トピックス

最近の記事

初診時に必要なチェックと説明事項。

  仔イヌ、仔ネコを飼うようになったら、最初の1週間前後は家族や家に慣れて貰う事が大切です。下痢や嘔吐、発咳、食欲不振、低血糖による痙攣発作など特に問題が無ければ、病院に行くことは控えるべきです。病院では、検査や処置、予防接種などで相当のストレスに曝されます。来院というストレスにより、潜在していた咳や下痢などの病原体が頭をもたげ、逆に病気を顕在化(発症)させ得るからです。

  特に、飛行機で県外より購入した動物に関しては、購入後のトラブルを極力避けるため、ワクチン接種済や消化管内寄生虫の駆除の確認を確実に行うことが必須です。

  英国では生後3ヶ月以内でのイヌ、ネコの販売が法的に禁止されています。これは動物のしつけ(動物の親が仔に行うしつけ)の観点と、病気の問題を考えてのことです。動物は生後満3ヶ月が経たないと肝臓でのグリコーゲンの蓄積ができない為、種々の原因で食餌が摂取不可能な場合、簡単に低血糖に陥り、死に至るケースも少なくありません。さらに重大なことは、幼犬が何らかの病原体に暴露された場合、その免疫力(抵抗力)の未熟性から、呆気なく死亡することも多々有ります。要はペットを購入する場合、可能な限り3ヶ月齢以上で、ワクチン接種・駆虫済みの動物であることを確認しましょう。県外より購入する場合には獣医師の健康診断書が有れば安心できるでしょう。

 仔イヌ、仔ネコが家に来て1週間が過ぎたら、初めての来院となります。以下に「たばる動物病院グループ」で実施しているチェック項目と説明事項について示します。   

  ‖僚邸β硫垢梁定、聴診、触診、皮膚の状態、歯並び、外耳道など全身状態のチェック:心雑音が聴取されると重大事であり、心奇形の有無を精査しなくてはなりません。外部寄生虫である蚤や皮膚疥癬、特に耳疥癬は少なくありません。咬合不整や乳歯遺残もごく普通に見られます。

  ⊃綟症のチェック:パグ・チワワ・ヨークシャーテリア・シーズー・ポメラニアンなどの短頭種では、超音波検査による脳室の大きさのチェックが欠かせません。

  J喫惴〆:回虫・鞭虫・鉤虫などの消化管内寄生虫、コクシジウム・ジアルジア・トリコモナスの原虫、カンピロバクター・ウエルチなど悪玉菌の病原体を顕微鏡で調べます。ペットショップを介した仔イヌの殆どは、これらのうち一つ以上の病原菌を保有しています。これらの病原体はワクチン接種により急激に増殖することが少なく有りません。
  
  ぐ貳矛豈娶〆:当院ではワクチン接種の前には全頭に無料での一般血液検査を実施しています。貧血・白血球の増減・血小板の減少が存在した場合、ワクチン接種を見合わせることもあります。

  ゲ箸任瞭以のケア:家で最低限すべきことについて指導しています。爪切り・肛門嚢絞り・耳洗浄などの方法を丁寧に教えます。

  Δ靴弔院給餌、散歩について:マズルコントロール・マウンティングなどイヌ本来の本能を利用したしつけ法などを教示します。無駄吠えや分離不安症、権勢症候群などの予防・防止策についても説明します。肥満の度合、フードの種類や給餌の方法についても分かり易く説明します。ゴールデンやラブラドールなどの大型犬種では、股関節形成不全症予防のため、運動制限や給餌の制限などが必要です。その他、ダックスフントの椎間板ヘルニアなど、犬種によって特異性の疾患があります。これらの発症予防に関しても詳しく説明致します。猫白血病や猫エイズ、交通事故死、咬傷防御のための「ネコの外出は禁物」の理由も述べます。

  Д侫ラリア予防、ワクチン接種、ノミ・ダニの駆除について:イヌを飼う上での最も重要で大切なことはフィラリア寄生の予防です。実物の虫体を見せてフィラリア症の恐ろしさを示します。ダニは俗称「ピロ」という貧血で死に至らしめる病原体を媒介します。ノミは「猫引っ掻き病」を惹き起こす病原菌を保有しています。ワクチンに含まれているレプトスピラ症はヒトにも伝染し、「宮崎の風土病」とも言っていい病気です。これらについても懇切・丁寧に教示します。
 
  初診時、特に外耳炎や皮膚病などの病気をもっているペットの場合には、「説明」に約1時間を要することも少なく有りません。余裕をもって来院いただければ幸甚です。また、「しつけ」や「病気」の説明が多々ある為、家族揃っての来院が望ましいと思われます。

  30年前のペットの寿命は5〜6歳、長生きでも7〜8歳でした。今や15年以上生きるペットもごく普通に見られます。若齢でしかも予防もしくは防御できる病気でペットを失うことは、本当に忍びない事です。何事も「最初が肝心」です。皆様の御来院を心よりお待ち申し上げます。


固定リンク | 2007年12月05日【10】

イヌの門脈シャント(短絡症)の手術。

  イヌの先天的奇形には口蓋裂や水頭症、後頭骨形成不全、2分脊椎症(Hemi-vertebra)、小眼球症、心室中隔欠損や心房中隔欠損、大動脈弁もしくは肺動脈弁狭窄症など心臓奇形、異所性尿管、片腎や単一の卵巣・子宮角、半陰陽・・・などなど・・・ヒトと同様に多種で程度も多様である。

  その中で、この15年ほど前から注目されるようになったのが、表題の門脈シャントがある。門脈シャントは、正確には先天性門脈-大静脈短絡症(Porto-systemic shunt=一般的な診断名。Porto-systemic vascular anomalies=実際の短絡は門脈と後大静脈だけではないので、本来は血管の先天異常の方が正確との意見有り。)という。当たばる動物病院においても、本症例を診断し、治療を実施しているので、その概要を示したい。

  肝外の短絡症はミニチュア種やトイ種に多く、多発犬種としてはミニチュア・シュナウザーやヨークシャー・テリア、ペキニーズなどである。(洋・成書による)。

  一方、肝内の短絡症は大型犬種に見られ、ジャーマン・シェパード、ゴールデン・リトリバー、ドーベルマン・ピンシェル、ラブラドール・リトリバー、アイリッシュ・セッター、サモエドなどが好発犬種として挙げられている。(洋・成書による)。

 本院では年に1頭程ではあるが、診断・手術を行い、完治させている。この5年間ではミニチュア・ダックスフントが4頭、ヨークシャ・テリアが1頭であり、M・ダックスが多いのは遺伝子学的に繁殖犬に問題が有るのかも知れない。

  まず、解剖と病態から入ろう。
  
  正常の動物においては、腸管・胃・脾臓から心臓に戻る血液は心臓に直接環流するのではなく、必ず門脈を経由して肝臓に入り、肝内では放射状に分岐して毛細血管となり、肝細胞に栄養分と有害物の代謝・解毒を任せ、その代謝物を肝細胞から受け取った毛細血管がまとまって肝静脈となり、最後に後大静脈に合流して心臓に戻る。

  繰り返すが胃、脾あるいは腸管からの静脈血は、門脈を介して全て肝臓に送られるのが正常な解剖である。門脈-大静脈短絡症では、肝臓外・内の奇形血管を介して、一部の血液が直接後大静脈に入り、心臓へと還流される。

  従って、腸管で吸収された物質が肝臓で代謝・解毒されることなく、全身の血液を回ることになる。そしてこの物質、特にアンモニア(NH3)が肝性脳症を惹き起こす。

  臨床症状は多岐に亘る。成長不良、体格が小さい、体重減少、間欠的食欲不振、抑鬱、嘔吐、多飲多渇症、多尿症、流唾症、行動の変化など様々である。

  病態が進行すると肝性脳症へと移行する。肝性脳症は血中アンモニア濃度の上昇による。運動失調症、脱力・衰弱、昏迷、旋回運動、痙攣、昏睡まで悪化する。

  診断としては流唾症や痙攣など重篤になれば本症が強く疑われる。多くは生後3〜4ヶ月齢で診断されるが、数歳を超えるケースもある。特に食直後に症状が悪化するため、これが確認されれば本症がさらに確信的となる。これは蛋白の消化・吸収により血中アンモニア濃度が上昇するためである。総胆汁酸も上昇するためその血中濃度測定も重要となる。その他としては、レントゲン撮影やエコー検査で肝臓が小さいこと(小肝症)が確認されることが多い。小肝症は短絡により門脈から肝臓への血流量が減少したことに原因する。

  血中アンモニア濃度(正常値は高くても100μg/dl以下)、血中総胆汁酸濃度の上昇、小肝症の確認、肝性脳症の存在が有れば、本症を強く疑い、麻酔に十二分の配慮をして、試験的開腹を行う。短絡した血管が後大静脈に連絡しているかを目視で確認するか、それが不可能であった場合には血管造影を行う。

  短絡した血管が確定できれば、周囲の組織から分離した短絡血管にアメロイド・リング(Ameroid ring、Ameroid constrictorとも言う。)を装着する。アメロイド・リング内に納められた短絡血管はリングの内側の成分(カゼイン=Casein)が数日〜数週間の期間(血管とリングの径による)で膨張することで絞約されて決行が遮断される。血管閉鎖はカゼインと血管周囲組織との炎症反応(異物反応)による可能性も示唆されている。これにより、短絡血管を介して後大静脈に流れていた血液が門脈を通って肝臓に入る。
  
  術後は翌日より全身症状の明らかな改善が見られるケース(リングの絞約だけでなく、手術による血管への刺激やリングによる物理的圧迫による血管の狭窄も考えられる)も有れば、黄疸の出現や下肢・下腹部の浮腫、腹水の貯留などが現れ、数日間は目が離せない症例まである。短絡血管への血流量、短絡血管の完全な絞約までの時間、血流量が増加した肝臓の予備能などの要因で術後経過が左右される。点滴や強肝剤の投与が必須である。術後は2〜5日程度の入院で完治となる。

固定リンク | 2007年10月22日【9】

防げる骨折。

  秋口や春先の陽気の良い時節、就職や卒業・入学シーズンなど人間の心が浮かれる時期、盆・正月など多忙な時は動物の交通事故などの事例が多い。

  気の緩みから散歩中にリードを放す、発情シーズンに家・敷地内からの逃走、忙しさから子供に動物の世話を任せるなど・・・の理由がある。

  気の緩みがちな今からの季節、動物の飼養管理に抜かりのないように、啓発として幾つかの症例を挙げてみる。

  症例1は2歳、2.9kgのトイ・プードル。2mの台から落下。右前肢前腕骨の骨折。T字型のプレートで整復。小型犬で脚の細い犬種(トイ・プードル、チワワ、パピヨン、ポメラニアン、イタリアングレーハウンドなど)では簡単に骨折する。決まって前腕の遠位端である。動物をテーブルやソファー、ベッドなど高いところからの飛び降りの癖をつけない。夜間病院(宮崎犬猫総合病院)の症例で市外から来院。(写真1、2)。

  症例2は1歳6ヶ月のM.ダックスフントの骨盤骨折の症例である。抱っこしていたら落下。すぐに抱き上げようとしたら、噛み付いてきたので放り投げたとのことで来院。動物は痛い時、飼い主にも構わず思いっきり咬んでくるので注意が必要である。(写真3、4)。

  症例3は2ヶ月前に両後肢の先天性膝蓋骨脱臼の整復手術を実施した10ヶ月齢、2.34kgのチワワの症例。子供が抱いていて患犬が落下。両方の前腕骨遠位端を骨折。ほんの2ヶ月で4肢全てにメスが入った症例は珍しい。子供は動物が暴れるなどすると、すぐに手を離すので日頃より注意を促しておくこと。(写真5、6、7)。

  症例4は年齢9歳、40kgの雌のシェパード。軽トラから飛び降り、両上腕骨を骨折。その後に右大腿骨と第7腰椎と仙骨の骨折も判明。前肢の手術前にその不自由さから、転倒し大腿骨とその他も骨折したものと考えられる。本症例は高齢等の理由で3回に分けて手術を実施した。本症例も夜間病院に来院。車からの飛び降り癖はつけないよう要注意。(写真8、9、10、11)。

  症例5は11歳、3.32kgの雄チワワ。前日に家から逃走。両下顎を骨折して夜間病院に来院。交通事故か、喧嘩などによるものか骨折の直接の原因は不明だが、歯槽膿漏による顎骨の吸収像が顕著であることから、軽度の外的衝撃で簡単に骨折したのであろう。歯石のケアーも怠らずに。(写真12、13)
  
  症例6は6ヶ月、4.1kgの雄のM.ダックスフントで第6腰椎の椎体骨折の症例。これも交通事故である。腰椎の完全骨折のため、安楽死も考えた症例である。骨折部位が第6腰椎で馬尾神経が運よく切断されず、伸展で済んだ症例である。それにしても超ラッキーな症例であった。手術で後遺症も無く、完治、メデタシ、メデタシ。(写真14、15、16)

  以上、最近夜間病院に来院した症例を混じえて、幾つかの症例を紹介した。交通事故の症例は、「運良く命が有った。」と考えないといけない。病院に来た時点で既に「事切れている」ことも、全くをもって珍しいことではない。

  人間はもとより、猛暑から解放された動物も、秋口以降、浮かれ気味となる。くれぐれも御注意を。

固定リンク | 2007年10月07日【7】

[1]    «    109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115    »    [115]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事