今日の「ちょっとイイ譚・ウマイ譚」

最近の記事

今週の「ちょっとイイ譚・ウマイ譚」(2022年2月6日〜2月12日)

●われわれの小中学生時代も当然ながらインフルエンザによる学級閉鎖はあった。検査キットが無い時代だからすべて「みなし」・・・・・・どころか「自己診断」であった。病院には行かずにひたすら熱が下がるのを寝て待った。薬は越中富山の”まんきんたん”の置き薬の「ケロリン」のみ。ケロリンとはアスピリンの商品名で粉薬であった。それにゴム製の水枕も活躍した。冷蔵庫がなかったので氷は無かったが、冬の裏山の湧き水は十分に冷たかった。それが私の体験した昭和のインフルエンザである。
▲周知のようにいわゆる風邪には150種も200種ものウイルスが原因するから、発熱があってもインフルエンザでないことも新型コロナでないことも少なくない。むしろそうでないことの方が多いから新型コロナの陽性率が低い。
▲今も昔も風邪は栄養を摂らなければ治りが遅いことに変わりはないだろう。昭和にタミフルはなかったから、ひたすら寝るか無理して食事を摂るしかなかった。熱が出ると何も欲しくないのは今も昔も同じだ。そういう時の非常時に食うことができたのが、私の田舎の保存食である「切り餅」である。私の田舎の切り餅は、全国的には「欠き餅」というようだ。
▲全国的(一般的)な切り餅は「欠き餅」よりも四角で大きい。身近では「新潟(あるいは魚沼)県産○○○○の切り餅」がそうである。その四角である切り餅をさらに小さく短冊様に切り出したのが「欠き餅」となる。
▲私の「切り餅」(=「欠き餅」)は、備長炭の「七輪」で網焼きして熱い日本茶を注ぎ、それに専売公社の粗塩を一つまみ加える。「切り餅」がほんわりと蕩け出したころを見計らって口に運ぶ。この栄養食は水分と塩分を摂取することにも貢献したのであろう。
▲そしておふくろがこっそり作ってくれたのが「卵焼酎」。「卵焼酎」は今では幻となった甲類焼酎の「巴」を弱火でアルコールの沸点ぎりぎりまで温め、溶いた全卵をいれて「スクランブル」するものだ。今の私の吞み助はひょっとしたらこの時から始まったのかもしれない。
※エタノールの沸点は約78.3℃。
▲おまけだが、喉の痛みには「焼酎湿布」もやった。薄手の日本手ぬぐいに焼酎を含ませて首回りに巻く。ひんやりとして心地よいが、その効果は馬鹿にできないほどに効く。作用機序(効能)は、アルコールにより喉の周りの毛細血管が拡張し、血行がよくなることで喉の痛みが緩和されるのだそうな。
2月10日。



固定リンク | 2022年02月10日【264】

今週の「ちょっとイイ譚・ウマイ譚」(2022年1月30日〜2月5日)

●今日は旧暦の1月1日。旧正月の元旦である。中国では「春節」という。
清少納言の「枕草子」に、「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。」がある。私もこの「春」が好きである。宮崎市の今日の日の出は7時7分42秒、日の入りは17時47分59秒で、太陽の出ている時間は10時間40分17秒である。そして今年の春分の日の出が6時18分、日の入りが18時27分。夏至は日の出が5時9分、日の入りが19時24分である。
▲私がこの時季が好きなのは、毎日々々少しずつ日長になるのが「良い」のある。「枕草子」はじめ「源氏物語」にも「徒然草」にもある、「をかし」の世界だ。「をかし」とは、「平安時代の美的理念の1つであり、『おもむきがある・風情がある・おもしろ・興味がある・美しい・愛らしい・かわいい・素晴らしい』」、などのさまざまな意味を含んでいるというのが、辞書。
▲平たく言えば、「をかし」は「私はこれが好きだ」にあろう。私もこの「春」が「をかし」なのだ。その理由は、3月「弥生」の春分の日の日の出の6時18分、同じ日の入りの18時27分まで、日を追って日長になるからだ。明るさが目に見えて増すことは健康的だ。
▲今月は「如月」ではなく、「睦月」である。旧暦は中国の文化だが、今月は「如月」ではなく「睦月」のほうが気候的にも日本(の緯度)には合っている・・・・・・と私は感じる(温暖化が進んだとは言え、神門育ちの私にはそう思える)。それは、今月は「正月」=「春」のなのだから。
2月1日。


固定リンク | 2022年01月30日【263】

今週の「ちょっとイイ譚・ウマイ譚」(2022年1月23日〜1月29日)

●もう10年も20年も昔の譚だったか、何かの雑誌でガッツ石松(1949〜)さんの子供のころの逸話を見かけて感動したことがあった。
今月1月10日、「ドカベン」・「あぶさん」の水島新司(1939〜2022)さんが鬼籍に入った。昭和14年の生まれだ。1月27日号の週刊文春に水島さんの記事が載っている。「三九年に新潟で生まれた水島氏は三男三女の次男。家業の魚屋を手伝いながら漫画を描き始めた。『中学時代は家業が多忙で、年三日しか通学できなかったそうです。地元の野球強豪校、新潟明訓高校への進学が夢だったが断念。・・・・・・』(出版関係者の話)」。「ドカベン」の舞台は、言わずもがな、明訓高校である。
冒頭のガッツ石松さんの話は、ガッツさんが小学か中学生のころに親父さんとふたりで食堂に入り、1杯だけラーメンを注文した。親父さんはガッツさんが1杯のラーメンの麺全部とスープの半分を平らげるのを待って、残りのスープを受け取り飲み干したというもの。
私の父親は中学生の時、家業の百姓と炭焼きの手伝いで半分しか登校できなかった。ある日は、校舎の樋を伝って降り、無断下校したという。当時も1年の3分の2の出席日数がないと卒業できなかったので、祖父が村会議員に頭を下げて卒業させてもらったという。
今日の譚は、何の災いが幸運を生みだすか分からないという譚。それに私の親父の苦難は、全国レベルには届いてなかったという譚。
1月24日。


固定リンク | 2022年01月23日【262】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [77]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事