今日の「ちょっとイイ譚・ウマイ譚」

最近の記事

今週のつぶやき親仁・2021年10月17日(日)〜10月23日(土)

●「親仁の『ふるさと納税』
▲1例を紹介しよう。私は大学の学部学生時代、憧れて北海道の牧場実習に行った。先輩獣医師の世話で酪農家にちょうど1か月、牧場主の自宅に居候させてもらった。今では考えられないだろうが、労働の対価はゼロだった。が、今もその時の経験は黄金である。朝の4時半から搾乳を行い、昼は牧草の搬入、そして夕方5時の搾乳と大変な肉体労働であった。とくに真夏の牧草運搬はロール巻にされた乾草をホークでトラックに投げ上げ、牧場まで運んで今度は牛舎の2階に納める。半端ない重さに汗が吹き出し、顔面の結晶化した汗塩を舐めた。北海道の8月は昼は30度を優に超え、夜にはストーブを焚いていた。その実習地が釧網本線の釧路と網走のほぼ中間に位置する摩周湖の南に位置する標茶町であった。後から知ったが、女優の関根(高橋)惠子氏の生まれ故郷と云う。その標茶町の返礼品の一つがジンギスカンである。そして「寄附の使途」を選択できるとし、以下の項目が示してある。
・馬と共に暮らせる環境づくりのため
・子どもたちの教育環境の充実のため
・貴重な自然や遺産を守るため
・将来を担う次世代の育成
・関係人口や交流人口の拡大
・基幹産業の発展
・安全安心な暮らしのため
▲今でも忘れないが、はじめての北海道の標茶に着いた日、牧場の家族と先輩の獣医師が集まってジンギスカン鍋の歓迎会をしてくれた。その実習の2年後、帯広畜産大学で日本獣医学会が開催され、寄り道で標茶を再訪した折も同じジンギスカン鍋だった。
▲標茶のジンギスカン鍋には深い思い出がある。アイヌ葱こと行者ニンニクの味も此処で教わった。2度ともアイヌ葱が助演の筆頭格であった。それ以来、私はアイヌ葱ジンギスカン鍋の虜である。つづく。10月20日。

●「親仁の『ふるさと納税』
▲周りにも「ふるさと納税」をする人が増えている。衆議院選挙の告示も間近となり、各党の”舌戦”も熱を帯びだした。が、我々末端の庶民にはとって税は徴収されるだけで、何に使うかについては全くの権限がない。自身の唯一の意思表示が、この「ふるさと納税」であるかも。
▲総務省によると2020年のふるさと納税額は6725億円。2019年から、返礼品の金額は寄付額の3割に減額されたため同年の寄付額は減少したが、コロナ禍の巣籠で2020年のふるさと納税受け入れ総額が対前年度比1.38倍(6725億円÷4875億円)の増加となっている。しかし巣籠だけが原因ではなさそうで、そこには「新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、在庫の滞留等が生じている国産農林水産物について、農林漁業団体、品目別団体等が行う販売促進の取り組みを支援する『国産農林水産物等販売促進緊急対策(補助事業)』が行われた。この補助をふるさと納税の返礼品制度に活用する自治体もあり、寄付額の6割に相当する返礼品(6割返礼品)が話題になった。」(ニッセイ基礎研究所)。要は、前年までの寄付額の上限3割の返礼品が6割まで増額されたことに国民の耳目が集まっているのである。
▲そこで今週は『ふるさと納税』に焦点を当ててみたい。
つづく。10月18日。


固定リンク | 2021年10月17日【255】

今週のつぶやき親仁・2021年10月3日(日)〜10月9日(土)

●「皇室
このところの騒がしい皇室について、親仁が7年前の2014年に書いた「親仁ギャグ」を披露しましょう。危惧していたことが現実となったのです。
序(つい)でにでは失礼千万だろうが、気になるので一言。「秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま(19)が別大学受験のため、通っていた学習院大を中退されたことが11日、関係者の話で分かった。佳子さまは昨年4月、学習院大文学部に同月から新設された教育学科に進学。同年8月から1カ月間、米国でホームステイするなどしていた。佳子さまは今年12月に20歳の誕生日を迎える。」(時事通信9/11発信)の報。別大とは国際基督教大学(ICU)で姉の眞子さまの母校。聞くところでは、学習院は佳子さまのために教育学科を新設したという。ICUの教授陣は全てがクリスチャン・・・ともいう。それらの真偽も重要だが、天皇=皇室=神道ってのはどうなっちゃてんの???????? 終戦までのように現神人ではないから、信教や学問の自由はわれわれ平民と基本的に同じだろうが・・・・・ちと違和感はないか???? 宮内庁は秋篠宮家に「天皇家とは?」とか、学習院大学と皇室の歴史的関係性を御教授しているのだろうか。次かその次の天皇の可能性の高い「悠仁」(ひさひと)さまもICUということも現実味があるってことか。9月11日
2021年10月3日。


固定リンク | 2021年10月03日【254】

今週のつぶやき親仁・2021年9月26日(日)〜10月2日(土)

●「岩井が呑める
明日から「酒が飲める酒が呑める酒が飲めるゾ、酒がノめる酒が呑める酒が飲めるゾ」の前日の、記念すべき日である。8月初旬のオリンピック真只中、このまま新型コロナの感染拡大が続けば9月末には東京都だけでその感染者数は1万人を超えると騒いでいたが、なぜに200人台まで減少したのか。2回のワクチン接種を済ませた人が6割に到達しようとしているが、ウイルス学や感染症の専門家をしても首を傾げる現象である。が、これに限っては収束に希望が見えるだけに喜ばしい状況である。テレビの露出が少ないスーパー専門家が推測するには、「ウイルス増殖過程のコピーエラー」と解説する。デルタ株のように感染力が強いウイルスは、一般には増殖力が他に比較して活発であるため、コピーエラーを生じやすく、そのコピーエラーは欠陥ウイルスを出現させ、それがウイルスの失活と自壊を起こすのである。100年前のスペイン風邪も然りであり、爆発的な感染拡大(パンデミック)の規模が大きければ大きいほど強毒ウイルスの消滅は早いのである。この現象は「エラーカタストロフ(ミスによる破局)の限界」と言われ、1971年にマンフレート・アイゲン氏(ノーベル賞受賞)が提唱したものである。
9月30日。


固定リンク | 2021年09月26日【253】

[1]    «    2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8    »    [78]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事