院長コラム

最近の記事

2014年10月5日の「独語年中」・第2話「伊勢参宮」

 きょうは高円宮家の次女典子さま(26)と出雲大社(島根県出雲市)権宮司の千家国麿さん(41)の結婚式。去年は60年に一度の出雲大社本殿遷宮と20年に一度の伊勢神宮遷宮が重なった。女性皇族が結婚の年ごろとなり、にわかに彼女ら(失礼か)に注目が向けられる。きょうの「独語年中、それとは全く関係ないが江戸時代の伊勢参拝の人数について。江戸期、何十年に一度、伊勢参りの爆発的現象が起きたという。その最初は由井正雪の反乱の前年の慶安三年(1650年)、次いで宝永2年(1705年)、3回目が明和8年(1771年)という。伊勢松坂の出身である本居宣長の書いた「玉勝間」によれば、2つ目の宝永の大爆発的参宮では、わずか50日のあいだに参詣する者が362万人に上ったという。ある商家の小僧は、店前を掃いていてにわかに箒を放り出して(正しく箒を放棄して)その参詣行列に加わったという。この不景気、突如仕事を放り出して旅に出てもらっては困り果てるが、申し合わせがあっての長旅は許されても構わない・・・ような時間の流れの必要な時が「今でしょ」と・・・想い入った。江戸初期の国内人口は1500万人とも言うし、幕末には3000万人とも。日本人の10人弱にひとりの人間が長い日時を費やしての伊勢参宮。なんとも悠長ないい話ではありませぬか。齷齪(あくせく)働いても景気は好転しませんよ。勇気を出して「抜け参り」でもしてみましょう。もちろん、伊勢神宮でなくとも、行ったことのない一度は行ってみたい、好きな処ですよ。出典:司馬遼太郎「菜の花の沖(一)・村抜け・pp159-205」(文春文庫)。10月5日。


固定リンク | 2014年10月05日【69】

2014年10月4日、暇にまかせて「独語年中」というコーナーを設けてみました。第1話は「醤油のはじまり」です。

 ほぼ毎日のように胃袋が世話になっているというか、そこに納められている醤油。糖尿病で炭水化物完全拒絶食を所望している人は別としてだが。醤油は日本で発明された。1264年、鎌倉時代に覚心(1207-1298)という臨済宗僧侶による。彼は43歳の時に入宋(につそう)。中国の浙江省寧波に上陸し、最初に径山にのぼって癡絶(ちぜつ)という僧に参じた。宋に6年滞在し由良に戻ったが、径山の味噌の味が忘れ難く、自身で味噌を作るようになった。これが今の金山寺味噌の先祖である。さて醤油の話だが、覚心が径山寺味噌を作る折、味噌桶の底に溜った液が醤油であった。それまでの調味料のひしおとは比較にならぬほどの旨さであった・・・とのこと。そう、醤油を発見したのは覚心という日本人の僧侶ですよ。出典:司馬遼太郎「この国のかたち六・醤油の話pp84-90」(文春文庫)。10月4日。

固定リンク | 2014年10月04日【67】

「ニシタチ発見」-その10・ある紀州犬と柴犬達の石像-

 空港方面から橘橋を渡って市役所前、県庁前、橘通り西二丁目(大成銀天街)の交差点を過ぎ、最初の角(幸加園 橘通店)を左折してあおぞら通りに入り、左に仲町通りの「万作」をチラ見して後、右手の青空市場商店街を通過し、西橘通りとの四差路を左折して市役所側に五〇メートル。元は露店の青空市場が鎮座してい、現在は「バージニアビーチ広場」が陣取るポチな公園の南(中央通りと西橘通りの合流点)に、知る人ぞ知るクリーニングの名店「ルミネ」がある。その垢抜けたエントランスの中(うち)から愛らしい眼差しで客人を招き入れる2頭の白色の柴犬。名は「りく」と「かい」。いつまでも仔犬のままな石像だ。エントランス横には成長した2頭が、「仕事が来た」とばかりに遠慮なく2、3度けな気に吠えて、家人に来客を知らせる。店内にはもう1頭、ロートルの紀州犬で燻しの2代目「ギン(銀)」がい、暇を持て余している。そして、外に出てちょっこら南西の方を見上げると建物の左端に1代目紀州犬「ギン」の石像が堂堂たる犬座でニシタチを望観する。午前様ともなれば2代目と一緒に、ほろ酔いで上機嫌な主人の御帰宅を待つ。ニシタチの呑み会前に、そしてほろ酔いの帰りに・・・何度見ても見飽きない、心の蘇生するモニュメントである。(「ニシタチ」に感動スポットが東にニシタチ並びますように!!!)

固定リンク | 2012年09月24日【66】

[1]    «    46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52    »    [64]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事