院長コラム

最近の記事

今週のつぶやき親仁・2021年2月7日(日)〜2月13日(土)

●「日本に居なくなったか? 好々爺
▲「大きな人物の落つるのは寂しい。大きくして暖みのある人格の世を辞するのは限りなき愛惜だ。渋沢翁は明らかにブルジョアジイの一人であるが、その故に翁を憎むものは不思議にない。大衆はブルジョアジイに対して根深い反感を持つが、翁に対してだけは除外例だ。無産政党の人達でさへも『よき、をぢさん』と考えてゐるものが多い・・・・・・」。これは1931年、渋沢栄一が亡くなった際の、雑誌「サラリーマン」の追悼文の書出しという。(城山三郎著「雄気堂々・上巻」・新潮文庫・p15)。
▲森翁も二階翁も、鬼籍に入る際、愛惜の涙を流す国民が如何程か、もうそろそろお考えになったほうがよろしいようで!!! 「よき、をぢさん」を演出するには遅すぎるようですが、少なくと残りの晩節が今以上に崩れ汚れることがないことを祈っております。
2月10日。

●「日本に居なくなったか? 好々爺
▲この数日、「日本の好々爺」は誰だろうかと広く見渡し途方に暮れていますが・・・・・・それでもありもしない拙い見聞をもとに私見を言わせてもらいましょうか。
▲そうですね、先ずは土光敏夫(1896〜1988)氏、あの「メザシの土光さん」です。子供のころにテレビで拝顔しましたので、それも食卓で目刺を食っているところのシーンですな。清貧の土光さんであります。経済団体連合会第4代会長に就任し、「ミスター合理化」として「土光臨調」と称されている第二次臨時行政調査会でも辣腕を振るった好々爺です。政治家では「カミソリ」の異名をもった後藤田正晴(1914〜2005)氏。同じく「黄門さま」と言われた政界の御意見番こと、渡部恒三(1932〜2020)氏。先ほど鬼籍に入られた作家で「日本のいちばん長い日」の半藤一利(1930〜2021・夏目漱石は義父祖)氏。そして「竜馬がゆく」の司馬遼太郎(1923〜1996)先生。そして新一万円札の渋沢栄一(1840〜1931)氏。
▲ところで「好々爺」なる人物像は・・・・・・辞書的には「人のよい老人。にこにこしたやさしそうな老人」とありますが、私的には「端的な表現で”コト”の真髄を語り、若者に分かりやすく語りかけ希望や夢を与え、にこにこ顔をもってうっとり聞き入るような話術をもった、ユーモラスな『人(間)たらし』の爺様と言ったところでしょうか。総じて、文句なしで人生の目標にしてみたい人物でしょうか。
▲そこで一文。「人間は誰でも、ただ、その人と同時代に生れたこと、その人と同じ空の下で同じ空気を吸っているのだ、と思うだけで心の支えになる・・・・・・『司馬先生なら、きっと・・・・・・』・・・・・・いと親しげにお名前を口にするだけで、ああ、とっても倖せ。・・・・・・」。これは、「二十四の瞳」の高峰秀子(1924〜2010)氏が書かれた司馬遼太郎先生への追悼文です。(平成28年3月1日発行の「司馬遼太郎の真髄『この国のかたち』・文藝春秋永久保存版・pp140〜151・原文は「文藝春秋」1996年5月臨時増刊号より)。
つづく。2月9日。


固定リンク | 2021年02月07日【233】

今週のつぶやき親仁・2021年1月31日(日)〜2月6日(土)

●「日本に居なくなったか? 好々爺
▲トランプ退き後のジョー・バイデン氏の年齢は78歳。菅義偉首相は71歳。世界の指導者も必ずしも若くはないんですが(菅さんに年寄り扱いは失礼?)。そんな中、83歳の森喜朗元首相で現東京オリ・パラの競技大会組織委員会会長の発言が物議を醸しています。今に始まったことじゃないが、人生の花道と捉え晩節の全エネルギーを費やしてきたオリンピックへの執着が余程強いと思われますが。周りの空気を読めない森氏の状況は、今や、老害の域です。
▲森喜朗元首相に限らず日本の指導者や上に立つ者の高齢化が目立ちます。その筆頭のひとりが御年83歳の二階俊博自民党幹事長ですが、先の通常国会本会議場に登壇し演説をなすっていましたが、登壇降壇の折には手摺の支えが必要でした。経団連会長の中西弘明氏は74歳ですが、中西氏は病気療養中でこのコロナ禍の日本経済の指南役として果たしてその重責が担えるか、担え切っているか大いに疑問です。
▲何も高齢者の老害を責めているのではありません。杖を突いてでも腰が曲がっていても頭脳明晰で矍鑠とした方はごまんとおられます。何もいきり立って恫喝するのが立派なロートル(老頭児)ではありません。突拍子に何か奇抜なことを言うのがロートルでもありません。入院先の病室からリモート出演して明日の日本経済のありようを語るのがロートルではありまん。これらは若者の才能や勇気や正義心を沸き起こすものではなく、反対にそれらを失せさせる正に老害なのです。
つづく。2月4日。


固定リンク | 2021年01月31日【231】

今週のつぶやき親仁・2021年1月24日(日)〜1月30日(土)

●「旧暦と新暦◆Ρ芝に閏月に閏秒に隠遁生活
▲新暦の閏年と旧暦の閏月の違いはどこにあるのでしょうか?
▲ 旧暦の月の満ち欠け(平均朔望月=約29.530 589日)による12か月は約354.3671日となります。新暦の1年である約365.2422日と比べ約11日ほど短いので、この旧暦をこのまま使い続けると暦と実際の季節が大幅にずれてしまいます。このずれは3年間(36か月)で約33日となり約1か月分となります。そこで3年に一度、1年を13か月として季節とのギャップをなるべく少なく調整するのです。この挿入された月が「閏月」と呼ばれるのです。
▲同様に新暦の一年も365.0000日ではなく約365.2422日ですから、4年に一度、閏年を設けて1日を足すわけです。実際には毎年2月の28日を、4年に一度、29日とするのです。それでも時間が合わなければ、何年かに一度、ある月に1秒の時間調整を行います。これが「閏秒」と言われるものです。
▲旧暦は月の満ち欠けでその日がその月の何日なのか、暦が無くてもおおよそ知ることができますから、明治や大正生まれの人は月を仰いでそれを知っていたのです。われわれ昭和の人間にとっても困難なことではありません。戦後グァム島のジャングルで長い年月生活(終戦〜1972年まで2の28年間)していた横井庄一伍長(1915〜1997)も月の満ち欠けで年月を計っていたのは有名です。
▲いずれにせよ、暦は人間が考え出したことですから、利用するのも個々の人間です。暦の無い生活をしてみたいものですが、やはり旬な食物を所望するなら季節感は重要です。暦やテレビやスマホの無い隠遁生活を望んでも、この月と太陽と地球の関係性を知っていれば、旨い、快適な生活が送れるのです。
1月27日。

●「旧暦と新暦
▲「親仁ギャグ」で「命日」など旧暦(太陰暦)と新暦(太陽暦・西暦)との食い違いについて書いてみました。両者のどちらが現実の季節、気候に忠実なのか・・・・・・と云う、一見どうでもどっちでもいい事です。旧暦は月の満ち欠けです。実際には0から30の月齢で表され、大雑把ですが、月齢0(=月齢30)は朔月で、月齢15がほぼ満月、月齢7.5が上弦の月、月齢22.5が下弦の月です。三日月は月の第3夜過ぎ頃に出る月です。
▲この月齢の0から30を30等分したのが1日です。月齢は地球とその衛星である月との関係です。決まってこの周期を守っているのですから、月齢を時間の基準としたものです。これを太陰暦の旧暦としたのです。
▲ところが季節や気候は太陽との関連が深いので月を抜きにして考える必要があります。これが太陽暦の新暦です。これは地球が太陽の周りを365日かけて回るのです。
▲しかし旧暦も新暦も人間が都合よく考え出したものなので、どうしても季節や気候の違いが生じます。そこで考えたのが旧暦の場合は閏月であり、新暦では閏年となります。
つづく。1月26日。


固定リンク | 2021年01月24日【232】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [70]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事