院長コラム

最近の記事

今週のつぶやき親仁・2018年12月2日(日)〜12月8日(土)

●ついでながら司馬さんの「この国のかたち」から。「四百語ほどの単語をおぼえておけば、包(ゲル)で暮らせる」「食べる、眠る、風が吹く、風邪をひいた、羊、馬、駱駝、牧草の名、犬をつないでくれ・・・・・・そういう日常生活単語をあつめると、四百か、多くて六百ぐらいにちがいない。たとえそこで土着しても、四百語だけで生涯がすごせる。」(司馬遼太郎「この国のかたち・六」・pp91〜92・文春文庫)。家族内の日常生活と今回のケースを単純に一緒くたにはできなかもしれないが、どう考えても五十歩百歩の範囲だろう。中学・高校の時の英単語の試験を想い起こせば、外国人労働者のためにも、そして日本国のためにも簡単な英語を覚えることはそんなに苦にはならないであろうに。自分が地球の反対側の日本語が全く通じない国に行った時を想像してみたらどうか。そのくらいができないようじゃ我儘傲慢としか言いようがない。12月7日。

●私の見た「日本での外国人労働者の環境」の譚。ある運搬業者にアフリカ出身の男性が雇用されていた。彼の仕事の合間に少し話かけてみた。日本に来て数年たっているが日本語は堪能でないようだった。仕事の内容は主に物の持ち運び。「〇〇を持って来て」とか「〇〇を退けて」とか「〇〇を持ち上げて」・・・・・・といった簡単な、いわゆる単純(重)労働である。彼の名前は呼ばれるが、そのほかはすべて日本語である。現場とあって丁寧語なんて有り得ない。優しい言葉を悠長に使っていたらそれこそ怪我や事故のもとだ。現場に緊張感は必須だ。であるから厳しい言葉も強い言葉もあっていいし、なくてはならない。が、が、が、・・・・・・だ。「物の名前」や「持って来る」とか「持ち上げる」とか・・・・・・英語圏出身や英語のわかる外国人ならば、そのような簡単な単語は英語を使うべきであろう・・・・・・現場を目の当たりにしての率直な感想だ。怒鳴られながら一生懸命に動いている彼を見て可哀そうになった。希望と夢を抱いて地球の裏側(日本)まで来たのに・・・・・・である。会社でそういう(英語の)教育研修を日本人スタッフにすべきということだ。つづく。12月7日。

●「外国人労働者拡大法案」の譚。先日、ア〇ゾ〇に「岩井」を5本注文し送られてきた段ボールを開けると瓶が木端微塵に砕けていた。それも宅急便の配達員が中身のチェックを促した後のことだ。中身はすっかり段ボールに染み込んでアルコールは蒸発しきっていた。原因は粗雑な梱包にある。段ボールの中は瓶がくるくる踊れるくらいに空間だらけ。エアクッション(プチプチ)は用をなしていないのである。段ボールもよれよれの虚弱なものだった。運よくかどうか、割れていたのは1本のみ。むろん全部返品し、すぐに〇天で取り寄せたが、こっちはガラスの模範梱包であった。すぐにア〇ゾ〇から電話があり返金等の手続をしたが、対応に出た女性は外国人で日本語での意思疎通が不完全。途中何度か上役に確認を取っていたのか電話を待たされたが埒が明かず、代わったチーフと名乗る女性も外国人。流石にこちらの会話は成立。ア〇ゾ〇のカスタマーサービスセンターが日本にあるのかないのか、はたまた外国のどこなのか知らないが、トラブル処理までも日本語で意思疎通できない外国人を雇用しているのか・・・・・・少しびっくり。そもそも日本人があのようないい加減な梱包をするのか、できるのか(故意に粗雑に)、そこからして大疑問である。つづく。12月7日。


固定リンク | 2018年12月02日【119】

今週のつぶやき親仁・2018年11月25日(日)〜12月1日(土)

●あるベテラン主婦の譚・・・・・・「宮崎獲れの鰯は鮮度が悪い」。近海獲れなのに三重や鳥取(境港)や長崎に比べてもだ。遠方の方が近海より鮮度が落ちる。その鮮度は先ず、魚体の中央を親指と人差し指で掴みんでみる。頭と尾が下に垂れたらだめだ。同時に指先に少し力を加えて弾力をチェックする。それに目と鰓周囲の傷み具合も見逃さない。このチェックは前時代の手法で、今は衛生面から御法度ですぞ。そのため氷の入ったプラスチックの小ぶりのトロ箱の横にはトングが置いてありますから。私は手術でピンセットを扱うようにジェントルに魚体を持ち上げ、上記の3点をチェックする。私も最近は産地(漁港)をチェックし、宮崎産なら余計に注意を払う。どうか、宮崎産の魚の鮮度アップを願う。確かに築地(今は豊洲)の鯵などの魚は、体操選手の静止のようにキリっと硬くて堅い。映像で見る限りだが。。12月1日。

●鰯の名は痛みやすい(腐敗しやすい)弱い魚だからか。鰯の腐ったような目は腐りかけた生気のない人間の目のことか。その鰯の漢字は国字というから、魚好きの日本人の当て字である。中国の鰮は日本後の借用で、ロシア語もそうでイヴァシーというらしい。その鰯、今日も近くのスーパーに並んでいたから、2尾買って来て「いのす」を絞って戴いた。鰯は青魚なのでDHAやEPAの不飽和脂肪酸が豊富だが、良いことばかりではなく尿酸の源となるプリン体も多く含むから、加減して摂食しなくてはならぬ。その鰯だが今は漁獲量が激減している。その原因は気候変動であって、クジラによる捕食ではないという。そのなかでも宮崎は漁獲量が高く、年によっては全国の1割を占めるそうだが、スーパーで宮崎獲れを目にするのが珍しいのはどういうことか。今日のスーパーは品薄で、かつ高値であった。鰯の他に小エビをかって掻揚で食らった。つづく。11月27日。

●もうすぐ冬至。冬至と言えばユズだ。そうです、宮崎県北の山間部では「いのす」(「ゆのす」とも)と言います。四国は小型のユズを「いのす」と言う地域が多いそうですが。とまれ、旧南郷村生まれの私としては「ユズ」と「いのす」違う品種なのです。佐土原ナスと米ナスほどの違いでしょうか。専門家に遺伝子まで調べてもらいたいくらいですが・・・・・・がががががが。その「いのす」が26日の昨日、田舎から箱いっぱいのどっさりと送られてきました。宅急便の宛名書はまだスラスラの生き生きとしたおふくろの文字でした。その「いのす」との相性抜群なのがです。早速いつもパトロールする近くのスーパーにちゃりで出掛け、ウルメ鰯をゲット。その鰯を三枚に尾引いて半分に横断した「いのす」を一尾に一個、たっぷりと身が浸るほどに掛け回します。そして数分したら、ワサビと醤油で戴く。醤油はくれぐれもちょっぴりであります。半身に数滴ですぞ。鰯の渋みを半分は残さないとだめです。「いのす」の浸かり過ぎは禁物ということです。つづく。11月27日。

固定リンク | 2018年11月25日【121】

今週のつぶやき親仁・2018年11月18日(日)〜11月24日(土)

●カルロスが落ちた。ビジネスジェットで羽田降りした氏はそのまま特捜に連行されたのか。2010年から2014年の5年間の報酬の過少申告額は50億円という。単年の申告額が約10億だからその倍額を隠し税金を逃れたということになるのか。自動車メーカーに限らず今の日本は外国人労働に依存するところが大だ。その数は厚労省が公表しているだけで2017年が約128万人という。これは正規の数だから不法入国や不法労働を加えたらこの数じゃ収まらない。その外国人に対する労働報酬が問題となって久しい。額面20万円で海外から来てもらって人に、その実際は家賃や食費などの10万円を差っ引き、さらには教育指導料なんてのを5千円も徴収する。これが外国人労働者に対する大手の報いだ。中小企業ではそれ以上に貪欲な雇い主がいるやも。むろん一部だろうが。私の聞きしに及ぶところでは、今や大手の報いは経済立国日本の名折れだ。関係ないが、戦時下の朝鮮人徴用工問題とイメージが重なる。日本の世界に対するイメージダウンは必至だ。日産に雇われている外国人労働者やこれまでリストラで切られてきた多くの社員に示しがつかない、今回のゴーン氏の逮捕。彼の高額な報酬と税金逃れと株主の損害・・・・・・延いては日本経済全体への影響。少なくとも過少申告額の50億円を外国人をはじめ多くの従業員のための給与や福利厚生に回してあげられなかったのか。何はともあれカリスマ経営者、ゴーン was gone・・・・・・。11月20日。

ラーメンの譚。近所に3軒のラーメン屋さんがある。更に言うなら、回転寿司にもラーメンがメニューに載っている筈であり、もしかしたら定食屋さんの日替わりにも登場しているかもしれないが。そのうちの一軒が随分前からの私の贔屓だ。最近、その店の行列が絶えないのだが(今は少し鎮静化した)、その理由は「ラーメン屋さんが選ぶラーメン屋ベスト10(宮崎県内)」のトップを勝ち得たのであるから納得ものだ。MRTの水曜日に放送される「わけもん」が火付け役。もともとの人気店であったが、500円を550円に値上げして少し客足が鈍っていたのだが。私は、ビートたけしの書いているように、並んでまでラーメンを喰うほどに(ラーメンに限ってのことじゃありませんが)執着しておらず、行列に加わることに抵抗を感じるひとりである。自転車で行って、喰って、帰るまで、実に20分。ラーメンやうどんはこうじゃなくちゃいけない……と思う人間である。ちなみに私の贔屓のラーメン屋さんは橋を渡ってさらに北上したところにもう一軒ある。最近はトンカツにしてもラーメンにしても、こってりがどうも不得手ときている。歳の胃腸は正直だ。ちなみに私のラーメンの一押しは銀座の「銀座亭」(中央区銀座7丁目-11-10)の、みそラーメンである。呑んだ後と二日酔いの一杯は実にうまい。値段は確か、860円だったか。盛が多くて、モヤシがたっぷりで、なんといっても速い。世のラーメン屋さん、この「銀座亭」に学ぶことは少なくないですぞ。「銀座亭」はラーメン屋さんではなく中華料理屋さんで、全てがうまいらしく、注文は百人百色(食)。11月19日。

固定リンク | 2018年11月18日【120】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [36]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事