院長コラム

最近の記事

高校野球県予選始まる

 昨日7月7日、待ちに待った高校野球甲子園夏季大会の宮崎県予選が開幕した。毎年、緊急の手術や重症患畜の入院がなければ握り飯とペットボトル、それにアイスノンと氷水を浸して冷やしたタオルを2,3枚持参しての観戦だ。週に1回、可能なら2回はサンマリンもしくはアイビースタジアムに足を運ぶ。1日3試合観てもさほど疲れを感じないから不思議だ。
 
高校野球が面白い理由の一つは試合のテンポが速いことだ。日本のプロ野球はトロい。東京に住んでいた4年弱の間、後楽園球場に足を運んだが、投手の交代時には特にひどい。思うにこの間にテレビのコマーシャルをワンサコとやる。表・裏の交代の時もCMが2・3本入るようにスローテンポで攻守の交代とピッチング練習をやる。これじゃ、ゴールデンタイムの野球視聴率が一桁台でも無理はない。昔は地方局が2局、NHKが2チャンネルの計4チャンネルしか映らなかった。小生の実家は中学が終わるまでUMKはみれなかった。今ではBS、スカパー、ケーブルテレビと何十チャンネルも選択可能だ。日によっては同じ試合を3局(3チャンネル?)で放映していることも珍しくない。
 
その反面、大リーグはスピーディかつパワフルで割合に飽きが来ない。それに勝敗が決するまで延長がつづく。西海岸と東海岸では3時間の時差があるから、野球専門チャンネルでは、場合によると数試合をいずれも生放送で10時間以上も放映している。野球好きにはたまらないであろう。もちろん有料チャンネルだ。日本のように無料ではないが、ノラリクラリの展開でその3分の1位がCMときて、挙句の果ては、「結果は後ほどのスポーツニュースで・・・・・」という尻切れトンボ放送よりはマシだ。ストレスも溜まらない。
 
小生も高校・大学とチョッとではあるがユニホームを着た一人だ。高校3年の夏の甲子園・県予選1回戦の対日向高校との試合では、終盤に逆転の走者一掃の3塁打を放った。その直後次打者の2塁ゴロでホームに突っ込み余裕のタッチアウトを喰らった。下手なヘッドスライディングで擦り剥いた顔面と曲がった眼鏡のフレームを手にベンチに帰るとことさら監督に叱責された。3塁打は未だに褒めてもらっていない気がする。2回戦は阪神、ダイエーでプレー・活躍した高鍋高の池田投手と対戦した。小生の打順が回ってくると、案の定、監督から出たサインは送りバントであった。結果は予想に反して成功だった。彼は次打者を抑える自信が十二分にあったので彼自身の所にきたゴロを無理をせずに1塁に投げたに違いない。
 
大学では1年ですぐに使ってもらった。熊本で開かれた春の九州大学野球では準決勝まで進んで、3安打か4安打うった。本当に良いところで打てた。デットボールも普通の選手なら避け切れるところが小生にはそれができなかった・・・・・が、皮肉にもこの出塁が決勝点となるホームを踏むことになった。最後の試合ではこれも普通の選手には訳無く捕球できる3塁ゴロの送球を、1塁を守っていた小生がエラーしてしまった。このミスがきっかけで敗退した。この時も先輩に睨まれ、一言二言いや三言いわれた。予想外の勝ちに皆旅館代を3日分借金して宮崎に帰った。
 
  高校野球にはドラマがあるとよく言われる。例えば送りバントやスクイズをプロの選手が失敗すると、これはみていて面白くない。高校野球では失敗することが多々あるので守備側の応援をしていると有難いことで、文句なく嬉しい。当たり損ないの凡フライもポテンヒットとなり易い。これも非力の選手だから生まれやすい。応援団も違う。父兄会はじめ、田舎のオジちゃん、オバちゃん、親戚一同が集う。学生は塩を舐めては水を飲んで声を嗄らしながら校歌、応援歌をドナる。バックネット裏で陣取る熟年や老頭児(ロートル)の講釈集団の横に座って解説を聞くのも高校野球の球場観戦の味わい方の一つだ。ラジオやテレビのアナウンサーや解説者が実況放送している現場のそばでその声を聞きながら試合を観ると、試合と放送のタイムラグや慣れないアナウンサーの奮闘振りが判り、これもここでしか味わえない。
 
  高校野球に限らず高校生のスポーツは実力や運に個人差はあれ、ファインプレーも有ればエラーもある。歳がいけば後者の方が人生の糧になっていると思うのは、小生だけではあるまい。高校球児よ、エラーを恐れず思いっきり、プレーすべし。
  
  余談だが現在日本経済新聞に連載中の長嶋茂雄の「私の履歴書」がなかなかいい。左手で書いた題字が往年の流れるようなボール捌きとスローイングの様を彷彿とさせるから、まさしく野球の神様のなせる業だ。小生は数年前長嶋茂雄が監督の背番号をいつ披露するかしないかと騒いでいた時・・・・・、問題のXデーの前日、サンマリン球場内の正面入り口から一塁側ベンチに向かう監督とすれ違った。異様な雰囲気を感じて目をそらしてのすれ違いさま、監督の背中を拝んだ瞬間、小学生のころ見た「巨人の星」で大リーグボールを完成させた時の星飛馬が背中をみせて、仁王立ちした体の前方から光を浴びたシーンとマッチングしたのを鮮明に記憶している。監督の背中にはあの時確かに後光が差していた。立教時代のマニラ遠征から始まったという英語交じりの長嶋トークが、野球を愛して止まないのが哀しいほどに伝わってくるあの笑顔とともにいつまでも聞きたいものだ。

  球場で病院からの救急の電話が鳴りませんように。 

固定リンク | 2007年07月08日【4】

茱萸(グミ)

 梅雨入りして2週間。このところの数年、梅雨入り宣言後は必ずといっていい程晴天が続く。昔の梅雨は今よりもジトジトと長雨でジクジクしていた。小生の実家は百姓のため、この時期少雨だと困る。5月末から6月初旬は田舎の田植えの最盛期だ。小生が小学校に入る前まで、親父は馬で棚田の土を鋤いていた。弟は6月1日生まれで、次の日が田植えだったため稲生(イナオ)と名付けられた。小・中学生の時は本当によく農作業(野良仕事)を手伝わされた。新緑の葉もこの時期の長雨に晒されると、艶々としていてキラリと燦めく一瞬がなかなかいい。生命には水が必須なことがよく分かる。

 先日は西銀座通りの「ふく膳」で中学時代の同級生と一献やった。北浦獲れの本アラ(スズキ科、ハタ科のクエとは異なる)と、同じく北浦獲れの穴子を食した。

 “アラ”は冬が旬だが、冬には大阪や福岡で鍋物として消費されるため、宮崎獲れも県外へ流れる。小生は店にあれば一年中いつでも構わずにいただく。但し天然物に限る。成長が速い3kg位までのアラは養殖物もあるので要注意だ。アタマとカマ(鰓蓋に続く胸びれの部分)のコラーゲンたっぷりの部位に僅かの牛蒡を加えて酒、みりん、醤油で甘辛く煮るのがいい。山椒の葉が乗れば至極に申し分ない。これだけで焼酎3合は飲(い)ける。都会では高級魚として名高いが、宮崎ではリーズナブルな価格で提供してもらえるから嬉しい。

 梅雨時ひと雨ごとに旨くなるといわれるマアナゴは、店内の水槽で泳ぐ活きのいい60cmくらいのもの。「例年より大きめ」と大将曰く。その場で〆、背開きして肝もろとも炭火で炙った。腹側から先に焼き、こんがりとキツネ色になったものをワサビをチョビリと付けて食った。塩とタレ、山椒も試した。穴子にはキジ(雉)焼というのがあるが(「小笹」の雉焼きはあまりにも有名)、小生の焼きテクニックではキジ肉様の食感には程遠かった。次回は下処理も含め、水気の少ないパリパリで旨みの凝縮されたキジ焼の要領を大将に伝授してもらおう。

 ついでにこの時期、「夏魚の横綱」・鱧も旨い。鱧も「梅雨の水を飲んで旨くなる」と言われる、今が旬の食材だ。門川産の鱧は「金鱧」としてブランド化しており、京都に流れて名を馳せる。次回は「ふく膳」の大将に生きた鱧を〆てもらい、湯引きして素早く氷水で身を縮め、キッチリと骨切りしたものを、ハッキリと酸っぱい梅肉で、一杯やりたいものだ。いかにも涼しい。

 「ふく膳」(0985-31-3690)は西銀座通り、釜揚げうどんの「戸隠」の真ん前のビルの一番奥にある。天然ものしか出さない、旬にとことんこだわった、小生にとっては貴重な一軒だ。大将の福島久男(33歳)さんはじめスタッフも若く、一生懸命さがキリリと伝わる。大将は休みの日には山彦となり、山野を散策してはその幸(メグミ)を提供してくれる。未来の巨匠をドシドシ育ててほしいと切に願う。

 帰り際には大将が店外まで見送ってくれた。戸口の北郷町獲れの赤く熟れ、たわわに実ったグミの小枝を折ってもらい、帰りしな同級生と食った。家に帰って昔を懐かしみながらグミでもう一杯飲(や)った。

 梅雨は黴雨とも書く。旬の旨いものを食べて、身体にカビが生えないよう、脳みそがついえ(わるくなる、腐る)ないよう気を引き締めよう。そしてメグミの長雨になるよう祈ろう。

固定リンク | 2007年06月13日【3】

「天麩羅」

  “銀座の典座”こと・近藤文夫(「てんぷら近藤」の店主)が「山の上」で天麩羅を揚げていたころ、客の作家・池波正太郎は揚がりたてを間髪容れずに食するため、箸を持ったままその瞬間を待った。「天麩羅は揚げ物であるから熱いうちに食べねばならない。」と。

  この季節、天麩羅の種になるものは実に多い。車海老、鱚(キス=海のアユ)、穴子、鯒(コチ)、鮑(アワビ)、稚鮎、空豆、タラの芽、一冬越したさつまいも(丸揚げがオススメ)など枚挙に労しない。お茶の葉だって立派な種だ。

  天麩羅は、薄力粉と全卵、水、油があれば誰でも簡単に出来ると思いきや、中々奥が深い。例えばソラマメを数個、かき揚げ風に仕上げるのには相当の下積みが必要なことを、一度自分で試してみると分かる。素材が7割という天麩羅も、残りの3割が達人の極みだ。

  小生はもっぱら居酒屋嗜好のため、揚げたての天麩羅を、近藤文夫と池波正太郎張りに食することが出来る店を殆ど知らないが、一軒、それに近い形で提供してくれる店がある。

  屋号の粋な文字と暖簾、小さなイーゼル(easel)風の架台に載せた品書きなどシック(chic)な外観が店内の暖かさを連想させる「集(しゅう)」なる店(橘通東2丁目、0985-24-0788)。店主は美人の大将「あゆみちゃん」で、母上君と2人で切り盛りする。前回のコラムの大将(座王)同様に、趣味とグルメ放浪が高じて自分の店を開いたそうだ。魚類の衣はサクサク、中身はホクホク、プルルプルル・・・野菜類の衣はカリカリ、中はホクリホクリ、キャシキャシ、パリパリ・・・と玄人(失礼か?)顔負けの腕前だ。特にこの時季が旬でメニューの1つのキビナゴは、キシリと背筋を伸展して、十数匹が衣を橋渡しに、不思議な造型をなしている(褒め過ぎか?)。

  先達ては、小生の母上からクール便で送られてきた井手に自生しているセリ、裏山(里山)の古参竹、イワジ茶(学名が判りません。)、などを「集」に持参して揚げてもらった。端から端ではなく、箸から箸へ、そして小生の口から胃袋へ。この日のビールは格別美味かった。

  「集」では他にコラーゲンが凝縮された手羽焼き(ピリ辛が良い)、トンソクが女性客に人気だ。大のトンソク嫌いの我が嫁さんも「集」のだけは旨いとのたまう。実はそれには訳有りで、肌艶や皺が気になりはじめたのかと思っている。遅きに失することで、10年前ならなんとかなったかも知れないが・・・。
その他都城産の馬刺、観音池ポーク串カツ、たらこあんの湯豆腐、ささみチーズ春巻、玉子焼、日向産の蛤の吸物、9月から4月までのおでんも侮れず、オススメだ。

  1748年の「歌仙の組糸」に今日の天麩羅の形態(レシピ)を具体的に記述したものがある。「てんふらは、何魚にても温鈍の粉をまぶして油にて揚げる也。但前にあるきくの葉、又牛蒡、蓮根、長いも其外何にてもてんぷらにせんには、温鈍の粉を水醤油ときて塗付て揚る也。直にも、右之通にしてもよろし、又葛の粉能くるみて揚る猶宜し。」とある。

  因みに小生の好みの種の一番は小柱(バカガイの貝柱、鮨ダネのアオヤギはバカガイの足)のかき揚げで、これを「天茶」で食するともうたまらない。池波正太郎も言っているが、本物の天麩羅は結構いや相当の量食しても胃がもたれない。しばらくすると小腹が減るから嬉しい。

固定リンク | 2007年05月28日【2】

[1]    «    44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50    »    [50]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事