院長コラム

最近の記事

今週のつぶやき親仁・2020年6月7日(日)〜6月13日(土)

タレント犬『わさお』
▼鰺ヶ沢の「さわお」が鬼籍に入ったとの「ニュース」。鰺ヶ沢町は、津軽富士の岩木山から北北西に直線で15キロもない日本海に面した町で、走る鉄道は五能線であります。広大な津軽平野からならどこからでも岩木山は望めます。わさおが亡くなったのは2020年6月8日です。推定年齢が13歳ですから推定生年は2007年です。わさおが全国的に知れるようになったのは2008年、アルファブロガーでエッセイストでもあるメレ山メレ子氏のブログで紹介されたのが最初です。

二太郎「そういうことはわさおが迷い犬で菊谷節子さんに拾われた時の年齢はゼロ歳か1歳の子犬だったということだね。僕の知るところでは、節子さんが付けた名前はレオ(ライオンに似ていた)だったんじゃないの」

主人先生「そうそう、レオがわさおに改名されたのは、メレ山メレ子氏のブログでレオが『わさわさ』した犬だったから『わさお』として載ったことがきっかけなんだ。それが2008年の春のこと。ちなみに『わさわさ』を辞書で引くと『ざわついているさま。落ち着かないさま。陽気なさま。浮き立つさま』とあるんじゃな。レオがわさおに変わった時のわさおの年齢は1歳か2歳の、犬がいちばん活発でやんちゃな時じゃな。大型犬が落ち着くのは小型犬よりも年数が要るしな。メレ山メレ子氏がわさおに会った時はまさに『わさわさ』の真っ最中だったということじゃ」

二太郎「流石は有名ブロガーだわん。『ざわざわ』ならまだしも『わさわさ』なんて単語、なかなか使わないもんね。とまれレオ改め、わさおの誕生なのじゃわん。わさおになってからの人気は鰻登りじゃわん。2008年7月には日テレで紹介され、同10月には鰺ヶ沢町観光協会がTシャツを販売し、2009年7月には写真集(主婦の友会)が出、同8月には特別住民票が発行され、2010年6月には特別観光大使に任命、そして2011年3月には映画『わさお』が公開されたわん。名実ともにタレント犬じゃわん」

主人先生「そりゃたいしたもんだ。もちろん主演はわさおだが、人間の主演はなんと薬師丸ひろこだからね。押しも押されぬ、今や、原節子そして吉永小百合を受け継ぐ、平成令和の大女優じゃからな。それはそうとな、本題のタレント犬じゃが、わさおは何も悩まし気な名前で売り出したんじゃないからな、念のため。わさおが全国区で受けたのは『ブサかわ』犬としてじゃ」

二太郎「『ブサかわ』って云われてもピンとこないわんが、フグ皮のような、なにかの魚の皮ですか。美味そうな名前じゃないけど」

主人先生「きょうはそうきたか。じゃ教えてやろう。『ブサかわ』とはな、顔は不細工だけど仕草や表情がなんともかわゆいのじゃな。男優で例えるなら、高倉健は顔も演技も非の打ち所がないだろ、『ブサかわ』っていったら、緒形拳でもなし、宇津井健でもないし、やはり彼しかいないのじゃが、ここまでいっても分からんかのお。それはな志村けんじゃ」

二太郎「分かったわん、『ブサかわ』犬を男優で云うなら志村けんってことね。それはそうと、その志村けんとさわおには接点があったと聞いたことがあるわん。わさおは『天才!志村動物園』にたびたび出演していたからね。志村園長とは旧知の間柄じゃんか。ところで園長がコロナで亡くなった後、日を追うごとにわさおが衰弱したそうじゃない?」

主人先生「志村けんの不幸がそれこそわさおにとっての『虫の知らせ』になったのであろうよ。ところで犬のなかで『ブサかわ』の代表ってたらどの犬種か知っとるかい、二太郎君」

二太郎「そりゃ僕だって一端の犬じゃからね、それくらいは知ってますわん。パグに決まっちょろ。あの額と眉間の皺しわとしゃくった顎(アンダーショット)、それに出目にぺちゃ鼻という、これでもかのアンバランス具合、そりゃもう僕ら犬でも自然、にんまり顔になるもんな」

主人先生「世の中なかなかうまくできているもんだよな、二太郎君よ。美人やイケメンだけでは世の中面白くもなんともないし、やはり『ブサかわ』がいてこそいろんな人間模様が繰り広げられるのじゃな。いくら美人を娶ってもすぐに浮気をする芸人も後を絶たないし、美男美女のカップルでも結婚したら直ぐそれからが離婚の秒読みだからな。俗に言う、『美人は3日で飽きる』って云うやつだ。その点、二太郎は顔も歴とした『ブサかわ』だけど、性格は気の利く思いやり犬だな。それに何たって頭が切れるときてるからね」

二太郎「よく言うね、主人さまよ、自分のことは棚に上げておいて。はいはい、分りました、『男は度胸、女は愛嬌』とでも言いたいんでしょ」

主人先生「これまた驚いたね、二太郎君の口から『男は度胸、女は愛嬌』なんて古い文句が出てくるなんて。一言でいえば、そうであるからこそ色んなカップルや夫婦が誕生しているんだな。吾輩にとっても強い味方の格言じゃな。そうそう二太郎君よ、別にタレントじゃなくてもいいじゃないですか、日々、『男は度胸』ってことで『男』を磨いていこうじゃないかい。なになに、お説教はそれくらいにして、何か美味いものをくれって」

二太郎「これだけ譚に付き合ってるんだからね。わさお君はいつも節子おばさんに例の焼き烏賊をもらっていたでしょ。僕も少しだけ炙った一夜干の烏賊が欲しいわん。贅沢は言いません、イボイボの下足2本で構いませんから、わんわんわん」

主人先生「なんじゃと、出来たらそこの生姜醤油を付けてくれと。二太郎よ、お前は近頃、吾輩の焼酎のつまみを喰い過ぎじゃ、こらぁ」

6月11日。


固定リンク | 2020年06月07日【204】

原理原則と虚心坦懐

 横田滋さんが87歳で他界された。悲しい。私も横田めぐみさんとは同年代。どうしてこのような悲しいことが起こったのか、どうして拉致が実行され、親子の分断がある日突然、13歳の子供が横田家から忽然と消えなければなかったのか。日本国、何千万人の中の若者のひとりに、めぐみさんは標的とされたのか、あまりにも悲運不運だ。遠い遣隋使、それよりもさらに昔の縄文の時代から我が国は朝鮮半島との拒むに避けられない付き合いがありながら、こともあろうに敵対し、最近では日露戦争、日韓併合、そして満州国建設、さらに日中戦争、さらにさらには太平洋戦争というドミノ式の侵略戦争を繰り返し、朝鮮半島と大陸とを苦しめ続けた。私はなにも反愛国者ではない。日本人であり日本国が大好きだ。それでも歴史を直視しなければ、めぐみさんは還ってこれなかった。これが現実だ。これらの度重なる侵略戦争で、果たして日本国は朝鮮半島に限らず大陸の人々の命をどれだけ奪ったのであろうか。日中戦争から太平洋戦争まで、中国人の犠牲は死者だけで1千万人、占領下での朝鮮半島でも数十万人は下らない。今きょうも近所の焼鳥屋で小一時間呑んで帰って来たが、今日はこれだけは主張しなければ床に就けない。横田さんとはテレビ画面でかれこれ20年以上も向き合ってきたのだから・・・・・・許してもらおう。戯言に聞こえるかもしれないが、俺の本音を。日本国の指導者は、他国の国家民族の根こそぎの侵略・属国化がどういうかたちで遂行され、その顛末として彼らの仇討ちを何百年も蒙ることになるか、なっているかを・・・・・・知らなければならない。江戸の敵を長崎で討つ・・・・・・全然関係のない処でもいざこざが常に生じている現状を認識しなければならない。本当は戦後すぐにでも土下座して戦時の蛮行を悔いるべきであったのだが、今はもう疾うに遅きに失したのだが。しかし大局にして俯瞰すれば、それは必ずしも不可能ではない。多くの両国民がそれを望んでいるのを疑わないし、これ(拉致問題)を解決しうる手だてを担うのは、むろん両国のトップだ。13歳の女子は厳寒の日本海を目隠しされ袋詰めにされて連れ去られ、今もって人生を奪われ続けている。横田滋さんの一生を想うと、やはり早々に拉致問題を解決し、その無念を晴らさなければならない。別盃・黙禱。6月6日。

追記:我々が子供の頃、悪いことをすると、「人さらいが来るぞ」とよく親に怒られた。そのころから拉致の噂が全国に拡散していたのだろうが、それは真実であったと云うことだ。横田めぐみさんが拉致されたのは、1977年11月15日。新潟の11月の夕刻はかなりの寒さだろう。未だ13歳の中学1年生。麻疹で入学式に出られなかった彼女を後日、校庭の満開の桜の下に連れ出し(彼女はひとりだけの撮影を少々嫌がったと云う)、滋さんはカメラにおさめた。戦後20年以上が経過していた当時、日本国の海上防衛その他はまったくの杜撰で機能してなかったと云うことだ。国の、われわれ国民の、責任は大きい。6月7日。


固定リンク | 2020年06月06日【205】

今週のつぶやき親仁・2020年5月31日(日)〜6月6日(土)

●「政治家の一分」(承継2)
▼政治家の人柄を一言で表現すれば、言い得て妙、「面の皮が厚い」ですな。「厚顔無恥」は言い過ぎですが、庶民の気持ちを解せない(解しようと努力しない。もっと言えばその能力すら欠いている)のは「無知」の域でしょう。「名こそ惜しけれ」とか「世間体を気にする」とか「後ろめたい」なんてのは屁の河童ですな。元総理の親類縁者にとって、「私の爺さんはその昔、総理大臣だったんだよ」と胸を張れるのが普通でしょうが、果たして周りがそれに尊崇の念を抱くでしょうか。今もご存命の数人の総理経験者を何人の国民が、彼らをかつてのトップリーダーとして誇りをもち、彼らを崇めるでしょうか。きのうの発言を今日に180度ひっくり返しても屁の河童、失政でも謝罪は一切なし、責任は上っ面の言葉だけ・・・・・・非を認める素直さ(悪しきは早急に認め新たな施策を打ち出す)を全くもってないのであります。

金之助「主人先生は相当のお怒りのようですにゃん。最近の首相演説にまったく耳を傾けないのはそういうことでしたにゃん。夕方6時に始まるコロナ関連の首相会見ではチャンネルを回しに回して、落ち着いたのが『トムとジェリー』にゃん」

主人先生「金之助も馬鹿にできんの。吾輩のことをそこまで観察しているとは。司馬遼太郎先生の曰く、『名こそ惜しめ』なんじゃよ。『死して(辞めて)名を残す』も同義じゃな。そして何事もスピード感じゃな、世に云う『潔さ』ってことじゃ。少なくとも昭和までの総理にはその武士魂が残っていたよな。その気概が愛国心なのじゃ。疾うに国民の愛想が尽きているのに総理の座に執着する。それが国の国民の不幸悲劇を生んでいることに気づかないのじゃ」

金之助「主人先生よ、暴言までもなくそんなに言いたい放題じゃ、SNSでバッシングされるんじゃないかにゃん。趣旨はよく分かるし、巣ごもり(自粛)ストレスも理解できるにゃんが」

主人先生「そうかすまんすまん、猫の金之助に長々と愚痴をこぼすようじゃ、巣ごもり親仁のペットハラスメントじゃの。そろそろニシタチ通勤も解禁じゃろうから、そこでぼやくことにすっか、呵呵!!!」

(完)5月31日。


固定リンク | 2020年05月31日【203】

[1]    «    2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8    »    [63]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事