トピックス

最近の記事

「今週のCT症例」・その22

症例22 雑種猫 6歳
体重減少と嘔吐を主訴に来院。以前からワクチン接種時の健康診断にて左側の腎臓萎縮を指摘していた。
血液検査で腎機能の数値が上昇しており、エコー検査にて右側の腎盂および尿管の拡張を認めた。レントゲン検査にて左側の尿管結石は明らかに認められるが、右側の尿管結石の確定診断とその位置の確認のため、無麻酔でのCT検査を実施。CTでは右側の尿管に2ヶ所、左側に1ヶ所の尿管結石を認めた。
左側の尿管結石は以前よりあり、右側の尿管結石が今回の症状の原因となっている可能性が高いと判断された。


固定リンク | 2020年05月07日【443】

「今週のCT症例」・その21

症例21 8歳 雑種猫 
半年前から呼吸が気になっていたが、最近呼吸が苦しくなってきたとの主訴で来院。
努力性呼吸が認められレントゲン検査で気管支パターンと呼ばれる像が見られる。
無麻酔でCT検査を実施したところ慢性気管支炎が認められ、猫喘息が疑われた。
その後、ステロイドによる治療に反応して呼吸状態が良化。

固定リンク | 2020年04月24日【441】

歯周病見て見ぬ振りしていませんか?

▼歯周病は犬では80%、猫では70%に認められるといわれるほど、よくある病気です。
▼歯垢(プラーク)中の細菌の種類は500種を超え、1mg中に10億個の細菌が存在するとも言われます。また、犬猫の口腔内のpHは8〜9のため唾液中の炭酸カルシウムやリン酸カルシウムが飽和状態で存在します。その結果、歯垢が石灰化して歯石に変化するのは犬では3〜5日、猫で7日と人よりも早いことが知られています。
▼歯垢や歯石の付着をそのままにすると、歯肉炎を起こします。歯肉炎の段階で治療をすると改善しますが、歯肉炎がさらに進行すると歯周組織が破壊され歯周炎になり、元には戻らない状態に進行してしまいます。
▼治療法は、歯肉炎の場合デンタルケアが中心ですが、歯周炎まで進行した場合には全身麻酔下での歯石除去や抜歯といった歯科処置が必要になります。
▼歯周病を放置すると歯の問題だけでなく、全身への影響が考えられます。僧帽弁閉鎖不全症、糖尿病、肝疾患、腎疾患、呼吸器疾患との関連が報告されています。たとえば小型犬に多くみられる器官虚脱の場合も、歯周病の治療により、発咳の軽減やその病態の進行に有益であることが知られるようになりました。「高齢なので可哀想…」と歯科処置を長年ためらっていた飼い主さんが、「いよいよ痛みで食事することも大変になった」ということで抜歯すると、目力が蘇り若返ったように元気になる犬猫も珍しくありません。
▼また、別の病気の治療に影響することもあります。例えば、糖尿病や免疫不全の疾患になってしまった場合や、治療で免疫抑制剤の投与が必要になったケースでは、歯周炎が原疾患の悪化を促進させたり、歯周炎と関連する全身性疾患へ悪影響が懸念されています。人では外科手術や抗がん剤治療を予定する患者では、口腔内細菌が肺炎を惹起したり血液を介しての全身感染を起こさないために、あらかじめ手術や治療の開始前に歯周病や齲蝕の治療を済ませておくことが必須とされています。
▼最も一番重要なことは、歯周病にならないように日頃の口腔ケアをすることが大事ですが、歯周病になってしまった場合には早めの対処をお勧めします。

《当院での歯石除去の流れ》
麻酔前検査(血液検査、心臓エコー検査など)※午前中に来院
  ↓
全身麻酔
  ↓
歯石除去(スケーリング):超音波スケーラーを用いて歯石を除去します
  ↓
抜歯が必要な場合には抜歯・縫合
  ↓
歯面研磨(ポリッシング):スケーリングでできた歯面の小さな傷を研磨します
  ↓
覚醒・終了 ※夕方お迎え

▼口臭が気になる、歯石がついている、お家でデンタルケアどうしたらいいのか分からないといった場合にはお気軽に当院スタッフまでお尋ねください。


固定リンク | 2020年04月14日【440】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [123]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事