院長コラム

最近の記事

春が来た-走り・旬・名残-。

  来た、来た、春が来た。咲いた、咲いた、さくらが咲いた。出た、出た、初物が出た。最近は居酒屋通いが殊の外、楽しみだ。日没も遅くなり、明るいうちからのビール1杯は格別である。美味くて安い、旬の物が目白押しで、流涎ものだ。
 
  4月1日、今年も焼き鳥の名店・中央通の串道楽「座王」の大将・高木さんからの「初物の携帯」が鳴った。青島獲れ初鰹の「餅鰹」が手に入ったとのことだ。早速、連合いとスタッフ3人を引き連れての「餅鰹詣」に行き、初物を頂いた。餅鰹は死後硬直が解ける前のものなので、春でなくとも食することができるが、そのモチモチ感と味の本領は春でないとダメである。「初鰹」は広辞苑によれば、「一番早くとれる走りのカツオ。美味で、珍重される。」とある。「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」(素堂)、「鎌倉を 生きて出でけむ 初鰹」(芭蕉)、「女房を質に入れても食べたい初鰹」からも分かるように、江戸の昔から初鰹は美味かったのだ。初鰹の値段は米俵4俵であったというからビックリ仰天である。青魚特有の臭みが他の季節に比べてかなり少ないと感じられるのは、焼酎漬けの小生の舌のせいではなさそうで安堵した。青島港から2時間の沖合いで獲れた一本釣りの鰹は、帰港まで2時間かかり、港で待ち受けた大将が中央通の「座王」まで運ぶのに1時間を要し、小生ら「のんべぇー」の胃袋に到達するにはさらに1時間かかる。総じて最低4時間が必要である。これに加えて鰹は割いてみなければ中身が上質か反対の「ごり鰹」かが分からんというから、輪をかけた厄介ものである。青島の漁師さんをはじめ並々ならぬ労苦があっての「餅鰹」であることを忘れず、青島の方角に手を合わせて一咬・一噛頂こう。「漁師さま 座王さま 餅鰹さま」。

  天ぷらもイケル。秋に河口で産卵されて孵化した鮎は、河口付近の海中で成長し、この時季には5〜10cmの稚鮎となり、溯上をはじめる。この溯上間近の、川底の苔を食する前段階の「稚鮎」の天ぷらはこの時季限定の宝物である。淡白すぎる身と胆汁の苦・渋味のほんのり感がなんとも言えず嬉しい。西銀座通の酒菜「ふく膳」では、氷水で稚鮎をまっすぐに不動化し、この状態のままで衣に潜らせ天ぷら油に送り込む。稚鮎にはなんとも残酷だが、これまた有難い旬魚である。「ふく膳」ではこの時季、天然のたらの芽はじめ、空豆、茶葉、行者ニンニク、・・・も頂ける。大将・福島さん自らが採取した天然の山さん椒は、正しく青葉にして、噛んでも全く当たらない柔らかさである。その風味は格段に濃厚で「アラの煮付け」の主格とも言える。「ふく膳」ではや々大振りの日南獲れの旭蟹も久し振りに堪能させて頂いた。行者ニンニク(北海道ではアイヌ葱という)5パックも市場よりひいてもらい、その日の内にジンギスカンをして喰らった。ジンギスカンにアイヌ葱は、行者僧がくれた至極の取り合わせである。

  しら魚もこの時季3度頂かなくては、初夏は迎えられない。しら魚は広辞苑によると「シラウオ科の硬骨魚。体長約10センチメートル。・・・・・春先、河口をさかのぼって産卵。日本の各地に産し、食用。シロウオ(素魚)は外観も習性も本種に似るが別種。・・・」とある。このしら魚、今年は中央通の磯料理「一八(いっぱち)」で馳走になった。もちろん「踊り食い」だ。少量の玉子を出汁で溶いて抹茶茶碗サイズの器に入れ、この中でしら魚を泳がせる。しら魚は跳ねるときだけ姿が見え、残虐心がかなり減弱されるから助かる。先ずは活きの良いやつを宮本武蔵張りに割り箸で1匹素早く摘み上げ、歯を軽めに当てると口腔内のクスグル感が何とも良い。次いで箸の助けを借りながら、4〜5匹をいちどきにすすって放り込めば、口腔内から咽喉頭、そして食道の噴門まで踊るは踊る、踊るは踊る・・・・、至福の30秒間であった。「しら魚のような指」をした美人と一緒に喰らったら、・・・・・・・・・・、そんなに現実は甘くない、甘くない。

  どこかで書いたが、旬とは10日間をいう。初鰹の旬は幸いにも長いが、稚鮎やしら魚はそうは問屋が卸さない。旬に入る直前に「走り」で喰らい、「旬」に絶叫を上げて喰らい、そして旬が終わって間が無い折に「名残」として喰らう。3度頂かなくては生きている甲斐がない。




固定リンク | 2008年04月16日【31】

「ねじれ現象」で「ねじれ」が解ける時が”宮崎のチャンス”。

  小生のもとにも「ねんきん特別便」が到着した。「田原」の読み方が「たばる」の他に「たはる」、「たはら」、「たばら」、「たわら」といくつかあるため、「特別便」は期待に違わず来てくれた。大学を辞めて半年間勤務したところが見事に抜けていた。電話に出た社会保険事務所の担当者に少々愚痴ってやった。「アルバイトにキーを打たせたからしょうがないよね。」、「職員は日に5000キー以上は打たないように、組合と取り決めていたんだからね。」、「今まで払ったのを全額返してくれないかねェー。飲み食いでいっぺんに使うよ。みんなそうしたら、それで一気に景気が回復するかもしれないよ。」、「消費税でもいいから、老後の最低限の生活は目的税でやってくれ。」・・・・・などなど。

  小生は車にあまり興味がない。走ればよし。多分にこの20年間は車を洗ったことも拭いたことも、ガソリンスタンドに洗車にもって行ったこともない。日曜日の1日しか休日の無かった一昔前、午前中や午後の半日を庭先での車洗い、ワックス掛けに潰すオヤジを見ると、ある種の哀しさを覚えた。道路特定財源やガソリンの暫定税率の一部はどういう呼称であれ、全国の道路建設や整備、除雪や台風、地震災害による道路の復旧には欠かせないものだ。そして、最近では環境税としての側面も重要性を増してきた。「受益者負担税」の面もあるが、車を持たずともトラックや鉄道、船での食料をはじめとした生活物資の輸送でガソリンのお世話になっている。飛行機で旅行するにでも然りである。

  繰り返すが、呼称はともあれ「道路特定財源」と「暫定税率」そのものの考え方が「悪」という国民は少数派であろう。集めた税金が一部の天下り官僚やゼネコン、一部の団体・個人の「甘い汁」の源となっているのに怒っているのである。ずさんな建設計画、大雑把な見積、いい加減な費用対効果の算出、当初の計画の数倍に膨れ上がる建設費の謎、「野球のユニホーム」、「カラオケ」、自腹の積み立てがゼロの「慰安・研修旅行」、熊本の「官製NPO法人」問題、「ミュージカル」や「おもちゃ」などへの出費、などなど・・・・・、ふざけた有様だ。

  「宮崎に高速道路は必要か?」、「東九州自動車道、延岡・熊本自動車道は必要か?」。小生の実家は美郷町南郷区・神門だ。小学校の時分は、日向までバスで行くのに2時間40分かかった。殆どが舗装されていなかった。バスやダンプが遠くに見えれば、道路の脹らみで停車し、しばし待っての交叉であった。多くの乗客が吐物袋の世話になった。当然、自家用車は今みたいに多くはない。今実家に帰るにも、10号線を通り美々津大橋で左折する近道をしても優に2時間以上掛かる。西都からの農免道路があると聞くが、標識などの「道標」が不親切で迷う。いずれにしても確かに不便である。

  しかし、今はDoor to doorの状況で、実家の庭まで完全に舗装が行き届いている。昔に比べたら格段の差で、正しく隔世の感ありである。小学生のころ、村の多くの家は庭まで車が入れなかった。人間贅沢を言ったら限(きり)がない。今は日向まで車で40〜50分となり、夢みたいな話だ。高速道路を走ったら、周りの景色が見えない。窓も開けられず、空気も不味い。休憩所や展望所を多く造って、「癒しのロード」も悪くはない。近未来はそういう時代でなくてはなるまい。

  「一つ葉有料道路・北区間」、「宮崎自動車道」、「南延岡有料道路」、「東九州自動車道・清武-西都間」の利用度はどのくらいだろうか。費用対効果や建設前の収益予測を十分にクリアできているのだろうか。前2者は時に利用させてもらうが、ガラガラに近い状態だ。「一つ葉有料道路・北区間」に至っては、花ヶ島の旧10号線や北バイパスがかなり混んでいるにも拘わらずあまり対向車にあわない。これは小生に限ったことかもしれないが、2〜3倍も時間が掛かる道路は避けて、早く着いた分だけ目的のことをやりたいと考える。殊に「仕事」となれば、道路料金は安い。「時は金なり」であり、道路などの交通手段は「時間が金で買える」。矛盾することかもしれないが、既存の道路は大いに活用しなくては、ジリ貧になる。

  東九州自動車道は竣工までどのくらいの予算が必要なのだろうか。まだ少なくとも数千億の金が必要なのであろう。そこで小生に愚かな珍案がある。御披露しよう。「宮崎には片側2斜線の新たな高速道路はもう要りません。その代わり建設予算の半分の2000〜3000億円を宮崎県に下さい。」、「もちろんその使途に国は口を挟まないで下さい。」という条件で国と交渉しなくてはならない。

  人口は減る一方、非労働人口は増加の一方、経済の成長も先細りになる可能性が高い、などなど・・・、日本を取り巻く将来は暗雲が垂れ込めても不思議ではない。さて、宮崎はこの3000億円で何をするかだ。

 まずは半分の1500億円で既存の道路の拡充整備を図ろう。宮崎-延岡間は10号線以外の農免道路や広域農道などを整備すれば、有料化する必要はない。片側2車線で我慢しなくてはなるまい。その分追い越しのための一部3車線や休憩所を設けなくてはなるまい。10号線の拡張には用地買収に金が掛かりすぎるから、慎重でなくてはなるまい。横断歩道の数は極力押さえ、地下道を充実せねばなるまい・・・・・などなど。
  
  残りの1500億円は宮崎の産業と人材育成のために使われなければならない。農業県宮崎のため、まずは100億円で貨物飛行機を購入しよう。この際、新品だ。宮崎空港に集積された宮崎野菜や鶏、鰻、宮崎牛、・・・・・を直に羽田、大阪に飛行機で運ぶ。飛行機は札幌へも飛び、戻り荷を搭載し、仙台、東京、大阪を経由して宮崎に舞い戻る。上海や台北、ソウルへも吝かではない。鉄道の整備も不可欠だ。当然、高千穂線、妻線の復活もこの基金で行う。ガソリンが一段と値上がりすれば、鉄道貨物が脚光を浴びるのは間違いあるまい。高千穂、五ヶ瀬など県北の高山涼地野菜、西都のピーマン、マンゴウ、タラの芽などが貨物で一斉に空港に集う。朝採れの食材が夜には銀座の店で都会の舌を唸らせる。「ブルー・トレイン」が姿を消した今、夜間や早朝の鉄道利用はそれほど混んでいない。JR九州との連携も必須である。高千穂線、妻線には序でに人も便乗させてもらおう。

  「高速道路がないから救急や高度医療が受けられない。」という意見がある。はたしてそうであろうか。地元に優秀な医師がいれば高速道路は必ずしも必要ではない筈だ。優秀な医師は必ず確保できる・・・養成できる・・・出来ない筈がない。病院の建物という箱物(インフラ)に投資するのではなく、設備や人材教育・養成にカネを投入すべきである。能力のある人材には通常の2〜3倍の給料を保証すべきであり、休暇も多めに与え、年数回の学会出張や技術研修も認める。代替スタッフも重要である。そうすれば、後進は自然と立派に育つこと間違いなしである。できれば半民半官的な法人であり、2〜3交代性で24時間体制の医療が実施されるべきである。これに民間の開業医が基幹病院の設備とスタッフを自由に活用できるシステムを構築すれば、救急医への負担が軽減され、恒久的救急医療の実践が可能となる。開業医師が「体一つ」か「お気に入りの手術器械」を持参して基幹病院に出向けば良いのである。自分の病院の患者であれば尚更の事である。開業医師の「腕」や「勘」のレベル維持にも多大の貢献となり、相乗効果が生まれ育まれる。「村」単位の病院、住民の日頃のケアや病気の予防と早期発見、健康増進にもソフト的な投資法を模索しなくては、明るい未来は開けない。

  みやざきの未来を真剣に考えたい。

  




  

固定リンク | 2008年03月23日【29】

イヌ、ネコの内視鏡検査の「明と暗」。

  3月12日付けの「お知らせ」で内視鏡について触れました。内視鏡は「たばる動物病院グループ」では本院のみの設置となっておりますが、これは平成12年6月に購入したものです。当時、この機種は「フジメディカル」より販売されたばかりで、西日本での購入第一号が当院でありました。内視鏡のメーカーは「オリンパス」がワールド・ワイドに有名ですが、新興の「フジ」も引けを取らず高性能です。

  内視鏡はヒトの病院では毎日フル活動している、不可欠の医療機器であります。東京有明の「癌研」での内視鏡を受ける患者の数は、患者として行った知人からの請売りですが、日に100人は下らないだろうとのことです。宮崎県内開業の動物病院で内視鏡があるのは当院のみですが、これにはそれなりの訳があります。まず第一の理由としてイヌ、ネコには胃癌と大腸癌がヒトに比べてかなり少ないこと、次いで検査には全身麻酔が必須なことが挙げられます。検査の必要性が低いということは、購入してもPayしないことになり、動物病院としてはCTやMRI同様に買い渋る案件の一つであります。

  このような背景があるにも拘らず、無くてはならない医療機器の一つであることに疑念の余地は有りません。特に胃内異物の摘出には威力を発揮できます。従来より、内視鏡検査や胃内異物摘出の依頼症例は時に有りましたが、夜間病院を開院してから、その頻度が増しました。病院が遠くても構わないので、出来る事なら、体に傷をつけないで欲しいという飼い主が増加したようにも考えます。以下に写真と併せて、胃内異物の摘出症例について示します。

  注:ヒトの内視鏡検査も短時間麻酔がポプュラーです。麻酔下でないと隅々までの探索が不可能のようです。「癌研」では20分位の短い麻酔を施し、10分位の短時間で胃・大腸の検査を網羅するようです。


固定リンク | 2008年03月20日【28】

[1]    «    48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54    »    [59]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事