トピックス

最近の記事

「今週の症例」・その25&26

症例25
13歳 雑種猫 
嘔吐を主訴に来院。初めの症状は数日に1回の嘔吐と食欲減退で、血液検査でも異常が見つからなかった。胃酸分泌抑制薬や制吐薬、処方食で一時症状は軽減したものの次第に嘔吐の頻度が1日4-5回まで増加。超音波検査で胃壁の肥厚を認め、麻酔下の細胞診(針を刺して細胞を採り細胞を調べる検査)でリンパ腫(B細胞)と診断された。抗がん剤治療を行い、一時は胃壁の厚さも正常に近づき、嘔吐もほとんどなくなって食欲もあったが、抗がん剤治療開始3ヶ月に抗がん剤を投与してもコントロールできなくなり、亡くなった。

症例26
7歳 雑種猫
嘔吐と食欲不振を主訴に来院。バリウム造影を行い、胃から十二指腸への通過障害を認めた。精査のためにCT検査を実施。CT検査では胃の幽門から十二指腸にかけて腫瘤病変が見られ、周囲のリンパ節が腫大していることも分かった。内視鏡検査にて胃の生検(組織の一部を取り細胞を調べる検査)を行い、リンパ腫(B細胞)と診断された。飼い主様は抗がん剤治療を希望しなかった。


固定リンク | 2021年02月26日【448】

「今週のCT症例」番外編・内視鏡

2歳ミニチュアダックスフンド 避妊雌
「昨夜、猫用のネズミのおもちゃを食べてしまい、その後から吐く」ということで来院。
レントゲン検査にておもちゃのネズミが胃の中にあることを確認。ネズミが大きいため、吐かせて取り出すことは困難と判断して、全身麻酔下で内視鏡検査を実施し異物のネズミの摘出に成功。しかし、摘出後の胃粘膜には損傷部位が複数箇所見つかった。

※今回の飼い主さんは猫を飼っていましたが、おもちゃで遊んだ後は与えたままにせず、必ず片付けることが重要です!
異物誤食には気をつけましょう。

固定リンク | 2020年12月10日【447】

「今週のCT症例」・その24

症例24 7歳犬
鼻出血を主訴に来院。
CT検査を実施したところ左の鼻腔内に腫瘤病変を認め、腫瘤は左右の鼻腔の間にある中隔を一部破壊(融解)し反対側(右側)の鼻腔内へ及んでいることが分かった。
生検を実施したところ腺癌の可能性が高いと診断された。


固定リンク | 2020年09月18日【446】

[1]    «    2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8    »    [128]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事