トピックス

最近の記事

「今週のCT症例」番外編・内視鏡

2歳ミニチュアダックスフンド 避妊雌
「昨夜、猫用のネズミのおもちゃを食べてしまい、その後から吐く」ということで来院。
レントゲン検査にておもちゃのネズミが胃の中にあることを確認。ネズミが大きいため、吐かせて取り出すことは困難と判断して、全身麻酔下で内視鏡検査を実施し異物のネズミの摘出に成功。しかし、摘出後の胃粘膜には損傷部位が複数箇所見つかった。

※今回の飼い主さんは猫を飼っていましたが、おもちゃで遊んだ後は与えたままにせず、必ず片付けることが重要です!
異物誤食には気をつけましょう。

固定リンク | 2020年12月10日【447】

「今週のCT症例」・その24

症例24 7歳犬
鼻出血を主訴に来院。
CT検査を実施したところ左の鼻腔内に腫瘤病変を認め、腫瘤は左右の鼻腔の間にある中隔を一部破壊(融解)し反対側(右側)の鼻腔内へ及んでいることが分かった。
生検を実施したところ腺癌の可能性が高いと診断された。


固定リンク | 2020年09月18日【446】

2020年6月1日、改正動物愛護法施行

 動物虐待は、件数もさることながら、その悪質性も増大しています。2019年の動物愛護法違反で摘発した動物虐待は105件に上ったと云います。その中には「にゃんぱく宣言」でも注目される「多頭飼育崩壊」(著しく適正を欠いた密度で飼育することも『虐待』と初めて明記)も含まれています。今回の改正は、虐待の深刻性が増す中、その厳罰化に舵を切ることで虐待に歯止めを掛けようとするものです。主な改正点は以下の通りです。

ペットをみだりに殺傷した場合、「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」(改正前は「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」)→2020年6月1日施行

生後56日(57日齢から販売可能・日本犬は50日齢)を経過しない犬や猫の販売を原則禁止」=「8週齢規制」(改正前は49日齢=50日齢から販売可能)→2021年6月までに施行。

マイクロチップの装着義務化」→2022年6月までに施行

動物虐待に対する獣医師の通報義務」→2020年6月1日施行

イ修梁勝地域猫(適切に管理されている「地域猫」は、所有者不明の猫であるが、自治体は引取りを拒否することができる)、動物取引責任者動物愛護管理センターに関する項目あり。→2020年6月1日施行

(2020年6月2日、日経新聞「社会面」他を参考にまとめました)。


固定リンク | 2020年06月03日【445】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [123]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事