院長コラム

最近の記事

江戸にみる「美しい日本」・その1(教育事情)

  小生は日頃より、歴史に多少の興味があり、年代を記憶することが楽しみの一つだ。周知の如く、日本国が最も平和・平穏で、かつ文化が創造・醸成された、絢爛の時代は江戸時代(1600または1603-1867)だ。江戸時代について暇を見つけては調べると、殺伐とした現代日本が今後目標とする国造りの見本として、見習うべき点が多々あることに気づく。幾つか挙げてみよう。

  「芭蕉翁ぼちゃんというと立留り」。

  現代人に人気の俳諧ベスト2は、正岡子規(1867-1902)の「柿くえば鐘が鳴るなり法隆寺」と、松尾芭蕉(1644-1694)の「古池や蛙飛こむ水のをと」という。芭蕉はこの句で当時の庶民に「音」という新しい感覚表現を教えた。

  芭蕉爺(じい)さんが、深川の「芭蕉庵」辺りを散策でもしていたのであろう。芭蕉を知る者が擦れ違い様に、蛙が池に飛び込んだ時の水の音・「ぼちゃん」を口で真似た瞬間、耳がまだ達者であったろう芭蕉はそこらに蛙が居るものと思い、歩くのを止めて辺りを見回したのだろうが・・・・・。この川柳には当時の「ゆったり」かつ「ほのぼの」とした光景の他に、芭蕉に対する畏敬の念が垣間見えるから、不思議で面白い。

  芭蕉爺さんが、江戸時代に中国由来の品種から作出した「狆」(チン)を連れて散歩していたら、これまた「珍事」でもあるまい。現代には無い「ゆたァー」とした時の流れが羨ましい。


  次に「寺小屋」(手習所=てならいどころ)である。

  江戸の「寺小屋」は全国津々浦々に、推定で5万箇所以上あったという。現在の小学校数は2万3000校だそうだ。規模は数名〜数百名、2階建てで数棟もあるものまでまちまちであった。入学年齢やその時期、在学期間、指導方法や教科・・・・・登校時間など師匠によりまちまちであったとされる。多くは自習形式で時に個別や一斉指導があった。算盤(そろばん)や謡曲、裁縫、漢籍(中国の書物。中国人が漢文で書いた書物)なども教えたというから、現代にも無い「総合塾」であった。

  興味深いのは、先輩が後輩に教えたり、一般の大人、例えば旅館(旅籠屋=はたごや)の女将や大工などが仕事上で必要に迫られた場合、勉強(特に読み書き・勘定)したければ自由に門戸が解放されていたというから、凄くて驚きだ。だから、江戸期の日本人の識字率は世界一であった。

  師匠との関係は親子以上で、師匠は地域の最も尊敬された職業であった。今でいう地域の「子育てネットワーク」も自然と整っていた。人々の縦なり横なりの繋がりも自然と密で強かったのだ。

  意外や意外、教育法は当時フランスなどヨーロッパのスパルタ方式ではなく、トクトクと説き教える教育法であった。これらを裏付ける絵・資料も多く残されている。
 
  小生が小学生の頃、夏休みは毎日、朝の6時半から部落単位の集合ラジオ体操があった。ラジオの電波が悪い日はテープを流していた。早寝早起きだ。安井息軒(清武町出身、1799-1876)の3計の訓(おし)え・・・1日の計は朝(あした)に有りだ。10日に1回は部落(小字)の寺小屋風の公民館(山口県萩市の松下村塾=1856年=安政3年開塾と同等位の古びた建物だった)で、小学1年生から中学3年生全員が集い、長い木机を並べて、午前中いっぱい勉強を教え合った。床は勿論、板に茣蓙(ござ)敷きであった。「夏休みの友」も先輩に習って片付けた。現在のような塾も無く、親は両方とも稼ぐのに精一杯で、子供の勉強の手伝いなどトンでもない時代だった。

  未だ嘗て、小生の生まれ育った村には塾が存在しない。否、否、江戸時代には5万分の1の立派な「寺小屋」なる「塾」が存在したのだ。そうに違いあるまい。あの小学校時代を時に懐かしく思う。教わった先輩達の御健勝を祈ろう。

  ここで実際にあった笑い話を一つ披露しよう(小生の身近な実在の人の話なので、本邦初公開)。今の国会議員の中には、故・松下幸之助(1894-1989)氏が開いた「松下政経塾」の卒塾者が何人かはいる。ある東京の青年が、萩市観光で吉田松陰(1830-1859、安政の大獄で処刑)開塾の「松下村塾」を見て、その貧弱さ・みすぼらしさに、「松下幸之助もドケチで大したことねェなー」と割合に大きな声を発したらしい。物事は見た目では無い。培われ、育成される精神(魂)が重要で、決して見て呉れ(外見)ではない。

   つづく。

固定リンク | 2007年09月11日【12】

キチンとせにゃーいかんじゃねぇーか「宮崎地鶏炭火焼」

  東国原英夫県知事の貢献で宮崎ブランドが大ブレイクしつつある。宮崎マンゴーに、ピーマン、宮崎牛・・・・・。

  しかし、地鶏の炭火焼は30年位前から知る人ぞ知るの感はあった。鶏(とり)の品種や飼い方によるのではなく、焼き方に特徴・独自性があるのが「宮崎地鶏炭火焼」だと長い間信じ込んでいた。今もそれに変わりはない。
  
  小生の識るところでは、炭はもちろん、昔ながらの大きな火ばさみ、火ばさみで少々乱暴に鶏を躍らしてもバランスの崩れない大きな鉄網、それにプラス・・・・・このプラスが宮崎地鶏炭火焼の真髄・・・真骨頂だと思われるが、鶏を網の上で自在に操りながら、程よい火加減の炭に滴下する脂だ。炭も樫の備長炭でないと妙味がでない。どれ一つが欠けても「宮崎地鶏炭火焼」にはならない。脂の滴下で炎がたち、これらの要素が相乗することで、中が半生で側が炭と脂が微妙に絡んだ、黒くに炙られテカッた「宮崎地鶏炭火焼」が完成する。

  中途で余談になるが、焼き方もパフォーマンスで、味の重要なファクターだ。腰を左右に振り両足でリズムをとりながら、一気に仕上げる。アメリカ留学中に良く通った鉄板焼きの日本料理店の正に侍風の料理技には感動し、失笑したことを思い出す。

  しかし、しかしだ。この油については宮崎地鶏炭火焼の「名手」たちは多くを語らないし、教えてももらえない。ある店で酔っ払った店主のチラリと滑った言によると、どうも鶏そのものの皮下脂肪が素(=そのもの)ではないかと察した。

  ブランドは築き上げるもので、自然の流れでは中々流布できない。それになんといっても時間が掛かり過ぎる。

  福島県喜多方市のラーメン、栃木県宇都宮市の餃子、静岡県富士宮市の焼きそば、黒はんぺんと緑茶焼酎で有名な静岡市青葉町のおでん横丁、大分県臼杵市のトラフグ、銀座・築地界隈の鮨・・・・・最近では長崎県佐世保市のハンバーガーなど、など。努力と結束が必須だ。

  西都市の岩倉酒造場の「月の中」、霧島酒造の三霧「白霧・黒霧・赤霧」のなかでもで特に黒霧、朝採れ黄金千貫で造り全日航の国際線機内酒となった国富町の「川越」・・・・・のブレークで宮崎の焼酎は全国区を勝ち得た。

  しかし、鹿児島の県庁・県民挙げての宣伝作戦には一歩も二歩も、いやそれ以上に遅れをとった。鹿児島は芋焼酎ブームの到来と見るや、いち早く著名人や有名ソムリエを起用して雑誌やテレビで宣伝した。焼酎雑学なる単行本まで出す念の入れ様で、そのなかに紹介されている銘柄の多くは鹿児島焼酎であった。宮崎の焼酎は片隅に置かれた。

  そんな中、現在CM中の「黒霧島」の宣伝には好感がもてる。九州圏内ではあるが他県の郷土料理をネタにするところがさすがだ。視野、懐の深さ・広さを感じる。

  地鶏に戻るが、ブランドにはコンセプトがあり、偽りが有ってはならない。通常のガスコンロでフライパンに食用油を敷いて調理した鶏は、余りにもおこがましくて「宮崎地鶏炭火焼」とは名のれないであろう。

  コンセプトの中で切磋琢磨して「技」を磨けば、それは逆に個々の店の独自性が出てくることになる。全国の「宮崎地鶏炭火焼」ファンの肥えた舌を唸らせるのは間違いない。たとえば福岡の天神や中洲、東京の新宿・高田馬場辺りで宮崎より美味い「地鶏炭火焼」屋ができたら、とんでもなく哀しい。

  宮崎の・都会にはない・本当の・今我々宮崎人が吸い込んでいる「空気」の美味さと宮崎の食材がマッチすることが重要だ。

  知事一人に頼るのではなく、県民特にブランド創りに知恵を結集しようとしている各業界は、この点「てげてげ」とか「いっちゃが、いっちゃが」では困る。

  近い将来、繁華街(飲み屋街)よりちょっと離れた橘通り東辺りに「宮崎地鶏屋横丁」が誕生して貰いたい。県庁傍の閑静な、楠並木から放出される酸素とマイナスイオンの多い処が好かろう。

  小生がよくお世話になる「宮崎地鶏炭火焼」は清武町あさひ1丁目(ミスドーの裏通り)の屋号が「とりの家(や)」(0985-85-4515)というオーソドックスな店だ。脱サラの青年焼職人・関谷剛一さん(37歳)の焼く「骨付きもも」が、病みつきになる旨さだ。鶏や炭、脂は勿論だが、特に塩にこだわった”焼きの一品”だ。

  「ふく膳」(西銀座通り、0985-31-3690)の大将・福島久男さんも達人直伝の手法で焼く、正しく焼職人だ。カウンターに陣取り、地鶏が目前にくるまでの約10分間は大将から目を離すこと無かれ。パフォーマンスも料理人の資質の一つであることが、絶品を噛みながら理解できること、請け合いである。(「ふく膳」はコラム「グミ」を参照)。

  注;昨今、農林水産省と厚生労働省の指導でその飼養法により「地鶏」のメニュー表示に注意が必要のようです。


   

固定リンク | 2007年09月05日【11】

昨今の獣医師雇用事情

  小生は修士課程(2年間)積み上げの獣医6年制の第1期生である。当時、とは言っても23年前のことだが、宮崎大学の場合、修了生30人の就職先は県庁などの公務員と牛・馬の大動物(主に共済組合)、それに製薬会社が主で、小動物の動物病院志望は4〜5人に過ぎなかった。大学院の博士課程に進学したのは小生だけであった。

  小動物に進んだ中には、中途で大動物関連に転向したものもおり、聞きしに及ぶところでは現在3人のみが小動物の診療にしがみついているようである。男で動物病院を開業しているのは小生ただ一人であるから、淋しいかぎりだ。

  獣医学部がある大学は国立では北大のみ、獣医学科は北から帯広畜産大、岩手大、東大、東京農工大、岐阜大、鳥取大、山口大、宮崎大、鹿児島大がある。私立では酪農学園大、北里大、日本獣医生命科学大学(旧;日本獣医畜産大)、日大、麻布大にあり、公立では大阪府立大にある。定員は国公立が1学年30〜50人、私立が100〜150人である。毎年約1000人がめでたく獣医師となる。

  我々の学生時代は30人中5〜6人が女性であったが、その後女性の比率が急激に増し、今は半数以上が女性である。大学によっては女性が80%を超える学年もある。

  昨今は全体の半数以上の卒業生が伴侶の動物病院に就職する。

  大動物関係が減少している背景には農場(農家)の規模拡大に伴い、手術などの治療主体の診療体系から、飼養を中心とした管理医療に変化したのが主因だろう。製薬関係ではバイオや遺伝子分野の進歩に伴い、その分野に長けた理学や薬学関係の卒業生を採用する傾向にある。イヌなどの生きた動物を扱える(麻酔や簡単な手術が可能)人材の必要性が薄れたのであろう。

  要は、毎年約500人の新米獣医師が伴侶関係の動物病院に就職するのが現状である。平成17年度の獣医師会報告では、国家試験合格者959人中、518名人(うち女性が271名)が小動物(愛玩動物)病院に就職している。しかし、その多くは東京や大阪などの都会に集中している。
  
  中央から田舎の獣医学科に来た学生は6年間という長きに渡る田舎生活に困憊するのだろうか、彼らの多くはユーターンして行く。逆に、地元の大学に進学した学生は親元を離れたいのと、6年間で熟成された都会への羨望に駆られ、見習いと称して一斉に中央へと流れる。ここでも人間の医療界と同じが如き地方の獣医師不足現象が起こっている。

  そんな中、この9月2日東京より、都内の獣医大学6年の男子学生(いわゆる江戸っ子ではないが、生粋の東京人)が面接と実習に來宮した。たばる動物病院のホームページを見てとのことだ。有り難いことだ。彼も日向灘(木崎浜)の波に恋い焦がれてらしい。早くも午前中は夜間病院の宮川先生の薫陶を受けている。獣医師としての器量もサーフィンの技量と並行して上達するものと確信した。そのくらい、中々の好青年だ。10日までの滞在である。4、5回は街に繰り出して酒量(酒の力量)をチェックせねば・・・・。

  スタッフ一同、来春(3月)の国家試験合格を心より祈願しよう。  

固定リンク | 2007年09月04日【10】

[1]    «    35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41    »    [41]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事