院長コラム

最近の記事

MRTゴゴイチの取材を受けました。9月20日(土)の昼12時の放送です。

 「犬はどうして同じ餌を食べ続けることができるのか?」という質問でMRT放送「ゴゴイチ」の取材を9月17日(水)に受けました。インタビューアーはお笑い芸人で「東国原の一番弟子」の早川伸吾さんでした。

 病気についての質問も難渋しますが、この手のものは一層困ることが多々あります。16日の昼に依頼の電話があり、「小動物の臨床栄養学」という分厚い訳本など、3冊をめくってはみたものの、なかなか好い答えが浮かびませんでした。以下に、まとめたものを紹介します。

.ぅ未量3从挧(味蕾)はヒトの5分の1(ヒトは約1万個、イヌは約2千個)。
▲ぅ未脇いに頼る。嗅覚は人間の何百万倍以上で、特に酸味はヒトの1億倍以上。
匂いが強いものを好むため缶詰のほうがドライフードより嗜好性が高い。体温に近い温度のフードを好む。犬の味蕾は核酸やヌクレオチドに感受性が高いため、腐ったものや糞に興味を示して好む。
F食動物なので肉が好物で好みは牛、豚、羊、鶏、馬の順。舌の味蕾細胞はある種のアミノ酸(プロリン、システインなど甘いアミノ酸を好む)に対する感受性が高く、旨み=甘みとして認識する。
のテ前後の食餌がその後の嗜好を決定(ヒトも子供のころの味覚が将来持続)。
セ瑤ぜ腓与えるものを好む(肉類や脂質、塩気の強いものが多く犬にとっても旨い)。飼い主が犬に手渡しで食物をあげる行為は主従関係の逆転を意味する。これにより犬はさらに飼い主が食しているものを要求するようになり、結末として、ドッグフードに見向きもしなくなる。
Δ海旅猝椶今回の質問に対しての最も適した回答と考えられるが、犬はグルメではなく、大食(爆食)派である。野生(犬の先祖であるオオカミの時から)ではいつ獲物(食餌)にありつけるかわからないということから起こる「大食本能」による。すなわち目の前にある餌はいちどきに一瞬にして全部平らげようとする本能である。

 結論として、犬も匂いを中心とした「好み」がありますが、「大食本能」によりあまり何も考えずに喰い続けているのでしょう。

 インタビューはお笑いのひと時でした。どのように編集されているか楽しみでも有ります。時間のある方は20日(土)の正午、MRTゴゴイチをお見逃しなく!





固定リンク | 2008年09月19日【39】

「小原庄助さん」の気分!-甲子園・オリンピック・昼酒-

 会津民謡に謡われる「小原庄助さん」は「朝寝」・「朝酒」・「朝湯」が好きなのが有名で、若い人たちでも彼の名を知る人は少なくないであろう。
 
 本日8月17日と18日は本院のクロス(壁紙)の張替えのため、小生にとっては今年に入って12回目と13回目の休日である。とは言っても、17日の朝7時45分には重度肺炎の猫のネブライザー・注射・強制給餌、マルチーズの僧帽弁閉鎖不全症に続発した腱索断裂の治療を行い、鹿児島の鹿屋市から来ている両前肢骨折で手術・入院中のチェックが待っていた。明日も同じだ。
 
 「朝酒」、小生は生来「朝酒」どころか昼間にアルコールを摂取することはまずない。飲むとしたら正月か田舎に帰った時、それに冠婚葬祭のときぐらいである。夜は「ニシタチ」や「中央通」、「西銀座通」、それに「ヒガシタチ」にお世話になるのを常とし、家で飲むのは缶ビール、それも小を1缶だけ。このことを周りの人間は信じてくれないが、事実である。
 
 「甲子園」、今日17日は準決勝である。診療日はじっくり座ってテレビ観戦するほど余裕はない。昼休みもその多くは手術があるためだ。だが、今日は2試合ともじっくり観れた。先の宮崎大会・県予選もアイビー・スタジアムに1回、サンマリンに3回、計4回足を運べた。いずれも診療日で、必ずしも満喫できるものではないが、それなりに満足できた。魔か不思議なことに宮崎商業の3試合(都農・都城東・決勝の日南学園戦)を観戦できた。赤川選手の投球もサンマリンで2回見ることができた。準決勝戦が再試合となり、なんとも幸運であった。
 
 「オリンピック」、4年に1回の全世界のスポーツ祭典と思いきや、歴史は極めて古い。少々長文だが、座右の「CASIO電子辞書の百科事典」によると「古代オリンピック」とは、「古代ギリシャの4大祭典競技の一つ。エリスのオリュンピアの聖域で、ゼウス神に捧げられた競技会。起源については諸説あるが、前776年以後の競技会の記録が残っており、これを第1回と数えている。以後4年に1度開催(オリンピアード)。たとえ、戦争中であっても、オリュンピア祭の時だけは戦争を中断する<エケケイリア>(オリュンピアの休戦)が守られた。はじめはギリシャ本土のポリスの選手に限られていたが、次第に広域化していき、ギリシャの植民地からも選手が送られるようになり、汎ギリシャ的な祭典競技となった。競技会は、なぜか、全裸で行われた。それがギリシャ人であることの証とも考えられていた。競技種目は最初はランニング競技が中心であったが、次第に増えていった。全盛期(前472年以降)には、スタディオン走、幅跳び、円盤投げ、槍(やり)投げ、五種競技、レスリング、ボクシング、パンクラティオン(ボクシングとレスリングを兼ねた格闘競技)、競馬、戦車競争、武装競争、など20種を超す競技種目が5日間にわたってプログラム化されていた。優勝者にはオリーブの枝で編まれた冠が贈られ、聖域内に自分の彫像を立てることが許された。選手として参加できるのは古代ギリシャの自由市民の男性のみで、奴隷と女性は禁じられていた。また、女性の見物は未婚女性のみが許され、既婚女性は女性司祭1人だけが例外とされた。前2世紀以後はローマの影響を強く受けるようになり、このオリュンピア祭も衰退期に入る。競技に賞金が賭(か)けられ、これを目当てにプロの競技者が押し寄せてきたり、ローマの皇帝ネロがオリュンピアの聖域内に別荘を立てたり、みずから競技に参加して、むりやり優勝するというような末期的現象が現れるようになった。最後は、テオドシウス1世の出した<異教禁止令>(392年)により、翌393年の第293回大会を最後に、1169年間にわたる歴史に終止符が打たれた。」とある。
 
 では今北京で開催中の「近代オリンピック」はと言うと、「<オリンピック競技大会Olympic Games>の略称。五輪とも。国際オリンピック委員会(IOC)の主催で4年ごとに開催される国際スポーツ競技大会。古代オリンピックをモデルに、クーベルタンが主唱して近代オリンピックとして復興。夏または秋の大会と冬季大会とに分けられ、前者は1896年アテネで、後者は1924年シャモニで第1回大会を開催した。・・・・・・・・・・・・・」とある。

 野口みずき選手を欠いた日本女子マラソンは惨敗、九州勢最後の一校「浦添商」は相手校・常葉菊川の2塁手町田選手の再三の好守に朽(く)ちた。「こりゃー、飲むしかない。」と思い立つや、最近嵌(はま)りつつある「甲類焼酎・ホッピー割5:5」を2杯、ぐぃっと飲(や)った。苦味と咽喉(のど)元を通過するミクロの気泡は最高の旨味に変わり、気が落ち着く瞬間だ。正しく「昼酒」である。

 明日は「常葉菊川」と「大阪桐蔭」との決勝戦。準決勝を見ていた小生の連合いが曰
(いわ)くには、「最近の甲子園常連校の試合はプロ野球を見てるようだね。」とポツリ。確かに上手で華麗、プロ顔負けのプレーもある。一寸は平凡(へぼ=へた)もないと、高校野球らしくなく、観ていて面白味に欠ける。宮崎大会はまだまだ波乱万丈が期待できるから、ある意味ウレシイが、甲子園での優勝は逆に遠のいているように感じる。これはカナシイことだ。

 第29回北京オリンピックも早半ば。1964年の第18回東京オリンピックは小生が5歳の時であった。当時母屋から150mほど離れた隠居家に住んでいた故・祖父はこの時テレビを買った。もちろん白黒である。アンテナは川をはさんで数百メートル離れた山の田んぼの畔(あぜ)に設置してあった。近所が集まってオリンピックを観た。エチオピアの「アベベ選手」(1932-1973、1960年のローマ大会で裸足で走り「裸足の英雄」といわれた)がマラソンで優勝した。日本の「円谷幸吉選手」(1940-1968)は銅メダルであった。これを観て感動し、稲刈りが済んだ後の田んぼの中を走り回ったのを記憶している。このテレビはそのあと3年ほど、近所の人の役に立った。「力道山」<=空手チョップ>(1924-1963)亡き後の「ジャイアント馬場」<=16文キック>(1938-1999)率いる「全日本プロレス中継」、宇津井健の「ザ・ガードマン」、沢村忠<=真空飛び膝蹴り>の「キックボクシング」、大鵬関<巨人・大鵬・卵焼>の「大相撲」・・・・・、見るもの全てが新鮮であった。

 「このところのオリンピックは面白くない。」とよく耳にする。この10年くらいはバレーボールやサッカー、陸上、水泳などのワールドカップ、柔道の○○大会など、選手は世界中を1年中駆け回っているようだ。テレビも大画面でハイビジョン、臨場感満点である。1972年のミュンヘンオリンピック、松平康隆監督<=時間差攻撃>率いるバレー男子、ブルガリアとの準決勝戦を大逆転(13-15、9-15、15-9、15-9、15-12)で勝ち、決勝で東ドイツを制して金メダルを取った。「猫田勝敏」<=天井サーブ>(1944-1983)、横田忠義、森田淳悟、大古誠司選手らがいた。テレビの前に家族全員が集い、食い入るように、一喜一憂したのが昨日のようである。要は、オリンピックも新鮮味が失(う)せた。

 人間暇だと昔の郷愁に奔(はし)り、碌(ろく)なことは考えない。全てがマイナス思考になりがちだ。小生の一年の活力源は「高校野球」と「ボクシング」、「焼酎」である。「常葉菊川」と「大阪桐蔭」の決勝戦、残されたオリンピックの後半戦、プラス思考で観戦させてもらおう。「甲子園・オリンピック・昼酒」も「プチ(=petit)・庄助」であろうか。

 小生の「夢の余生」は午前中アルバイトの仕事(獣医業はしない)を3時間して、「一風呂」浴び、「昼寝」をして、午後の3時から行きつけの「気の利いた居酒屋」で「鰯の刺身」と「旬のもの」を喰らいながら、焼酎を3時間で3合頂く。7時には家に帰って、「ボクシング」を2時間見て寝る。明日の診療のことも、重病や診断がつけられない患畜のことも、麻酔の心配も・・・何も考えなくてよい。「小原庄助さん」の「朝寝・朝酒・朝湯」は、小生の夢よりもユートピアかもしれないが、少しでも「庄助さん」に肖(あやか)りたいものだ。

 病院のクロスも刷新、気分も刷新でガンバロウ・・・・・ッと!





固定リンク | 2008年08月17日【37】

春が来た-走り・旬・名残-。

  来た、来た、春が来た。咲いた、咲いた、さくらが咲いた。出た、出た、初物が出た。最近は居酒屋通いが殊の外、楽しみだ。日没も遅くなり、明るいうちからのビール1杯は格別である。美味くて安い、旬の物が目白押しで、流涎ものだ。
 
  4月1日、今年も焼き鳥の名店・中央通の串道楽「座王」の大将・高木さんからの「初物の携帯」が鳴った。青島獲れ初鰹の「餅鰹」が手に入ったとのことだ。早速、連合いとスタッフ3人を引き連れての「餅鰹詣」に行き、初物を頂いた。餅鰹は死後硬直が解ける前のものなので、春でなくとも食することができるが、そのモチモチ感と味の本領は春でないとダメである。「初鰹」は広辞苑によれば、「一番早くとれる走りのカツオ。美味で、珍重される。」とある。「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」(素堂)、「鎌倉を 生きて出でけむ 初鰹」(芭蕉)、「女房を質に入れても食べたい初鰹」からも分かるように、江戸の昔から初鰹は美味かったのだ。初鰹の値段は米俵4俵であったというからビックリ仰天である。青魚特有の臭みが他の季節に比べてかなり少ないと感じられるのは、焼酎漬けの小生の舌のせいではなさそうで安堵した。青島港から2時間の沖合いで獲れた一本釣りの鰹は、帰港まで2時間かかり、港で待ち受けた大将が中央通の「座王」まで運ぶのに1時間を要し、小生ら「のんべぇー」の胃袋に到達するにはさらに1時間かかる。総じて最低4時間が必要である。これに加えて鰹は割いてみなければ中身が上質か反対の「ごり鰹」かが分からんというから、輪をかけた厄介ものである。青島の漁師さんをはじめ並々ならぬ労苦があっての「餅鰹」であることを忘れず、青島の方角に手を合わせて一咬・一噛頂こう。「漁師さま 座王さま 餅鰹さま」。

  天ぷらもイケル。秋に河口で産卵されて孵化した鮎は、河口付近の海中で成長し、この時季には5〜10cmの稚鮎となり、溯上をはじめる。この溯上間近の、川底の苔を食する前段階の「稚鮎」の天ぷらはこの時季限定の宝物である。淡白すぎる身と胆汁の苦・渋味のほんのり感がなんとも言えず嬉しい。西銀座通の酒菜「ふく膳」では、氷水で稚鮎をまっすぐに不動化し、この状態のままで衣に潜らせ天ぷら油に送り込む。稚鮎にはなんとも残酷だが、これまた有難い旬魚である。「ふく膳」ではこの時季、天然のたらの芽はじめ、空豆、茶葉、行者ニンニク、・・・も頂ける。大将・福島さん自らが採取した天然の山さん椒は、正しく青葉にして、噛んでも全く当たらない柔らかさである。その風味は格段に濃厚で「アラの煮付け」の主格とも言える。「ふく膳」ではや々大振りの日南獲れの旭蟹も久し振りに堪能させて頂いた。行者ニンニク(北海道ではアイヌ葱という)5パックも市場よりひいてもらい、その日の内にジンギスカンをして喰らった。ジンギスカンにアイヌ葱は、行者僧がくれた至極の取り合わせである。

  しら魚もこの時季3度頂かなくては、初夏は迎えられない。しら魚は広辞苑によると「シラウオ科の硬骨魚。体長約10センチメートル。・・・・・春先、河口をさかのぼって産卵。日本の各地に産し、食用。シロウオ(素魚)は外観も習性も本種に似るが別種。・・・」とある。このしら魚、今年は中央通の磯料理「一八(いっぱち)」で馳走になった。もちろん「踊り食い」だ。少量の玉子を出汁で溶いて抹茶茶碗サイズの器に入れ、この中でしら魚を泳がせる。しら魚は跳ねるときだけ姿が見え、残虐心がかなり減弱されるから助かる。先ずは活きの良いやつを宮本武蔵張りに割り箸で1匹素早く摘み上げ、歯を軽めに当てると口腔内のクスグル感が何とも良い。次いで箸の助けを借りながら、4〜5匹をいちどきにすすって放り込めば、口腔内から咽喉頭、そして食道の噴門まで踊るは踊る、踊るは踊る・・・・、至福の30秒間であった。「しら魚のような指」をした美人と一緒に喰らったら、・・・・・・・・・・、そんなに現実は甘くない、甘くない。

  どこかで書いたが、旬とは10日間をいう。初鰹の旬は幸いにも長いが、稚鮎やしら魚はそうは問屋が卸さない。旬に入る直前に「走り」で喰らい、「旬」に絶叫を上げて喰らい、そして旬が終わって間が無い折に「名残」として喰らう。3度頂かなくては生きている甲斐がない。




固定リンク | 2008年04月16日【31】

[1]    «    37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43    »    [49]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事