トピックス

最近の記事

ペット豆知識No.11-犬猫のてんかんは早期の治療開始で軽快する病気です-

 『てんかん』という病気をご存知でしょうか?てんかんは、我々臨床獣医師が最も一般的に遭遇する神経疾患です。てんかんは、人間でも人口の0.5%以上、約100万人がてんかんに罹患していると言われています。猫ではまれですが、犬では多く(犬全体の2〜3%)たばる動物病院グループにも常時20〜30頭のてんかん治療を受ける犬たちがいます。

-てんかんとは-
 ではいったい『てんかん(癲癇)epilepsy』とはどういった病気なのでしょうか。WHO(世界保健機構)によると「・・・・・・・」という定義を出したいところですが、なんのこっちゃわからないくらい難しいので、やめておきます。かみくだいて言ってしまえば、“脳のある神経細胞が異常に興奮した結果、発作状態をおこす病気であり、それは一時的で、そして繰り返し何回も起こるものを”てんかん”といいます。脳のある部分(てんかん源焦点FOCUS=脳の傷)が発火(放電)して、あるいはそれが脳全体に広がると、脳の異常放電が起ります。結果、それは痙攣や脱力発作という形で症状をあらわし、その症状が劇的であることから周囲の人間を非常に驚かせます。しかし、最初に言っておくと、てんかん自体で死ぬことはまれです。動物は、発作中に嘔吐がおこりその吐物が気管を閉塞して窒息死したり、発作中に頭がドアに挟まったり、あるいは頭部を強く打つことで二次的に死亡することの方が、現実的には問題となってきます。
 発作には、強直性痙攣(がちがちに体が固まったような状態)や間代性痙攣(びくっびくっといったいわゆる痙攣)があります。痙攣とは、筋肉が激しく小刻みに収縮する状態ですが、実際てんかん発作には痙攣以外にも、様々な症状があります。たとえば、喘息のように咳き込む動物もいたり、手足をぐうっと伸ばす様な、または挙げるような仕草をしたり、顔をぴくぴくさせたりと、本当に多様です。
 では何をもっててんかんと言えるかと言えば、重要なのはこれらの症状を“繰り返す”ことなのです。ヒトのてんかん発作には強直性と間代性のほかに意識を喪失する欠伸発作と脱力発作も定義・分類されています。動物でも同様の症状を呈する発作の存在も指摘されています。発作の焦点(=脳の傷)は脳の表面を覆う灰白質にあり、人医では発作の性質(形)と脳波からその位置を特定できるとされています。動物でも痙攣を伴わないてんかん発作は往々にして見過ごされている可能性があります。要は、脳のどの部分が焦点であるかによって種々多様の発作が現れるということです。実際、当院でも喘息様の発作を起こすダックスフントがおり、抗てんかん剤が奏効しています(9年以上服用中)。

-発作の反復、それがてんかん-
 てんかんを診断するには、先の定義のとおり、発作が反復すること が必要です。一回だけの発作ではてんかんとは言えないことに注意するべきです。上のパラグラフで書いたような発作が繰り返し、しかも段々と間隔が短くなり、程度も重度になるくことは、てんかんと診断できる重要なポイントなのです。
 ところで、てんかんとはどんなことが原因で起るのでしょうか。下の表にもまとめたとおり、真性てんかん(特発性てんかん)、続発性てんかん(症候性てんかん)潜因性てんかんの3つにわかれます。詳しくは表参照という感じですが、簡単にいえば

仝彊が不明。CTやMRIでも構造上の異常がなく、遺伝性以外には原因が考えられないもの。初発年齢は1〜5歳であることが多い。
脳炎、脳腫瘍、交通事故などの外傷、水頭症など、脳の器質的な問題が原因でてんかんを起こす“続発性”のもの。
すこし難しいが、△疑われるが検査上明らかな異常がなく、,里茲Δ妨えるもの。容易く言えば,鉢△涼羇峽拭

といった具合です。ほとんどは,鉢△重要で、臨床的には、,凌神てんかんタイプが犬で80%、猫で50%。△梁拡性てんかんタイプが犬で20%、猫で50%です。ほかに、非てんかん型発作というものがあり、てんかんと勘違いしてしまいがちですがこれは代謝性(電解質異常、低血糖、低カルシウム血症など)や中毒(有機リン中毒、メタアルデヒド中毒など)、感染などによる痙攣発作で、脳以外に異常がある場合に起きる発作をさすので、てんかんとは区別されます

-前兆、発作期、発作後期-
 初めは『前兆』として症状が発現します。発作が発生する直前の期間で、落ち着きがなくなる(そわそわしだす)、鳴き叫ぶ、物陰に隠れるといった異常行動が見られます。次は『発作期』で、これが事実上の臨床的発作です。一般的に3分以内に発作は収束し、長くは続きません。最後は『発作後期』で、終わるまでには30分程度かかります。異常放電を起こしたニューロン(神経細胞)の回復期で、筋力低下や視覚の消失が見られます。
 発作期には、異常放電を起こす部位(FOCUSの部位。発火点)によって意識障害がある場合と意識が正常状態にある場合にもわけられます。意識障害がある場合には、発作中飼い主さんの呼びかけやあらゆる刺激に対して無反応になります。いろいろ分かれてしまって、頭が混乱しそうですね。実際てんかんは本当に多様な症状と原因があるんです。てんかん分類の△能颪い紳拡性てんかんの中に水頭症を挙げました。水頭症は、脳室に異常に脳脊髄液が貯留してしまい、脳が圧迫されて神経症状を起こす主に先天性の疾患です。これにはチワワ、シーズー、ヨークシャテリア、ポメラニアン、パグ、ブルドッグなどが好発犬種で、非常に一般的でてんかんを併発することが多い病気です。

-重積発作は救急疾患!-
 そして先ほど重積発作(status epilepticus : SE)についてすこし触れました。重積状態は『救急疾患』です。発作期が30分以上続く発作(臨床的には10分程度)や、発作の間隔がなく、次の発作が前の発作に続いて起きてしまうような状態を重積といいます。前述のとおり放置すれば、脳壊死や死に直結することもあります。放置しないためには、重積状態が起きたらすぐに動物病院に電話して、抗けいれん薬(ジアゼパム)を静脈内注射することが重要です。これは是非覚えておいてください。それでも収まらないときは、違う系統の抗けいれん薬(フェノバルビタール)の静脈内投与を行います。しかしたいていはジアゼパムの数回の投与で痙攣は止まります。高度な筋緊張状態が続くので、高熱症を併発したり、低酸素症や代謝性アシドーシスを起こすことがあるのでこれにも注意が必要です。つまり救急疾患の意味がわかりましたね。

-てんかんの治療には根気が必要-
 本題です。ここまで起こさないためには、適切な、そして長期的な投薬が必要になります。つまりてんかん治療を始めなければなりません。我々獣医師が抗てんかん薬(antiepileptic drugs : AED)をつかった治療をはじめるには、少なくとも3ヶ月に2回以上の発作が起きた場合にスタートします。多くの飼い主さんは、一度薬を飲ませたらよくなったので、薬をやめてもいいと考えがちですが、実はまったくその逆です。AEDの血中濃度が高く保たれていることで、てんかん発作自体を起こさせなく、または起きづらくさせるための薬なのです。または、といったのは、発作の完全抑制をすることは困難で、発作頻度( AED治療開始前の50%以下に抑制)および発作の重篤度を軽減するために使う薬なのです。毎日薬を飲ませて、有効血中濃度を保つことでてんかんを抑えるのがAED療法です。したがって、突然の休薬は、てんかんの閾値をさげ、よりてんかんを起こしやすくなる可能性があります。良くなったからといって中止せず投薬を続けるように心がけてください。つまり、発作が出ている間は一生薬を切ることはできないのです。
 しかし、悲観的な話ばかりでもありません。継続的かつ長期的な投与により、最終的にAEDを切れる場合があります。当院では最低6ヶ月以上発作が出なくなった場合は、その後2〜3ヶ月かけて薬を漸減していきます。もちろん全てのてんかん動物がそのうち薬を飲まなくてもすむようになるとは言えませんが、その可能性はあるということを覚えておいてください。


ついつい長くなってしまったのでポイントを整理しましょう。
・てんかんにはいくつかの種類がある(真性や続発性)。
・てんかんであれば、同じ症状が繰り返し起こる。
・30分以上の重積発作は救急疾患(脳壊死や死亡の可能性あり)。
・AED療法は継続が大切。場合によっては休薬(もしくは離脱)できることも。


-最後に-
 上記のポイントの通り、てんかんには多様な症状と原因があります。実際に動物病院に連れてきて、「昨日なんだか様子がおかしかった」という主訴で獣医師がてんかんを診断するのは非常に難しいことです。CTやMRIも診断には有用ですが、人間とは違い、全身麻酔下での断層撮影が必要なため動物の負担も大きいことも事実です。もし、てんかんかな?発作かな?と思ったら、思い切ってビデオで撮影をしてみてください。今では携帯電話のほとんどにはビデオ撮影機能がついてますよね。怖いかもしれませんが、それが診断に非常に役立つことがあります。
 もうひとつ大切なのは、発作状態に陥ったイヌを見てパニックを起こさないことです。先ほど言ったように、てんかん発作自体で死ぬことはまれです。むしろ、周りの家具や機械に頭をぶつけない様にそっと離し、吐いたものを誤嚥しないよう頭を斜め下に向けた格好でやさしく抱っこしてあげると良いでしょう。
 最後の最後に、犬猫のてんかん発作は転移性を含む脳腫瘍などを除いて早期の治療開始でコントロール可能な病気です。適切な治療で天寿をまっとうさせてあげましょう。



文:小川篤志


固定リンク | 2008年09月12日【25】

ペット豆知識No.10-猫の怖いウイルス病-

 猫の大敵は?犬?コンコン降る雪?庭先の水入りペットボトル?いえいえ。
猫の大敵、それは猫そのものです。


-Cat Freakに忍び寄る影-
 病院に来られる猫の飼い主さんは犬の飼い主さんに比べ、猫種に対する愛情の高さを僕は感じます。つまり、猫好きな人はとことん猫が好きでCat Freakとでもいいましょうか、そんなイメージさえ抱かせられるほどに猫好きな飼い主さんもなかにはいます。犬好きな人を『動物好きな人』と表現するならば、猫好きな人はどこまでも『猫好きなひと』と表現できるのかもしれません。余談ですが当院の神宮分院の分院長、藤吉獣医師も自他共に認める一流のCat Freakです。僕自身、彼女の診療を見ているとそれを肌で感じることがあります。Cat Freakはしばしば多頭飼育へと発展する傾向があります。つまり、近所の野良猫を容易に受け入れ、結果家の中に何匹もの猫が住んでいるというような状況を作り出すことはもはや珍しいことではありません。猫には何かそういった強力に惹きつける魅力か魔力があるのでしょうね。しかし、それは時にいくつかの問題を起こすことがあります。
伝染病です。

-エイズも白血病も、人だけの病気じゃない-
 ご存知の方も多いと思いますが、猫には多くの、そして非常に重篤な伝染病があり、そしてそれは非情にも広く蔓延しています。例えば猫エイズ(FIV)は実に野良猫の25〜30%が感染していると言われ、しかも人のHIV同様生涯完治することはありません。野良猫の4頭に1頭はエイズに感染している計算になりますね。驚きです。飼育猫も入れた全頭数でのそれは2〜5%であり、これは飼育猫で自由に散歩する猫のFIV感染のリスクを高めることを示唆します。つまり、家で飼ってさえいれば、外界にうろつく3割のエイズ保有猫との接触はなく、結果感染リスクは減少します。実験的には交尾やお互いのグルーミングなどの長期にわたる接触でも感染は確認されますが、実際にはほとんど無効だと考えられます。米国でのある実験では、感染猫1匹と非感染猫20匹を混ぜたケージで2年間共同生活させたところ、非感染猫のうち1匹だけしか感染しなかったというデータがあります。これだけ猫エイズが多くても、何故か簡単には感染しないのですね。
 実際の感染ルートとして最も重要なのはケンカによる咬傷です(99.9%以上)。自由に外を歩き回る猫は行動範囲を限られた猫(家で飼育されている)に比べて20〜30倍、雄猫は雌猫に比べてケンカをしやすいため、さらに2〜3倍感染が多いと言われます。猫エイズウイルス(レトロウイルス科レンチウイルス)は粘膜への侵入ができないため、ケンカによる傷からウイルスが侵入し、増殖します。FIVは免疫不全状態を惹き起こし、様々な感染症に対して無防御となり、以前特集したヘモバルトネラ感染もFIV感染を示唆する指標ともなります。慢性の口内炎や歯肉炎も指標となります。
 それとは対照的に、猫白血病(FeLV)はウイルス(レトロウイルス属オンコルナウイルス)が唾液中に多量に含まれ、経口的にしかも比較的簡単に感染が成立すると考えられています。つまり、お互いのグルーミングや、食器の共有によっても伝播する怖い病気です。猫白血病は発症してから80〜90%は汎白血球減少や貧血等の骨髄機能低下、肝不全、腎不全など全身性の疾患で3年以内に死亡します。さらに猫白血病ウイルスはリンパ肉腫や骨髄性白血病のリスクを高めることでも知られ、また免疫不全を引き起こし慢性口内炎などの症状が良く見られます。 


-外に出るならワクチンを-
 これらのFIV、FeLVはレトロウイルスという種類のウイルスで、数あるウイルス種の中でもめずらしいタイプで、何が珍しいかと言えば、腫瘍誘発性ウイルスである以外に変異を繰り返すため、なかなかワクチンを作ることができません。この状況下、幸いにもHIV(エイズ)のワクチンも昨今開発され、実用化の目途が立っています。FeLVのワクチンは実用化されて既に20年近くが経過しようとしています。来年あたりにはFIVワクチンの「恩恵」が受けられるようになりそうですが、先にも述べたとおり、変異が激しいため様々なサブタイプがあり、実際には70%程度の予防率と言われています。副作用なども含め、まだまだ楽観視はできないようですが、Cat Freakの方々や我々獣医師には注目するに値するニュースですね。外猫にはこれらのワクチンがスタンダードとなっていくのかもしれませんね。


-甘く見るな、猫のかぜ-
 FIV、FeLVを中心に話を進めてきましたが、まだまだ多くの伝染病が存在します。猫伝染性鼻気管炎、カリシウイルス感染症は『猫インフルエンザ』や『猫カゼ』とも呼ばれます。多頭飼育環境下では100%近くの感染率を誇り、子猫では致死的です。実際これのために来院する患者さんも少なくありません。くしゃみや鼻水、目ヤニ、よだれなどを主症状とし、文字通りの『猫カゼ』です。インターフェロンの投与が効果を発揮します。殊に猫伝染性鼻気管炎はヘルペスウイルスで、子猫のうちに徹底して治しておかないと潜在化し、体が弱る度に増殖し「カゼ」が繰り返し発症します。
 他にも猫伝染性腹膜炎(FIP:発症すれば100%の致死率。腹水がたまったり、腎炎、脳炎、肉芽種を形成する)や猫汎白血球減少症(FPLV:パルボウイルス感染により、白血球系細胞の著明な減少し、激しい嘔吐や血便を起こす。子猫に多く見られ、先天的な感染では、小脳形成不全などの異常仔が見られる)など怖い病気が目白押しです。FIVも入れれば、FIP以外の伝染病はワクチンが効果を発揮します。人のワクチンでも周知のことですが、ワクチンは100%の予防を約束するものではありません。しかし、実際には70〜80%の有効率であれば、動物たちにとっては「大恩恵」です。猫好きのCat Freakな皆さん、年に一回のワクチン接種、わが子のためにも、そしてそのほかのニャンコのためにも、心がけてみてはいかがでしょうか。

-最後に-
 最後に、外を自由に徘徊する猫は本当に伝染病にかかりやすくなります。外に出れば「未明の猫集会」など自由(Freedom)を手にすることができますが、同時に感染症のリスクを高めます。交通事故にもあいません。外には危険がいっぱいです。屋外に出さないことが、最高のワクチンとなるでしょう。

文:小川篤志

固定リンク | 2008年09月04日【24】

ペット豆知識 vol.8-犬のレプトスピラ症・台風シーズンは要注意-

 2006年8、9月に宮崎県の県北を中心に8名ものレプトスピラ症感染者が相次いで報告され、新聞でも報道されました。2006年の全国で確認されたレプトスピラ症感染患者の数は27人で宮崎県が約3分の1を占めています。「風土病」と言ってもいいくらいの疾患です。
 レプトスピラ(Leptospira)とは、細菌と原虫の中間のような生物とされ、病原性のもの(Leptospira interrogans)と非病原性のもの(Leptospira biflexa)の二つに大きくわかれています。その病原性レプトスピラのなかでも200種以上も存在し、非常に多様な微生物であるのが特徴です。
 しかも、このレプトスピラという生物、げっ歯類(ネズミなど)を中心としてほとんどすべての哺乳類に感染することができる、微生物界では非常に優秀な病原体でもあります。したがって、人間界では非常に迷惑極まりない病原体であり、国際レプトスピラ症学会では少なく見積もっても年間30〜50万例のレプトスピラ症が発生しているだろうと推測しています。日本では70年代以降激減したとはいえ、現在でも沖縄を中心とした西日本地域で散発的な発生が起きており、ここ宮崎でも前述のとおり2006年に8例ものレプトスピラ症患者が発生しました。もちろんこれは日本で断トツ(断然トップ)です。
 すこしその宮崎の話をすると、8名はいずれも53〜77歳の男女で、発熱、黄疸、出血傾向、腎不全の症状を呈し、その後のサーベイランス調査でいくつかの共通点が見つかりました。

・農作業をしている
・手指に傷がある
・ネズミと接触した
・犬の所有
・牛や豚を管理している

 これらの作業はいずれもゴム手袋などの着用はなく、直接の接触によって感染したと考えられます。
もうすこしレプトスピラに関するヒントを出します。その地域での野生イノシシ、シカの抗体保有率はそれぞれ10%、23%でした。同地域の野鼠からは、患者から分離されたレプトスピラと同型の菌が分離され、さらに患者らは農作業中に水道や井戸水、水田との接触をしていました。

 以上からわかる通り、以下はすべてレプトスピラ症の感染リスクとなりえます。
1)保菌動物の尿で汚染された場所(土中=畑や田、庭)での作業
2)農作業や下水、水たまり、台風あとの土砂
3)ネズミとの接触
4)家畜の飼育
5)と殺場施設や、食肉処理場での作業

 レプトスピラは、げっ歯類をレザボアReservoir(自然宿主)としており、主に肝臓と腎臓で増殖し、菌は尿中に排泄されます。尿は土壌や沼、水溜りに混ざり、菌はそこで発育します。台風などが来ると、それらは土砂として流れ、汚染は拡大します。人間や犬がその水や土壌に触れ、偶発的に口の中に入ったり手指に傷があったりすると、菌はそこから体内に侵入し、動物の腎臓や肝臓で増殖を始めます。台風などの大水で側溝や溝(どぶ)が溢れ、鼠の塒(ねぐら)が無くなり、人間の生活場所を徘徊し、排泄します。これが台風時にレプトスピラ症が多い理由なのです。
 IASR(Infectious Agents Surveillance Report)によれば犬では県内各地で2004年に48例、2005年にも48例、2006年には49件のレプトスピラ症が発生しています。いずれも台風との関連も考えられ、秋での発生件数が最大となっています。レプトスピラ症は71ある届出伝染病の一つですが、本症の確定診断には困難を要する事もあり、犬での実際の感染数や死亡症例数は上記よりも多いことが想像されます。
 日本で常在する犬へ感染する代表的な血清型は以下があります。
L. icterohaemorrhagiae・・・超急性型(黄疸型)
L. canicola・・・急性または亜急性型(出血型)
L. autumnalis、hebdomadis、australis ・・・秋疫病(あきやみ病)
 黄疸型と出血型は致死率も高く、特に黄疸型では発症後数時間から数日で非常に高い致死率を示します。総じて腎炎、肝障害がおき、感染から約1週間で発病します。完治しても数ヶ月から数年の間尿中に菌を排出しつづけ、感染拡大への助長となります。猫でも感染しますが、発症するのは稀だと考えられています。
 治療は抗生物質と適切な対症療法になります。抗生物質はペニシリン系、アミノグリコシド系、テトラサイクリン系の一部に感受性があり、特にストレプトマイシンに感受性が高いといわれています。そして、脱水の補正、肝臓と腎臓に対する投薬を行い治療を管理します。
 そして、もちろん感染した犬から人間に感染することもありますので、我々獣医師や動物に携わる業種の従事者を含め、飼い主の方は非常に慎重に接触する必要があります。特に血液や尿の処理には要注意です。
 さて、それだけ重大な病気なら罹(かか)らないようにしてしまえばいいわけです。ワクチンがあります。もちろん人間用のワクチンもありますが、犬にも有効なワクチンがあります。当院では9種混合ワクチンを推奨しており、以下の病気を予防できます。
1)犬ジステンパー
2)犬伝染性肝炎(犬アデノウイルス1型)
3)犬アデノウイルス2型
4)犬パラインフルエンザ
5)犬パルボウイルス感染症
6)犬コロナウイルス感染症
7)犬レプトスピラ感染症(コペンハーゲニー)
8)犬レプトスピラ感染症(カニコーラ)
9)犬レプトスピラ感染症(ヘブドマティス:秋疫)

 7、8、9はすべてレプトスピラであり、9種ワクチンのなかの三分の一がレプトというのは、どれだけ大事な予防なのか非常に説得力がありますね。もちろんワクチンを打ったからといって完全に100パーセント予防できるかと言われれば、答えはNOですが、犬にとっては非常に大切なことです。フィラリアに加え、年一度のワクチンを必ず接種するようにしましょう。

 最後に人間には予防接種をしないのになぜ犬だけ注射するのか、という疑問をもつ方も多いと思います。ズバリ答えはこうです。犬は散歩に行くとき必ず裸足です。パッドの裏や皮膚に傷のあるものも少なく有りません。散歩中に水溜りの水を飲むもの、土を口にするもの、動物の死骸を喰うもの・・・などレプトスピラ菌に接触する機会は人間より多い筈です。一昔前は、猟犬の病気と言われた時代も有ります。保菌者である野鼠や猪、鹿、狸、そして感染から快復した犬が、山中の水溜りに集い、そこにレプトスピラ菌を残して去るのです。喉の渇いた猟犬はレプトスピラ菌に濃厚汚染された水溜りで水を飲んで、本症に罹るのです。年1回の接種が推奨されていますが、実際の効果は6〜8ヶ月とされています。鼠の多い処に住んでいるとか、最近近所の犬が罹ったという様なことが有れば、年2回の接種が望まれます。前述しましたが、猫への病原性は低いので接種は不要です。

 幸い、今年はまだ台風が来ていません。古来より、立春から数えての210日頃が台風の多い時期とされています。近年はほとんど耳にしなくなった”台風のメッカ(銀座)・宮崎”は、多分に死語ではないでしょう。今からが油断大敵です。大水後の犬の散歩など、注意を怠らないように!

文:小川篤志

固定リンク | 2008年08月22日【22】

[1]    «    114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120    »    [123]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事