トピックス

最近の記事

ペット豆知識 vol.2 -犬のフィラリア症-

忘れてませんか?『フィラリア予防』

イヌを長生きさせる上で、一番大事なことはなんでしょう?
愛情?しつけ?おいしいジャーキー?それとも綺麗な洋服??いえいえ、どれも違います。
 長生きするために一番大事なこと。それはズバリ『フィラリア予防』です。
当たばる動物病院グループ院長によれば、犬は「1に給餌、2にフィラリア予防、3に愛情、4に散歩で、5にしつけ」だそうです。
事実それほどにフィラリアは怖く、そしてかかりやすい病気であるといえます。

 さて、第2回となる今回はフィラリア症つまり『犬糸状虫症』について特集します。

 まずフィラリアとは一体何者なのでしょうか。フィラリア(学名:Dirofilaria immitis)は、犬糸状虫(イヌシジョウチュウ)ともいい、その名のとおりまさに素麺のような白い体をしています(写真参考)。ところでフィラリアは寄生虫に分類されますが、ではなぜ同じ寄生虫の回虫や条虫の予防よりも、フィラリアをここまで気にかけねばならないのでしょうか。
 それは、ほかの多くの寄生虫が「腸管」に寄生するのに対し、フィラリアは「心臓」に寄生をするのです。正確には肺動脈が主な寄生部位で、肺動脈とは全身からの静脈血がまとめて戻ってくる右心室から肺へと血液を送る大きな血管のことです。つまり、ここに何十匹も、ひどいときは100匹以上ものフィラリアがいれば、重度の心不全と呼吸器症状が現れ、慢性化すると腹水が貯留し、ひどいときには喀血をしたり、非常に苦しみながら死亡します。

 これこそ、フィラリアの予防を徹底しなくてはならない大きな理由なのです。では、フィラリア症はどのような症状を惹(ひ)き起こすのでしょうか。

<症状>
・発咳(せき)
・運動不耐性(散歩などの運動を嫌がり、時には突然虚脱し倒れる。ちょっと興奮するだけで舌や歯ぐきの色が蒼白くなる=チアノーゼ)
・腹水(うっ血することで、お腹に水がたまりふくれてくる)
・削痩(おなかは膨れても、肋骨がはり痩せてくる)
                      etc・・・


 このようにフィラリアが引き起こす右心不全によって全身性の症状が現れてきます。これらは病期が進むほど悪化し、前述したとおり治療なしでは最終的には死亡するケースがほとんどです。寿命との関連は明白で、近年犬の寿命が大幅に伸びた一番の要因はフィラリア予防が確立されたことによると考えられています。

(マメ知識ですが、渋谷の待ち合わせ場所でお馴染みの『ハチ公』もフィラリア症によって死亡しており、東京大学の獣医病理学教室にはフィラリアが多数寄生したハチ公の心臓の標本が残されています。)

 さて、このフィラリア症が犬の寿命を縮めるほどに怖く、非常に苦しい病気だということは十分ご理解いただけたと思います。



<予防法>

 まず、予防には一般的に月一回だけ飲ませる錠剤やチュアブル剤の薬があります。その薬を、宮崎では4月から12月までの9ヶ月間服用させれば、ほとんど完全に予防することが出来ます。でも、あれ?1,2,3月の冬の時期には飲ませなくていいの?すでにご存知の方もいるでしょうが、このフィラリア症、実は蚊が関係しているのです。

 下図に示すとおり、フィラリアのライフサイクル(生活環)は蚊がいなければ絶対に成立しません。つまり、蚊が存在しない季節にはフィラリア予防をする必要性が低いため、1〜3月には飲ませなくても良いのです(いたとしても蚊は気温が15度以上でないと吸血行動をしません)。
ではフィラリアの一生を見てみましょう。

 フィラリアは、フィラリアに感染した犬の体内で、親虫からミクロフィラリア(以下mf)と呼ばれる子虫が次々と産まれます。多いときでは数千万匹ものmfが犬の血中を漂います。これらを蚊が吸血することで、mfは血液とともに蚊の中に入ります。そして再度吸血したときに、また新たな犬へと感染していきます。
 新たな宿主(犬)を見つけ感染に成功した子虫は、いったん皮下や筋肉内で身を潜めます。この間2〜3ヶ月(ここが、予防をする上で重要なポイント!)。その後、血管にまで到達した子虫は、目的の肺動脈で塞(せ)き止められます。そして、感染してから約6ヶ月後、とうとう成虫となったフィラリアはオスとメスで交尾をし、mfを産み始めるのです。

わかりづらかったという方のためにポイントを整理しておきましょう。
1. 親虫から、ミクロフィラリアが多数産み出される
2. 蚊の吸血行動でmfが蚊の体内に吸引され、その後の吸血行動時に新たなフィラリアが媒介される
3. 感染に成功してから2〜3ヶ月は皮下や筋肉内で過ごす
4. 感染後、約6ヶ月でmfを産みはじめる


 一般的に月一回飲ませる予防薬は、皮下や筋肉内にいる子虫を叩く薬です。つまり、一度感染したとしても、2ヶ月は皮下にいるので、一ヵ月ごとに薬を飲ませれば予防できるというシステムです。感染→駆虫→感染→駆虫を繰り返すわけです。これによって、フィラリアが定着するのを完全に予防することが出来ます。

 しかし、もしmfが血中に漂っている状態(つまり、すでに感染していて親虫が心臓に寄生している状態)でこの薬を飲ませてしまうと、殺mf作用により、大量のmfの死骸が抗原となり、全身性のアレルギーや、細動脈の塞栓重篤な副作用を起こすことがあります。
 そのため4月に予防薬を飲ませ始めるときは、必ず一度検査してから、フィラリアの感染が無いことを確認しなけれがなりません



<診断>
 検査には血液中の抗原を調べるキットや、顕微鏡でミクロフィラリアを検出する方法があり、これらの両者を行うことで、より高い検出率を示すことができます。
 X線検査では、肺動脈の拡張や右心室の拡大(拡張と肥大)が主原因による特徴的な『逆D字型ハート』を呈します。エコー検査においても、肺動脈内を浮遊・移動する虫体が認められる場合が少なくありません。



<治療>
根治的な治療法ではありませんが、肺動脈に寄生するフィラリアの成虫への対処法が2つあります。
1. 外科的手法
2. 内科的手法


 1の外科的手法は成虫吊り出し術」という、いわばフィラリア摘出術です。アリゲーター鉗子(写真参考)を頸静脈から挿入し、肺動脈に寄生する成虫を取り出す手術です。かなり熟練した技術が必要とされる上、X線透視下で行うため術者にもかなりの負担(放射線被爆)がかかります。全身麻酔など犬への負担が大きいことや、最近はフィラリアの感染数が少ないことから、2の内科療法を選択するケースが多いのが実際です。

 2の内科的治療法には、メラルソミン(商品名:イミトサイド)の筋肉内投与があります。これはいわゆるヒ素剤の一種であるため、犬への負担もあり重大な副作用が起こる場合がありますが、ほとんどの場合完全に駆虫することができます。年齢や心肥大の程度、合併症の有無やその程度などにより治療の是非を慎重に決定すれば、奏効する場合がほとんどです。現時点ではオススメの選択肢といえます。



終わりに・・・
長くなりましたが、なぜここまで長くする必要があるといえば、私はそれほどフィラリア予防が大切であるということを訴えたいということです。
当たばる動物病院グループでは毎年20例以上のフィラリア陽性犬が見つかります。中には、腹水がたまり、呼吸困難になり定期的に水を抜かなければならないような症例もいます。非常に苦しいはずです。
『なってから』ではなく『ならないために』出来ることがあります。今からでは遅いくらいですが、未予防の方は必ず動物病院にいくようにお願いします。



文責 小川篤志

固定リンク | 2008年07月06日【13】

ペット豆知識 vol.1 -メタアルデヒド中毒-

ナメクジ駆除剤の誤食に要注意!!

 イヌとナメクジ。このふたつを見て何を思い浮かべるでしょう?サルとイヌならわかるけど、ナメクジ???と思っていませんか?一見なんの関係もないように思えるこの両者ですが、実は大いに関係があるんです。ナメクジが増えるこの梅雨の季節、犬にとってナメクジはこわ〜い存在になるかもしれませんよ。

 昔、小学校の帰り道、小枝でつつきながら実験したように『ナメクジには塩!』と考えている方もいるでしょうが、まさか庭中に塩をばら撒くわけにはいきませんね。いまは、ナメクジがお家の庭に増える時期。これには市販のナメクジ駆除剤を撒く方が多いようです。しかし、このナメクジ駆除剤には有害物質が含まれていて、イヌが摂取した場合、重篤な中毒症状を起こすことが分かっています。
これはメタアルデヒド中毒といい、様々な症状を起こし、死に至ることもある怖い中毒です。

<主な症状>
・頻脈       ・チアノーゼ
・流涎(ヨダレ)  ・下痢
・過呼吸      ・運動失調
・ケイレン     ・脱水 etc…


 この中でも特に飼い主にも分かりやすい症状は、ケイレン(痙攣)とヨダレ(流涎)だと思います。このような症状が見られたときはすぐに動物病院に連絡することが大事です。これらの症状は摂取後3〜5時間後に現れるのが一般的ですが、もっと早く症状が出る場合もあります。

 当たばる動物病院グループでも、6月に一例メタアルデヒド中毒のイヌが、夜間救急病院に運びこまれました。来院時には激しいケイレンと過呼吸、そして大量の流涎を呈しており、明らかな中毒症状を起こしていました。速やかに全身麻酔下にて胃チューブを挿入し胃洗浄を行うと同時に、抗ケイレン薬でケイレンを鎮め、点滴留置と利尿剤で体液を入れ替える治療を行いました。この結果、3日後には無事回復することが出来ました。
 
 この種の中毒には、まず胃内の残留物質の除去を図ることが第一選択です。嘔吐する場合も有りますが、発作が見られる時には無理に吐かせるのは禁忌です。もし体内に入ってしまったなら、それ以上の体への吸収を抑えるために胃洗浄を行います。この症例においても、胃洗浄により、胃内に残ったナメクジ駆除薬の粒を大量に排泄させることに成功しました。 

 メタアルデヒド中毒の治療法には、このほかに活性炭の内服で毒物を吸着させ吸収を抑える方法や、メトカルバモルという薬で震えと発作を抑える方法などがあり、症状と程度にあわせてこれらの治療を行います。



さて、難しい話が続きましたが、結局このようなことにならないためには、

1.駆除剤を撒いた庭にイヌ出さない。
2.不用意に机の上に置いたり、引き出しにしまったりしておかず、イヌの手が届かない場所にしまう。
3.食べるのを見かけた、または荒らされた跡があるときはすぐに動物病院に電話をかける。

以上のことが大切です。

 なんだか結局のところ塩で退治するのが一番良いように思えてきましたね。。。

 梅雨もたけなわです。お宅にイヌとナメクジのコンビがいるご家庭は十分注意してお過ごしください。そしてそのほか中毒を起こす除草剤や農薬の管理にも十分気をつけてくださいね。

次回はこれからの季節の主役、フィラリア症についての特集です。
お楽しみに。


文:小川篤志

固定リンク | 2008年06月27日【12】

高・老齢動物の「頭のとっぺんから爪の先」までの健康診断。

  これはある機関が発行しているパンフレットの取材のために予め考えた原稿です。担当者が困惑しないためと、意向が確実に伝わるために書いたものですが、皆様も参考にして頂ければ幸甚です。

  [動物の寿命] 獣医療も日進月歩で進化しています。従来、治療では難治性であった病気が、新たな療法の開発で完治したり、寿命を大幅に延長できるようになりました。現在、小型犬やネコでは12歳前後、中型犬では10歳前後、大型犬では8歳前後からが高齢犬と考えられています。15歳を超えても「老いどれ」どころか「ぴんぴん」しているペットも珍しく有りません。

 [頭部の病気] 高齢の動物では、白内障、色素性角膜炎、乾性角・結膜炎(ドライアイ)、シーズーなどの短頭種では角膜損傷などの眼疾患が多発します。歯石、歯槽膿漏、外耳炎は「御定連」、眼瞼・鼻腔内・口腔内腫瘍も「一見様」で有りません。

  [胸部の病気] マルチーズやシーズーなどの小型犬、キャバリア、柴犬、ビーグルなどでは数頭に1頭の割合で僧帽弁閉鎖不全症という心臓弁膜症が多発します。ゴールデンでは心臓腫瘍が散見されます。ネコでは心筋症が見られます。発咳や呼吸困難、運動不耐性などの症状が見られ、聴診や超音波検査で比較的容易に診断できます。気管虚脱や慢性気管支炎も侮れません。

  [腹部の病気] 何といっても腎不全が「親分」です。年に1〜2回の健康診断で早期発見が可能です。人間と違い「透析療法」が不可能なため、早期に発見して「食餌療法」や「在宅点滴」によりかなりの寿命延長とQOL(Quality of life=生活の質の向上)の維持が期待できます。未避妊犬の子宮蓄膿症も数頭に1頭の高率で罹患します。来院が遅れると腹膜炎で死亡する恐ろしい病気です。最近では「おやつ」が原因と思われるような「肝不全」が目立ちます。「食の安全」は人間と同じように考えてあげましょう。その他、膀胱結石、腎臓結石、胆嚢炎なども侮れません。最近、最も気がかりなものが「腹腔内腫瘍」でその多くが悪性であり、動物病院でも最も「手強い代物」です。動物は病態がかなり進行しないと症状を表さないため、どうしても発見・診断が後手に回り、患畜の多くが「手遅れの転帰」をとります。超音波検査よりもお金の要らない昔ながらの「腹部触診」が威力を発揮します。

  [脊髄・骨の病気] 椎間板ヘルニアはミニチュア・ダックスフントの「専売特許」です。程度によりますが手術をしなくても早期の内科療法やリハビリによりそれらの多くが改善します。その他前十字靭帯断裂や変形性骨・関節疾患、骨・関節炎、変形性脊椎症、椎体・椎間板炎など人間と同様な病気が多発します。これも触診やレントゲン撮影で比較的容易に診断可能です。

  [皮膚・体表の病気] 高・老齢の動物では腫瘍が多発します。乳腺腫瘍やリンパ腫を含むイヌ、ネコの体表の腫瘍は腫瘍全体の7、8割に達します。乳頭腫(イボ=疣)や脂肪腫などの良性の腫瘍もありますが、悪性リンパ腫や肥満細胞腫などの悪性腫瘍も「常連物」です。一般にネコの腫瘍はイヌに比較して悪性の確率が高いのが特徴です。「しこり=腫瘤」を発見したら直に病院に行き、注射針の細胞吸引による「細胞診」を受け、手術が必要か否かを判断してもらわなければなりません。ここでも人間と同様「早期発見・早期外科的切除」が基本です。

  [おわりに] 人間の病院では事あるごとに直に内視鏡やCT、MRI、PETなど最新の機器を使って診断をします。しかしながら、残念なことに、診断機器の進歩の方が治療技術よりも先行しているのも事実であります。獣医療では諸々の理由で高価な機器の導入が不可能であり、仮に可能であっても検査のために長時間の全身麻酔が必要です。が、幸いにもイヌ、ネコの腫瘍はその多くが体表や口腔内などに発生し、触知や眼で見て分ります。あくまでも私見ですが、ペットの健康診断は「問診」や「聴診」、「視診」、「触診」、「血液検査」、「超音波検査」、「レントゲン撮影」、それに「第六感」でかなりの部分カバーできます。ワクチン接種やフィラリア予防時でも構いませんので、年に1〜2回の健康診断を受けさせてあげましょう。


固定リンク | 2008年02月05日【11】

[1]    «    117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123    »    [123]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事