院長コラム

最近の記事

今週のつぶやき親仁・2020年11月22日(日)〜11月28日(土)

●「GoToマップトラベル(源頼朝編)

金之助「義朝の最期は分かりましたにゃんが、世に云う下克上は北条早雲が始まりとも云われますにゃんが、平安の末期も裏切りは専らに横行していたにゃん? ところで義朝一行に逸(はぐ)れた頼朝のその後はどうなったにゃん?」

主人先生「そうじゃったな、譚は頼朝の番じゃ。その前にじゃ義朝が長田忠致とその子・景致の裏切りで殺害されたのは尾張の国野間(現・愛知県知多郡美浜町)じゃが、それは1160年2月11日(平治2年1月3日・4日とも諸説あり)のことじゃ。頼朝が捕まったのは近江国でな、1160年2月21日(永暦元年1月13日)のことじゃ。そして伊豆の蛭が小島に配流されたのが1160年3月11日(永暦元年2月2日)ということなんじゃ。その間長兄の義平(1141〜1160年3月4日=永暦元年1月25日・20歳没)も石山寺(滋賀県大津市)で捕縛され、その日のうちに六条河原で斬首されたのじゃ」

金之助「それにしちゃ頼朝公の助命は格別の処遇にゃん? 清盛入道さまはお優しい方じゃにゃん?」

主人先生「それじゃそれじゃ、清盛入道が頼朝を助命するようなことが無ければ歴史も少しは変わっていたろうぞ。少なくとも北条氏の執権政治は無かったやもしれぬな」

金之助「金之助はどうして清盛入道が13歳の頼朝公を殺さなかったのかが知りたいにゃん」

主人先生「1160年2月21日(永暦元年1月13日)に近江国で捕らえられた後はな、京の六波羅へ送られてな、死刑が当然視されていたのじゃがな、
\鏡垢侶冓譴任△訝啻菊瑤亮郊垢瞥蠶助命嘆願であったのじゃ。頼朝が、清盛の腹違いの弟になる池禅尼の実子、家盛(この時は既に故人)の生き写しのように似ていたのじゃな。そのほかにも池禅尼は清盛の嫡男、重盛にも清盛説得を懇願したらしいぞ。
△泙晋綰魏榔 ⊂綫礁膠,僚命嘆願もあったそうじゃ。
それに池禅尼の助命嘆願中、平家に悪源太として恐れられた頼朝の長兄、義平が捕えられ斬首されたからの。
い修發修睚深の乱の時、義朝は藤原信頼(1133〜1159)に従属する者の一人に過ぎなかったため、その子供達の処分が軽度であったのも当然とする見方もあるのじゃ」

金之助「いやいや怖い譚にゃん。教授が替われば下の布陣が一変する一昔前の医学部の人事のようじゃにゃん。今の政治家の世界はまだまだ生ぬるいっことにゃん。そりゃそうと頼朝のGoToマップトラベルはどうにゃったにゃん?」

主人先生「昔の年号を西暦に変えるのに大変苦労したからな、GoToマップトラベルは次回のお楽しみじゃ。がな、今の怪訝の第一はな、ジャイアンツの弱さの原因じゃ、どうにも分析のしようが無いくらいの実力差じゃな」

つづく。11月24日。


固定リンク | 2020年11月22日【224】

今週のつぶやき親仁・2020年11月8日(日)〜11月14日(土)

●「GoToマップトラベル(源義朝編)

▼GoToトラベルが盛んなようですが、低温と乾燥に強いウイルスを相手にどこまで立ち向かえるか・・・・・・「左手で右耳に掛けてあるマスクのゴムを外し、右手で箸を持って料理を口に運ぶ」、なんちゃってやたらややこしくないかい・・・・・・板山葵(板わさ)におでんに鰹のたたきに秋刀魚焼に焼豚足に手巻に・・・・・・いったい何回マスクの着け外しをしたらよいのでしょうか? おまけに吾輩なんぞは左党ですからね・・・・・・左手で岩井のロックをもち、左に垂れ下がったマスク越しにグラスを運ぶんですぞ。そうですな、吾輩なんかは何百回、その動作を繰り返さなければならないのでしょうか? 吾輩の場合は、まずは岩井のストレートをグイっと行きますから10回もすればほろ酔いですからね・・・・・・学者さんの言うようにゃいきません。

金之助「またまた主人先生は地図帳を4冊も並べていますが、例のやつにゃん?」

主人先生「そうなんだよな、少しは居酒屋通いを減らさんとな。コロナ前は3時間も4時間も居座っていたがな、今は1時間半でお迎えがくるからな。そして寒くなってきたんで時間だけじゃなくて、居酒屋通いの回数も減らさんとな。回数と時間が大事じゃな。その例のGoToマップトラベルじゃがな、今回は源義朝の敗走ルートと頼朝の伊豆での行動ルートじゃな。まずは義朝の敗走ルートじゃがな、その前に1156年、保元の乱で義朝は平清盛と組んで何と実父の源為義ら一族を斬り、その3年後の1159年の平治の乱で今度は清盛と戦い、敗れて都落ちしたのじゃ」

金之助「それはそれは古い昔のことでにゃん? それがどうして今に分かるでにゃん?」

主人先生「グッドクエスチョンじゃなあ。それはな、鎌倉時代ともなればいろんな書物が残されておるんじゃ。日本(邪馬台国)の事が歴史書物にはじめて現れたのが魏志倭人伝(中国の魏の史書『魏志』の『東夷』)であり、自前では『日本書紀』じゃな。鎌倉時代で著名なのが『吾妻鏡』であり、その前の平家の世となると琵琶法師の語りで有名な『平家物語』じゃな。そして鎌倉の後の室町となると『太平記』、信長は『信長公記』、秀吉は『太閤記』と云う具合じゃな。近世では、新選組は子母澤寛の『新選組始末記』じゃしな、坂本龍馬は『汗血千里の駒』という具合で錚々たる顔ぶれじゃ」

金之助「もしかして主人先生は全部を読破したってことはないにゃん?」

主人先生「そりゃ無理じゃ、現代語訳が出回っているがの、何せ元が大作じゃからの。引退後でもない限り時間がないの。じゃが吾輩は司馬さんや池波さん、そして山岡荘八さんの小説を読んでいるから大まかの事は知っているおるつもりじゃがな。平安から鎌倉へ、鎌倉から室町へ、戦国時代、幕末という大きな時代の変革期はかなり苦労して調べないと概略さえも掴めないからな。飽きが来ないようにな、どうしても歴史小説任せになるんじゃ」

金之助「それはそうと肝心の義朝の敗走ルートはどうなったんでにゃん?」

主人先生「流石は猫じゃな、執念深いわい。まずはな都の洛陽七口はな清盛の手が手厚く回っていてな、大原口を避けて竜華越えの間道を近江へ目指したのじゃ。まずは賀茂川ぞいに北上し、八瀬と通って北比良山の南から竜華越えを目指したのじゃ。ざっくり云うと比叡山・延暦寺を超え堅田の浦へ出て琵琶湖へ、それから船で瀬田へ、それからは野洲郡の篠原堤→そして不破の関を避けるため小野宿から街道を南に逸れ→美濃(大垣)の青墓宿(大炊の長者宅)→揖斐川下り→(伊勢湾)→知多半島の内海(尾張の野間の豪族、長田ノ荘司忠致宅)→この長田忠致親子の裏切りで頼朝殺されるんじゃ。」

金之助「それじゃ頼朝も父、義朝と同じ運命じゃないですにゃん?」

主人先生「そうはいかん、頼朝が死んだらいざ鎌倉もなにもあったもんじゃないからな。頼朝は義朝が野洲の篠原堤に至る前に一行とはひとり逸(はぐ)れていたんじゃな。これが実は不幸じゃなくて幸じゃったということじゃ。平家にとってはとんだ歴史のいたずらってことになるな」

つづく。11月14日。


固定リンク | 2020年11月08日【223】

今週のつぶやき親仁・2020年11月1日(日)〜11月7日(土)

●「高校野球とNHK改革
秋季高校野球九州地区大会が長崎で開催中であり、6日は準決勝が行われた。5日の準々決勝では延岡学園が長崎の大崎高校に2対3で逆転負けを喫し、6日は宮崎商業が福岡大濠高校に0対2で敗退した。しかしベスト4に残り、6日も善戦したことで、宮崎商業の2021年春の選抜出場は確定的となった。

二太郎「主人先生はきのう今日とえらいご多忙のようでございますわん?」

主人先生「そうなんじゃな、まずはバイデン・トランプが気にかかり、国会論戦も捨て置けぬし、何と言っても高校野球じゃがな。宮崎からは宮崎商業と延岡学園が秋の九州大会に出場し、ベスト4に入れば春の選抜は固いからの。準々決勝で敗退してもな、負けた相手が準決勝でコールドの大勝ちしたら望みはあるからな。ところがじゃな、延岡学園に勝った大崎高校はな、きょうの準決勝で大分明豊と対戦し、延長12回の接戦で決勝進出を決めたんじゃ。明豊が十分に健闘したからの、よって延岡学園の選抜出場は絶望じゃ」

二太郎「去年までの主人先生はNHKのラジオを聴いていたわんが、今年はなにやらパソコンでのライブ中継ですわん?」

主人先生「そうなんじゃ、吾輩の部屋は電波の届きが悪いからな、ラジオはノイズを聴いているようなもんで、かえってストレスじゃな。それが今年は毎日新聞の提供でライブ映像が視れるからな、大したもんじゃ。二太郎も承知のように吾輩はなradikoに加入しているからの、吾輩贔屓の『人生相談』なんてのはパソコンで聴くんじゃがな。全国どの民放も聴けるからな、聴き損ねてもradikoで他のエリアを選択すれば、15分遅れで同じ番組が聴けるからな。むろんノイズなしの清明じゃ。それにradikoはお金が安いから助かるな。月に3百〇十円の世界じゃし」

二太郎「そんなに安いのならどうしてNHKはradikoに加入していないのかわん? HNK第一もそうだけど、NHK第二の方もノイズだらけでは勉強意欲が殺(そ)がれますわん?」

主人先生「流石は我が家の天才犬じゃな。そこがNHKじゃがな、いろいろと御託を並べてな、とどのつまりは改革せず仕舞じゃ。吾輩はな、田舎生まれじゃったから、テレビもなかった小学生の頃はラジオが唯一の放送媒体じゃったな。そのラジオの電波が碌に入らんでな、朝鮮半島からの放送(声)のほうがよく聴こえるんじゃからな、弱ったもんじゃった。当時はフォークソングの走りでな、チューニングが上手くいったかと思いきや、突然の聴取不能はしょっちゅうじゃったな。今でも口惜しいぞ」

二太郎「そのNHK改革を菅首相が声高に唱えていませんかわん?」

主人先生「そうじゃな、HNKは視聴料が主な財源じゃからな、国営放送と言ってもいいくらいじゃ。それならばまずは日本全国津々浦々、きれいな映像と音声を行き渡らせることが最低条件じゃ。きのうもな、NHK宮崎のアナウンサーが夕方のニュースでな、『秋の高校野球九州地区大会は球場での観戦ができませんので、NHK第一ラジオでその模様をお聴きください・・・』・・・・・・なんて真顔で言っていたからな・・・視聴する側(客)との意識のズレが大きいぞな。第一な、コロナ禍がなくてもな、宮崎から長崎まで観戦に行けるほど暇な人間が何人いるか、考えてもみなさい。生温い経営環境のNHKじゃからな、そんなふざけた原稿が書けるのじゃな。困ったもんじゃ」

二太郎「今のコロナ騒動で、主人先生がいかにスポーツで慰められていたかが分かったわん。スポーツ中継は心のオアシスわん!」

主人先生「いい言葉じゃや、スポーツはオアシスじゃな。ボクシングにしろ野球にしろ、駅伝にしろ、競馬中継にしろ・・・・・・癒し以外の何ものでもないな(賭博本能もくすぐられるがな)。ということで来春の選抜が観客制限なく開幕することを切に願うもんじゃ。それが実現すれば東京オリンピックも現実味が出てくるしな」

二太郎「ところで劣勢のトランプ氏のバイデン返しは見られるかわん?」

主人先生「二太郎よ、それはもしかして『どんでん返し』の駄洒落かい? それよりもな、長崎の大崎高校野球部がバイデンかもな。2018年4月に就任した清水央彦監督(49)はな、清峰や佐世保実で甲子園出場実績があるんじゃ。大崎高校は人口5千人弱の西海市(長崎の西彼杵半島)にある全校生徒118人(うち女子33人)で野球部員は男子の半数以上の47人じゃ。もしかして廃部寸前の高校が初出場で甲子園制覇とも期待されているんじゃ。これこそお先(大崎)は明るいぞな」

11月6日。


固定リンク | 2020年11月01日【222】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [65]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事