前様」の折はさすがに「みやげ」で愚妻や愚娘を騙さねばなるまい。一昔の定番は鮨折と相場が決まっていたが、わざわざ水分の飛んだ堅い酢飯を食わなくとも、日頃から近場の回転物で満足しているようだから、有難がられない
 では、何物で機嫌が取れようか。「草庵」の「ネギトロロ」か「そばめし」。「たこ部屋」の「トロロ(塩味)」。「肉巻き」。「」の「手羽先」。「フルーツ大野」の「クレープ」、「フルーツタルト」。そして、「ラディシュ」の「ワッフル」、「カットフルーツ」、「プリン」。吾輩の所望は4、5日たって重度の脱水状態にある「ワッフル」だな。(アメリカ留学中にワッフル専門店の「ワッフルハウス」で、メープルシロップをたっぷりかけて食らったことを思い出すからか)。


固定リンク | 2011年01月29日【65】

「ニシタチ・新発見」-その7・ニシタチを繋ぐ通りの名称-

 飲み会の店を知らない人にその場所を教える時、あなたの教え方は?。○○通りの○○ビルの○階の○○○○と教えるか、相手の知っている店を聞いてそこから○○○○への順路を教えるかのどちらかであろう。、最近では携帯でナビゲートする人種も多いようだ。小生も携帯で話しながら、「右じゃが、左じゃが」と指示したほうが確実かつ短時間で誘導できるように思う。
 さて、われらが「ニシタチ」にはいくつの通りがあるのだろうか。実際に歩いて「研究」して見た。
 「橘通り」に並行して走る通りは、先ず「ボンベルタ橘」の「サンバレー通り」があり、その西が「サンリブ宮崎店」の「サンサン通り」で、「一番街」の「ミスタードーナツ」で「西橘通り」となり、南に下って「ラ・ディシュ」の位置する「 恵比寿り」と交って、市役所に向かう「上野町通り」に継がれる。「西橘通り」の西隣が「中央通り」であり、10号線沿いの「東横イン」からはじまり、旧・青空市場の「バージニアビーチ広場」で「上野町通り」と合流する。「中央通り」の西側が「西銀座通り」で、「高松通り」の「餃子の黒兵衛」から北側を「千草東通り」と呼ぶ。
 一方、「橘通り」と垂直に走るのが、北から「一番街」、「ダイアモンドビル」を通る「北恵比寿通り」、そして「ラ・ディシュ」が角する「恵比寿通り」、さらに下って「あおぞら通り」(始点は橘通りに面した宮崎牛焼肉店)と「南恵比寿通り」(公衆トイレと市営駐車場→「たにぐち産婦人科」)、「万作」が暖簾を出す「仲町通り」があり、その南に「大成銀天街」が位置する。
 横町としては「ジャンジャン横町」(始点は橘通りの鮨点で終点は串焼屋)、「恵比寿横町」(始点は東京屋ビルで終点は雑炊店)がある。
 
 まだまだ勉強不足である。素面で再度出直しするつもりなので、乞う御期待あれ。暇人と、呵々大笑あれ




固定リンク | 2010年04月23日【63】

[1]    «    48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54    »    [65]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事