宮崎市 たばる動物病院 土曜診療・日曜診療 獣医師・トリマー・動物看護士 募集



院長コラム

たばる動物病院 > 院長コラム

院長コラム

最近の記事

「端午の節句」を復習

●きのうの5日は「こどもの日」だった。Wikipediaで歴史を探って見よう。「この日を端午とする風習は、紀元前3世紀中国で始まったとされる。楚の国王の側近であった屈原は人望を集めた政治家であったが失脚し失意のうちに汨羅江に身を投げることとなる。それを知った楚の国民たちはちまきを川に投げ込み魚達が屈原の遺体を食べるのを制したのが始まりと言われている。」「宮中では菖蒲を髪飾りにした人々が武徳殿に集い天皇から薬玉(くすだま:薬草を丸く固めて飾りを付けたもの)を賜った。かつての貴族社会では薬玉を作りお互いに贈りあう習慣もあった。宮中の行事については奈良時代に既にその記述が見られる。」「鎌倉時代ごろから『菖蒲』が『尚武』と同じ読みであること、また菖蒲の葉の形が剣を連想させることなどから、端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになった。鎧、兜、刀、武者人形や金太郎・武蔵坊弁慶を模した五月人形などを室内の飾り段に飾り、庭前にこいのぼりを立てるのが、典型的な祝い方である(ただし『こいのぼり』が一般に広まったのは江戸時代になってからで、関東の風習として一般的となったが京都を含む上方では当時は見られない風習であった)。鎧兜には男子の身体を守るという意味合いが込められている。こいのぼりをたてる風習は中国の故事にちなんでおり、男子の立身出世を祈願している。典型的なこいのぼりは、5色の吹き流しと3匹(あるいはそれ以上)のこいのぼりからなる。吹き流しの5色は五行説に由来する。」「江戸時代まで、端午の日に子供は河原などで石合戦をする『印地打ち』という風習があったが、負傷者や死亡者が相次いだために禁止となった。また、印地打ちが禁止になった後、菖蒲を刀の代わりにした『菖蒲切り』というチャンバラが流行した。」「日本においては、男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、田植えの前に穢れを祓い身を清める儀式を行う五月忌み(さつきいみ)という風習があり、これが中国から伝わった端午と結び付けられた。すなわち、端午は元々女性の節句だった。また、5月4日の夜から5月5日にかけてを『女天下』と称し、家の畳の半畳分ずつあるいは家全体を女性が取り仕切る日とする慣習を持つ地域があり、そこから5月5日を女の家(おんなのいえ)と称する風習が中部地方や四国地方の一部にみられる。」。続きは「親仁ギャグ」へ。5月6日記。


固定リンク | 2017年05月06日【89】

太平洋戦争勃発の背景・その2

●真珠湾を慰霊した安倍晋三首相。アメリカの圧倒的物量に工業力、そして軍事力に対して、多くの政治家、軍人は戦争を起こしても短期で負けると考えていた。そこにある戦略を思い立ったのが連合艦隊司令長官であった山本五十六海軍大将であった。
○山本五十六は彼が生まれた時の父親の年が56歳だったので命名された。対米経験があり、大の親米派であったことから、対米戦争を最後まで執拗に反対した。
○戦争が不可避となった時、五十六長官は「敵国民の戦意喪失による早期講和の実現」策として、「真珠湾奇襲」を提言した。
○真珠湾攻撃を手始めに早急に決着をつけて講和に持ち込むことを旨とした。いわゆる「大博打」戦略の「アメリカ太平洋艦隊本拠地・ハワイ真珠湾大規模航空奇襲作戦」である。
○この作戦に対し、軍令部(海軍の参謀本部)はじめ、多くの将校が反対した。その理由は々匐機による艦船沈没は不可能である(当時はそのように考えられていた)、⊃深醢僂漏つ譴浅いため魚雷が使えないこと・・・による。
○しかし、山本長官は従来の60m沈下からその深度を半分の30mにした「浅沈度魚雷」を採用。それでも軍令部の反対は収まらなかったが、「作戦を認めなければ長官を辞退する」との姿勢に1941年10月19日、ついに真珠湾奇襲攻撃作戦が了承された。これより図上演習と作戦の詰めが練られ、真珠湾に地形が似た鹿児島の錦江湾で実習訓練に努めた。
○この真珠湾奇襲に並行して「甲標的」(母艦搭載型潜水艇「特殊潜航艇」の暗号名)という特別攻撃部隊の作戦も具体化していた。「甲標的」は2人乗りの潜水艇で、生きて還られぬいわゆる準「特攻」であったことから、山本長官は岩佐直治海軍大尉が中心となって立案した突入作戦(潜水母艦「千代田」艦長の原田覚海軍大佐が山本長官へ願い出た)を当初は反対していたが、これも岩佐大尉らが執拗に嘆願して、ついに作戦同行を許可した。1941年11月18日、5隻の潜水艦に5隻の「甲標的」が搭載され真珠湾へ出発。
○「ニイタカヤマノボレ一二〇八」。有名な日米開戦の暗号文である。この電文を送受信したのは12月1日であった。北太平洋航路を進行中であった。空母6隻、戦艦2隻、重巡洋艦2隻の日本海軍・第1航空艦隊は、その前の11月26日に択捉島単冠湾を出港していた。
○そして12月8日午前1時30分(日本時間)、183機の第一次攻撃隊が出撃。1時間15分後に、第二次攻撃隊167機が飛び立った。この2度の航空攻撃により、アメリカ艦隊の戦艦4隻を撃沈、1隻を自沈させた。300機を超える航空機を撃破した。
○しかし、大きな戦果にも小さな犠牲があった。29機の未帰還機、50名以上の戦死者あり。航空機攻撃開始の1時間前に攻撃を決行した「甲標的」5隻は、2隻が敵の駆逐艦に発見されて撃沈され、突入した残りの3隻は1隻が座礁、攻撃に成功した2隻も帰還途中に撃沈された。結果、「甲標的」部隊乗組員10名のうち岩佐大佐を含めた9名が戦死、1名が捕虜となった。
○日本軍の最高統帥機関である大本営はその9名を真珠湾の「九軍神」として称えた。真珠湾奇襲の成功は日本中の国民を熱狂させたのである。「九軍神」は戦意高揚の材料とされた。
○宣戦布告前の奇襲は、逆にアメリカ国民を大いに奮い立たせた。日本(山本長官)の考えに反して、アメリカの戦意は燃え上っていった。これが「リメンバー・パールハーバー」である。実際は奇襲の成果も限定的であり、早期の講和どころか、3年8か月にも及ぶ長期戦となったのである。

(1月23日追加)


固定リンク | 2017年01月23日【88】

太平洋戦争勃発の背景・その1

 第二次世界大戦・太平洋戦争とはどのような経緯で起こったのだろうか・・・・・・経月的・経年敵にまとめてみよう。

ドイツと日本は国連を脱退し、1936年、対ソ戦のみの適応である「日独防共協定」締結。
1929年世界恐慌。第一次世界大戦の戦後復興に窮していたドイツは、この事態に国民生活は限界に陥る

○そこへ登場したのが「国家社会主義ドイツ労働者党」(ナチス)を率いたアドルフ・ヒットラーである。90%近い支持率であった。
1939年9月1日、ナチスはポーランドへの軍事侵攻開始。これが第二次世界大戦の開戦となる。
○ポーランド分断・ノルウェー・ベルギー・オランダを占領。1940年6月にはフランスも領有。
ヒットラーが躍進した世界第二次大戦に対して、当初の日本は、泥沼の日中戦争と極端な資源不足から、政府も軍も不介入の方針であった
○それがどうして参戦したのか。ドイツの躍進とその体制にあった。ヒットラーの全体主義、換言すれば「独裁主義」である。一つの政党や一人の人間が「すべての国民が国家のため従属すべきだ」いう思想をもって、領土拡大や資源奪取を可能にするという侵略行動を是とした。
1930年代の後半は、日本の大陸侵略に対して大きな懸念を示していた米国との緊張がすでに高まっていた日本が米国に打ち勝つためにはこの「全体主義」の政治体制が必要と考えていたのが時の近衛文麿首相であった
ドイツの連勝に次ぐ連勝で、ヨーロッパを制したドイツがやがてはアジアを席巻し、かつてのドイツの租借地である遼東半島や南洋諸島の利益も主張するであろう・・・と考えた陸軍は「三国軍事同盟案」を提案した。
○1940年9月、「日独伊三国軍事同盟」締結。
○時の松岡洋右外相は、三国同盟にソ連を加えた「四国同盟」を構想。理由は、ドイツと言えども米国の比ではないから、ソ連を仲間に入れれば米英に対抗できると考えたから
○1941年4月、「日ソ不可侵条約」に調印。しかしドイツはその2ヶ月後、突如ソ連に侵攻。「四国同盟」は幻となる。
○近衛首相は、軍主導の同盟案成立に協力する一方で、日本の全体主義化を推進。「バスに乗り遅れるな」をスローガンに掲げ、新聞と協力して国民扇動を図った。1940年10月、近衛を総裁とする「大政翼賛会」が結成された。
○翼賛会は軍主導から政治主導への挽回を狙ったものだったが、逆に軍部が翼賛会に関与し、不成功に終わった。これにより、軍部が完全に政治を掌握するに至った。

○日本の軍部による全体主義化と「日独伊三国同盟」成立に不信感と怒りを露わにしたのが米国であった。ルーズベルト大統領は、「3国が目指す関係は、全人類を奴隷化するための金と権力に汚れた邪悪な同盟だ」と非難。日本はこの同盟で米国の委縮を目論んだが、それとは反対に眠ったふりの虎をさらに獰猛化した。
○予想外の米国の怒りに対して、「日米諒解案」を講ずるも対米強硬派に潰された。そして1941年7月の御前会議において、関東軍の大幅増強と南方進出を決定した(「情勢の推移に伴う帝国国策要綱」)。この要綱により日米の対立は決定的になったと言える。
○当初の不参戦から参戦へと方針転換したこととなった。(ここまでは1月4日記)

○1938年11月3日、近衛文麿首相は、日本がアジアにおける欧米植民地の解放と中国・満州との連帯を明示した「東亜新秩序声明」を発表したことでアメリカが激憤。元来アメリカは植民地のフィリピンを足掛かりにアジアの利権を拡大を狙っており、さらには満州をもその権益の標的とした。アメリカのこの目論見は日露戦争時からであり、1930年代に盛んになった。これらは日米の思惑が同じであったこと、さらに満州侵攻については日本が先んじた格好であり、アメリカの態度が硬化した。果たしてアメリカは中国への物資支援を強めると共に、日本への制裁処置を具体的に取るようになったのである
○日本は、満州開発といっても、その資源や物資の最大輸入先はアメリカに依存していた。そのためアメリカは先ず経済制裁を加えた。1939年の日本の鉄鉱石と石油のアメリカからの輸入はどちらも約7割を占めていた。かつ兵器を製造するための工業機械も6割弱がアメリカ製であった。全くのアメリカ依存の国が日本であったのだ。
○次いでアメリカは、1939年7月、「日米通商航海条約」の破棄を日本へ通達。1940年6月、工業機械の全面禁輸を実施した。
○ドイツ信奉の日本は、それにも拘わらず、1940年9月の日独伊三国同盟締結による全体主義へ邁進し、1941年7月より、資源を求めて南部仏印(現ベトナム)へ侵攻した。
○さらに怒ったアメリカは、日本のインドシナ進駐と同じくして、在米日本資産の凍結決定と日本への石油輸出停止を実施した。他国もアメリカに倣って日本との貿易を停止するに至った。これを「ABCD包囲網」(米・英・中・蘭)の頭文字から)と云う。
○日中戦争当時の1日の石油消費量は1万2千トンであった。日本軍はそれまで全く手をこまねいていた訳ではなく、南部仏印進駐の3か月前から、アメリカとの和平交渉はもっていた。交渉の表役は中米大使の野村吉三郎と国務長官のコーデル・ハルであった。日本の要求は中国への支援停止と輸出制限の解除であり、アメリカは三国同盟の破棄と大陸からの撤退を主張した。それも日本の南仏印進駐で難航sた。
○交渉の真只中、1941年11月5日の御前会議において「対米英蘭戦の開戦」を決定した。それでも11月末までの期限で交渉は続行された。
○譲歩した日本の案は、「中国との和平後に大陸から撤退する」(11月7日の「甲案」)と「南部仏印からの撤退と引き換えに禁輸処置の解除を求める」(11月20日の「乙案」)であったのに対し、11月26日のアメリカの回答は日本にとって到底呑み難い10項目にわたる内容であった。とくに「南部仏印を含むアジアからの無条件撤退」・「アメリカが支援する中国国民党政権のみの承認」・「日独伊三国同盟の無効化」が一方的であり、アメリカの要求は、「資源を恵んでほしいのならば、中国大陸を満州事変前の状態まで巻き戻せ」であった。これが後世の俗に云われる「ハル・ノート」(「アメリカ合衆国と日本国の間の協定で提案された基礎の概要」)である。
○とくに「アジアからの無条件撤退」に軍部が憤激。アジアの中に当然ながら満州も含まれるとしたのである。満州国は日本の生命線であり、いかなることがあろうとも、満州国を放棄することは不可能であったのだ。すでに日中戦争で十数万の犠牲者があり、無条件撤退は軍部だけでなく世論も黙っているはずがないほど、日本人の心は戦争一色であったのである
○ときの東条英機首相は、天皇陛下に「ハル・ノートはアメリカからの最後通牒です」と告げ、政府も和平交渉を断念するに至る。
○ついに12月1日、御前会議で日米開戦が決定。(ここまで1月5日記)

つづく



固定リンク | 2017年01月05日【87】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [22]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

このページの先頭に戻る



宮崎市 たばる動物病院 土曜診療・日曜診療 獣医師・トリマー・動物看護士 募集

このページの先頭に戻る