院長コラム

最近の記事

今週のつぶやき親仁・2021年6月6日(日)〜6月12日(土)

「新型コロナと旅」
▼1週間の経つことの早いこと。パンデミックになったから早いのか、意外である。(きっと歳のせいでしょうが)。いろいろもめていたがオリンピックも開催が決定的となった模様だ。G7サミットの強力な後押しとお墨付きをもらったからだ。
▼そのオリンピック開催を可能としたのがワクチン接種である(名目上だが)。ファイザー社とモデルナ社のワクチンは、mRNAワクチンと呼ばれるもので、ウイルス表面のスパイク(ヒトの細胞表面に存在する受容体と結合する)に対する抗体産生を促す情報をもった遺伝子(DNA)のコピーである。台湾に提供されたオックスフォード・アストロゼネカ社のワクチンは、ウイルスベクターワクチンと呼ばれるもので、新型コロナウイルスとは違うウイルス(アストロゼネカ社製はチンパンジーのアデノウイルスを利用)に新型コロナウイルスの遺伝子を組み込ませて抗体を産生する仕組みである。ロシアも中国もジョンソンエンドジョンソン社も、このベクターワクチンである。
▼mRNAワクチンは、DNAではないので、抗体産生の初期役目を終えると分解吸収されるから安全性が高いとされる。しかし、日本国内で既に接種されたファイザー社製はじめ約1500万回のワクチン接種後の死亡例は196例という。(ワクチンとの因果関係は国内外を含めて不明である)。外国では若者で心筋炎を惹き起こす事例も報告されている。副作用のない薬はないのだが、「良薬は口に苦し」よりは手厳しい。かつコロナは変異しやすいし、血管炎などを惹起するため、生体の防御機構にとっても手強い相手である。故にワクチン接種は悩ましい。
▼そもそも一般的に、ワクチンの副作用はどのような仕組みで起こるのであろうか。不活化にしろ生ワクチンにしろ、その多くは不純物による。不純物とは、ワクチンの製造過程で使用する他種の蛋白(ウイルスの増殖のために使う他種の細胞や培地)などである。mRNAワクチンではmRNAを包み覆う脂質系の物質がそのひとつとされる。被覆するとは脂質系の膜が「細胞膜」の代用なのである。化粧品などにも含有されている可能性があることから、その物質が抗原となり得るのである。余談だが、猫の伝染性腹膜炎は下痢や嘔吐のコロナウイルスが変異した結果、不知の病となる。いわゆる中和抗体が産生されず悪性の抗体がはびこって血管炎を惹起するものだ。小児のリンゴ病(川崎病)についてもコロナウイルスとの関連性が指摘されている。
▼世の中には強者も少なくない。早く孫に会いたいのは孫だけに愛くるしいが、強者はGo To トラベル再開前にいち早く接種して全国を旅行脚しようとするものだ。閑散としている観光名所を存分に堪能しようとの魂胆である。新型コロナで生まれた「強制貯蓄」の20兆円。我々年配者の巣籠鬱憤をはじかせるのは、やはりこの”旅”であろうか。
6月12日。


固定リンク | 2021年06月06日【244】

今週のつぶやき親仁・2021年5月30日(日)〜6月5日(土)

●「コロナバブル
▼今、銀座界隈を中心にコロナ禍で行き場を失ったマネーが溢れているそうだ。昨今は上げどまりの様相だが、3万円越の実態を伴わない株の高騰。▼LOT.123 ペトリュス (ボルドー)1982 1imperial・落札予想価格:170万円 – 250万円・落札価格:195万円。LOT.152 ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ モンラッシェ グランクリュ (ブルゴーニュ)・1979 1bottle・1981 1bottle・1983 1bottle・1984 1bottle 計4bottles・落札予想価格:190万円 – 300万円・落札価格:200万円。LOT.174 ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ ロマネコンティ グランクリュ (ブルゴーニュ)・1996・1bottle・落札予想価格:150万円 – 230万円・落札価格:195万円。LOT.181 旭酒造 獺祭 醸造結果出荷合否判定用試飲酒 各種10本 (日本)・落札予想価格:25万円 – 50万円・落札価格:100万円。これらは5月29日の銀座某オークションの落札結果である。▼極めつけは、LOT.202 サントリー シングルモルトウイスキー 山崎50年 (日本)・700ml・度数57%・1bottle・オリジナル木箱付・発送時の外箱付・落札予想価格:2,500万円 – 5,000万円・落札価格:4,600万円である。オークション手数料を加えると、ざっと5千万円也。▼「山崎50年」は、2005年5月に1本100万円で500本を、2007年9月には50本を、2011年12月には150本を販売している。そのうちの1本である。ちなみに「山崎55年」(アルコール度46%)は2020年6月に限定100本を転売禁止の抽選販売したが、香港のボナムズオークションで約8515万円で落札された経緯がある。これは日本ウイスキーの最高値記録。サントリーの最初の販売価格は税込みの330万円であった。「山崎55年」は、「山崎モルト原酒の中から、1964年蒸溜のホワイトオーク樽原酒や1960年蒸溜のミズナラ樽原酒など、熟成のピークを迎えた原酒を厳選しブレンドした」という。本来の「山崎55年」は、「1964年の東京オリンピック前後の原酒をブレンドし、東京オリンピック2020のトリビュートとする予定だったが、開会が流れ、図らずも投機の対象となってしまった」という。▼「山崎50年」は過去にも2800万円で落札されているが、5月29日の4600万円はその倍額である。容量は700mlであるから、1ml当たりの価格は約7万円。24純金1gの相場約7千円の10倍であることから、この「山崎50年」も無論、投機の対象である。▼コロナ禍で行き場を探す、成金マネー。さてコロナが収束する2、3年後はまさに「バブル」(水の泡)となるのでしょうか。5月31日。


固定リンク | 2021年05月30日【243】

今週のつぶやき親仁・2021年5月16日(日)〜5月22日(土)

●「コロナと寝酒
▲コロナの自粛生活が始まったのは実質、2020年の3月からだろうか。もう15か月も継続されていることになる。居酒屋の時短や仕事の都合もあるが、この1年余りで私の生活も随分と変容したもんだ。まずは居酒屋の停留時間が短縮した。ながくても2時間で、ほとんどは1時間半程度だ。客が空いていて料理が早く出るなら1時間もありである。ドドドドっと胃に流し込んで、ものの時間にして10分で酔いが回る。▲家呑みは、従来は呑まないか呑んでも缶ビールの小がひとつ。間違っても焼酎に手を出すことは皆無だったが、コロナが始まってからは「岩井」のロックを寝酒にするさまになり、この2か月はライムと小瓶の炭酸を用意し、3銘柄の「ジン」をアマゾンで取り寄せ、「ジンリッキー」に手を染めだすありさまだ。▲殊にこの「ジンリッキー」は利きが早いときたら魂消る。ショットバー程の濃さなのだが、疲れて居ようものなら2杯、体調が良好でも3杯で寝酒に足りる。▲これは想像だが、炭酸が胃壁の血流増加を促進して胃からのアルコール吸収を増大し、かつ胃の運動を助長しアルコール吸収力が高い腸へいち早くアルコールを送り込んでいるのであろう。▲ニシタチでの一次会の後、口直し気分にショットバーで「ジンリッキー」を吞むことが多いが、次の日の事を考えれば、年寄りの冷や水的な愚行の一つかもしれない。がしかし、それでも美女を侍らす場面でのノンアルコールカクテルは法度だろう。コロナと寝酒の譚でした。5月18日。


固定リンク | 2021年05月16日【241】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [73]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事