院長コラム

最近の記事

今週のつぶやき親仁・2020年8月2日(日)〜8月8日(土)

●「8月6日と9日に広島市、長崎市の両被爆地でそれぞれ開かれた平和式典での安倍晋三首相のあいさつの文面が酷似しているとして、被爆者から『何のために被爆地まで来たのか。ばかにしている』と怒りの声が上がった。」(KYODO)・・・・・・そもそも日本人は太平洋戦争という無謀の戦争を起こしたのか。ただただ「戦争反対」とか「核兵器廃絶」とかを御題目のように唱えているばかりでは埒が明かない。開戦に至った経緯を正確に検証し、そこから戦争回避への解を見つけなければならない。もうすぐ終戦記念日である。もう一度勉強し直そうと司馬さんの「この国のかたち」を改めて手にした。再読だが、もう数回は読み返さないと真意が五臓六腑に沁みてこない。この数日の課題である。8月10日。

参考:「この国のかたち・一」(司馬遼太郎・文春文庫)の「あとがき」から
(略)私はいまだに二十代前半であった自分から離れられずにいる。そのころの私は、憲法上の義務によって兵役に服していた。(略)兵役期間中、だれでもそうだったろうが、即座に死ねる自分でありたいと思いつづけていた。なんのための死ということではなく、さらにいえば死に選択はなく、よき死も悪しき死もないと思っていた。(略)当時の彼我の戦争の構造は、対戦というものではなく、敵による一方的な打撃だけで、もし敵の日本本土上陸作戦がはじまると、私の部隊は最初の戦闘の一時間以内に全滅することはたしかだった。(略)終戦の放送をきいたあと、なんとおろかな国にうまれたことかとおもった。(むかしは、そうではなかったのではないか)と、おもったりした。むかしというのは、鎌倉のころやら、室町、戦国のころのことである。やがて、ごくあたらしい江戸期や明治時代のことなども考えた。いくら考えても、昭和の軍人たちのように、国家そのものを賭けものにして賭場にほうりこむようなことをやったひとびとがいたようにはおもえなかった。(略)右にふれた疑問を自分自身で明かしたかったのである。いわば、二十二歳の自分への手紙を書き送るようにして書いた。(略)一九九〇年一月。」


固定リンク | 2020年08月02日【213】

今週のつぶやき親仁・2020年7月26日(日)〜8月1日(土)

●「司馬遼太郎(1923〜1996)のこと
▼わたしが司馬遼太郎記念館(東大阪市下小坂・最寄り駅=奈良近鉄線の河内小阪駅/八戸ノ里駅・安藤忠雄設計)を訪問したのはちょうど3年前の7月でした。ボランティアで案内をしているリタイヤの人が数人いるようでしたが、そのひとりの方と椅子に座って司馬さんを語っていた時、何かのことで司馬さんの遺族の話題になりました。司馬さんがバツイチでひとりの息子さんがいたということが、司馬さんの死後、新聞で騒がれたと云うのです。と云うのも、司馬さん死去の直後の大阪の長者番付に突然身元が分からない若い人が現れたそうで、調べるにその方が司馬さんの息子さんだったという話です。周囲には限られた人しかしらない秘匿の過去歴だったのでしょう。皆がびっくりしたとのことでした。
▼司馬さんの結婚歴を紹介すると
1950年(昭和25)、大阪大学医局の薬剤師と見合いにより最初の結婚。
1952年(昭和27)、長男が誕生。
1954年(昭和29)に離婚。長男は実家の福田家に預けられ祖父母が養育。
1959年(昭和34)、同じ産経新聞記者の松見みどりと再婚。福田(旧姓松見)みどり(1929〜2014)氏との間には子供はいない。生涯浮いた話もなかったと云う。
▼巣ごもり生活、書棚の目に入った「司馬遼太郎が考えたこと・」をぱらぱらめくると、「魚ぎらい」というエッセイが目に留まり、司馬さんの魚嫌いの半端でないことが知れました。司馬さんは池波正太郎さんとも懇意だったそうですが、池波さんほどグルメでなかったのはその類の書き物がないことからも容易に想像できます。京都の先斗町に1952(昭和27)年創業のおばんざいの老舗、「ますだ」があります。司馬さんも贔屓客のひとりで、新聞記者時代からの常連、亡くなるまで年に数回来店していたようです。店内に飾られている扁額や屛風は司馬さん直筆です。その「ますだ」にわたしも一度足を運んで鱈腹呑んだことがります。店内の壁に「おひとり様、徳利2本まで」と貼られてあるのですが、店主は「お客さんならもう2本は大丈夫です」と言われた記憶が残っております。
▼その「魚ぎらい」のなかに、「女房をもらうとき、彼女はなんと魚は見るのもきらいだということがわかった。これだけでももらう価値があると、私は確信した。差しむかいで魚をバリバリと食われては、まるで食人種と食卓を囲んでいるようで想像するだにゾッとしていたのである。」・・・・・・また、新婚旅行で訪れたひなびた海辺の旅館でだされた近海の上物の鯛に、「きょう宴が始まる前に二人がまずしたことは新聞紙をとりだすことであった。ソッとタイをくるみ、窓から海辺へぬけだして、波のかなたへすてたのです。」・・・・・・と綴られてありますから、司馬さんのそれこそ筋金入りの魚ぎらいが伝わります。
▼そこでわたしの興味の「本題」なのですが、この新婚旅行のお相手は二人のうちのどちらだったのか。この「魚ぎらい」のエッセイが掲載されたのが「たべもの千趣・第二十号」(筆者名は本名の福田定一)で1960年(昭和35)年1月1日です。普通なら10年前のそれも離婚した人のことを書くことはまずないでしょうし、1960年は福田みどり氏との結婚の翌年ですから、これはやっぱり後者との新婚旅行と察するのが妥当でしょう。
▼巣ごもりの何ともたわいのない譚と一笑に付されそうですが、贔屓のひとの秘密を持ち抱いたようで、なんともウフフッの気分になれますから、それだけでもコロナ禍のなか、「憂きがなかにも楽しき月日を送りぬ」なのです。呵呵!!!
Wikipediaなどに司馬さんの私生活が載るようになったのは、つい最近のことです。

7月31日。


固定リンク | 2020年07月26日【212】

今週のつぶやき親仁・2020年7月26日(日)〜8月1日(土)

●「Go To トラベルの”まやかし”」(承継)
▼最近の文春の「Catch Up」に帝国ホテルのコロナ対策が掲載されていましたが、帝国ホテルの場合、お客がチェックアウトして3日間空けたのち消毒をして4日目に新たなお客を宿泊させるという記事でした。きょう見た当ホテルのホームページには3日かではなく2日間空けるとの記載がありました。ここで問題となるのがコロナウイルスの各種環境での生存期間です。わたしは以前にこの問題について取り上げています。おさらいをしてみましょう。
環境の違いによるウイルスの生存期間(米疾病対策センター=CDCとカリフォルニア大学ロサンゼルス校・プリンストン大学の研究チームが米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル」に発表)
・空気中(エアロゾル=1〜5ミクロン=人間の髪毛30分の1=空中に数時間浮遊)で3時間生存
・銅の表面(例:十円玉)で4時間
・(段)ボール紙の表面が24時間
・プラスチックの表面で2〜3日
・ステンレスの表面で2〜3日

・(金属・ガラス・プラスチック上では最長9日間生存。冷温ではさらに最長28日間生存。)
但し、これらのデータはあくまでSARS-CoV-2が対象だが、今回の新型コロナウイルス(Covid-19)も同様であろう・・・・・・と考えられる。5月12日の「親仁のつぶやき」より。ついでながら消毒法についても復習しますか。
簡単で安価な消毒法
・62〜71%のエチルアルコール(1分以内で不活性化)
・過酸化水素0.5%が含まれる漂白剤(1分以内で不活性化)
・0.1%の次亜塩素酸ナトリウムが含まれる家庭用漂白剤(1分以内で不活性化)
・他のコロナウイルスは高温多湿の環境で早く死滅するが、SARS系のコロナウイルスは高温多湿にも他のコロナよりも耐性持ち・・・・・・という考えがある。
5月12日の「親仁のつぶやき」より
▼つい最近、星野リゾートの社長さんがテレビ出演し、「わたしどものホテルでは予約で満室です」と得意気でした。帝国ホテル然り、大手には資金的に余裕がありますから、びくともしないと云うことでしょうか。この度のGo To Travelキャンペーンですが、どう考えても大手に有利のような気がします。日頃手の届かない高嶺の花の高級ホテルに泊まれば、例えば5万円のところを2万円(補助は1泊2万円が上限)の助成ですが、宿泊費としては2万円のうちの70%の補助ですから、その1万4千円が5万円から差し引かれて、手出しは3万6千円となります。3万円の部屋なら、その50%の1万5千円が補助対象となりますが、その実は1万5千円の7割ですから、願いましての手出しは1万9500円と相成ります。(3割は地域共通クーポン。現在未だ適応開始されていない。)
▼5つ星の帝国ホテル(因みにわたしは会員ですから少し詳しいのですが、通常のチェックアウトは正午(12時)、会員だと追加料金なしで午後3時までステイできます)が中2日間空けるとなるとチェックアウトから次客のチェックインまで丸3日間以上の空室状態を確保できますから、上記のウイルス生存期間(不活性までの時間)を十分にクリアすることになります。
▼そこで急に脚光を浴びているのがC波紫外線です。従来の紫外線滅菌器などに利用されてきた波長の紫外線を人体が浴びると皮膚がんや白内障などの悪影響があります。ところが222nmの波長のC波紫外線では、数分の照射によってコロナウイルスが殆ど不活化されるばかりか、人体への影響が殆どありません。ウイルス不活化の機序は、DNAとRNAに損傷をあたえることでウイルスの増殖を喪失させるというものです。ちなにみ宮崎に日機装(株)という会社が誘致されていますが、この会社が最近、このC波紫外線の製品化に成功しています。この装置が普及すれば、ホテルは勿論、空港や機内、バスの車内でのコロナ対策に驚異的な貢献を果たすことでありましょう。随分と旅の快適性が向上すること請け合いです。
▼安倍のマスク8000万枚の再登場・・・・・・効率的な税金の使い方を限りなく要望するものであります。
▼余談ながら、わたくしは雑誌や文庫本を買ってきても1〜2日はそこらに放置しています。コロナが死んでから改めてゆるりと手にします。(用心深いでしょう)。

7月28日。


固定リンク | 2020年07月26日【211】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [63]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事