院長コラム

最近の記事

江戸にみる「美しい日本」・その2 (江戸の人口事情)

  日本の人口の推移を推定した資料によると、縄文期は10〜30万人で推移、稲作伝来とともに約100万人が渡来した弥生時代(紀元前4もしくは8世紀)には100〜300万人、大宝律令施行(701)の8世紀には450万、9世紀には550万、10世紀には650万、鎌倉幕府が樹立(1185)された頃には700万人弱、関ヶ原の戦い(1600)の頃が1200万強、享保の改革(八代将軍吉宗の時代)の頃には3000万人を超えた。明治維新(明治元年1868前後)では3300万人、その後急増して太平洋戦争開戦時(1941年)には8390万人となった。「生めよ、増やせよ」、「一億玉砕」の言葉はこの時代のものだ。2006年には1億2693万人でピークになり、今後は減少の一途で100〜150年後には5000万人を切ると予想されている。人口を維持しようと考えるならば、危機的状況である。

  江戸の人口はどうであったか?。

  江戸はその昔、東(あずま=京都からみた関東一帯、あるいは鎌倉・鎌倉幕府・江戸をいう称)の国と呼ばれ、東武士は荒々しくて恐れられていたという。新撰組の近藤勇(1834-1868)や土方歳三(1835-1869)(どちらも武蔵の人)はその血を引く。

  江戸に遷都した後の1640年頃には京都に追いつき、1695年には85万人で日本一となった。18世紀(1700年)になると100万人を超え、1837年にはロンドン、パリを追い抜き128万人で世界一となった。居住地は現在の東京(1868年に改称)都より狭いが、人口密度は現在の約3倍であったという。八百八町、延いては7000町として栄えた。

  江戸の人口は、江戸城や大火後の普請で、大工などの労働力が不足した為、田舎から人々が上京(流入)して増加した。江戸や京都、大阪などの人口密集地の出生率は晩婚などの理由で田舎に比べて低く、反対に疫病(伝染病)が流行ると急速に伝播するため江戸の死亡率は高かった。そのため、長男以外の余剰の「田舎人」は奉公人と称され、都へ流れた。江戸の人口増加は、現在東京の人口が増えているのと同様に、「田舎人」の貢献によった。当時、実質は「口減らし」で有ったのかもしれないが、江戸が発展したのは「田舎人」のお陰であったことは、紛れも無い事実である。

  現在の日本と似かよった現象が見られたことになる。小学・中学・高校、場合によっては大学まで、税金を使って大切に養育した地方の若者が、次々に東京へと流れる。東京をはじめ大都会の労働力となり、それが消費を拡大させ、いわゆる「東京のひとり勝ち」の事態を生んでいる。

  「ふるさと納税」論議も良いが、国(国会議員と官僚)や都知事は、地方に対して優しい言葉はもとより、「感謝の念」を表して貰いたい。至極当然ながら「労働力提供税」なるもので、地方に還元して貰いたい。労働力なくして、経済など有り得ないし、語れない。「良いとこ取(ど)り」の大都会は許せない。

  東国原英夫氏は東京生活が30年を超えて、県知事に就任した。小生は以前より、地方の知事や市町村の首長は地元の生抜きでは問題があると思っていた。都会人が地方に何を欲しているか、直感的に見抜けないし、読めないからだ。奇策妙案(奇抜なアイデアや名案)を講じることなど先ず不可能だ。
  
  江戸時代に限らず、都会で諸々のノウハウ(know-how)を習得した「地方人」は、頃合を見てU-ターンし、地方をもりたて活気づけた。昭和の故・岩切章太郎氏もその一人であろう。

  県庁などの行政機関は、都会や国外で生活、活躍している宮崎県出身者に眼を光らせ、中途採用枠を設けるなど、人的財産の確保に吝(やぶさ)かであってはならない。

  意味は多少異なるが、「蝶よ花よ・・・・・」と育てられた「田舎」の若者が、都会で沢山の蜜を吸い、肥しを貰って大輪を咲かせ、脂の乗った時に帰県することを切に願う一人である。    

  つづく  

固定リンク | 2007年09月17日【13】

九州の最後の巨匠「高山辰雄」画伯逝く。

  昨日9月14日、九州出身で画界の巨匠の一人が、また逝った。日本画壇の重鎮・高山辰雄(1912-2007)である。

  九州は画家の宝庫であった。黒田清輝(1866-1924、「舞妓」=重文、東京国立博物館蔵)は鹿児島出身の洋画家で、法学研究のため渡仏(9年間)するが、印象派(外光派的技法)のコラン(1850-1916)に影響を受け、画家に転身した。黒田清輝と、裸婦がモティーフ(motif)の岡田三郎助(1869-1939、佐賀市、「水浴の前」=ブリヂストン美術館蔵)、東京美術学校校長の和田英作(1874-1959、鹿児島、「渡頭の夕暮」=東京芸術大学大学美術館蔵)の3人を称して「九州の三田(さんでん)」という。

  他に洋画では「黒扇」(重文、ブリヂストン美術館蔵)の藤島武二(1867-1943、鹿児島)、海老原喜之助(1904-1970、鹿児島)、児島善三郎(1893-1962、福岡)、古賀春江(1895-1933、久留米)、東郷青児(1897-1978、鹿児島)、田崎広助(1898-1984、福岡)、牛島憲之(1900-1997、熊本)、鴨居玲(1928-1985、長崎)など、有名どころがずらりだ。

  それに日本洋画界の最高峰はなんと言っても久留米出身の青木繁と坂本繁二郎である。2人は同級生で親交が深かった。天才・青木繁(1882-1911、「わだつみのいろこの宮」と「海の幸」=重文=ブリヂストン美術館蔵)は、世間にその才能を認められることなく夭折した。対照的に晩成の繁二郎(1882-1969、「放牧三馬」=同蔵)は長命で名声を得た。

  繁二郎が久留米の小学校で図画教師をしていた頃の教え子の一人が、(株)ブリヂストンタイヤの創業者・故石橋正二郎(1889-1976)であり、繁二郎は地下足袋からタイヤで財を成した正二郎に大天才・青木の絵画収集の工夫をもちかけた。繁二郎はデッサン力や創造性など青木の秀でた能力を最もよく知る人物の一人であった。久留米市と東京駅前のブリヂストン美術館には青木をはじめ錚々(そうそう)たる画家、巨匠の収蔵がある。当然の成り行きか、九州出身の洋画家の作品が多い。正二郎は竹橋の東京国立近代美術館を建造し寄贈した。

  高山辰雄は大分市出身の日本画家である。東山魁夷(1908-1999)、杉山寧(1909-1993、三島由紀夫の義父)と並んで「日展の三山(さんざん)」と称された。最後の「一山」が逝ったことになる。加山又造(1927-2004)、平山郁夫(1930-)を加えた「現代日本画の五山」も健在は平山画伯1人である。「五山」とも文化勲章の受章画家であり、それぞれに個性溢れる画風を産み出した。

  「五山」とも風景画や静物画、人物画など、そのモティーフは多彩だが、魁夷は湖や閑林の「馬」が佳く、杉山と加山の「猫」は筆舌に尽し難く、平山の「駱駝」はワールドワイドに有名だ。辰雄は幽玄の境地の「犬」がなんとも好い。動物をモティーフにしたものはどれも人気だ。

  乳白色の肌の「裸婦」と「猫」で有名な、世界で最も良く知られた日本人画家(芸術家)のレオナルド・藤田(1886-1968、仏に帰化)も、御多分に洩れず、ルーブル美術館で「モナ-リザ」を模写した。「このモナ-リザは贋作である。」と言ったという。理由を聞くと「ダ・ヴィンチが俺より下手である筈が無い。」と応えたというから、凄い。

  陶芸家・北大路魯山人(1883-1959)に師匠は居なかった。先人の「名品」を数多く収集し、眺めては愛(め)で・語らい、「名品」を師匠とし、独自の作風を創造した。

  我が宮崎県は画家をはじめ芸術家の輩出が少ない。洋画では佐土原藩の藩士の子息で婦人画の中沢弘光(1874-1964)、日本前衛美術の先駆者で名高い瑛九(1911-1960、本名=杉田秀夫)、藤田の下で戦争画収集に奔走した山田新一(1899-1991、西欧の婦人像や風景)、日本画では山内多門(1878-1932、橋本雅邦・川合玉堂に師事、帝展の審査員、「山村秋色」)、美人画の益田玉城(1881-1955)がいる。

  宮崎県立美術館は、美術を愛する子供や美術に対する潜在能力の高い子供たちについて、美術館を開放するばかりか、所蔵品に関しては模写を許すくらいの度量が要求されよう。子供の時期に最高のものに触れなければ、世界に通用する感性は育たない。

  高山辰雄は幼少の頃から豊後竹田生まれの文人画家・田能村竹田(1777-1835)の書画に親しんで育った。文化勲章受章の日本画家・福田平八郎(1892-1974)も大分市生まれだ。どことなく二人の画風は似ているようにも思える。
  
  「人間とは何か?」を問い続けた巨匠は、終(つい)には答えを見出したのだろうか。その作品は、森羅万象が荘厳であり、人間に限らず全ての生命の深遠なることを表現、教示してくれた。

  偉大な”求道者”に合掌。

 

固定リンク | 2007年09月15日【14】

江戸にみる「美しい日本」・その1(教育事情)

  小生は日頃より、歴史に多少の興味があり、年代を記憶することが楽しみの一つだ。周知の如く、日本国が最も平和・平穏で、かつ文化が創造・醸成された、絢爛の時代は江戸時代(1600または1603-1867)だ。江戸時代について暇を見つけては調べると、殺伐とした現代日本が今後目標とする国造りの見本として、見習うべき点が多々あることに気づく。幾つか挙げてみよう。

  「芭蕉翁ぼちゃんというと立留り」。

  現代人に人気の俳諧ベスト2は、正岡子規(1867-1902)の「柿くえば鐘が鳴るなり法隆寺」と、松尾芭蕉(1644-1694)の「古池や蛙飛こむ水のをと」という。芭蕉はこの句で当時の庶民に「音」という新しい感覚表現を教えた。

  芭蕉爺(じい)さんが、深川の「芭蕉庵」辺りを散策でもしていたのであろう。芭蕉を知る者が擦れ違い様に、蛙が池に飛び込んだ時の水の音・「ぼちゃん」を口で真似た瞬間、耳がまだ達者であったろう芭蕉はそこらに蛙が居るものと思い、歩くのを止めて辺りを見回したのだろうが・・・・・。この川柳には当時の「ゆったり」かつ「ほのぼの」とした光景の他に、芭蕉に対する畏敬の念が垣間見えるから、不思議で面白い。

  芭蕉爺さんが、江戸時代に中国由来の品種から作出した「狆」(チン)を連れて散歩していたら、これまた「珍事」でもあるまい。現代には無い「ゆたァー」とした時の流れが羨ましい。


  次に「寺小屋」(手習所=てならいどころ)である。

  江戸の「寺小屋」は全国津々浦々に、推定で5万箇所以上あったという。現在の小学校数は2万3000校だそうだ。規模は数名〜数百名、2階建てで数棟もあるものまでまちまちであった。入学年齢やその時期、在学期間、指導方法や教科・・・・・登校時間など師匠によりまちまちであったとされる。多くは自習形式で時に個別や一斉指導があった。算盤(そろばん)や謡曲、裁縫、漢籍(中国の書物。中国人が漢文で書いた書物)なども教えたというから、現代にも無い「総合塾」であった。

  興味深いのは、先輩が後輩に教えたり、一般の大人、例えば旅館(旅籠屋=はたごや)の女将や大工などが仕事上で必要に迫られた場合、勉強(特に読み書き・勘定)したければ自由に門戸が解放されていたというから、凄くて驚きだ。だから、江戸期の日本人の識字率は世界一であった。

  師匠との関係は親子以上で、師匠は地域の最も尊敬された職業であった。今でいう地域の「子育てネットワーク」も自然と整っていた。人々の縦なり横なりの繋がりも自然と密で強かったのだ。

  意外や意外、教育法は当時フランスなどヨーロッパのスパルタ方式ではなく、トクトクと説き教える教育法であった。これらを裏付ける絵・資料も多く残されている。
 
  小生が小学生の頃、夏休みは毎日、朝の6時半から部落単位の集合ラジオ体操があった。ラジオの電波が悪い日はテープを流していた。早寝早起きだ。安井息軒(清武町出身、1799-1876)の3計の訓(おし)え・・・1日の計は朝(あした)に有りだ。10日に1回は部落(小字)の寺小屋風の公民館(山口県萩市の松下村塾=1856年=安政3年開塾と同等位の古びた建物だった)で、小学1年生から中学3年生全員が集い、長い木机を並べて、午前中いっぱい勉強を教え合った。床は勿論、板に茣蓙(ござ)敷きであった。「夏休みの友」も先輩に習って片付けた。現在のような塾も無く、親は両方とも稼ぐのに精一杯で、子供の勉強の手伝いなどトンでもない時代だった。

  未だ嘗て、小生の生まれ育った村には塾が存在しない。否、否、江戸時代には5万分の1の立派な「寺小屋」なる「塾」が存在したのだ。そうに違いあるまい。あの小学校時代を時に懐かしく思う。教わった先輩達の御健勝を祈ろう。

  ここで実際にあった笑い話を一つ披露しよう(小生の身近な実在の人の話なので、本邦初公開)。今の国会議員の中には、故・松下幸之助(1894-1989)氏が開いた「松下政経塾」の卒塾者が何人かはいる。ある東京の青年が、萩市観光で吉田松陰(1830-1859、安政の大獄で処刑)開塾の「松下村塾」を見て、その貧弱さ・みすぼらしさに、「松下幸之助もドケチで大したことねェなー」と割合に大きな声を発したらしい。物事は見た目では無い。培われ、育成される精神(魂)が重要で、決して見て呉れ(外見)ではない。

   つづく。

固定リンク | 2007年09月11日【12】

[1]    «    33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39    »    [40]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事