院長コラム

最近の記事

今週のつぶやき親仁・2021年1月10日(日)〜1月16日(土)

●「二兎を追う者は一兎をも得ず・その3
▲宮崎市の市長が年始に霧島の温泉ホテルに1泊の家族旅行をしていました。2日の午後から3日の午前にかけてのことです。家族は6人です。ほかにも県議1人と市議1人ともホテル内の温泉や自室で会ったとのことです。市長は「やましい行動とは思わない」との強気のコメントですが、果たして議員2人と温泉に浸かりながら、一献もしなかったのか・・・・・・ふつうに考えればそれこそ怪しい行動でしょう。議員2名ともたまさかに温泉ホテルで遭遇したのでしょうか。
▲2日と言えば市内外で新型コロナ感染者数が増えていた時です。ガースーさんも百合子さんも県知事も帰省や旅行自粛を大々的に、声音を大にして唱えていた真最中の時です。
▲ガースーさんの銀座ステーキ事件以降の「首相動静」を見ても、バッシングされると直ちに引籠っておられるようです。宮崎の「知事の動き」も同様で、公務が終了すると知事公舎へ直行でご帰宅のようです。
▲市長も県知事も人間ですからたまにはニシタチへの寄り道をしてみたいことでしょう。ソーシャルディスタンスをおとりになって、飲食の時はマスクを外し、会話の時は着ける・・・・・・これを繰り返せばコロナ感染の可能性は大きく下がるのですから、首長自ら範を示して飲食なされば、県や市の職員もニシタチにたまには出向ける機運となりましょう。そのパフォーマンスは最初の時だけで、その企画自体、今はどうなっているのでしょうか。
▲言動不一致が問題であって、今回の市長の温泉ツアーも、それまで飲食の仕方の模範を示して飲食店を利用してもらっていれば、違和感も抗議の気持ちもいくぶんは和らぐというものでしょう。
▲アミュプラザのオープンセレモニーやその前の神武祭にかこつけた高千穂通のホコ天イベントも県や市、そしてマスコミ挙げての大々的宣伝・・・・・・アミュプラザとて1企業にすぎませんし、このコロナ禍のなか、率先して密な客集めに奔走していたではありませんか。
▲2月に入ればプロ野球をはじめ春の「キャンプイン」が始まります。ソフトバンクは生目のアイビースタジアムの収容人数について、1日の3000人を上限とすることを表明しました。
▲今回の県独自の非常事態宣言の発出も、医療逼迫が第一義であろうことは理解できますが、その裏にこのキャンプインが潜んでいることは誰の目にも明らかでしょう。今コロナ感染拡大を収めておかないとプロ野球のキャンプインによる経済効果に莫大な損失を被るとの判断でしょう。
▲「二兎を追う者は一兎をも得ず」・・・・・・プロ野球キャンプの県内経済への恩恵は100億円、それ以上ともいわれています。今回の知事の決断の背景に地方経済会からのプッシングがあるのは分からないわけではありませんが、首長たる者、もっと一貫性がなくちゃ説得力がなくなります。
1月11日。


固定リンク | 2021年01月10日【229】

今週のつぶやき親仁・2021年1月3日(日)〜1月9日(土)

●「二兎を追う者は一兎をも得ず・その2
▲政府や都がオリンピック開催に躍起になっているのはわかりますが、世界ではお祭り騒ぎどころではないというのが実際でしょう。日本も今の感染拡大が春まで持続するようなら今までの苦労が水の泡と化するのも自然かもしれません。オリンピックは7月23日から(一部競技は21日開始)8月8日までの日程です。
▲果たして世界のワクチン接種はそれまでどれ程進捗しているのでしょうか。そもそも我が国の接種が2月末に始まったとしても少なくとも6月末までに何割の国民がワクチン接種を受けているのでしょうか。いまからワクチン接種のスケジュールを明確にしていなければ遅いと言えます。
▲東京オリンピック開催が第一義で、医療崩壊回避が第二義で、三番目が国民の財産生命・・・・・・これがガースーさんや二階老爺の願望なんでしょうか。「二兎を追う者は一兎をも得ず」・・・・・・経済と新型コロナの両立を目指し、それがバランスよく進行することで、そしてワクチンの効果を待つことで、全てが上手くいくのが理想です。がしかしガースーさんの目論見は残念ながら崩壊した感があります。
▲そうはいっても日本人は辛抱強く他人思いですから、今回の緊急事態宣言発出で最悪のシナリオを目の当たりにすることはないでしょう。そう願うしかありません。
つづく。1月8日。

●「二兎を追う者は一兎をも得ず・その1
▲1月7日、ガースーさんは1都3県に非常事態宣言を発出するとの会見をしました。イギリスを例にとると、人口は日本の半分ですが、現在の1日の新型コロナ感染者数は5万人とも6万人とも報道されています。日本の人口に換算すると10万人を優に超えることになります。きょうの東京都の新規感染者数が2447人で、全国が7570人ですので、まだまだなんて思っちゃいけません。
▲東京都の1か月前の1日の感染者数は500人前後でしたから、今はその約5倍まで膨れ上がっています。欧米の医療はどのようにこの難局に立ち向かい対処しているのでしょうか?
▲色んな問題が挙げられています・・・・・・
‘本の感染症分類では、Covid-19は粁爐飽銘嵒佞韻気譴討り、感染が確認されれば入院処置が必要であり、消毒も徹底することが義務付けられています。これをインフルエンザ並みの肯爐乏焚爾欧譴个箸琉娶が根強くあります。
↓肯爐砲垢譴弌感染が確認されても入院処置は必須ではありません。消毒も特に必要ではありません。このため医療従事者の負担は今よりも格段に軽減されるとの見方がありますが、そう簡単にはいきません。
インフルエンザと同等の扱いとなれば、Covid-19の感染者は市中に野放しとなり、確実に感染者数は爆発的に増加します。これに伴い重傷者数も比例して増加するのは疑いのないことですから、死者数がスペイン風邪並みか、あるいはスペイン風邪の数倍になることも容易に想像されます。
い修海能転票圓鰐杵澄中等症者をどのようにして治療管理するのかが問題となります。日本の病院のベッド数は160万床であり世界一を誇っています。しかし、これは言わずもがな今回のような感染症を想定しているものではありません。インフルエンザの10倍も感染力の強いとされるCovid-19の患者を入院させるとなると、病院はたちまち院内感染を引き起こし、抵抗力のないCovid-19以外の入院患者も不幸な結末になってしまいます。医療従事者も同じ運命です。
イ海譴蕕離廛蹈札垢浪个鮓るよりも明らかです。医療崩壊もへったくれもない状況です。
つづく。1月7日。


固定リンク | 2021年01月03日【228】

2021年正月三が日の、つぶやき親仁・2020年1月1(金)〜1月3日(日)

●ニューイヤー駅伝を視るより、三船敏郎の「七人の侍」(黒澤明監督)を観るほうが勇気が出る、正月元旦。これもコロナ禍の影響か? 2021年1月1日。
※「七人の侍」:1954年公開。1954年の第15回ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞受賞。1960年のアメリカ西部劇「荒野の七人」としてリメイク。2018年にBBC発表の「史上最高の外国語映画ベスト100」で1位に選出。
※三船敏郎(1920〜1997):世界の三船。外国映画の出演オファー多数も、日本映画にこだわる。黒澤明に最も愛され、尊敬された俳優。黒澤明監督の演技への口出しは無かったとも。逆に世界の三船の意見を取り入れたとも。「七人の侍」はいままで2、3回見たが、年を重ねるに従い新鮮味が増す、不思議な感触。時代設定柄、衣装やセットは古臭いが、役者の表現力は現代の役者も見習うこと多し。泥に塗れているが泥臭くない人情味溢れる作品。これからも何回か観ることでしょう。


固定リンク | 2021年01月01日【227】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [66]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事